Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • It is such a, sort of, instrumental part of our cooking vocabulary in terms of the utensils.

    それは、私たちの料理に関する道具の中で、とても便利なものなんです。

  • I was like, huh, that's interesting.

    私は「へえ、おもしろいな」って感じでしたね。

  • There are people out there who live without chopsticks.

    世界には、箸を使わずに生きてる人がいるなんて、ね。

  • Chopsticks are a pair of two long sticks used to eat things with one hand.

    箸は、2 つの長い棒がペアになっていて、物を食べるときに片手で使われます。

  • Holding chopsticks is a little bit like holding a pencil except that you have two of them, and you kinda move them together in a 'pincher' movement.

    箸を手に持つのは、ちょっと鉛筆を持つのに似ています。ただ、2 本あることを除いては。そして、物を掴むような動きで、この 2 本を動かすんです。

  • Most of them are made out of wood.

    多くの箸は、木製です。

  • They are also made out of plastic, bamboo, jade, gold, silver, and even ivory, though I think that's not so cool these days anymore.

    プラスティック製のもの、竹製のもの、ヒスイ製、金、銀、そして象牙製なんてものもありますが、最近はあまり流行っていないと思います。

  • Chopsticks are really well designed for eating small bits of food.

    箸は小さな物を食べるときに、とても便利に作られています。

  • They're good for picking up noodles.

    麺類を摘まみ上げるのにも良いです。

  • If you're really skilled, you can eat rice, you can pick up dumplings, little pieces of meat.

    もし箸を使うのが上手なら、米も食べられますし、餃子やお肉の小さな破片も摘まみ上げることができます。

  • There're definitely some no-nos with chopsticks.

    箸で絶対にやってはいけないこともあります。

  • You should not use chopsticks like drumsticks which I know is very, very tempting.

    そうしたくなるのはよくわかるのですが、箸をドラムスティックのように使ってはいけません。

  • You definitely don't wanna stick chopsticks into a bowl of rice face-up.

    ごはん茶碗に、箸を突き立てるのもいけません。

  • And the reason for that is it actually looks like a bowl of incense, so it sort of echo's death.

    なぜかというと、それは線香を立てたボウルのように見えるので、つまり、死を連想させるからです。

  • Chopsticks are used in a huge portion of the world across much of Asia.

    箸はアジアの大部分を中心に、とても広く使われています。

  • About 1.5 billion people are covered in the chopsticks sphere.

    この箸を使うエリアには、約 15 億人の人がいます。

  • Different cultures have slightly different variations of chopsticks.

    文化によって、箸も少し異なるバリエーションがあります。

  • Chinese chopsticks will tend to be long and round, Korean chopsticks, which are flatter, and often made of metal.

    中国の端は長く丸っこいですが、韓国の端はもう少し平たく、多くの場合金属でできています。

  • And Japanese chopsticks tend to be round, and very, very pointy.

    そして、日本の端は丸っこく、先がとても尖っています。

  • While chopsticks are actually really commonplace in American society today.

    現在、アメリカの社会でも、箸はあたりまえの存在のようになっていますが、

  • There was definitely a time in the late 1800s where this idea that Asian men, because they ate rice with sticks, were of a different quality than American men who ate proper meat with knife and fork.

    1800 年代後半のことですが、箸文化が「米を棒で食べる」アジア人と、「ナイフとフォークを使ってまともな肉を食べると」アメリカ人との質の違いであるという時代が、もちろんありました。

  • But, when China and the United States began their diplomatic engagement in the 1970s, Richard Nixon, Henry Kissinger had to practice eating with chopsticks.

    しかし、1970 年代に中国と米国が外交を始めたとき、リチャード・ニクソンとヘンリー・キッシンジャーは箸で食べる練習をしなければなりませんでした。

  • What's been really interesting to see is that as Asian cuisine has moved from the east into the west, chopsticks have become part of the experience.

    何が面白いかというと、アジア料理が東から西に流れていくとともに、箸を使うこともその体験の一部となったのです。

  • There's evidence of chopsticks as long ago as the Shang dynasty, which was about 3,000 years ago, and they loved tripods during the Shang dynasty.

    約 3,000 年くらい前のシャン王朝と同じくらいの時期には、すでに箸があった証拠があります。シャン王朝の頃、人々は三脚の器を好んでいました。

  • So, when you cook with these big tripods, chopsticks were actually really useful.

    こうした大きな三脚の器で料理をする際、箸はとても便利だったのです。

  • Because it was a way for you to stir and to reach without getting burned as the water was boiling in these really big pots.

    なぜなら、箸を使えば、この大きな鍋の中で水が沸騰していても、混ぜたりするのに距離があるため、火傷をしなくてすんだからです。

  • Chinese culture has knives and has forks, that uses them in many cases for cooking, but in terms of what moved into the dining room, it was the chopsticks.

    中国の文化にも、ナイフとフォークはあり、調理の際にさまざまな場面で使われます。しかし、食事をすることに関しては、箸が用いられたのです。

  • One of the things about Asian cooking is that it often comes in very small pieces.

    アジア料理の特徴の 1 つは、非常に小さいサイズのものが多いということです。

  • And I think part of that has to do with the fact that it's actually a lot more energy-efficient to cook little pieces quickly, but also then, you don't have to cut them.

    それは、小さいサイズだと調理をするときに早く調理ができ、エネルギー効率的に良いことが関係していると思います。また、食べるときに切らなくて良いことも関わっているでしょう。

  • So, you kind of have the circular influence where the type of food that is cooked allows people to use chopsticks, and then the fact that you have chopsticks sort of influences the kind of food that you can cook.

    ですから、ここに循環的な影響があるんですね。料理の種類の影響で箸を使うことになり、箸があるという事実が、料理できる食べ物の種類に影響を与えたということです。

  • At the same time, chopsticks reflect the communal nature of eating food.

    同時に、箸は食事においての集団の習慣を表しています。

  • You will have these dishes that you put in the middle, it's very family style.

    こうした料理をテーブルの中央に置きます。とても家族っぽいスタイルですね。

  • You kinda go in with your chopsticks, and then you put it on your rice, and then you eat individually.

    箸を使っておかずを取り、それをご飯の上に置き、それぞれで食べるのです。

  • There's actually a famous, sort of, legend where everyone has these really, really, really long chopsticks, like, way too long for them to feed themselves.

    実は有名な、伝説のような話があるんです。そこでは、誰もがすごく、とても長い箸を持っています。自分で使うには長すぎる箸ですね。

  • And so, in hell, everyone starves because they can't pick up food and put it in their mouths.

    それで、地獄では、自分で食べ物を掴んで口に入れられないので、みんなが飢えています。

  • But in heaven, people take the same chopsticks, and then feed each other.

    しかし天国では、人々はその箸を使い、お互いに食べ物を食べさせているんです。

It is such a, sort of, instrumental part of our cooking vocabulary in terms of the utensils.

それは、私たちの料理に関する道具の中で、とても便利なものなんです。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 TED 料理 食べる アジア 三脚 便利

なぜ15億人の人々が箸を使うのか (Why 1.5 billion people eat with chopsticks | Small Thing Big Idea, a TED series)

  • 17018 605
    ccmavis に公開 2020 年 04 月 29 日
動画の中の単語