Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • Ah, love is in the air, or, at least, it should be, since it's almost Valentine's Day.

    あー、愛が溢れていますね。少なくともそうであるべきです。もうすぐバレンタインですから。

  • But here's the thing: Scientists have found that this romantic holiday can have a negative impact on relationships.

    しかし実は、科学者たちはこのロマンティックな日が恋愛関係にネガティブな影響があることを発見しました。

  • And the holiday-related obligation to be lovey-dovey may have something to do with it.

    バレンタインにラブラブカップルでいなければならないという義務感も、それと関係しているかもしれません。

  • There aren't a ton of studies on Valentine's Day, but those that exist suggest it isn't all hearts and roses.

    バレンタインに関する研究はそれほど多くはありませんが、存在しているものによると、バレンタインはただ愛やバラの花だけのことではないそうです。

  • For example, one study from 2004 found that college couples that had been dating for at least five weeks were 2.5 times more likely to break up in the weeks surrounding Valentine's Day than during three other, comparable times of the academic year.

    例えば、2004 年に行われたある研究では、少なくとも 5 週間以上付き合っている大学生のカップルは、バレンタインデー周辺の週に、アカデミック・イヤーの他の 3 つの時期に比べて、2.5 倍の確率で別れることがわかりました。

  • Which kind of seems to go against the whole point of having a special day to celebrate love.

    愛を祝う特別な日というテーマとは逆を行っているように見えますよね。

  • But there are several reasons why this holiday might doom relationships.

    しかし、バレンタインが恋愛関係を破綻させてしまうのには、いくつか理由があるのです。

  • For starters, there are all the expectations surrounding Valentine's Day.

    まず第一に、バレンタインについては、期待がたくさんあるということです。

  • I mean, it's no secret that Valentine's Day comes with its share of obligations.

    バレンタインには、義務感がつきものですよね。

  • Like, if you're in a relationship, you're generally expected to give your partner something.

    つまり、もしもあなたが誰かと付き合っているなら、パートナーに何かをあげることを期待されています。

  • And that's not necessarily a bad thing, since gifts can make you feel closer to your beloved.

    それは悪いことというわけではありません。プレゼントは愛する人との距離が縮まるように感じますから。

  • But studies suggest they don't change the overall trajectory of a relationship, and they may actually be harmful if they're given for the wrong reasons.

    しかし研究によると、プレゼントで恋愛関係の全体的な軌道が変わることはなく、むしろ適切ではない理由で与えられた場合、悪影響があることもあるそうです。

  • Some as-of-yet unpublished research presented at a meeting of the Association for Consumer Research found that if you feel like your partner gave you a gift out of obligation, then that gift may make you feel less happy with the relationship.

    消費者研究協会の会議で発表された、まだ公表されていないリサーチは、もしもあなたのパートナーが義務でプレゼントをくれた場合、その恋愛関係についてあなたに不満を抱かせるかもしれないと言っています。

  • You might also end up comparing your Valentine's Day gifts to the ones your friends or other coupled people got.

    自分がバレンタインにもらったプレゼントを、友達や、他のカップルたちのプレゼントと比較することもあるかもしれません。

  • Which brings us to another way the holiday might damage relationships: comparisons.

    これはバレンタインが恋愛関係にダメージを与える別の方法、つまり「比較」に繋がります。

  • See, there's a concept called "interdependence theory" that says a person's satisfaction in their relationship relies on two things:

    「相互依存理論」と呼ばれる概念がありますが、それによると、人の恋愛関係における満足感は2つのことに委ねられています。

  • How their current relationship compares to what they expect of their relationships in general, and how their partner compares to the currently available alternatives.

    今の恋愛関係が、自分が通常恋愛関係に望むものと比べてどうなのかということ、そして他の選択肢と比べて自分のパートナーがどうなのかということです。

  • And if you see other couples giving better gifts or doing more grandiose and romantic things on Valentine's Day, well, that could raise your expectations of relationships in general.

    そして、もしバレンタインに他のカップルたちがもっと良いプレゼントをし合っていたり、もっと壮大でロマンティックなことをしていたら、あなたの恋愛関係への基本的な期待値が上がってしまうことがあるのです。

  • Suddenly, your current relationship doesn't seem to measure up so well.

    そして突然、今のお付き合いがそんなによくないものに思えるのですね。

  • But the worst part is that comparisons to other couples can fall prey to a pernicious cognitive bias known as "fundamental attribution error."

    しかし何が最悪かと言うと、他のカップルと比較することで「根本的な帰属の誤り」として知られる、致命的な認知の偏りに陥ってしまうのです。

  • That's when you attribute the actions of others to inherent traits, but your own to circumstances.

    それが、あなたが自分自信の状況を軽視し、他者の行動を固有の特性として捉えてしまうときです。

  • So you might think that duo you saw having an extra romantic night did that because they have a fantastic relationship, while your own celebration was just because it's Valentine's Day.

    つまり、自分たちがただバレンタインだからお祝いをしている時に、他のカップルがとてもロマンティックな夜を過ごしているのを見て、あなたは彼らがとても素晴らしいお付き合いをしているのだと考えるかもしれません。

  • Of course, those assumptions probably aren't true.

    もちろんその推察は、おそらく間違っています。

  • Everyone else is following the same script when it comes to February 14th.

    2 月 14 日なると、誰もが同じ脚本に従ってしまいます。

  • It's just that when you see their perfect selfies and amazing gifts, it's all too easy to assume that their celebration is more authentic than yours.

    他のカップルの完璧なセルフィーや素晴らしいプレゼントを見た時、彼らのお祝いの仕方が自分のものよりも適切であるかのように思うのはとても簡単です。

  • And if that's not bad enough, you might already be noticing the particulars of your relationship around Valentine's Day, and how they do or don't stack up, because of a priming effect.

    そしてそれだけではなく、プライミング効果によってバレンタイン周辺には、自分の恋愛関係の内容や、それが積み重なっているかどうかに気づき始めているでしょう。

  • See, studies suggest that when you're surrounded by commercials and storefronts and Twitter memes all devoted to love and romance, you can't help but think about love and romance.

    テレビ広告や店頭広告、それに Twitter でのミームが愛とロマンスだらけになると、あなたもそのことについて考えずにはいられないと、研究が示唆しています。

  • For example, a 2009 study found the words "cupid" and "flowers" popped into people's heads more easily in early February.

    たとえば、2009 年に行なわれた調査では、「キューピッド」や「花」といった言葉が、2 月上旬に人々の頭に浮かびやすくなったとわかっています。

  • And a 2017 study showed that people actually raise their opinion of chocolates and flowers around Valentine's Day.

    2017 年の調査では、バレンタイン周辺に、人々がチョコレートや花への自分の意見を上げていたことがわかっています。

  • The thing is, thinking about romance and relationships can tarnish how people view their partners.

    ロマンスや恋愛関係に関して考えることは、自分のパートナーへの評価を曇らせることがあるのです。

  • It may highlight and magnify existing issues, for example.

    たとえば、今ある問題を強調したり拡大したりすることがあります。

  • Though, this seems to somewhat depend on how the person approaches romance more generally, something psychologists call "attachment style".

    しかしこれは、心理学者が言うところによる「愛着スタイル」、個人がどうロマンスに通常アプローチしているかに依存している部分もあります。

  • Attachment style is a measure of a person's attitude about relationships based on 2 dimensions: attachment-related avoidance and attachment-related anxiety.

    愛着スタイルは、人の恋愛関係に対する態度を 2 つの尺度、「愛着に関する回避」と「愛着に関する不安」で示すものです。

  • People high in anxiety are less secure in themselves and tend to see others as the solution, so they tend to be preoccupied with seeking intimacy and support from their partners.

    不安を感じやすい人は、自信がなく他者を解決策として見ています。ですから、彼らは親密さに夢中になり、パートナーからのサポートを求める傾向にあります。

  • Meanwhile, people high in avoidance are secure in themselves but aren't too trusting of support from others, so they tend to be less interested in intimacy in general.

    一方で、回避傾向にある人たちは、自分自身は安定しているものの、人からのサポートを信頼できない傾向にあります。ですから、彼らは親密性に通常それほどあまり関心がないのです。

  • And avoidance in particular seems to translate to being less happy with partners.

    そして、特に「回避」は、パートナーに対して不満であることを意味するようです。

  • Like, a 2014 study found that people with avoidant attachment were less satisfied with their relationships.

    たとえば、2014 年の調査では、愛着のない人たちは、彼らの恋愛関係についてあまり満足していないとわかりました。

  • But here's the kicker: that dissatisfaction was magnified on Valentine's Day.

    しかし驚いたことに、その不満はバレンタインに特に強調されていたのです。

  • That wasn't the case for people who were low in avoidance, even if they scored high on attachment-related anxiety.

    それは、愛着に関して不安を抱きやすいにも関わらず、回避傾向が低い人には見られないケースでした。

  • In fact, the holiday-related reminders seemed to boost how they felt about their partner.

    実際のところ、バレンタインに関するリマインダーは、人々が自分のパートナーに対してどう思っているのかを、より高めたようです。

  • And that's actually kind of a theme: Valentine's Day can hurt relationships, but it doesn't hurt all of them equally.

    そして、それがここでのテーマでしょう。バレンタインは恋愛関係にダメージを与えることもありますが、全ての人にとってそうではないということです。

  • Mostly, it negatively affects ones that are already on the rocks.

    ほとんどの場合、バレンタインはすでに問題があるカップルにとってネガティブな影響を与えます。

  • Like, remember that statistic about people being 2.5 times more likely to break up around Valentine's Day?

    バレンタインに、カップルたちが普段よりも 2.5 倍別れる傾向にあるという研究を思い出してください。

  • It turns out relationships that were rated as weak were nearly five times more likely to break up during the two weeks around Valentine's Day than stronger ones.

    すでに関係が弱っていたカップルは、関係の強いカップルに比べると、バレンタイン周辺の 2 週間で 5 倍も別れやすいことがわかったのです。

  • Furthermore, if the relationship was already strong or improving when Valentine's Day came around, the holiday didn't have a negative effect.

    もっと言えば、バレンタイン近づいて来た時に、恋愛関係が強かったり、成長中だったりする場合、バレンタインはネガティブな影響はないのです。

  • Something similar may be true for feelings of obligation around gift giving.

    似たようなことが、プレゼントに関する義務感についても言えるでしょう。

  • If you're already not feeling great about the relationship, preliminary research suggests you're more likely to assume your partner gave you a gift out of obligation.

    もしもすでに自分の恋愛関係に満足ではなかった場合、自分のパートナーが義務感からプレゼントをくれたと思いやすいと、予備調査が示唆しています。

  • That makes you less likely to feel grateful for the gift and, therefore, less satisfied in the relationship.

    そうなると、プレゼントに対して感謝の気持ちを持ちづらいですし、そのためにパートナーとの関係にも満足しづらいのです。

  • And even comparisons to other couples aren't always bad.

    他人との比較でさえ、常に悪いわけではないのです。

  • If you really believe your relationship is better than others, then drawing comparisons might make you feel more satisfied with what you've got.

    もしあなたが自分の恋愛関係が他の人たちより優れていると信じているなら、他者と比較をしたときに、自分が持っているものについてさらに満足感が高まることもあるのです。

  • The big takeaway is that Valentine's Day isn't a breakup instigator, it's a catalyst.

    大きなポイントは、バレンタインは別れを扇動させるものではなく、促進させるものだということです。

  • It doesn't cause relationships to end all by itself; it just gives a little push to the ones already headed that way.

    バレンタインは全ての恋愛関係を終わらせるわけではなく、すでに終わりかけていた関係の後押しをするだけです。

  • So, if you're happy, Valentine's Day isn't likely to sour things.

    ですから、あなたが幸せなら、バレンタインは悪いものにはならないでしょう。

  • But if your relationship isn't all that great, it might speed you towards ending it.

    しかしあなたの恋愛関係があまり良くないのなら、バレンタインが別れまでのスピードを早めることもあります。

  • Which, if we're being honest, could be for the best.

    正直に言えば、それがベストなこともあるでしょう。

  • Thanks for watching this episode of SciShow Psych!

    SciShow Psych のエピソードをご覧いただきありがとうございます。

  • If you liked this episode, I have a feeling you'll enjoy our video on whether you really have a “typeand if it even matters.

    このエピソードを気に入ったなら、「本当にタイプが実在するのか、そしてそれは重要なのか」についての私たちの動画も気に入ってもらえると思います。

  • So maybe check that one out next!

    よかったら、次はそれをチェックしてくださいね。

  • And if you're really feeling the love, you can let us know by clicking that subscribe button and ringing the notification bell!

    そしてもし愛を感じているなら、チャンネル登録ボタンを押し、通知ベルもオンにすることで、それを私たちに知らせることができますよ!

Ah, love is in the air, or, at least, it should be, since it's almost Valentine's Day.

あー、愛が溢れていますね。少なくともそうであるべきです。もうすぐバレンタインですから。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 バレンタイン 恋愛 関係 カップル プレゼント パートナー

経験あり?バレンタインデーはお付き合いを見直す時? (Valentine's Day Is Bad for Relationships (and That's a Good Thing))

  • 2853 120
    Seraya に公開 2020 年 03 月 24 日
動画の中の単語