Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • [TED: Ideas worth spreading.]

    [TED: みんなに広げたい考え方]

  • You're probably familiar with FOMO.

    FOMO という言葉については皆さん耳にしたことがあると思います。

  • That's short for "Fear Of Missing Out."

    Fear Of Missing Out(取り残されることへの恐れ)の短縮形ですが

  • It's that feeling you get when it seems like everyone else is doing something better than what you're doing right now.

    自分の現状と比べて、他の皆が自分よりも楽しい人生を送っているような気になる感覚です。

  • But there's another FO you need to know about, and it's far more dangerous.

    でも別の FO というのが存在して、こっちの方がもっと危険なんです。

  • It's called FOBO, and it's short for "fear of a better option."

    それは FOBO と呼ばれるもので、Fear of a better option(より良い選択肢への恐れ)の短縮形です。

  • [TED: The way we work.]

    [TED: 私たちの生活]

  • [Made possible with the support of Dropbox.]

    [Dropbox の提供でお送りします]

  • We live in a world of overwhelming choice.

    この世界はたくさんの選択肢にあふれています。

  • Even decisions that used to be simple, like choosing a restaurant or making everyday purchases, are now fraught with overanalysis.

    どのレストランに行こうとか、毎日の買い物の選択のように以前はシンプルだったものも、今では隅々まで分析されているのです。

  • Technology has only made the issue more pronounced.

    テクノロジーはこの問題点をより大きくしただけです。

  • If you want to buy a pair of white shoelaces online, you have to sort through thousands of items and read through hundreds of reviews.

    もし白い靴ひもをオンラインで買いたかったら、何千とある商品の中からたくさんのレビューを読んで決めることになるわけで

  • That's an astounding amount of information to process to just buy two pieces of string that cost less than your morning latte.

    コーヒー 1 杯分もしないヒモを買うだけだと考えると、これは驚異的な情報量です。

  • Chances are you've experienced FOBO when you've struggled to choose just one from a group of perfectly acceptable outcomes.

    どれも納得いきそうな選択肢の中から一つだけを選ぶ時に、FOBO の状態になることがあります。

  • It's a symptom of a culture which sees value in collecting and preserving as many options as possible.

    この様な状況の背後には、出来るだけ多くの選択肢があれば良いとする文化があるわけですが

  • You might wonder why all of this is so bad.

    何がそんなに悪い事なのかと思われるかもしれません。

  • It seems counterintuitive.

    常識で考えたらそれが普通なんじゃないか、と思えますよね。

  • Shouldn't it be a privilege to have so many good options to choose from?

    そんなに優れた選択肢があるというのは、恵まれているんじゃないのか?といった具合です。

  • The problem is, FOBO induces such severe analysis paralysis that it can negatively impact both your personal and your professional life.

    ここで問題となってくるのは、FOBO は深刻な分析マヒを起こしてしまうことで、プライベートや仕事の両方に悪影響を及ぼしてしまう可能性があるわけです。

  • When you can't make decisions with conviction, you waste precious time and energy.

    これだという確証を持って決断ができない場合は、貴重な時間と体力を無駄にしてしまします。

  • Luckily, there is a way to overcome FOBO.

    有り難い事に、FOBO を乗り越える方法はあります。

  • Here's a secret.

    その秘密はこうです。

  • With any decision you make, you first have to determine the stakes, as this will inform your decision-making strategy.

    意思決定をする際に、まず重要度の高さを設定することで意思決定戦略を立てることができます。

  • When it comes down to it, you only really face three types of decisions in life: high stakes, low stakes, and no stakes.

    意思決定について考えると、実際のところ種類は 3 つしかありません。重要度大・重要度小・そして重要度ナシです。

  • Let's start with no-stakes decisions.

    まずは重要度ナシの意思決定場面から見ていきましょう。

  • These are the minor details of life, where there is almost never an incorrect answer, and in a few hours, you won't even remember making the decision in the first place.

    これは人生において大した重要度を持たないもので、間違いすら起こし得ない決定事項ですから、数時間後にはそもそも選択肢を選んだことすら忘れているような物です。

  • A good example of this is choosing what to watch on TV.

    どのテレビ番組を見ようかと選ぶことなんかは、この良い例ですね。

  • With thousands of shows, it's easy to get overwhelmed, yet no matter what you pick, the consequences are basically nonexistent.

    番組は無数にありますから選択肢に飲まれてしまうことはよくありますが、どのチャンネルを選んでも、基本的に結果には対して差はありません。

  • So spending more than a few moments on FOBO is a massive waste of energy.

    ですから、FOBO 状態に長くとどまっていることは、体力の大きな無駄遣いです。

  • You just need to move on.

    さっさと決断してください。

  • When it comes to no-stakes decisions, the key is to outsource them to the universe.

    重要度ナシの意思決定においては、最終決定を偶然の産物に委ねることがカギとなります。

  • For example, you can whittle down your choices to just two and then flip a coin.

    例えば、選択肢を 2 つにまで削って、最後はコイントスで決めるとか。

  • Or try my personal favorite, ask the watch.

    もしくは私の大好きな方法である、「腕時計に聞いてみよう」というのもあります。

  • Assign each one of your choices to one half of your watch, then let the second hand tell you what you're going to do.

    2 つの選択肢を 1 つずつ腕時計の半分の面に当てはめて、パッと見て秒針がある面の選択肢を選ぶというものです。

  • Looks like I'll be having the fish.

    どうやら、私の夕飯は魚料理のようですね。

  • That brings us to low-stakes decisions.

    さて、次は重要度小の意思決定について見ていきます。

  • These have consequences, but none are earth-shattering, and there are plenty of acceptable outcomes.

    選択の結果は付いてきますが、どれも人生を左右するようなものではなく、どの結果になってもほとんどが心配する必要の無いものです。

  • Many routine things at work, like purchasing a printer, booking a hotel or choosing between possible venues for an off-site are classically low-stakes in nature.

    印刷機を買うとか、ホテルを予約したり、社外会議の会場を選ぶといった仕事上のルーティーンは大体が重要度小ですね。

  • Some thinking is required, but these aren't make-or-break deliberations, and you'll probably have forgotten about them in a few weeks.

    ある程度の考えは求められますが、間違えたら台無しになるほどの重さは無く、数週間もすれば忘れてしまっているでしょう。

  • Here, you can also outsource decision-makingbut you want some critical thinking involved, as there are some stakes.

    ここでも最終意思決定は自分以外の要素に委ねることができますが、ある程度の需要度はあるのでそれなりの批判的思考は含まれてきます。

  • This time, you'll outsource to a person.

    今回は他人の意見を参考に出来ます。

  • Set some basic criteria, select someone to present a recommendation, and then take their advice.

    必要最低限の要素を抜き出して、それに対して助言をしてくれそうな人を選び、その人のアドバイスを仰ぐというわけです。

  • Make sure to avoid the temptation to canvass.

    そのアドバイスを詳しく分析していきたい気持ちあるでしょうけど、それはしないでください。

  • Your goal is to clear your plate, not to kick the can down the road.

    問題を解決することが先決で、先延ばしにすることではありませんから。

  • Now that you tackled low-stakes and no-stakes decisions, you've created the space and time you'll need to handle high-stakes decisions.

    これで重要度ナシならびに小の意思決定を済ませたわけですから、需要度大の意思決定に時間を割けるはずです。

  • These are things like "Which house should I buy?" or "Which job should I accept?"

    「どの家を買うべきか?」もしくは「どの仕事に就こうか?」といったものが対象になります。

  • Since the stakes are high and there are long-term implications, you absolutely want to get it right.

    需要度は大きく、長い目で見た影響が出てきますから、ここは絶対に間違いは犯したくないところです。

  • Before we get to work, let's establish a few basic principles to guide you through the process.

    実際に見ていく前に、このプロセスを通る上で必要な基本的な要因をいくつかはっきりさせておきましょう。

  • First, think about what really matters to you, and set your criteria accordingly.

    第 1 に、自分にとって一番大事な物を考えて、それに従って基準を設定します。

  • Second, gather the relevant facts.

    第 2 に、関連のある事実を集めます。

  • Make sure you collect data about all of the options, so you can be confident that you're truly making an informed decision.

    全ての選択肢に関するデータを集めて、しっかりとした情報に基づいて意思決定を出来ていると自信が持てるようにします。

  • And third, remember that FOBO, by nature, comes when you struggle to choose just one from a group of perfectly acceptable options.

    3 番目は、FOBO というのはそもそもどの選択肢を選んだとしても結果は悪くはないという中から1つを選ぶ時に発生するものですから

  • So no matter what you choose, you can rest assured that the downside is limited.

    どの選択肢を選んでも、それほど悪い結果にはならないということを覚えておきたいところです。

  • Now that you've established some ground rules, the process can begin.

    これで地盤となるルールができましたから、プロセスに入ることができます。

  • Start by identifying a front-runner based on your intuition, then compare each of your options head-to-head with the front-runner, one-by-one.

    直感に基づいて比較対象となる要素を 1 つ選び、その他のオプションを選んだ要素に対して1対1で照らし合わせて比較していきます。

  • Each time, choose the better of the two based on the criteria, and discard the other one.

    毎回、選択時の比較要素に基づいてどちらかを選び取り、他方は排除します。

  • Here's the trick to avoiding FOBO.

    FOBO になるのを避けるコツはこうです。

  • When you eliminate an option, it's gone forever.

    選択肢を排除したら、それは以降選択肢の中に戻らせてはいけません。

  • If you keep returning to discarded options, you risk getting stuck.

    そうしないと選択の流れの中で行き詰ってしまいかねませんから。

  • Now repeat this process until you get down to one final choice.

    さて、先ほどのプロセスを最後の選択肢が1つ残るまで続けます。

  • If you follow this system, you will usually end up with a decision on your own.

    このシステムに従っていけば、普通は自分の決断に行き着くはずです。

  • On the rare occasion that you get stuck, you will outsource the final decision to a small group of qualified people who you trust and who are equipped to provide you with guidance on this particular topic.

    それでもまれに行き詰ってしまう時は、自分が信頼できてなおかつこの特定の内容に対してアドバイスを出来るだけの経験を持つ、外部の少数のグループに意見を求めてもいいでしょう。

  • Engage a group of five or less, ideally an odd number of people so that you have a built-in tiebreaker if you need it.

    人数は 5 人かそれ以下にしておいて、出来れば奇数で収めておけば必ずどちらかの意見が多くなりますから便利です。

  • Now that you've made your choice, one last challenge remains.

    ようやく選択をしましたから、残るは1つです。

  • You have to commit.

    その決断に従わなくてはいけません。

  • I can't promise you that you'll ever truly know if you've made the perfect decision, but I can tell you this: a significant percentage of people in the world will never have to worry about FOBO.

    皆さんがたどり着いた決断は本当にベストなものかどうかは約束できませんが、これだけは言えます。世の中の大多数の人は FOBO に悩む必要がありません。

  • Unlike the billions of people who have few options, if any, due to war, poverty or illness, you have plentiful opportunities to live decisively.

    戦争や貧困、病気などのせいで選択肢がわずかに限られている人が何十億人といる中で、皆さんには意思決定をしながら生活をしていく機会がふんだん与えられています。

  • You may not get everything you want, but the mere fact you get to decide is powerful.

    欲しいものを全部手にすることはできないかもしれませんが、選択肢があるということはとても力強い事です。

  • In fact, it's a gift.

    それどころか、まさに自分に与えられた特権のような物ですから

  • Make the most of it.

    是非、有効活用してくださいね。

[TED: Ideas worth spreading.]

[TED: みんなに広げたい考え方]

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

B1 中級 日本語 選択 意思決定 ナシ 重要 決断 選ぶ

素早い意志決断を助けるコツ (How to make faster decisions | The Way We Work, a TED series)

  • 4329 698
    Seraya   に公開 2020 年 04 月 08 日
動画の中の単語

前のバージョンに戻す