Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • Hey guys! Welcome to our new series!

    こんにちは、僕たちの新しいシリーズにようこそ!

  • This one, we're looking at how to get a British accent.

    今回は、イギリス訛りの身に付け方を見ていきます。

  • I say British accent, but really I mean London.

    イギリス訛りと言いましたが、ロンドンの訛りのことです。

  • Why London?

    なぜロンドンかって?

  • Because, one, it's my accent, and, two, because, well, let's just say... Harry Potter wasn't from Manchester, and he wouldn't be as cool if he was from Manchester.

    まず、僕が話す訛りだからです。それから、その…ハリーポッターはマンチェスター出身じゃないからです。それに、マンチェスター出身だったら、あれほどクールじゃないですから。

  • So, there is a method to these lessons.

    このレッスンには手順があります。

  • You must follow the correct sequence of lessons, to properly understand and use the British accent correctly.

    イギリス訛りを正しく理解し、使えるようになるには、レッスンを正しい順番で受けなければなりません。

  • You're ready? Let's go!

    準備は良いですか?行きましょう!

  • Today, we're looking at the "Glottal T" and the "True T."

    今日は「声門の T」と「はっきり発音する T」を見ていきます。

  • What are they?

    これ、何なのでしょうか?

  • Well, I'm sure that you've heard the way that British people pronounce "Water."

    イギリス人が "water" という単語を発音するの、聞いたことがありますよね。

  • There is a T in the middle, but, usually, not always, but usually, British people don't pronounce the T.

    真ん中に T があります。でも通常、いつもではありませんが、イギリス人は、この T を発音しません。

  • We pronounce it like it's stuck in the throat.

    喉につまったかのように発音するんです。

  • Like this.

    こんな風に。

  • Wa'er (water with the glottal T).

    Wa'er (声門の T で "water" を発音)

  • This, it's sometimes represented by an apostrophe.

    これは、アポストロフィーを使って表現されることもあります。

  • It sounds like the middle of Uh-Oh..

    "Uh-Oh" と言う時の中間みたいな音ですね…

  • It's stuck in the throat, it's called glottal.

    のどにつまっています。これを、声門と言います。

  • Obviously, not just in water, in other words...

    もちろん、"water" だけじゃなくて、他の単語もですよ…

  • Bottle can become Bo'le (bottle with the glottal T).

    "Bottle" は "Bo'le" となり得ます(声門の T で "bottle" を発音)。

  • So, the T is there when you spell it, but when you say it, it comes a little like bo'le.

    つづる時は T を書きますが、言う時には "bo'le" という感じになるんです。

  • Button could be bu'on (button with the Glottal T).

    "Button" は "bu'on"(声門の T で "button" を発音)。

  • Other words, like great could become grea' (great with the glottal T).

    あとは、"great" は "grea'" となりますね(声門の T で "great" を発音)。

  • And it's very common to hear this, and it's most common with words which end in T.

    これを耳にする機会はすごく多いでしょう。T で終わる単語で、声門の T が最も一般的に使われます。

  • For example : but (bu'), it (i'), that (tha'), not (no').

    例えば、"but (bu')"、"it (i')"、"that (tha')"、"not (no')"です。

  • And all contractions of not.

    それから、"not" の縮約形。

  • For example : can't (can'), couldn't (couldn'), don't (don'), wouldn't (wouldn'), shouldn't (shouldn'), mustn't (musn').

    例えば、"can't (can')"、"couldn't (couldn')"、"don't (don')"、"wouldn't (wouldn')"、"shouldn't (shouldn')"、"mustn't (musn')" です。

  • A common question is : does this sound informal or stupid?

    よくある質問がこちら。これ、インフォーマルに聞こえたり、バカバカしく聞こえたりしませんか?

  • Well, it can if you use it too much.

    まあ、使い過ぎるとそうなるかもしれませんね。

  • We don't use the glottal T or the true T every single time.

    毎度毎度、声門の T を使ったり、T をはっきり発音したり、ということはしません。

  • What sounds more natural is when you have a mix of the two.

    自然に聞こえるのは、この 2 種類を混ぜた時です。

  • For example, in a sentence like : "A little bit."

    例えば、このような文章。"A little bit."

  • You could pronounce both Ts, but it sounds more natural to use a mix.

    両方の T を発音することもできますが、2 種類を混ぜると、より自然に聞こえます。

  • Like for example : "A li'le bit" (little with the glottal T) or "A li'le bi' "(little and bit with glottal Ts).

    例えば、"A li'le bit"(声門の T で"little"を発音)もしくは、"A li'le bi'"(声門のTで"little"も"bit"も発音)です。

  • Could be both glottal Ts.

    両方とも声門で発音することもできるし、

  • Could be one glottal T and a true T.

    1 つを声門、もう 1 つをはっきり発音することもできます。

  • It's up to you, and it sounds more natural to mix things up.

    使い分けはあなた次第で、混ぜるとより自然に聞こえますよ。

  • But, again, you don't want to use this in every single T in the sentence, because, yes that does sound stupid.

    でも再度になりますが、文章の全ての T でこれを使うわけではありません。だってそうすると、バカバカしく聞こえてしまいますからね。

  • There are some words which you should never use the glottal T, because it always sounds stupid, just because it does.

    声門の T を絶対に使うべきではない単語も、いくつかあります。バカバカしく聞こえるので―というのが理由です。

  • For example, like "mountain", we never pronounce it moun'ain (mountain with the glottal T).

    例えば "mountain" という単語は、"moun'ain"(声門のTで "mountain" を発音)とは言いません。

  • It sounds horrible.

    これはおかしいですね。

  • Same with "hotel".

    "hotel" も同じです。

  • No, we never say ho'el (hotel with the glottal T).

    "ho'el" とは言いません(声門の T で "hotel" を発音)。

  • Never, it's.. it sounds horrible!

    絶対ダメですよ…変ですから!

  • So, there is your lesson on the glottal T and the true T.

    以上、声門の T とはっきり発音する T のレッスンです。

  • Remember : use it as a mix not always glottal T, not always true T.

    覚えておいてください。2 種類を混ぜて使うことです。常に声門の T を使ったり、常に T をはっきり発音したりするのではありません。

  • Have a mix of them together in the sentence.

    文章では、2 種類を混ぜて使いましょう。

  • That's how you sound more natural.

    これで、より自然に聞こえますよ。

  • Ok, I'll see you in the next class!

    では、次回のレッスンでお会いしましょう!

  • "In this word, where is the stress?"

    この単語、アクセントはどこに来るの?

  • "Well, it's in "-lice".

    "-lice" の部分にアクセントがきます。

  • "The stress is here".

    ここがアクセントですよ。

Hey guys! Welcome to our new series!

こんにちは、僕たちの新しいシリーズにようこそ!

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 発音 訛り 単語 water 聞こえ イギリス

イギリス訛りの習得方法―レッスン1―"声門のTと、はっきり発音するT" (How to Get a British Accent - Lesson One - "The Glottal T and the True T")

  • 28809 856
    eunice4u4u に公開 2020 年 02 月 03 日
動画の中の単語