Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • We live in a time of constant communication.

    私たちは、コンスタント・コミュニケーション(絶え間なく連絡を取り合っている状態)の時代に生きています。

  • No matter where in the world our friends are, or how long it's been since we've seen them, as long as they stay on social media, we never have to lose touch.

    世界のどこに友人がいようとも、最後に会ってからどんなに時間が経過していようとも、ソーシャルメディアに登録している限り、連絡が取れなくなるということはありません。

  • But is social media strengthening friendships or making them shallower?

    ですが、ソーシャルメディアのおかげで友情は強まってているのでしょうか?それとも薄っぺらになっているのでしょうか?

  • According to anthropologist Robin Dunbar, the highest number of people you can maintain a meaningful relationship with at one time ranges from 100 to 200, depending on how social you are.

    文化人類学者のロビン・ダンバー氏によると、人が同時期にきちんとした関係を維持できる人数は最高で100人から200人ほどだそうです。もちろん、その人の社会性によって人数は異なります。

  • And many of us have a lot more social media connections than that.

    でも、私たちの多くは、ソーシャルメディアでそれ以上の人たちとつながっています。

  • Friendship researcher William Rawlins divides friendships into three categories: active, dormant, and commemorative.

    友情について研究を行っているウィリアム・ロ-リンズ氏は友情を3つのカテゴリーに分類しています。活動期・休眠期・思い出期です。

  • A friendship is active if you're regularly in touch with that person, if you feel you can call on them for emotional support, and if you pretty much know what's going on with their lives.

    相手と定期的に連絡を取り合っていれば、その関係は活動期にあります。精神的な支えを求めることができると感じていたり、相手の近況をよく知っている場合もそう。

  • A dormant friend is someone you have history with, but whom you haven't spoken to in a while.

    休眠期にある場合、その友人とは過去に仲が良かったけれど、しばらく連絡をとっていない状態にあります。

  • But if you were in the same town as them, you'd definitely hit them up, and it wouldn't be weird.

    ただし、その人と同じ地域に住んでいれば、間違いなく連絡は取るし、それが違和感なくできるような関係です。

  • And then, a commemorative friend is someone who was important to you at an earlier time in your life, but you don't really expect to see or hear from them, maybe ever again.

    そして、思い出期にある場合、その友人は過去に自分にとって大切だった人ではありますが、もう会うことも、連絡が来ることも、おそらく2度とないだろうという状態にあります。

  • You remember them fondly, but they remain firmly in the past.

    楽しい思い出として残ってはいるものの、完全に過去の人物となっています。

  • Or they would have before social media.

    もしくは、ソーシャルメディアが登場するまではそうであった人たちです。

  • Facebook is like a trophy case for these commemorative friendships.

    フェイスブックは、そういった思い出期の友情を保管しておく展示ケースのようなもの。

  • You can see what your childhood camp friend thinks about politics, you can get a "Happy Birthday" message from an old Little League teammate.

    子どもの頃にキャンプで仲良くなった友だちが、どんな政治思想を持っているのかを知ることができるし、少年野球のチームメイトだった人から誕生日を祝うメッセージをもらうこともできます。

  • As you grow older, more and more of your active friendships will become dormant or commemorative.

    大人になるにつれ、活動期にあった友情は、どんどん休眠期、または思い出期に入っていきます。

  • That's because friendships naturally fade as people grow up.

    なぜなら、交友関係というものは、成長していくにつれて自然と薄れていくものだから。

  • According to the American Time Use Survey, young people aged 15 to 19 spend the most time socializing per day while older adults have less time to spend with their friends.

    アメリカの時間使用調査によると、15歳から19歳までの若い世代は、人付き合いに費やす1日当たりの時間が最も長く、大人が友人と過ごす時間は少なくなっているとされています。

  • One study found that the more people moved, the more willing they were to get rid of objects, but the more willing they were to get rid of their objects, they also reported being more willing to cut social ties too.

    ある研究では、人は引っ越しを繰り返すほど、物を捨てようという意思が強く働くそうですが、物を捨てようという気持ちが強くなるほど、社会的なつながりを絶とういう意思が強く働くと報告されています。

  • Which suggests that people who move a lot may see their friendships as more disposable.

    つまり、引っ越しが多い人ほど、思い出期にある交友関係の人が多いということなのかもしれません。

  • But a friendship isn't the same as that crumpled soccer team sweatshirt you finally threw out after your third move.

    ですが、友情は、3回目の引っ越しで捨ててしまった、しわくちゃのサッカーウェアとは違います。

  • Technology offers us a way to extend the lifespan of these friendships, even long-distance ones, with minimal effort.

    科学技術が発達したおかげで、交友関係を延命することができるようになったのです。遠くで暮らす相手でも、最小限の労力でつながることができるのです。

  • But some of those friendships aren't really living.

    ただし、実際に機能していない関係もあります。

  • It's more like they're on life support.

    生命維持装置につながっているような状態です。

  • According to friendship researcher Emily Langan, any contact at all is the bare minimum of what it takes to keep a friendship alive.

    友情について研究を行っているエミリー・ランガン氏によると、どんな形であれ連絡を取ることが、交友関係を保つために必要な最低限の方法だそうです。

  • So, if you write on someone's Facebook wall, or comment on their Instagram, you're doing a form of friendship maintenance.

    フェイスブックのウォールに書き込みをしたり、インスタグラムにコメントを残したりすることで、ある種の交友関係メンテナンスを行っていることになるのです。

  • Social media allows you to maintain more friendships, but more shallowly.

    ソーシャルメディアのおかげで多くの交友関係を維持することができるのです。ただし、深いものではありません。

  • But if you just focus on your closest friends, it's also a tool that can help you deepen your relationships.

    ですが、仲の良い友人を中心にして利用すれば、友情を深めるためのツールにもなります。

  • The more platforms friends use to communicate, in addition to seeing each other in person, the stronger their relationship.

    実際に会うだけでなく、様々なメディアを利用して連絡を取り合うことで、つながりは強くなるでしょう。

  • Researchers call this media multiplexity theory.

    研究者たちはこれを、メディア・マルチプレキシティー・セオリー(メディア多重理論)と呼んでいます。

  • So, social media can both strengthen the friendships you care about, and keeps some relationships alive past their natural expiration date.

    ということで、ソーシャルメディアは大切な人ととの友情を深めてもくれるし、有効期限が切れた関係も維持することができるようです。

  • Friendships are a uniquely flexible kind of relationship because unlike with our family members or romantic partners, there are no clear expectations or obligations.

    友情には他の関係にはない独自の柔軟性があります。家族や恋人ととの関係とは違い、相手に対する期待や義務というものが明確ではないからです。

  • This makes it easy to drop when things get busy, but it also means that a period of dormancy doesn't mean the friendship is over.

    そのため、忙しくなったりすると、簡単に関係が中断されてしまいます。ですが、それは休眠期にある交友関係が完全に終わったわけではないことも意味しています。

  • In a series of interviews Rawlins did with middle-aged Americans, he found that many still considered themselves to be friends with people they hadn't been in touch with in a long time.

    ローリンズ氏が行った中高年アメリカ人への取材で、多くの人が、長い間連絡を取っていない人たちでも、まだ友人であると認識しているということが分かったそうです。

  • But they felt like they could pick right back up where they left off.

    長い間会っていなくても、すぐに元に戻れる感覚があるということです。

  • So, maybe that's the biggest gift the Internet gives us.

    もしかすると、インターネットがもたらしてくれた最高の贈り物かもしれませんね。

  • A place to find our friends when we're ready to pick up where we left off.

    離れてしまった地点に戻る準備ができたときに、友人を見つけることができる場所なんです。

  • The effort has to come from you, and liking a status won't be enough, but when you're ready, your friends are there, in your pocket, waiting for you to reconnect.

    自分から動かなければならないし、もっと「いいね!」が欲しいかもしれないけれど、心の準備ができたら、ポケットにある携帯の中で、あなたからまた連絡が来るのを友人たちが待っていますよ。

  • This is "You Are Here," a new series about the science behind everyday life.

    このチャンネルは、"You Are Here"。日常生活に隠れている科学に関する動画をお送りしています。

  • Let us know what topics you'd like us to explore in the comments.

    コメント欄から調べてほしいトピックをお知らせください。

  • I'm Julie Beck, thanks for watching.

    ジュリー・ベックがお届けしました。ご覧くださりありがとうございました!

We live in a time of constant communication.

私たちは、コンスタント・コミュニケーション(絶え間なく連絡を取り合っている状態)の時代に生きています。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 友情 関係 連絡 メディア 思い出 ソーシャル

SNSは人間関係をどう変えたのか? (How the Internet Is Changing Friendship)

  • 1563 63
    Courtney Shih に公開 2020 年 03 月 25 日
動画の中の単語