Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • The royal couple of Haiti rode into their coronation to thunderous applause.

    翻訳: Sola Watanabe 校正: Tomoyuki Suzuki

  • After receiving his ornate crown and scepter,

    ハイチの国王夫妻は戴冠式で 嵐のような拍手に包まれました

  • Henry Christophe ascended his throne, towering 20 meters in the air.

    装飾用の冠と笏を受け取ったあと

  • But little did the cheering onlookers know that the first king of Haiti

    アンリ・クリストフは20メートルの 高さにある王座へと上がりました

  • would also be its last.

    しかし歓声をあげる観客たちは ハイチ最初で最後の王になるとは

  • Enslaved at birth on the island of Grenada,

    思いもよりませんでした

  • Christophe spent his childhood being moved between multiple Caribbean islands.

    グレナダ島で 奴隷として生まれたクリストフは

  • Just 12 years old in 1779,

    カリブ海の島々を転々としながら 幼少期を過ごしました

  • he accompanied his master to aid the American revolutionaries

    まだ12歳だった1779年には

  • in the Battle of Savannah.

    サバンナ包囲戦で戦う アメリカの革命家たちを支援するために

  • This prolonged siege would be Christophe's first encounter with violent revolution.

    雇い主のお供をしました

  • There are few surviving written records

    長期にわたる包囲攻撃は クリストフにとって 初めての暴力的な革命の経験となります

  • about Christophe's life immediately after the war.

    戦争直後の彼の生活に関する記録は ほとんど残っていません

  • Over the next decade,

    戦争直後の彼の生活に関する記録は ほとんど残っていません

  • we know he worked as a mason and a waiter at a hotel

    その後10年にわたり

  • in the French colony of Saint-Domingue, as Haiti was then known.

    今のハイチである フランスの植民地だったサン=ドマングで

  • In 1791, when the colony's slaves rose up in rebellion,

    彼は石工やホテルのウェイターとして 働いていたことが分かっています

  • Christophe got another opportunity to fight for freedom.

    1791年に植民地の奴隷たちが 暴動を起こしたとき

  • Led by Toussaint Louverture, the rebels fought against plantation owners,

    クリストフはまたもや 自由のために戦う機会を得ました

  • as well as British and Spanish forces seeking control of the island.

    トゥーサン・ルーヴェルチュールに率いられ 反乱軍は 農園主や

  • Christophe quickly rose through the ranks,

    島を支配しようとする イギリス軍やスペイン軍に対し戦いました

  • proving himself the equal of more experienced generals.

    クリストフは階級をどんどんと上げていき

  • By 1793,

    経験豊富な将軍と同じぐらいの 能力があることを証明しました

  • Louverture had successfully liberated all of Saint-Domingue's enslaved people,

    1793年までに

  • and by 1801 he'd established the island as a semi-autonomous colony.

    ルーヴェルチュールはサン=ドマングで 奴隷だった人たちを全て解放し

  • But during this time, Napoleon Bonaparte had assumed power in France,

    1801年までには 植民地でありながらも 半自治的な島国としての地位を確立しました

  • and made it his mission to restore slavery and French authority

    しかし その間にフランスでは ナポレオン・ボナパルトが権力を握り

  • throughout the empire.

    帝国のあらゆる場所で 奴隷制度と フランスの権限を取り戻すことを

  • French attempts to reinstate slavery met fierce resistance,

    使命にしていました

  • with General Christophe even burning the capital city

    奴隷制度を回復しようとする フランスの試みは 激しい抵抗に遭い

  • to prevent military occupation.

    クリストフ将軍は軍事占領を防ぐために

  • Finally, the rebellion and an outbreak of yellow fever

    首都に火をつけるまでに至りました

  • forced French soldiers to withdrawbut the fight was not without casualties.

    最終的に 反乱と黄熱病の発生により

  • Louverture was captured, and left to die in a French prison;

    フランス軍は余儀なく撤退しましたが 戦いで犠牲者がでなかった訳ではありません

  • a fate that Christophe's nine-year-old son would share only a few years later.

    ルーヴェルチュールは捕らえられ フランスで獄中死し

  • Following the revolution,

    クリストフの当時9歳の息子が 僅か数年後に 同じ運命をたどることになるのです

  • Christophe and generals Jean-Jacques Dessalines and Alexandretion

    革命に続き

  • rose to prominent positions in the new government.

    クリストフとジャン=ジャック・デサリーヌ将軍と アレクサンドル・ペションは

  • In 1804, Dessalines was proclaimed the emperor of independent Haiti.

    新政府における 重要な位置まで上り詰めました

  • But his desire to hold exclusive power alienated his supporters.

    1804年にデサリーヌは 独立したハイチの皇帝と宣言されました

  • Eventually, Dessalines' rule incited a political conspiracy

    しかし彼の独占的な権力への野望が 支援者を遠ざけました

  • that ended in his assassination in 1806.

    次第にデサリーヌの支配は 政略的な陰謀説を掻き立たことで

  • The subsequent power struggle led to a Civil War, which split the country in two.

    1806年に暗殺されました

  • By 1807, Christophe was governing as president of the north in Cap-Haïtien,

    その後の権力争いは内乱に至り 国を二分しました

  • andtion was ruling the south from Port-au-Prince.

    1807年までに クリストフは カパイシアンで北ハイチの大統領として統治し

  • tion tried to stay true to the revolution's democratic roots

    ペションはポルトー・プランスから 南側を支配しました

  • by modeling his republic after the United States.

    ペションは市民革命の当初の精神に 忠実であり続けようとし

  • He even supported anti-colonial revolutionaries in other nations.

    アメリカ合衆国を手本にした 共和制を築こうとしました

  • These policies endeared him to his people,

    彼は植民地支配に反抗する 他国の革命家の支援も行いました

  • but they slowed trade and economic growth.

    これらの政策は 国民に支持されましたが

  • Christophe, conversely, had more aggressive plans for an independent Haiti.

    貿易と経済成長に遅れをとりました

  • He redistributed land to the people, while retaining state control of agriculture.

    クリストフは逆に 独立したハイチに対し より意欲的な計画がありました

  • He also established trade with many foreign nations,

    農業に対する国家統制を取り続けながら 国民に土地を再分配しました

  • including Great Britain and the United States,

    彼はイギリスやアメリカなどの

  • and pledged non-interference with their foreign policies.

    多くの外国との貿易を確立しながらも

  • He even built a massive Citadel in case the French tried to invade again.

    対外政策においては 介入させないことを約束しました

  • To accomplish all of this, Christophe instituted mandatory labor,

    彼はフランスによる再侵略に備えて 巨大な「シタデル」(砦)を建てました

  • and to strengthen his authority, he crowned himself king in 1811.

    これらの全てを達成するために クリストフは労働義務を制定し

  • During his reign, he lived in an elegant palace called Sans Souci

    自らの権限を強化するため 1811年に王位に就きました

  • along with his wife and their three remaining children.

    彼は在位中 サンスーシ宮殿という優雅な宮殿で

  • Christophe's kingdom oversaw rapid development of trade, industry, culture,

    妻と残りの3人の子と暮らしました

  • and education.

    クリストフの王国は 監視下において 貿易 産業 文化 教育を進めました

  • He imported renowned European artists to Haiti's cultural scene,

    クリストフの王国は 監視下において 貿易 産業 文化 教育を進めました

  • as well as European teachers, in order to establish public education.

    彼はハイチ的な文化背景がある中で 有名なヨーロッパの芸術家や

  • But while the king was initially popular among his subjects,

    公教育を整えるため ヨーロッパの教師などを招へいしました

  • his labor mandates were an uncomfortable reminder

    しかし王は最初のうちは 国民に人気があったものの

  • of the slavery Haitians fought to destroy.

    労働義務は ハイチ人が かつて奴隷制に反抗していた頃の

  • Over time, his increasingly authoritarian policies lost support,

    おぞましい記憶を彷彿させました

  • and his opponents to the south gained strength.

    時とともに 彼の独裁主義的な政策の 強化に対する支援を失い

  • In October 1820, his reign finally reached its tragic conclusion.

    南部に呼応する敵対勢力が 勢力を強めました

  • Months after a debilitating stroke left him unable to govern,

    1820年10月に彼の治世は ついに悲惨な結末を迎えます

  • key members of his military defected to southern forces.

    脳卒中によって衰弱し 数か月経つと 統治が困難になり

  • Betrayed and despondent, the king committed suicide.

    軍の主要メンバーが 南側の軍に寝返ったのです

  • Today, the traces of Christophe's complicated history

    裏切られ 落胆した王は自殺しました

  • can still be found in the crumbling remains of his palaces,

    クリストフの複雑な歴史の痕跡は

  • and in Haiti's legacy as the first nation to permanently abolish slavery.

    今もなお 崩れた宮殿の跡や

The royal couple of Haiti rode into their coronation to thunderous applause.

翻訳: Sola Watanabe 校正: Tomoyuki Suzuki

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 TED-Ed ハイチ フランス 革命 植民 貿易

ハイチの最初で最後の王様 - マレーヌ・ドー (The first and last king of Haiti - Marlene Daut)

  • 521 21
    Harry Huang   に公開 2021 年 01 月 14 日
動画の中の単語