Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • Everyone knows recycling is pretty easy.

    誰もが知っているように、リサイクルはとても簡単です。

  • So I throw the bottle into the blue bin, into a blue bin, in the recycling bin.

    私はボトルを青いビンに入れ、青いビンはリサイクルのごみ箱になります。

  • They throw it into some kind of truck all sorted nice and neat.

    彼らはそれをある種のトラックに投げ込みますが、すべてがきれいに整理されています。

  • It goes to a separate place, to a plastic recycling plant, to a factory, something akin to the end of "Toy Story 3" where they're all heading to this big incinerator.

    プラスチックリサイクル工場、といったように別の場所に行きます。 「トイストーリー3」の終わりのように、全員がこの大きな焼却炉に向かって行きます。

  • Then I imagine that there's some large machine that just squishes everything together.

    それから、すべてを一緒に押しつぶすいくつかの大きな機械があると考えてみてください。

  • Everything then is melted down.

    全てが溶けてしまいます。

  • It's somehow melted, maybe they melt down the plastic or something.

    それはなぜだか溶けていますが、多分プラスチックか何かを溶かします。

  • From there, it can be reshaped into sheets of plastic, like a park bench.

    そこから、公園のベンチにあるプラスチックのシートのようなものに、形を変えることができます。

  • You hear about sneakers being turned into a basketball court.

    スニーカーがバスケットボールコートになっているという話も聞きます。

  • And that turns into new things.

    そして、それは新しいものに変わります。

  • Recycling!

    リサイクリング!

  • Turns out, that's not the whole truth, especially for plastic.

    結局のところ、それは全てが真実ではありません。特にプラスチックにとっては。

  • This is actually propaganda we've been spoon-fed since we were kids in commercial after commercial.

    これは実際に私たちはコマーシャルの後についていく、押し込むように教えられたのです。

  • Who's behind a lot of this messaging?

    この多くのメッセージングの、背後にいるのは誰ですか?

  • The industry that produces plastic and the retailers who sell it to us.

    プラスチックを製造する業界と、それを私たちに販売する小売業者。

  • And it makes perfect sense that they'd want to trick us into thinking we can use as much plastic as we want so long as we recycle.

    そして、リサイクルする限りプラスチックを使用できるのではないかと考えるように仕向けたいと思うのは全く理にかなっています。

  • Why not pass the responsibility for a big corporate mess onto individuals like you and me.

    大企業の混乱に対する責任を、あなたや私のような個人に委ねてみませんか。

  • But here's the big secret.

    しかし、ここに大きな秘密があります。

  • Entire categories of papers and plastics are rarely recycled.

    紙とプラスチックのすべての部類は、めったにリサイクルされません。

  • Of seven types of plastic that people put into blue bins, five whole categories hardly ever get recycled at all.

    人々が青いビンに入れる7種類のプラスチックのうち、5つの部門全てがリサイクルされることはほとんどありません。

  • According to the E.P.A., in 2017 as little as 8.4 percent of our discarded plastic went through that magic recycling process.

    E.P.A.によると、2017年に廃棄されたプラスチックの8.4%がその魔法の再生工程を経ました。

  • What happened to the rest?

    残りはどうなりましたか?

  • - You probably guessed it. - (Landfill)

    -おおよその推測だと。 -(埋め立て)

  • Minus the plastic that ends up in the ocean.

    プラスティックを取り除くと、最終的には海にたどり着きます。

  • To make it worse, we used to export a third of our recycling, a whopping 20 million tons a year, and pay countries like China to deal with it for us.

    さらに悪いことに、私たちはリサイクルの3分の1を年間2,000万トン輸出し、中国などの国にお金を払い処理を依頼してきました。

  • That game's over.

    ゲームは終わりです。

  • China's basically told us no more followed by the Philippines and Malaysia.

    中国は基本的に、フィリピンとマレーシアはこれ以上続けないと言いました。

  • This recycling shutout has caused hundreds of American municipalities to cut down or totally cancel their recycling programs.

    このリサイクルの停止により、数百のアメリカの自治体がリサイクルプログラムの削減または完全に中止しました。

  • In Eugene, Oregon, we can't even recycle our milk cartons or yogurt containers anymore.

    オレゴン州ユージーンでは、牛乳パックやヨーグルト容器をリサイクルすることさえできなくなってしました。

  • You might be thinking, if so little is actually getting recycled, why does everything we buy seem to have that symbol on it?

    あなたは考えているかもしれませんが、実際にほとんどリサイクルされていないのに、購入するものすべてにその印が付いているように見えるのでしょうか?

  • Great question.

    いい質問です。

  • Let's ask the F.T.C.

    F.T.Cに聞いてみましょう。

  • That's the entity set up to protect American consumers like you and me by setting rules on consumer labeling.

    それは、消費者のラベル付けに関するルールを設定することにより、あなたや私のようなアメリカの消費者を保護するために設立された組織です。

  • But their guidelines around recycling are a bit confusing.

    しかし、リサイクルに関するガイドラインは少しわかりにくいところがあります。

  • Basically, to earn this symbol, 60 percent of the people who buy that product should be able to recycle it. Which seems to mean 60 percent of buyers of that product would live in a place that can break down and reuse that thing.

    基本的に、この印を獲得するには、その製品を購入する人の60%がリサイクルすることができる必要があります。つまり、その製品の購入者の60%が、その物を分解して再利用できる場所に住んでいるということです。

  • But then it gets more complicated.

    しかし、それはさらに複雑になります。

  • Like if a shower curtain package says recyclable but either the curtain or the package isn't recyclable, then that's considered deceptive.

    シャワーカーテンのパッケージにリサイクル可能と書かれているが、カーテンまたはパッケージのいずれかがリサイクル可能でない場合、それは騙していると見なされます。

  • But if it's a bottle instead of a curtain and it's the cap instead of the package that's not recyclable, then it's totally fine unless the bottle has a non-recyclable wrapping or is contaminated with food.

    しかし、カーテンではなくボトルで、パッケージではなくキャップでリサイクルできない場合は、ボトルにリサイクルできない包装があるか、汚染された食品でない限り、まったくは問題ありません。

  • Is anyone else totally lost here?

    誰か混乱してる人は他にいますか?

  • With such complicated regulations, companies can get away with stamping a recyclable label on products that aren't likely to be recycled.

    このような複雑な規制により、企業はリサイクルされそうにない製品に、リサイクル可能なラベルを刻印し逃げることができます。

  • Like this, or this, or even this.

    これや、またはこれ、さらにこれ。

  • And most of us wouldn't even know.

    そして、私たちのほとんどはこの事を知りません。

  • But somehow Kathleen Smith figured it out.

    しかし、どういうわけかキャスリーンスミスはそれを見つけ出しました。

  • Kathleen is a resident of Northern California.

    キャスリーンは北カリフォルニアに住んでいます。

  • She loves coffee -- so much so that her grandkids call her Grandma Coffee.

    彼女はコーヒーが大好きで、孫がコーヒーおばあちゃんと呼ぶほどです。

  • And she loves being eco-friendly.

    そして、彼女は環境に優しいことが大好きです。

  • So someone gifted her a Keurig machine.

    だから誰かが彼女にキューリグマシンを贈りました。

  • The pods had that nice little recycling symbol and the box even said, "Have your cup and recycle it, too."

    ポッドには素敵で小さなリサイクルの印があり、箱には「カップも持ってリサイクルしてください」とさえありました。

  • But those pods weren't actually recyclable.

    しかし、これらのポッドは実際にはリサイクルできませんでした。

  • She took Keurig to court to sue them for false advertising.

    彼女は虚偽の広告で彼らを訴えるために、キューリグを法廷に持ち出しました。

  • Keurig changed some of its labels, but then they tried to dismiss the case, essentially claiming what had happened hadn't hurt Kathleen.

    キュリーグはそのラベルの一部を変更しましたが、その後実際にキャスリーンを傷つけなかったと主張して、訴えを棄却させようとしました。

  • But the court disagreed.

    しかし、裁判所は同意しませんでした。

  • Kathleen could have been hurt if she was misled and paying more for something she thought was recyclable.

    キャスリーンは、誤解をしてリサイクル可能だと思ったものにもっとお金を払ったら、怪我をしたかもしれません

  • And now a whole bunch of other Kathleens are lining up in a potential class-action suit against Keurig.

    そして今、多くのキャスリーンのような人たちが、キューリグに対して集団訴訟を起こすかもしれません。

  • This lawsuit might eventually cause one company to clean up its act, but short of millions of crusading Kathleens and court cases, how are we going to clean up the entire plastic-pushing industry?

    この訴訟により、最終的に1つの会社がその行いを一掃する可能性がありますが、何百万もの十字軍カトリーン達との訴訟がなければ、プラスチックを前面に出す産業全体をどのように一掃するのでしょうか?

  • What we really need is the F.T.C. to write some clearer regulations and introduce costly penalties.

    本当に必要なのはF.T.Cがより明確な規制を作成し、費用のかかる罰則を導入する事です。

  • And we need companies to stop hiding behind their green marketing ploys and actually deal with the plastic crisis they created.

    そして、企業はグリーンマーケティングの策略の後ろに隠れることを止め、実際に彼らが生み出したプラスチック危機に対処する必要があります。

  • Now you may be thinking, so should I not even bother recycling anymore?

    今、すでにあなたは考えているかもしれないので、私はもうリサイクルを気にする必要はないかもしれない?

  • The point of this video is not to take all the responsibility off of individuals like you and me.

    このビデオのポイントは、あなたや私のような個人の責任をすべて取り除くことではありません。

  • Please keep recycling stuff that's recyclable.

    リサイクル可能なものはリサイクルしてください。

  • But we've been made to feel that as long as we put our plastic in the blue bin we've done our part.

    しかし、プラスチックを青いビンに入れる限り、私たちは自分の役割を果たしたと感じていました。

  • And that's just not true.

    それは事実ではないのです。

  • The best thing we can really do is start buying as if nothing gets recycled.

    本当にできることは、リサイクルできないものは買わないことです。

  • Because that's pretty much what's going on.

    たくさんのことが起きているからです。

  • It's ridiculous that we had to pull this out of the trash can for this video.

    このビデオのために、ゴミ箱から取り出さなければならなかったなんて、ばかげています。

Everyone knows recycling is pretty easy.

誰もが知っているように、リサイクルはとても簡単です。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 TheNewYorkTimes リサイクル プラスチック ビン 青い 訴訟

けっこう複雑なリサイクル事情 あなたのプラスチックはリサイクルされているのか? (Is Your Plastic Actually Being Recycled? | NYT Opinion)

  • 7734 374
    Mackenzie に公開 2020 年 02 月 13 日
動画の中の単語