Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • Translator: Shanshan (Alice) Lin Reviewer: Denise RQ

    翻訳: Emi Kamiya 校正: Claire Ghyselen

  • As John said, I'm a sociolinguist.

    ご紹介のとおり 私は社会言語学者です

  • What does that mean?

    どういう意味でしょう?

  • Sociolinguists study the role of language in society.

    社会言語学者の研究分野は 社会における言語の役割です

  • Yeah, but what does it mean?

    でも それにどんな意味があるでしょう?

  • What do they do?

    どんな仕事なのでしょう?

  • Sociolinguists are professional eavesdroppers.

    社会言語学者とはプロの盗聴者です

  • But unlike other eavesdroppers,

    ただ他の盗聴者と違って

  • they're not so much interested

    社会言語学者の興味は

  • in what the people are saying, but how they're saying it.

    人々が話している内容にではなく 人々の話し方にあります

  • For sociolinguists, language is neither good nor bad.

    社会言語学者は 言語に良いも悪いもないと考えます

  • It's meaningful.

    どんな言葉にも意義があります

  • I was on the bus the other day,

    先日 バスに乗っていた時のことです

  • and I heard two young girls chatting behind me.

    後ろにいた2人の若い女の子の おしゃべりが聞こえました

  • So I was eavesdropping as usual.

    そこで いつものように 聞き耳を立てていました

  • And this is what I heard.

    聞こえてきたのは こんな言葉です

  • "And I was like, 'No way!'

    「それで私は『あり得ない!』みたいな

  • And he was like, 'Well, it's only, like, two miles."

    そしたら彼は『まぁたった3キロだよ』 みたいな」

  • And the other one said,

    すると もう1人がこう言いました

  • "OMG. In your killer heels! Amazeballs!"

    「マジ?あの超かわいいヒールで? ヤバいっしょ」

  • (Laughter)

    (笑)

  • And the first one goes, "Yeah, like, totes."

    最初の子が言いました 「ってか間違いない みたいな」

  • (Laughter)

    (笑)

  • There was an elderly lady sitting nearby,

    傍に座っていた年配の女性は

  • and she's looking very disapproving indeed.

    いかにも非難しているという顔つきでした

  • Us, linguists however,

    しかし私たち言語学者は

  • we don't bother disapproving about language.

    言語に関して非難するということは ありません

  • There are two reasons for this.

    これには2つの理由があります

  • First of all, we can't stop language changing.

    第1に 言語の変化を 止めることはできません

  • Language has a life of its own.

    言語は生きているものです

  • New stuff comes in, it moves. Nothing to be done.

    新しいものが入ってきて動きます どうすることもできません

  • The second reason is

    第2の理由は

  • that lady, when she was a young woman,

    あの年配の女性も若い頃には

  • she was very likely the young woman who was using

    新しく入ってきたばかりの イケてる言葉遣いを

  • the new cool stuff coming in.

    していたはずなんです

  • Because research has shown that young women

    というのも研究によると 若い女性というのは

  • are the movers and shakers when it comes to language.

    言語を動かし 揺さぶる張本人だからです

  • They're the innovators.

    彼女たちは革新者です

  • They're the ones we should be listening to.

    彼女たちこそ私たちが耳を傾けるべき 対象です

  • So, language is always changing.

    言語は常に変化しています

  • However, not everything is variable.

    ただし 何でもかんでも変わるわけでは ありません

  • Some things are invariant.

    変わらないものもあります

  • And word order is one of those things.

    語順がその例です

  • So, this baby, there,

    たとえば この赤ちゃんが

  • let's say he's an English-speaking baby.

    英語を話す子だとしましょう

  • He comes wired.

    赤ちゃんの小さな脳には

  • His little brain is wired,

    自分の言語が何であれ

  • with an idea of word order in his language, whatever that is.

    その言語の語順という概念が 組み込まれています

  • In this case, it's English.

    この場合は英語です

  • Let's say he's an English-speaking baby.

    たとえば英語を話す赤ちゃんだとすると

  • So, he knows that it's subject, verb, object.

    語順は主語・述語・目的語だと 知っていますから

  • So, as English speakers,

    英語話者として こんな文に出会うと―

  • if we see something like this or like that,

    [あなたを助ける 私はできる]

  • or like that

    [私の家 これは だ]

  • (Laughter)

    [あなたのお父さん? 強いジェダイ 彼は だった]

  • Not good.

    (笑)

  • Something's wrong.

    まずいと感じます

  • Because we know that the word order should be subject, verb, object.

    どこかヘンなのです

  • We don't have a choice here.

    語順は主語・述語・目的語であるべきだと 知っているからです

  • However, there are many aspects of language where we do have a choice.

    そこに選択の余地はありません

  • These are the variable aspects.

    しかし言語には選択の余地のある面が たくさんあります

  • And these are the fun bits for the sociolinguists.

    それが変わっていく面で

  • Just take two ways of saying the same thing.

    社会言語学者にとって 楽しいところでもあります

  • So if you see a sentence like this

    たとえば 同じことに対して2通りの言い方をします

  • [ I have not the pleasure of understanding it ]

    こんな文があるとしましょう

  • you could also say it like this

    [私はそれを理解する栄に あずかっておりません]

  • [Ya wha'?]

    こんな風にも言えますよ

  • (Laughter)

    [何って?]

  • It means the same.

    (笑)

  • You could say that means the same.

    「意味は同じじゃないか」と

  • Well, some of the meaning is the same.

    おっしゃるかも知れません

  • The referential meaning is what's similar.

    確かに意味として同じところもあります

  • The social significance is different.

    指し示す内容は似ていますが

  • And it's that social significance

    社会的な意味が違います

  • that makes such a difference and gives us such knowledge

    この社会的な意味こそが

  • of the speaker, on the one hand, the hearer, on the other,

    違いを生む元であり 第1に話し手の、第2に聞き手の

  • the social context they're living in, on the third.

    第3に彼らを取り巻く社会的状況について

  • And we really need to tune in to this stuff.

    私たちが理解する手掛かりなのです

  • When I was studying at the University of Pennsylvania,

    そこのところを捕まえる必要があるんです

  • with William Labov, who's the founder of the field,

    ペンシルバニア大学で研究していた頃

  • I was excited to think what we could do when we came back to Ireland

    この分野の創始者である ウィリアム・ラボフに師事していました

  • and looked at what we use here in terms of language.

    アイルランドへ戻ったら出来ることを 考えてワクワクしていました

  • So with my group of postgraduate students,

    それでアイルランドで どんな言語が使われているか調べました

  • we decided to study the little word "like".

    大学院生のグループと共に

  • So, with a bunch of PhD students, we sat round the table,

    「like」という語について 調べることにしました

  • and we said, "OK, we're going to do 'like'.

    大勢の博士課程の学生と机を囲んで

  • We're going to bring a little magnifying glass down on this

    皆で決めました 「よし like をやろう」

  • and we're going to see what it's like.

    「like」という語にルーペを当てて

  • Not this 'like', "She was like her sister,"

    様子をじっくり調べることにしたのです

  • which is standard 'like'.

    研究対象は このような― [彼女は姉に似ていた]

  • But this 'like', "She was like, 'Cheers'."

    標準的な「like」ではなく

  • They're the "likes" of the young women on the bus.

    こちらの「like」です [彼女は「乾杯」みたいな]

  • You might say that nonstandard "like" is all over the place.

    バスの女の子たちが使っていたタイプの 「like」です

  • That it's got no rules, it's lazy, it's chaotic, it's disorderly.

    この非標準の「like」を そこら中で聞くとおっしゃるでしょうか

  • However, in fact, there are rules.

    メチャクチャで いいかげんで ルールも秩序もないと思うかもしれません

  • And there are very strict rules, in fact, around how nonstandard "like" is used.

    しかし実際にはルールがあるのです

  • Where it comes in the sentence, - syntactic constraints, as we call it -

    実は非標準の「like」の使い方に関する ルールはとても厳格です

  • the social context in which it's used,

    文のどこで使うか― これを「統語的制約」と言いますが

  • all of that is very strictly controlled.

    あるいは会話を取り巻く社会的状況など

  • Now, these variable bits of language

    いずれも大変 厳しく管理されています

  • are the stuff that actually does a lot of work for us.

    こうした言語のうちの変化する部分は

  • So just as accessories, clothes, handbags, body language even,

    実は私たちに深く関与しています

  • is able to project an identity,

    アクセサリーや服やバッグ あるいは身振りでさえも

  • so language variation patterns do the same thing.

    アイデンティティの表れに なり得ますが

  • And they're very powerful tools, in fact,

    言語変異のパターンも同じなのです

  • in our identikit, as we call it.

    それは いわゆる人物特定において

  • One group for whom identity is very important

    大変強力な道具になります

  • is the group of migrants or transnationals.

    アイデンティティが非常に重要となる グループの1つに

  • Transnationals work very hard at identity

    外国からの移住者があります

  • because they're moving from place to place throughout the globe.

    国を離れた人々はアイデンティティに 大いに心を砕きます

  • So we wanted to see

    世界を股にかけて移動するからです

  • what transnationals or migrants do with this little word "like".

    そこで私たちは 移民たちが

  • And we thought we'd look at the group in Ireland,

    この「like」という語について どうしているか調べることにしました

  • which are Polish speakers.

    アイルランドにおいて 該当するグループとして

  • We've lots of Polish speakers here, I'm sure there's some in the audience.

    ポーランド語話者を選びました

  • So, imagine you're a Pole, you learn English in Poland,

    ここにはポーランド語話者が大勢います 皆さんの中にも いらっしゃるでしょう

  • you're in classroom, you learn nice standard English,

    想像してください あなたはポーランド人で ポーランドで英語を学びました

  • you come to Ireland and you hear this stuff.

    教室で きれいな標準英語を習い

  • What is it?

    アイルランドへ来て 例のヤツを耳にします

  • Well, it's Irish English.

    何だ これは?

  • What's "like" like in Irish English?

    ええ アイルランド英語ですよ

  • Well, first of all, it's clause marginal, we said, in our best variation as voices.

    アイルランド英語で「like」は どんな風に使われているでしょう

  • What's clause marginal?

    まず 最も標準的なアイルランド英語で 節の末端に現れるのが特徴です

  • It's at the beginning or at the end,

    節の末端とは どういうことでしょう?

  • like this, at the beginning

    最初か最後ということです

  • [Sure these things happen like]

    最初の場合なら こうです

  • (Laughter)

    [こんなこと あるよね みたいな] (笑)

  • or like this, at the end

    [彼 そこにいたことないし みたいな]

  • [Like, he's never there]

    最後の場合なら こうです

  • OK, so, we do it different from the others.

    [彼 そこにいたことないし みたいな]

  • Of course, we do, we're Irish.

    他の英語話者とは違う使い方をします

  • So in other Englishes, Australian, Canadian,

    当然です アイルランド人ですからね

  • British, American, they do something different.

    オーストラリア、カナダ、 イギリス、アメリカの各英語では

  • They do clause medial.

    使い方が違います

  • Like this

    節の中で現れます

  • [He was, like, way tall]

    たとえば こうです

  • like this

    [彼は背が高い みたいな]

  • [He was, like, never there]

    あるいは

  • or even like this

    [彼 そこにいたことないし みたいな]

  • [Her fake tan was, like, really messed-up?]

    こんなのも あります

  • (Laughter)

    [彼女の日焼けはマジ失敗 みたいな]

  • So now we've two sorts of "like".

    (笑)

  • We've this one, which is the global "like",

    2種類の「like」がありますね

  • used by our valley girls all over the world,

    1つはグローバルな「like」で

  • not just in California.

    ギャル語発祥の地 カリフォルニアに限らず

  • And we have the local, which is the Irish "like".

    世界中のギャルが使っています

  • At the beginning, at the end, "You know, like?"

    もう1つはローカルなもので アイルランド流の「like」です

  • The picture is more complicated within Irelanders' variation,

    最初か最後に現れます 「わかる? みたいな」

  • and what we find is that the people who use

    アイルランド国内の変種に目を向けると もっと複雑なことになります

  • a clause marginal, "You know, like?",

    私たちの調査で 節の末端で「like」を使うのは

  • tend to be older, male, rural,

    高齢の男性で 田舎に住む人が多く

  • and local in outlook, at times.

    ここはちょっと注意が必要ですが

  • Although, that we have to be careful about.

    折に触れ 地元志向の考え方を

  • The global users, the ones in the middle,

    する傾向があると わかりました

  • "She'd like a Gucci bag", this is more female, East coast,

    節の中で現れるグローバル型の「like」 たとえば―

  • young, Dublin, even south Dublin

    「彼女 グッチのバッグ持ってた みたいな」 こちらは若い女性が使う傾向があり

  • (Laughter)

    ダブリン在住者に多いです ダブリン南部も含みますよ

  • and, as well as that, it's used as a tool to divide our city.

    (笑)

  • And those of us who are Dubliners know

    さらにダブリン市を分割する道具としても 使われています

  • that we have this imaginary line between the north side and the south side,

    ダブリン市民なら

  • need I say more.

    市の北側と南側の間に 仮想の境界線があるのをご存じでしょう

  • So, our Polish speaker arrives.

    お分かりですよね

  • He wants to know what to do with all of this complexity.

    さて ここにポーランド語話者が 入ってきます

  • We decided that we would do as good variationists do.

    この複雑な状況を ばっちり乗り切る術を 求めています

  • We would sit, we'd listen, we would record,

    私たちは優れた言語変異の研究者の やり方を採用しました

  • and we would analyze.

    彼らの言葉をじっくり聞き 録音し

  • What did we find?

    分析しました

  • Our quantitative results were very interesting.

    何がわかったでしょう?

  • First of all, we found the Polish people were using "like".

    定量研究の結果は 非常に興味深いものでした

  • Now this was interesting

    まずポーランド人は「like」を使うことが わかりました

  • because not only had they never heard "like" before in their classroom

    これは興味深いことです

  • but there was no equivalent of "like" in Polish.

    教室で習っていた頃には この「like」を 聞いたことがなかったばかりか

  • So we found that they were looking at both.

    ポーランド語には「like」に相当する語が ないからです

  • They were looking at the Irish use, that's native Irish speakers,

    つまり彼らが両方に着目していることが わかりました

  • what are they doing, they're doing Irish "like",

    1つはアイルランドの言語使用です アイルランド英語の母語話者が

  • the green stuff on the left.

    左のグラフの緑色が示すとおり アイルランド流「like」を

  • And they're doing a little bit of clause medial, the purple stuff.

    使っていることに着目しています

  • And here are the Polish.

    紫色が示すとおり アイルランド人にも 節の中で使う人が少数いますね

  • So the Polish people were doing something very interesting.

    こちらはポーランド人です

  • Not only were they using "like"

    ポーランド人の結果は 大変興味深いですね

  • but they were actually patterning like the native speakers.

    「like」を使うだけでなく

  • Now, the story wasn't quite as simple as that.

    母語話者と同じような パターンが見られます

  • Some of them were doing clause medial, and we wondered why this was.

    さて 話はそれだけで終わりませんよ

  • We dug down, we did qualitative analysis, we listened to their stories.

    節の中で使う人もいます なぜそうなるのか疑問に思いました

  • And we discovered that those people who were using the clause medial "like"

    さらに掘り下げ 定性分析をおこない 彼らの物語に耳を傾けました

  • were more likely to have their eyes fixed on global worlds.

    そして発見しました 節の中で「like」を使う人々は

  • They wanted perhaps to move to another world,

    グローバルな世界を見つめている傾向が 強かったのです

  • an English speaking country outside.

    たとえば他の英語圏など また新たな世界へ

  • The local "like" users were people

    移りたいと考えているなどです

  • who were strongly identified with Irish people.

    ローカル型の「like」を使うのは

  • They were locally focused

    「自分はアイルランド人だ」という意識が 強い人々でした

  • and they had long term plans to stay in Ireland.

    彼らの目は地元に向いていて

  • So by triangulating the two,

    長期間 アイルランドに住む計画を 持っていました

  • we were getting an interesting picture of the people and their identity focus.

    量的調査と質的調査を併用することで

  • In either case, whichever they used,

    対象者の人物像と彼らのアイデンティティに 対する意識について興味深い結果が出ました

  • language was reflecting

    どちらの「like」を使う場合にも

  • their aspirations, their stances, their attitudes.

    言葉が使い手の

  • This isn't a one solved case.

    願望やスタンスや姿勢を 映し出していたのです

  • We're going to move from Ireland to France.

    これで一件落着とは行きません

  • In France, we looked also at some Polish people living in France.

    アイルランドからフランスへ 場所を変えますよ

  • And this is the tale of two people.

    フランスでは またフランス在住の ポーランド人を調査しました

  • I call it the tale

    ある2人の物語をご紹介します

  • of the basketball player and the book seller.

    私は この物語を

  • First of all, when French people are relaxed and talking quickly,

    バスケットボール選手と本屋の物語と 呼んでいます

  • they tend to drop the first particle of negation.

    まずフランス人がリラックスした状態で 早口で話すと

  • My hypothesis was when Polish people are relaxed, identifying with the French,

    否定を作る際の最初の「ne」が 脱落します

  • they, too, will drop negation.

    私の仮説はポーランド人の場合も リラックスした状態ではフランス人と同様に

  • I was right, our hypothesis was confirmed,

    否定の「ne」が脱落するというものでした

  • the people were losing the "Ne".

    結果はその通りで 私たちの仮説は確認されました

  • Here are the figures

    ポーランド人の場合も 「ne」がなくなっていました

  • for the probabilities of people losing "Ne".

    こちらの数字は

  • Two people stood out.

    対象者が「ne」を落とす確率です

  • One was Mariusz,

    目を引く人が2人います

  • and the other was Anna.

    1人はマリウシュ

  • Mariusz deleted very little. Well, so did other people.

    もう1人はアンナです

  • However, given his length of residence and given his proficiency,

    マリウシュは ほとんど落としません これは他の人たちと同じです

  • he should have been deleting more.

    しかし彼の滞在歴の長さや フランス語の能力からすると

  • Anna, given her length of residence and her proficiency, which was less,

    もっと落としているべきなのです

  • should've been deleting much less.

    アンナは比較的 滞在歴が短く フランス語の能力も低いので

  • As natural scientists, the tendency is to forget these outliers.

    もっと落とさないはずです

  • Just forget them and treat them as anomalies.

    自然科学者なら こうした外れ値は 気にしないのが普通です

  • But I didn't want to do this,

    異常値として扱い 気に留めなければいいことです

  • I was intrigued by the difference.

    でも それはイヤでした

  • I wanted to find out why these people were behaving linguistically in such a way

    私はその違いに興味をそそられ

  • so, qualitative analysis [stood] for again,

    なぜ この2人の言語的な振る舞いが そんな風なのか知りたくなりました

  • we listened to their ethnographic details, their stories,

    そこで またもや 定性分析の出番となりました

  • and something very interesting emerged.

    2人の語る民族誌的な情報の詳細や 物語に耳を傾けたところ

  • Mariusz presented as a very well educated speaker.

    大変興味深いことが浮かび上がりました

  • He was somebody who took language seriously,

    マリウシュは非常に教養のある 話し手であることがわかりました

  • who took standards in language seriously, whether Polish or French.

    言語に対して真面目で

  • He ran a Polish bookshop,

    ポーランド語であれフランス語であれ 言語における標準を重視するタイプでした

  • he was very standardsy, he liked good speech.

    ポーランド語の本を扱う書店の経営者で

  • Anna, on the other hand, was the mother of two young children.

    標準に強いこだわりがあり 正しい話し方が好みでした

  • She was very fixed on their future in France,

    一方アンナは 2人の小さな子を持つ母親で

  • and she had invested heavily in sports.

    フランスでの家族の未来を しっかり見据えていました

  • Where Mariusz had invested in intellectual and cultural domains

    それからスポーツに かなり入れ込んでいました

  • in his particular trajectory through migration,

    マリウシュが自身の移住に伴う 人生の道筋において