Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • Nipah, Hendra, Ebola, Marburg, SARS.

    二パ、ヘンドラ、エボラ、マールブルグ、SARS。

  • These are some of the world's scariest viruses.

    いずれも世界で最も恐ろしいウイルスのひとつです。

  • Hemorrhagic fevers like Ebola are extremely fatal.

    エボラのような出血熱は極めて致死性が高く、

  • They kill up to 90 percent of people infected while SARS, a coronavirus, has a lower mortality rate but spreads incredibly rapidly.

    患者の最大90%が死亡します。SARS コロナウイルスはそれほどでは ありませんが、とても速く拡散します。

  • All of these nasty pathogens have surfaced in humans in just the last 50 years, and they are all carried by bats.

    これらの厄介な病原菌が人間と接触するように なったのは、ここ50年ほどのことです。そしてそれら全てをコウモリが媒介します。

  • Which, to be clear, really isn't bats' fault.

    誤解のないように言うと、コウモリが悪いのではありません。

  • The recent rise in outbreaks is likely due to humans and our animals creeping ever farther into bats' territory, especially in the tropics.

    人間とその家畜が、、特に熱帯地方で、かつてないほど深くコウモリの縄張りに入ったために起きたようです。

  • In Malaysia, for example, the spread of commercial pig farms into bat-inhabited forests led to the first human outbreakvia pigsof Nipah.

    たとえばマレーシアでは、商業的な養豚場がコウモリの住む森に広がり、ブタを介してニパのヒトでの最初のアウトブレイクが起きました。

  • And in Australia, human Hendra cases are cropping up as destruction of native forests forces fruit bats to feed in suburban gardens.

    オーストラリアでは、森林破壊によりコウモリは郊外の庭で 食事せざるを得なくなりました。

  • But still, bats do appear to carry more human-killing diseases than pretty much any other animal.

    それにしても、コウモリが運ぶ殺人ウイルスは 他のどの動物よりも多いように思えます。

  • One big reason is that, with a few notable exceptions, bats love company.

    大きな理由の一つは、少しの注目すべき例外を除いて、コウモリは群れるのが好きなことです。

  • Different kinds of bats often roost together in huge numbers and close quarters, which helps viruses spread not just between individuals, but also between species.

    何種ものおびただしい数のコウモリが 狭苦しい所に一緒に住んでいることがよくあり、ウイルスの個体間のみならず種間の拡散が起こりやすくなっています。

  • What's more, most infected bats don't die.

    さらに、感染したコウモリのほとんどは 死にません

  • They live pretty normal bat livesflapping around and giving the viruses time to spread.

    ごく普通のコウモリ生活を送ります。バタバタと跳び回り、ウイルスに拡散の機会を与えます。

  • In fact, flight may be the reason bats are so resilient to infection.

    実際、飛ぶことこそコウモリが感染に強い一因かもしれません。

  • As a rule, mammals can't produce the immense amount of energy needed for flight without also producing a lot of reactive waste products that damage our DNA.

    一般に、哺乳類が飛ぶには 膨大なエネルギーが必要で、その際 DNA にダメージを与える反応性の高い廃棄物が生まれます。

  • So when our bat cousins took to the air, they leveled up their in-flight DNA damage repair kits and other defenses, including specialized cells that keep viral invaders in check.

    そのため我らがコウモリは空に飛び立つと同時にフライト用の DNA 修復キットと、侵略ウイルスを監視する特殊な細胞を含むその他の防御策を 獲得したのです。

  • So bats can survive the deadly viruses, but what may matter even more, for humans anyway, is how the viruses survive the bats.

    だからコウモリは致死性のウイルスから生き延びることができるのです、しかし少なくともヒトにとって、もっと重要なのは、ウイルスがどうやってコウモリを生き延びるかです。

  • Nasty as they are, most viruses are also extremely finicky.

    厄介なだけでなく、ほとんどのウイルスは とても気難し屋です。

  • In order to thrive, they require the perfectly controlled climate inside a normal, resting, on-the-ground mammal.

    生きるために、彼らは普通の安静時の哺乳類の中の、完璧に コントロールされた環境を必要とします。

  • But when bats take to the air, their internal temperatures cruise to around 40°C.

    しかしコウモリが飛び立つと、体内温度は 容易に40℃ほどまで上昇します。

  • Those frequent in-flight saunas are far too toasty for your average virus, but a few hardy viruses have evolved to tolerate the heat, which, incidentally, means they can definitely weather a meager human fever.

    頻繁に起こるこの機内サウナは、普通のウイルスには 暑すぎます。しかし少数の我慢強いウイルスは熱に耐えるように進化してきました。これにより偶然、人間のなけなしの熱も乗り切れるようになったのです。

  • Essentially, flight may have helped bats gain virtual immunity to viruses AND trained viruses to be virtually immune to us.

    基本的に、飛行はコウモリが ウイルスへの免疫を獲得する手助けになると同時に、ウイルスが事実上私たちへの抵抗性を獲得する訓練にもなったのです。

  • Stupid flying.

    飛ぶんじゃねーよ、このやろう。

  • So, what should we landlubbers do?

    では、私たち地を這う者はどうすべきでしょう?

  • We need bats for insect control and pollination, and a whole bunch of other things.

    コウモリは昆虫の制御と受粉のために必要です。

  • Maybe we could even learn some immune tricks from them, like how to be really good at not getting cancer!

    そしてその他いろいろのことにも、彼らから免疫のトリックを学べるかもしれません。ガンに罹らないにはどうすればいいか、など!

  • Plus, bats aren't the biggest carriers of human disease.

    それに、コウモリは人間の病気の最大の運び屋ではありません。

  • Humans are, just do the math.

    人間がそうです、計算してみてください。

  • Perhaps we'd be better off leaving bats alone, and trying to control the spread of diseases carried by a different kind of flying mammal.

    もしかすると私たちはコウモリを放っておいて、もう一種の方の空飛ぶ哺乳類(人間)が運ぶ病気の拡散をコントロールした方がいいのかもしれません。

Nipah, Hendra, Ebola, Marburg, SARS.

二パ、ヘンドラ、エボラ、マールブルグ、SARS。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 コウモリ ウイルス 哺乳 拡散 飛ぶ 運ぶ

(コロナウイルスのような)たくさんの病気を保有しているコウモリ、その理由は? (Why Do Bats Carry So Many Diseases? (like Coronavirus))

  • 23692 745
    Seraya に公開 2020 年 03 月 07 日
動画の中の単語