Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • Pretty much anyone that has read the Harry Potter books or seen the movie says [that they] wish that they could go to Hogwarts.

    ハリーポッターの本を読んだり、映画を見たりした人の大半は、ホグワーツに行けたらなあ、と言います。

  • It's a magical place and one of the most intriguing parts of the series.

    ホグワーツは夢のような場所で、ハリーポッターシリーズにおいて最も好奇心をそそる要素の1つです。

  • But how did it form, when did it form, who formed it?

    でも、ホグワーツはどのように、いつ、誰が作ったのでしょう?

  • I'm gonna answer all of these questions and explain to you the four founders of Hogwarts.

    これらの疑問に全て答え、ホグワーツを作った4人について説明していきます。

  • [4 Founders of Hogwarts Origins]

    [ホグワーツの起源を作った4人の人物]

  • Hogwarts was founded in 990 AD by four people.

    ホグワーツは紀元前990年、4人の人物によって創立されました。

  • Godric Gryffindor, Helga Hufflepuff, Rowena Ravenclaw, and Salazar Slytherin.

    その4人とは、ゴドリック・グリフィンドール、ヘルガ・ハッフルパフ、ロウェナ・レイブンクロー、サラザール・スリザリンです。

  • The four were some of the most powerful and respected wizards of their time, and they were all good friends.

    この4人は、その時代において、最も強力で尊敬を集めた魔法使いたちであり、良い友人同士でした。

  • Godric Gryffindor was known for being the best duelist of his time.

    ゴドリック・グリフィンドールは、最強の決闘者として知られていました。

  • Salazar Slytherin was known for being a "parselmouth," meaning he could speak to snakes.

    サラザール・スリザリンは「パーセルマウス」、つまりヘビと話せる能力で知られていました。

  • Helga Hufflepuff was particularly gifted in food spells, and Rowena and Helga were the closest of the four.

    ヘルガ・ハッフルパフは、特に食べ物に関連する呪文に長けており、ロウェナとヘルガは4人の中でも、最も親密な仲でした。

  • The school they decided to create was in a castle somewhere in the Highlands of Scotland.

    彼らが作ることに決めた学校は、スコットランドのハイランド地方のどこかにある城の中でした。

  • It's a popular historical theory that the location and name of the school were chosen by Rowena Ravenclaw, who dreamt that a warty hog was leading her to a cliff by a lake, where the school would later be located.

    学校の場所と名前は、ロウェナ・レイブンクローが選んだという説が、歴史的に有力です。彼女は夢の中で、イボイノシシによって湖の側の崖まで連れて行かれ、後に、その場所に学校が建てられたと言われています。

  • It's also thought that Ravenclaw came up with the ever changing floor plan.

    常に変わる学校の間取りも、レイブンクローが考案したものだと考えられています。

  • The school had a huge property with sloping lawns, a huge lake, and a giant forest.

    学校は巨大な敷地内に建てられており、傾斜した芝生や大きな湖、広大な森もあります。

  • Both the lake and the forest filled with many different magical creatures.

    湖と森には、様々な種類の不思議な生き物が生存しています。

  • The four put many charms on the castle to make it impossible for any muggle to see it.

    4人は城に多くの魔法をかけ、マグルたちからは見えないようにしました。

  • And thanks to the charms, all that the muggles would see were ruins and several warning signs of danger.

    その魔法のおかげで、マグルには、城は「危険」というサインの掲げられた廃墟にしか見えません。

  • They also made it so witches and wizards could not "apparate" or "disapparate," meaning magically appear or disappear somewhere in the Hogwarts' grounds.

    また、魔女や魔法使いたちが「アパレート」や「ディサパレート」できないように、つまり、ホグワーツの敷地内で、魔法を使って現れたり消えたりできないようにしました。

  • The school was built in a time where magic was feared by the common people.

    一般人が魔法を恐れていた時代に、この学校は建てられました。

  • And witches and wizards suffered much persecution, which might have influenced all the protective charms that the four founders put on the school.

    魔女や魔法使いたちは、多くの迫害に苦しみました。4人の創立者たちが、学校を守るための様々な魔法をかけたのも、これが影響したのかもしれません。

  • They created many subjects for the school.

    この学校のために、たくさんの教科が作られました。

  • Some of which included astronomy, charms, defense against the dark arts, herbology, history of magic, potions, transfiguration, muggle studies, care of magical creatures, and many many more.

    例を挙げると、天文学や呪文術、闇の魔術に対する防衛学、薬草学、魔法史、魔法薬学、変身術、マグル学、魔法生物飼育学、その他様々です。

  • Hufflepuff had a gift for food-related charms, and the recipes that she created are still used as the basis of recipes even at Harry's time at Hogwarts.

    ハッフルパフは、食べ物に関連する魔術の才能があったため、彼女が作ったレシピは基本のレシピとして、ハリーの時代のホグワーツでも使われています。

  • Hufflepuff was also the one who arranged for house elves to be the cooks for the school.

    ハッフルパフはまた、学校内においては、屋敷しもべ妖精が料理を作るように取り決めました。

  • She thought it would be a good way to make sure that they weren't mistreated or abused, which in that time period house elves were especially mistreated.

    特に、妖精たちが酷い扱いを受けていた時代であったため、彼らが虐待されたり、酷使されたりしないようにする、良い方法だと考えたのです。

  • The four founders decided to have four houses, and each one of the four houses was named after one of them and each wanted a certain selection of students for their own house.

    4人の創立者たちは4つの寮を作ることに決め、各々の名前にちなんで寮が名付けられました。そして寮ごとに、求める生徒の条件を掲げました。

  • Gryffindor wanted his students to be brave, daring, have nerve, courage, and chivalry.

    グリフィンドールは、勇敢で大胆不敵、度胸と勇気、そして騎士道精神を持つ者を求めました。

  • The coat of arms that he chose was a lion, which definitely went along with the bravery trait that he was so keen on.

    彼が選んだ寮旗は獅子だったので、これは彼が大きな熱意を持っていた「勇敢さ」に、よく合っていますね。

  • Hufflepuff wanted her students to be the most loyal, patient and honest.

    ハッフルパフは、最も忠誠心があり、辛抱強く、正直な生徒を求めました。

  • But while the other houses had high standards, she took on the students they both master requirements along with those who didn't fit the others requirements.

    他の寮には高い基準が設けられていましたが、ハッフルパフは、基準を満たす生徒も、他の寮の基準を満たさなかった生徒も、受け入れました。

  • So essentially she took the students that no one wanted.

    つまり、他の寮に入れなかった生徒の受け皿となったのです。

  • This made the school a better place, because she brought people from different backgrounds together.

    これにより、学校はより良い場所になりました。なぜなら彼女は、異なるバックグラウンドを持つ人々を一カ所に集めたからです。

  • She chose a badger as her coat of arms.

    寮旗には、アナグマを選びました。

  • Ravenclaw wanted her students to be the most intelligent, have the most wit, cleverness, creativity, and wisdom.

    レイブンクローは、最も知的で機知に富み、賢明で独創的、そして知恵を持つ者を求めました。

  • Coat of arms that she chose was an eagle.

    寮旗に選んだのは、鷲でした。

  • And finally, Slytherin wanted his students to have the most ambition, be the most cunning, determined, resourceful and most of all, he wanted them to have good blood purity.

    最後にスリザリンは、最も野心にあふれ、狡猾で、決然としていて、要領が良い生徒、そして何よりも、純血さを求めました。

  • Meaning he preferred pure bloods, a child born from two wizards.

    つまり、2人の魔法使いの間に生まれた子どもを求めたということです。

  • The coat of arms he chose was a snake to go along with his rare ability to speak to them.

    彼はヘビと話せるという希有な能力を持っているため、寮旗にはヘビを選びました。

  • Each house had their own common room.

    各寮には、談話室がありました。

  • Gryffindor's is on the seventh floor hidden behind a portrait of the Fat Lady.

    グリフィンドールの談話室は7階にあり、『太った婦人』の肖像画の後ろに隠されています。

  • To get in you give a password to the Fat Lady.

    中に入るためには、『太った婦人』にパスワードを伝えます。

  • Hufflepuff's common room is near the kitchens, and to get in you have to tap a fake barrel in the rhythm of "Helga Hufflepuff."

    ハッフルパフの談話室は厨房近くにあり、中に入るには、偽の樽を「ヘルガ・ハッフルパフ」のリズムで叩きます。

  • Ravenclaw's common room was located on one of the highest towers of Hogwarts.

    レイブンクローの談話室は、ホグワーツで最も高い塔の中にあります。

  • And to get in you must answer a riddle given to you by an eagle door knocker.

    中に入るには、鷲のドアノッカーから出される問題に答えなければなりません。

  • Slytherin's common room is located in the dungeons underneath the Black Lake, and is hidden behind a stone wall.

    スリザリンの談話室は、ブラック・レイクの下にある地下牢の、石壁の後ろに隠されています。

  • And to get in, you need a password just like Gryffindor.

    中に入るには、グリフィンドールの談話室と同様、パスワードが必要です。

  • After many years of the four founders choosing their students, they weren't sure how they were going to sort the students once they were gone.

    4人が各々、長年にわたり、寮に入れる生徒を選んでいましたが、自分たちの死後に生徒たちをどう分類するか、定かにできていませんでした。

  • To solve this, Gryffindor took off his hat and all four of them enchanted it to can sort students long after their deaths.

    これを解決するため、グリフィンドールは帽子を脱ぎ、4人がその帽子に魔法をかけて、自分たちの死後も、生徒たちを分類できるようにしたのです。

  • And they named it "Sorting Hat".

    この帽子は、「組み分け帽子」と名付けられました。

  • Everything went very well for the school in the early years, but eventually tension began to grow between the four founders.

    当初はスムーズに事が運んでいましたが、最終的には、4人の創立者たちの間に緊張が高まり始めました。

  • This is because Slytherin despised taking students for muggle-born families, and said that he would not have them at their school.

    スリザリンが、マグルの家族に生まれた生徒を嫌悪し、学校には受け入れないと言ったからです。

  • He tried to persuade the others to only take students from pure-blood families.

    彼は、純血家系の生徒だけを受け入れるよう、他の3人を説得しようとしました。

  • The other founders didn't agree with this, especially Gryffindor, who was the most in favor of allowing muggle-born students in their school.

    3人は、これには同意しませんでした。特にグリフィンドールは、マグル家系の生徒の受け入れに最も寛容でした。

  • Slytherin and Gryffindor had a huge argument, and there may have even been a duel between the two along with the civil war between the houses.

    スリザリンとグリフィンドールは激しい議論をしました。寮間での内乱に加え、2人の間では決闘も行われたのかもしれません。

  • Afterwards, Slytherin chose to leave the school, but he had a secret up his sleeve.

    その後、スリザリンは学校を去ることにしましたが、秘密を隠し持っていました。

  • And that secret would ensure the others decision to allow muggle-born students in the school to backfire on them.

    その秘密により、マグル出身の生徒を受け入れるという決断が必ず裏目に出るよう、仕組まれたのです。

  • Slytherin built a secret chamber underneath the school, which was unknown to the other founders.

    スリザリンは、学校の下に秘密の部屋を作ったのですが、それは他の創立者たちには知られていませんでした。

  • The entrance was located in the girls' bathroom.

    秘密の部屋の入り口は、女子トイレにありました。

  • And the chamber contained a basilisk, which is a type of snake that has one of the longest lifespans on earth.

    秘密の部屋には、地球上で最も長い寿命を持つヘビの一種、バジリスクがいました。

  • A basilisk can kill just from looking someone in the eye.

    バジリスクと目が合うだけで、人は死んでしまいます。

  • Other than Slytherin himself, the only person that could awake the beast was his true heir.

    スリザリン以外にこの怪物を覚醒させることができるのは、彼の真の後継者だけでした。

  • And that heir would release the basilisk many years later, and purge the school of all muggle-borns.

    何年も後に、この後継者がバジリスクを解放し、マグル出身の生徒のみで構成される学校を追放したのです。

  • Eventually in 1943, Tom Riddle or Lord Voldemort, Salazar Slytherin's true heir, would release the Beast and would kill a muggle-born girl named Myrtle.

    1943年、サラザール・スリザリンの真の後継者であるトム・リドル、またの名をヴォルデモート卿が、怪物を解き放ち、マグル生まれの女の子、マートルを殺しました。

  • Years later, Tom ensured that he would be able to open the chamber again.

    その何年も後、トムは再び、秘密の部屋を開けられるようにしておきました。

  • "One day, I would be able to lead another to finish Salazar Slytherin's noble work."

    「いつか誰かを導いて、サラザール・スリザリンの高貴な務めを完遂するのだ。」

  • It didn't kill anyone that time around though, but it did petrify several students and scared the entire school.

    その当時は死者は出ませんでしたが、何人かの生徒を石化させ、学校中を震え上がらせました。

  • Something I think that Salazar Slytherin would have been proud of.

    サラザール・スリザリンは、これを誇りに思ったことでしょう。

  • Each founder left behind a relic that they used during their life.

    創立者たちはそれぞれ、生存中に使用した遺品を残しました。

  • Godric Gryffindor's goblin-made sword was kept as his relic after his death.

    ゴドリック・グリフィンドールが所有していた、ゴブリン作の剣は、彼の死後、遺産として保存されました。

  • "Godric Gryffindor."

    「ゴドリック・グリフィンドール」

  • "It would take a true Gryffindor to pull that out of the hat."

    「その剣を帽子から出すことができるのは、真のグリフィンドールだけだ。」

  • The relic was extra special because it had a bond to the Sorting Hat, which as I mentioned earlier, was also made by Godric Gryffindor.

    この剣は、組み分け帽子とつながりがあったため、非常に特別でした。先に述べたとおり、組み分け帽子も、ゴドリック・グリフィンドールが作ったものでしたね。

  • Whenever a true Gryffindor needs the sword, it will present itself to that person through the Sorting Hat.

    真のグリフィンドールが必要とする時はいつでも、剣が組み分け帽子から出てくるのです。

  • Hufflepuff left behind a small golden cup with a badger engraved on it, the same symbol as Hufflepuff's house.

    ハッフルパフは、寮のシンボルと同じ、アナグマの彫刻が施された、小さな金のカップを遺しました。

  • Rowena Ravenclaw's relic was a diadem, that was said to have special powers which would enhance the wisdom of the wearer.

    ロウェナ・レイブンクローの遺産は王冠で、着用した者の叡智を高める、特別な力を持つと言われました。

  • And finally Salazar Slytherin left behind a locket that was emblazoned with the letter S.

    最後に、サラザール・スリザリンは、アルファベットのSが描かれたロケットペンダントを遺しました。

  • Later in Rowena Ravenclaw's life, she had a daughter named Helena, who Rowena taught her herself at Hogwarts.

    ロウェナ・レイブンクローは晩年、ヘレナという名の娘を産み、ロウェナ自身、ホグワーツでヘレナを教育しました。

  • Helena was jealous of her mother's famous intellect, so she stole the diadem from her, hoping to use its powers to enhance her wisdom.

    ヘレナは、母親の名高い知性に嫉妬し、王冠を盗みました。王冠の力を使って、自らの叡智を高めようと望んだのです。

  • Rowena was ashamed of her daughter's treason, and hid her betrayal from everyone, even the other three founders.

    ロウェナは娘の反逆を恥ずかしく思い、この裏切りを、人々から―他の3人の創立者たちからも、隠しました。

  • Helena fell in love with the Baron, and when her mother fell fatally ill, Rowena asked the Baron to go find her daughter so she could see her daughter one last time before she died.

    ヘレナは男爵と恋に落ちました。ロウェナは病状が末期に陥った時、ヘレナを探すよう男爵に頼みました。死ぬ前に一目会って、

  • And pretend like the whole betrayal never happened and have one last moment together.

    一連の裏切り行為がなかったかのように振る舞い、最後の時を一緒に過ごしたかったのです。

  • Unfortunately, the Baron killed Helena in a fit of rage, when Helena refused to come with him.

    不運にも、ヘレナは男爵と共に行くことを拒み、それにかっとなった男爵は、ヘレナを殺してしまいました。

  • And Rowena was never able to see her daughter again, and they were never able to put their feud behind them.

    そのため、ロウェナは娘に会えず、2人の間にあった確執を解決することはできなかったのです。

  • Some people think that Rowena's broken-heart over her daughter led to her early demise.

    ロウェナの死が早かったのは、娘に失望したせいだと考える人もいます。

  • She was the first of the founders to die.

    4人の創立者の中で、一番初めに亡くなったのはロウェナでした。

  • It's unknown how or when the rest of the founders died, but it is known that they left behind one of the greatest legacies in magical history.

    残りの創立者たちがいつ、どのように亡くなったのかは分かっていません。しかし、魔術界の歴史において、最も偉大な遺産を残したことは分かりますね。

  • Their school would help shape some of the most well-known and successful wizards and witches, ensuring a bright future for the Wizarding World and all it's time to come.

    彼らが設立した学校は、最も有名で成功を収める魔法使いや魔女たちの育成に貢献し、魔法ワールドとこれからの時代の、明るい未来を約束したのです。

Pretty much anyone that has read the Harry Potter books or seen the movie says [that they] wish that they could go to Hogwarts.

ハリーポッターの本を読んだり、映画を見たりした人の大半は、ホグワーツに行けたらなあ、と言います。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 スリザリン グリフィンドール ホグワーツ 生徒 魔法 帽子

ホグワーツの創立者4人と、ホグワーツの起源を説明します! (Four Founders of Hogwarts & Hogwarts Origins Explained)

  • 4779 325
    Seraya   に公開 2020 年 05 月 01 日
動画の中の単語