Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • They were married and lived happily ever after.

    2人は結婚して幸せに暮らしました。

  • The end.

    おしまい。

  • I did watch a lot of Disney movies.

    私はディズニーの映画はたくさん観て育ちました。

  • I remember my first ever romantic film was "A Walk to Remember."

    ボクが最初に観たロマンス映画は「ウォーク・トゥ・リメンバー」でしたね。

  • I think rom-coms sort of set an expectationary standard when it comes to what your relationship should be.

    ラブコメディーは、私たちが恋愛に期待するある種のスタンダードを作り上げたようなところがあると思います。

  • I remember thinking that, oh, that's how it works.

    あぁ、なるほど、そういう感じになるんだっていう印象を抱いたのを覚えています。

  • I'm going to meet this really handsome dude.

    私とってもハンサムな男の人に出会って、みたいな。

  • You fall in love with one person, and then you stick with them.

    ひとりの人を好きになって、その人と生涯一緒に生きるとか。

  • Do you want to get married, and live happily ever after?

    皆さんは、結婚してその後の人生を幸せに暮らしたいですか?

  • If you grew up reading fairy tales, watching Disney cartoons and Hollywood movies, you probably do.

    おとぎ話を読んだり、ディズニーのアニメやハリウッド映画を観て育った人なら、そう思うのではないでしょうか。

  • But have you ever thought that this gold standard of love is just a myth?

    でも、この完璧な愛のシナリオは実は幻想に過ぎないのでは、と考えた事はありますか?

  • Have you ever considered that this whole happily ever after idea may actually be damaging you and hurting your chances to be happy?

    この結婚して幸せに暮らすという概念が、自らを苦しめたり本当に幸せに生きる上での障害となっているという点に目を向けた事はありますか?

  • You know, the happily ever after myth, that gold standard to which we're all aspiring to, was only created about 400 years ago, when the lifespan was less than 40 years of age.

    この「結婚して幸せに暮らしました」という幻想は私たちが目指す完璧なシナリオですが、この考えが世に出始めたのは400年前のことで、当時の寿命は40歳にも満たなかったんです。

  • This is Katherine Woodward Thomas, the author of "Conscious Uncoupling," The New York Times best-selling book and new Mindvalley Quest.

    キャサリン・ウッドワード・トーマスさんは、ニューヨークタイムズのベストセラー本、そして新しくMindvalley Questにも加えられた「Conscious Uncoupling」の著者です。

  • It was created in Venice, Italy, where, at the time, most of the people were born into utter poverty, with no hope of ever escaping.

    イタリアのベニスで生まれた考え方ですが、当時はほとんどの人が極限の貧困の中に生まれ、そこから抜け出す方法はありませんでした。

  • Half the children were dying before they reached their 16th birthday.

    生まれた子の半分は、16歳の誕生日を待たずに亡くなっていきました。

  • Life conditions were harsh and dire.

    生活環境は厳しく酷いものだったんです。

  • Just think of it.

    ちょっと考えてみてください。

  • When we look at the happily ever after myth, we always see a commoner marrying a noble person and coming into great wealth as a result.

    幸せのストーリーを見てみると、いつも一般庶民が貴族階級の人と結婚して、その結果裕福になって暮らすという展開になっているんです。

  • So this myth, which was first created as an escapist fantasy to help people survive at a very difficult time, has now somehow become the covert standard to which we're holding ourselves and each other accountable to.

    ですから、このような物語は最初は厳しい日常生活を忘れるための現実逃避のために書かれたのですが、いつしか私たちが現代において目指すべきゴールのような物になってしまっているわけです。

  • Everybody wants to get married.

    誰だって結婚したいのよ。

  • Marriage is good.

    結婚って素晴らしいからね。

  • It's a fine institution.

    いい制度だよね。

  • Ruth B. Bottingheimer, a research professor in the Department of Cultural Analysis and Theory at Stony Brook University, dates the obsession with weddings to the 1500s, when the first fairy tales emerged in Europe.

    ルース・B・ボッティハイマーは、ニューヨーク州立大学ストーニーブルック大学の文化分析と理論の研究教授で、結婚に執着する考えは、最初のおとぎ話がヨーロッパで浸透し始めた1500年代に始まったとしています。

  • Ms. Bottigheimer says, "These stories all culminate in a wedding, usually that of a woman who elevates her status in the world by getting hitched."

    ボッティハイマー教授は、「当時のおとぎ話は全て結婚式で完結していて、大体の場合が女性が嫁ぐことによって社会的立場を上げることになるのです」と話します。

  • Once you became my wife, that made you...

    キミがボクの妻になったら、つまりキミは…

  • A princess.

    王女になったの。

  • Weddings historically have this long association with material well-being.

    昔から、結婚には物質的な裕福さが付いてくるものです。

  • If not, you have a miserable life as a maiden aunt, a lady in waiting, where you serve someone else's life.

    結婚できなければ、売れ残りのおばさんとなって誰かのために惨めな人生を費やすことになるのです。

  • A wedding is social success.

    結婚とは社会的成功を象徴しています。

  • But today, the context of our lives is completely different from five centuries ago.

    ところが現代では、私たちの生活形態は5世紀前とは完全に異なっています。

  • Why then do we still believe those myths and expect them to become a reality, and what's even worse, shame and blame ourselves for failing to realize them?

    そう考えると、このような幻想にとらわれて実現させようと躍起になったり、さらにひどい事には仮に実現しなかった場合に恥ずかしく感じたり非難の目を向けるというのはおかしなことではないでしょうか?

  • Divorced, again.

    また、離婚したのね。

  • We should probably thank our media for that.

    おそらくメディアの影響が大きいでしょう。

  • You see, as girls, we grew up thinking that the wedding gown was the most important dress in our lives.

    つまり、女の子にとっては小さい頃からウェディングドレスが人生で一番重要なドレスだと夢見て育つわけです。

  • Not only because our moms told us that, but also because we saw it in every happy ending of every fairy tale story.

    母親からもそう教えられていきますし、おとぎ話の中にもハッピーエンドといえば結婚が付き物ですから。

  • We grew up on Disney cartoons about princesses.

    ディズニーの映画を観れば王女が出てきます。

  • And what do princesses do?

    王女様たちは何をしますか?

  • They get married.

    結婚するんです。

  • Just marry the prince, always look pretty and live happily ever after.

    王子様と結婚して、いつも見た目は可愛らしく、幸せに暮らすのよ。

  • And the guys grew up believing that apart from becoming a superhero or succeeding in career, getting a cool car or defeating a dragon, they had to still accomplish one more thing to be fully happy.

    そして男性にしてみれば、スーパーヒーローになったり仕事で成功を収めたり、カッコいい車を乗り回したりドラゴンをやっつけたりしたとしても、完全な幸せを得るにはもう1つ決定的な事が残っているんです。

  • They had to find the one.

    それが、自分にとって最高の女性を見つける事です。

  • She's the one.

    彼女しかいないよ。

  • And so we do what we were told to believe.

    というわけで、私たちはこうやって植え付けられた価値観に従って行動に移します。

  • We meet, we fall in love, we have a wedding, AKA the best day of our lives, as if everything after is doomed to get worse.

    出会い、恋に落ち、結婚式(人生最高の日)を挙げるのですが、まるでそれ以降の人生は下り坂を転がり落ちるかのような捉え方です。

  • By the way, we also spend thousands of dollars on that day, and then we expect the credits to roll while our lives stay in a permanent state of happily ever after.

    ちなみに、結婚式にはものすごい額のお金を費やしますし、その後の人生も永遠に幸せなものであることを期待してしまうのです。

  • The end.

    おしまい。

  • But it doesn't really work that way in real life, right?

    ところが、実際の人生はそのようには上手くいかないですよね?

  • It's important to question our cultural assumptions and myths because they might not actually be appropriate for us to be aspiring to.

    私たちが置かれている文化の中で、当たり前とされている事や幻想に懐疑の目を向けることは大切です。というのは、必ずしもそういったところを目指すことが適しているとは言えませんから。

  • And as much as we love the idea of meeting and mating with just one person for life, which some of us will be fortunate enough to do, the truth is what's actually normal for us is serial monogamy.

    確かに1人だけの人と出会って生涯を共に過ごすというのは素敵ですし、中にはそれを実現出来る幸せな人もいるでしょうけど、実際のところは次々とパートナーが変わっていくのは普通のことです。

  • Studies show that statistically, most of us will have two to three significant relationships in our lifetime.

    ほとんどの人が、生涯で2回もしくは3回の重要な恋愛関係を持つという研究結果も出ています。

  • Given that more people are going to divorce this year than buy a new car, or eat grapefruit for breakfast, I think it's time that we begin to rethink the goals of love to which we are aspiring and to stop feeling like such a failure when our relationships end before someone dies.

    年間で車を買うよりも、また朝食にグレープフルーツを食べるよりも離婚をする人の数が多いこの世の中ですから、私たちが目指すべき恋愛のゴールについて考え直してみて、破局したからといって人生の終わりのように落ち込まないようにすることが大事だと思います。

  • Because many of us will indeed experience the pain of a breakup.

    多くの人が破局に伴う心の痛みを経験することになるわけですから。

  • And inside of this happily ever after myth, we've never actually learned how to transition out of our relationships well.

    そして、「生涯幸せに暮らしました」という幻想の裏では、関係が終わってしまった後にどのようにして上手に次につなげていくかを学ぶことができなくなってしまうのです。

  • And most of us will slip into a sense of shame and despair at the end of a relationship as though we have completely failed.

    その上、多くの人が破局すると恥ずかしさや絶望に苛まれてしまって、まるで完全に人生に失敗したかのように捉えてしまいがちです。

  • If you find that you're holding yourself accountable to standards that you're not actually committed to, I invite you to just start to let those go.

    もし皆さんの中で、自分の心を捧げることができないスタンダードにとらわれている人がいるようでしたら、そこから自由になることをおススメします。

They were married and lived happily ever after.

2人は結婚して幸せに暮らしました。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 結婚 幸せ 幻想 人生 おとぎ話 王女

ディズニーで恋愛観がゆがむ?!(How Movies Distort Our Idea of Love Relationships)

  • 7777 321
    Fibby に公開 2020 年 01 月 07 日
動画の中の単語