Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • In the year 2024, SpaceX aims to send the first humans to Mars, 55 years after man first set foot on the moon.

    2024年、スペースXは火星に人類を初めて送ろうとしており、人が月面着陸してから55年後のこととなります。

  • While the Apollo missions only involved short stays on the moon, SpaceX aims to make Mars a permanent home for humans.

    アポロ計画は月にわずかに滞在しただけでしたが、スペースXは火星を人類がずっと住めるような土地にしようと考えています。

  • For the first group of astronauts heading to Mars, the journey is expected to take around five months.

    火星に初めて向かう宇宙飛行士のグループについては、5ヶ月間ほどかかると予想されています。

  • But what will they do when they get there?

    ですが、火星に着いたら何をするのでしょうか?

  • In this video, we're going to look at what needs to be achieved before we can send humans to Mars.

    この動画では、人が火星に送られる前にどんなニーズが達成されるべきかを見ていきます。

  • We're also going to look at the initial structures and systems that astronauts will set up in order to begin colonizing Mars.

    また、宇宙飛行士が火星を植民地化しはじめるために設置する初期構造とシステムを見ます。

  • Before the first astronauts ever set foot on the surface of Mars, they will need to have the essentials like water and power already set up before they get there.

    最初の宇宙飛行士が火星の表面に着陸する前に、彼らは水や電力など設置する必要があります。

  • SpaceX plans to achieve this in 2022 by sending two BFR's on uncrewed missions, carrying important equipment such as: a large array of solar panels and a mining system.

    スペースXはこれを無人探査で2機のビック・ファルコン・ロケットを送り、多くのソーラーパネルや採鉱システムなどの重要な装備を運び、2022年に達成しようと考えている。

  • This mining system will be the basis of SpaceX's automated propellant plant, which they aim to expand with every new mission that heads to Mars.

    この採鉱システムはスペースXの自動化推進工場の基礎となるもので、火星での探査ごとに拡大しようと試みている。

  • This propellant plant will process the large supplies of CO2 and water found on Mars by using the Sabatier process to make Oxygen and Methane, which will then be liquefied and used as fuel to return the astronauts back to Earth.

    この推進工場は酸素とメタンを作るサバティエプロセスを用いて火星にある大量の CO2 と水を処理し、それらは液化され宇宙飛行士が地球に戻るための燃料に利用される

  • If this mission is successful in setting up the foundations for a Mars colony, SpaceX will be on course for sending the first humans to Mars in 2024.

    この探査が火星の植民のための土台作りにおいてうまくいけば、スペースXは2024年に初めて火星に人を送る方向に進むこととなる。

  • This mission will consist of two cargo ships and two crewed ships, carrying around six to eight astronauts each.

    この探査は2台の貨物船と2台の有人船から成り、それぞれ6〜8人の宇宙飛行士を乗せる。

  • The astronauts could be staying on Mars anywhere between a few months or a couple of years while they continue to set up the propellant plant.

    宇宙飛行士は火星に数ヶ月から2年の間で滞在し、推進工場の設置を続けます。

  • One of the most important things the astronauts will have to do when they arrive is set up a base.

    宇宙飛行士ば着陸した時にやらなければならない最も大事なことの一つに、基地作りがあります。

  • It's unclear what the first Martian base will look like, although many have suggested that it should have a similar design to the International Space Station, with compact pressurized modules, allowing room for expansion.

    最初の火星基地がどのようになるかは不明で、それでも多くの人はコンパクトな加圧されたモジュールで拡大の余地を残した国際宇宙ステーションに似たようなデザインになるだろうと言っている。

  • Others have suggested that the initial base on Mars should be built underground, to protect the astronauts from the intense radiation and extreme weather experienced on Mars.

    他には、火星の最初の基地は地下に建てられ、宇宙飛行士が激しい放射線や激しい天気の被害を被らないようにするだろうという人もいます。

  • It's possible that Elon Musk's Boring Company could be used to dig tunnels and create underground habitats for astronauts to live on Mars.

    Elon Musk のボーリング・カンパニーがトンネルを掘り、宇宙飛行士が火星で生活するための地下住居施設を作るために用いられる可能性もあります。

  • Then there is the question of how astronauts will get their food.

    そしてここで、宇宙飛行士がどのように食糧を手にするかという問題が出てきます。

  • The first astronauts on Mars will take a two-year supply of vacuum sealed packets of food, which are light and compact, just like the ones used on the ISS.

    最初の火星の宇宙飛行士はバキューム包装された二年分の食糧を持っていき、それは軽くコンパクトで国際宇宙ステーションで使われるようなものです。

  • The astronauts won't be relying on Mars grown food.

    宇宙飛行士は火星で育った食べ物をあてにするようなことはありません。

  • However, it's likely that they will bring a greenhouse on their first mission to experiment with growing food and possibly supplementing their food with freshly grown produce.

    しかし、彼らが最初の探査で食べ物を育てる実験をスルために温室を持ちこむ可能性はあり、おそらく新鮮な作物と一緒に食事を補給するかもしれません。

  • In order to navigate the surface of Mars, the astronauts will also need a vehicle that can deal with the roughest of terrains.

    火星表面を航行するために、宇宙飛行士はゴツゴツとした地形に耐えうる乗り物もまた必要になるでしょう。

  • NASA have been developing the "Space Exploration Vehiclefor this exact purpose.

    NASA はまさにこの目的のために宇宙探査車の開発に取り組んでいます。

  • This is a pressurized vehicle which can support up to four astronauts for 72 hours.

    これは72時間最大4人までの宇宙飛行士を支援する加圧された乗り物です。

  • With multiple SEVs on the surface of Mars, it would allow astronauts to travel more than 125 miles in any direction.

    火星表面の様々な宇宙探査車があると、宇宙飛行士はあらゆる方向へ125マイル以上移動することができます。

  • A major leap forward from the maximum six mile range that the lunar rover had on the moon.

    月では月面車が最大6マイルだったのにたいしてかなりの大躍進です。

  • So, as we get closer to seeing the first humans set foot on Mars, we can appreciate the enormous engineering challenges that need to be overcome before they get there.

    最初の人類の火星着陸を見るその時に近づくにつれ、私達は宇宙飛行士達は火星に着く前に克服される必要のある巨大な工学の難しさを理解できるでしょう。

  • If you enjoyed this video and would like to contribute to Primal Space, please visit Patreon dot com slash PrimalSpace, where we will be doing a giveaway of a Saturn V Lego set, once we reach 50 Patrons!

    この動画を楽しんで、Primal Space に貢献したければ、Patreon.com/PrimalSpace まで来て、パトロンが50人に到達したらそこで Saturn V Lego の景品を与えます。

  • So make sure you're subscribed so you can join in the discussion as we continue to learn more about all things space.

    私達は宇宙に関するすべてのことをもっと学んでいくので、定期購読をしてディスカッションに参加できるようにしていてください。

  • Thank you very much for watching and I'll see you in the next video.

    動画をみていただきありがとうございました、また次の動画で。

In the year 2024, SpaceX aims to send the first humans to Mars, 55 years after man first set foot on the moon.

2024年、スペースXは火星に人類を初めて送ろうとしており、人が月面着陸してから55年後のこととなります。

字幕と単語

B2 中上級 日本語 火星 宇宙飛行 探査 着陸 スペース 基地

スペースXは火星で何をするのか? ( What will SpaceX do when they get to Mars? )

  • 1654 216
    Nina   に公開 2019 年 12 月 31 日
動画の中の単語

前のバージョンに戻す