Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • [6 Minute English, from bbclearningenglish.com]

    [bbclearningenglish.comがお送りする 6 分英語]

  • Hello, this is 6 Minute English.

    こんにちは、6 分英語の時間です。

  • I'm Rob.

    私、ロブと

  • And I'm Sam.

    私、サムがお届けします。

  • In this programme, we're talking about biscuits.

    今回はビスケットについてお話しをしていきます。

  • Really? That's not what I was told...

    えっ?そんな事聞いてなかったけど…

  • Oh hold on, you're lying.

    あ、ちょっと待って、それってウソでしょ。

  • Yes, you're right, Sam.

    そうだねサム、正解でーす。

  • I am lying simply to demonstrate our topiclying and how to detect it.

    ウソをついたのは、今回のトピックである「ウソとその見分け方について」について実践してみたかったからです。

  • You detected my lie very easily, Sam!

    サムは結構簡単に見抜けたね!

  • I could tell by the smirk on your face that you were telling a fibthat's the word for a small, inoffensive lie.

    怪しげな笑顔を見たら何か「fib」を言ってるようだなって思ったもん。ちなみに「fib」とは大した事の無い、人を傷つけない程度のウソの事です。

  • To be honest, talking about lie detecting will be much more interesting than biscuits.

    まあ正直なところ、ウソの見破り方について話すことの方がビスケットの話をするよりも大分面白そうだけどね。

  • But first, let's start with a question for you to answer.

    まあ何はともあれ、まずは 1 つ質問をして始めていきましょうか。

  • A competition is held in Cumbria in the U.K. every year to find and award the title of "The Biggest Liar in the World".

    イギリスのカンブリアで毎年「世界最大のウソつき大会」が開催されるのですが

  • But which type of people are not allowed to take part?

    次のうち、参加することができない人はどれでしょう?

  • a) Farmers, b) Lawyers, or c) Estate agents.

    a) 農家の人、b) 弁護士、それとも c) 不動産屋。

  • What do you think, Sam?

    サムはどう思う?

  • I'd be lying if I said I knew.

    答えは分かる、って言ったらウソになるかな。

  • But based on personal experience, I'd say estate agents.

    でも個人的な経験を基にしたら、不動産じゃないかなと思うけど。

  • They'd find it too easy!

    ウソつくなんて彼らにとっては簡単でしょ!

  • Ha! Well that's your opinion but I'll let you know if you're right at the end of the program.

    ハハ!まあ、個人的な意見だからね。でも答えはこの動画の最後に発表します。

  • So, lying is something I'm sure a lot of us do.

    さて、私たちの多くがウソをつきますよね。

  • Sometimes to avoid trouble, sometimes to cheat people, or sometimes just to impress someone.

    トラブルにならないようにだったり、人をだますために、または自分の印象を良く見せるためにウソをつくこともあります。

  • Did you know I can speak seven languages, Sam?

    サムはボクが 7 ヵ国語を話せるって知ってた?

  • That's just a barefaced lie, Rob!

    いやロブ、それは随分バレバレのウソでしょ!

  • But I can see how easy lying can be, and that's what neuroscientist Sophie Scott thinks.

    でもまあ、ウソをつくのが簡単だっていうのは分かるし、神経科学者のソフィー・スコットさんもそう言っています。

  • Here she is on BBC Radio 4's Seriously podcast, explaining how we sometimes lie just to be nice!

    ここで、BBC Radio 4 の Seriously というポッドキャストを聴いて、ソフィーさんが私たちは相手の事を考えるからこそウソをついている、という話をに耳を傾けてみましょう。

  • Often what we mean by lying is someone setting out to deceive us with their words or their actions.

    ウソをつく、といった際には言葉や行動で相手を騙すことだと捉えがちですが

  • But actually normal conversation probably can only happen because we don't actually say all the time exactly what we really think and what we really mean.

    通常の会話というのは、毎回心から思っている事をそのまま口にすることなく、ある程度オブラートに包んで話すことでのみ成り立つと言えるんじゃないでしょうか。

  • And that kind of cooperation is at the heart, I think, of a lot of social interactions for humans.

    こういった不文律が根底にあるからこそ、人間同士の社会的交わりが成立するわけですし

  • And I think that's one of the strong pushes to make conversation polite and therefore, frequently, not actually truthful.

    そうすることによって失礼のない会話ができることになるわけで、それはつまり余すところなく本心が反映されてはいない、ということにつながっているのです。

  • So, Sophie mentions two types of lying.

    さて、ソフィーさんはウソには 2 種類あると言っていましたよね。

  • There's the one when we try to deceive someone.

    一つ目は、相手を「deceive」しようとする時。

  • So that's trying to hide something by tricking someone to gain an advantage.

    この意味は、何かを隠そうとして相手を騙して自分が益を得ようとする、ということです。

  • Hmm, that's like you getting me to pay 10 pounds for a cinema ticket when actually they were only 5 pounds.

    えーと、それって実際には映画のチケットは 5 ポンドしかしなかったのに、10 ポンドだったと言って私にその額を払わせるみたいな場合ね。

  • That's just dishonest, but there are also what I like to call white lies, small lies we tell to avoid upsetting someone.

    まあ、それはただ正直言っていないだけかもしれないけど、「white lie」と呼ばれる相手の気持ちを損ねないようにつくウソもありますね。

  • Those are lies that aren't intended to give you an advantage.

    この手のウソは、自分の益を求めているわけではありません。

  • Yes, Sophie Scott says we use them in normal conversation, when we don't say what we really mean.

    確かに、ソフィー・スコットさんも私たちが普通の会話の中で本来思っている事とは違う事を言う、と話していました。

  • So, we want to make conversation polite because we want to cooperate with each other. She says cooperation is at the heart.

    会話の中で失礼がないように、おたがいに不文律を守っていくことが肝心(at the heart)だと言っていましたよね。 

  • Something that's at the heart is the most important or essential part.

    何かが「at the heart」だと言う時には、それが一番重要な事だったり必要不可欠な事だという意味です。

  • Now telling lies is one thing but how do you know if we're being lied to?

    さて、ウソをつくのとは別に、自分がウソをつかれているというのを見破るにはどうしたらいいのでしょうか?

  • Sometimes there are telltale signs, such as someone's face turning red or someone shuffling their feet.

    時には、顔が赤くなったり足をゆすったりと明らかな兆候が見られることがあります。

  • But if you really want to know if someone is lying, maybe we should listen to Richard Wiseman, a psychologist at the University of Hertfordshire.

    でも、本当に相手がウソをついているかどうかを知りたい時には、ハートフォードシャー大学の心理学者リチャード・ワイズマンさんの話を聞いてみるといいでしょう。

  • Here he is speaking on the Seriously podcast...

    彼もポッドキャスト「Seriously」で話をしています…

  • Liars in general say less.

    一般的にウソをついている人は口数が少ないです。

  • They tend to have a longer what's called response latency, which is the time between the end of the question and the beginning of the answer.

    俗に反応潜伏時間と呼ばれる、質問されてから答えるまでの時間が長くなる傾向にあります。

  • And there also tends to be an emotional distance in the lie.

    それから、ウソをつくと自分の感情が入りにくくなるようです。

  • So the words 'me','my', 'I'—all those things tend to drop away in lies.

    「ボクが」とか「私に」といった、一人称が使われなくなります。

  • And it's much much harder for liars to control what they're saying and how they're saying it, so focus your attention there, you become a better lie detector.

    そしてウソをついている人にとっては話している内容や話し方をコントロールするのはかなり難しくなりますから、この点に注意していればウソを見抜くのが上手くなってきます。

  • Some good advice from Richard Wiseman.

    なかなか素晴らしいアドバイスをリチャード・ワイズマンさんからいただきましたね。

  • So to detect lies we need to listen out for the response latency.

    つまり、ウソを見抜くには反応潜伏時間に気をつければ良いというわけです。

  • A term used in psychology to describe the time taken between a stimulus or question and a response to it.

    心理学で使われる用語で、刺激や質問を受けてからそれに答えるまでの時間のことですね。

  • The bigger the gap, the more chance there is that someone is lying.

    この時間が開けば開くほど、その人がウソをついている可能性が高くなるというわけです。

  • Is that a good summary, Sam?

    サム、こんなまとめ方で良いかな?

  • Sort of, Rob.

    まあ何となくね、ロブ。

  • Richard also suggests we focus onor concentrate onwhat and how people are saying things too.

    リチャードさんは、その人がどんな事をどんな感じに話しているかにも注目、または集中するように言ってましたね。

  • There's probably more to it than just that.

    それ以外にもまだコツがあるでしょうね。

  • Well now you know how to detect my lies, Sam, maybe honesty is the best policy, as they say.

    まあサムもボクのウソをどうやって見破るか学んだわけだし、俗に言われる「正直は最良の方策」が当てはまるって事だろうね。

  • So I'm now going to give you an honest answer to the question I asked earlier.

    というわけで、先ほど出した問題の答えを正直に発表します。

  • A competition is held in Cumbria, in the U.K., every year to award the title of "The Biggest Liar in the World"

    イギリスのカンブリアで毎年「世界最大のウソつき大会」が開催されるのですが

  • But which type of people are not allowed to take part?

    次のうち、参加することができない人はどれでしょう?

  • a) Farmers, b) Lawyers, or c) Estate agents?

    a) 農家の人、b) 弁護士、それとも c) 不動産屋。

  • I guessed c) Estate agents.

    私の予想は c) 不動産屋だったんだけど。

  • And you are wrong, I'm afraid.

    そして、残念ながら不正解です。

  • Lawyers, as well as politicians, are not allowed to enter the competition.

    弁護士ならびに政治家は大会への参加が認められていません。

  • It's claimed "they are judged to be too skilled at telling porkies."

    大会規則によると「porkiesを話すことに長け過ぎているため」と記されています。

  • Porkies is an informal word for "pork pies" and that rhymes with "lies."

    Porkiesとは、「pork pies」の砕けた言い方で、これは「lies」と韻を踏んでいます。

  • Fascinating stuff, Rob and that's no lie!

    ロブ、これは面白いわね、ウソじゃなくて!

  • But now, shall we recap some of the vocabulary we've heard today?

    何はさておき、今日学んだ語彙のおさらいをしましょうか?

  • Yeah, why not.

    うん、そうだね。

  • A fib is a small inoffensive lie.

    「fib」とは、ちょっとした害のないウソの事です。

  • A white lie is also a small lie, told to avoid upsetting someone.

    「white lie」も大した事の無いウソで、相手の機嫌を損ねないようにつくものです。

  • When you deceive someone, you try to hide something by tricking them to gain an advantage.

    「deceive」とは、相手を騙して何かを隠したり自分の益を得ようとすることです。

  • When something is at the heart of something, it is the most important or essential part of it.

    何かが「at the heart」の場合は、それが最も重要な位置づけとなっているわけです。

  • And we heard about response latency.

    それから「反応潜伏時間」という言葉を聞きましたね。

  • A term used in psychology to describe the time taken between a stimulus or question and a response to it.

    心理学で使われる用語で、刺激や質問を受けてからそれに答えるまでの時間のことでした。

  • Okay, thank you, Sam.

    はい、どうもありがとうサム。

  • That's all from 6 Minute English.

    以上で今回の 6 分英語をおしまいにします。

  • We look forward to your company next time. Goodbye!

    次回またお会いするのを楽しみにしています、さようなら!

  • Bye everyone!

    皆さんさようなら!

[6 Minute English, from bbclearningenglish.com]

[bbclearningenglish.comがお送りする 6 分英語]

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

A2 初級 日本語 ウソ サム ソフィー 相手 ロブ 潜伏

ウソをついている人の見破り方 (Can you spot a lie? Listen to 6 Minute English)

  • 4568 715
    Annie Huang   に公開 2020 年 05 月 02 日
動画の中の単語

前のバージョンに戻す