Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • Welcome to The Daily Show, sir.

    「ザ・デイリー・ショー」へようこそ。

  • Thank you very much for having me.

    お招きいただきありがとうございます。

  • Uh, I am a big fan of your work.

    えーと、私はあなたの作品の大ファンなのです。

  • You have been making some of the funniest films that we have had the pleasure of enjoying in the cinema.

    私達が映画館で楽しんだ中でも、いちばん面白かった映画を作ってきていますね。

  • -Thank God. -But "Jojo Rabbit" is truly one of the strangest films people will go and watch, in an amazing way.

    - ありがとうございます。 - でも「ジョジョ・ラビット」は人々が見に行く映画の中で驚くほど奇妙な映画のひとつですね。

  • - Yeah. - How do you even begin to pitch to a studio, "Hey, guys, I'm gonna make a movie about a young boy who's growing up in Nazi Germany, and his imaginary friend is Hitler."

    - そうですね。 - 映画撮影所に「みんな、ナチス・ドイツで育った少年で、空想上の友達がヒトラーであることを描いた映画を作るつもりなんだ。」ってどうやって売り込みましょう。

  • You say, "Hey, guys," and then you stop there.

    「みんな、」と言って、そこで止まってしまいますよね。

  • That's pretty much it.

    そんな感じですね。

  • It was a very hard film to pitch.

    売り込みが非常に大変な映画でした。

  • "Oh, uh, so, it's a film about a young boy in the Hitler Youth."

    「ああ、えーと、そう、ヒトラー・ユーゲントの少年の映画です。」

  • Most people are, "Mm, that's enough for me."

    ほとんどの人は「うーん、もう十分です。」

  • "Not interested."

    「興味がないです。」

  • - I ended up having to write the script and let that do all the talking for me with this. - Right.

    - 結局脚本を書くことになったのですが、それが全てを物語ってくれました。- そうです。

  • It is a very hard thing to pitch 'cause tonally, it shifts around quite a lot.

    - トーンがかなり変わるので、売り込みが難しいです。

  • There's a lot of comedy, and drama, and tragedy, and it is a real mix.

    コメディとドラマと悲劇がもりだくさんに入り混じっているのです。

  • -You can't kind of pick one. -Right, yeah. It really...

    - ひとつに選べないですね。 - そうですね、本当に…

  • It really is sharp in a satirical voice, as well because, you know, you're commenting on something that we all know happened.

    起こったのを知っていることにコメントするわけですから、皮肉を含んだ声もありますね。

  • But what's really interesting is you're commenting on something that I think a lot of people don't talk enough about today in the world, and that is how we are conditioned from the time we're children.

    でも本当に興味深いのは、みなさんが現在の世界ではあまり話題に出さないことにコメントしていると思われることであり、このようにして私達は子供の頃から条件づけられているのです。

  • -Yeah. -You see this little child who is born in Nazi Germany, and he is only taught to be a Nazi.

    - そうですね。 - ナチス・ドイツで生まれた子供がいますが、彼はナチスになるようにしか教えられていません。

  • And we like him because we sort of understand that he had no other choice.

    私達が彼を好きになったのは、彼に選択の余地がなかったことが分かるからです。

  • And we see the conflict that he has with being a Nazi and then, like, his mother going like, "No, you can be a good person."

    ナチスであることと、「あなたは良い人になれる」と言う母との葛藤を抱えるのが見えます。

  • Yeah, that's right, and when children were indoctrinated into the Hitler Youth, um, the first lesson they were taught was to rebel against your parents.

    その通りです。子供たちが洗脳されてヒトラー・ユーゲントに入らされた時に最初に教えられたことは、親に反抗することです。

  • "Don't listen to your parents and what they try and tell you."

    「親の話そうとすることは聞くな。」

  • "Listen to us. You know, we... "Hitler is now your father, and listen to us, and listen to, you know, your teachers."

    「私達の言うことを聞け。今はヒトラーがお前達の父親だ。我達の言うことを聞け。 先生の言うことを聞け。」

  • Um, and, so, if a parent in those times...

    その時代の親ならば…

  • - If you, you know, if you wanted to try and convince your child, "Don't be a Nazi," uh, it was a very, it was a very dangerous thing to do. -Right.

    - 子供に「ナチスになるな」と説得しようとしたら、それは非常に危険なことでした。 - そうですね。

  • You know, 'cause they would say, "If your parents, uh, you know, if they, if they judge us or if they criticize the party, tell us, and we'll take care of that."

    ナチスはこう言うからです。「もし両親が私達を非難したり、党を批判したりしたら言いなさい。我々が対処する。」

  • -"We'll take care of your parents." -Yeah.

    - 「我々が両親の対処をする。」 - はい。

  • - Right. - And you see that in the story.

    - そうですね。- 物語の中にも出てきますね。

  • And I really wish I could explain to people.

    そして、説明できればいいのにと本当に思いますよ。

  • I don't want to give anything away, but it's, like... It really is, It is a weird movie in that, like, you're laughing, and then you're sad, and then you're angry.

    秘密にしておきたいのですが、実は、笑って、悲しくて、怒るような奇妙な映画なんです。

  • And then there's moments where you're like, "This feels like what's happening today."

    「今の出来事のようだ」と感じる瞬間があるのです。

  • -Yeah. -You know? You feel people who are radicalized, and you go, "Why do you have this hate, or "Why do you feel the way you do?"

    - そうですね。 - 人々が過激になってくるとこう思いますよね。「なぜこんな憎しみを持つのだろうか?」「なぜそう感じるのか?」

  • And they're like, "Well, that's all I've known."

    「私はそれしか知らない。」みたいに言うのです。

  • Isn't it weird that in 2019, someone still has to make a movie trying to explain to people not to be a Nazi?

    2019 年でもナチスにならないように説明する映画を作らないといけないのは変じゃないですか?

  • Was it ever awkward for you, like, looking in the mirror?

    鏡を見るみたいなことは気まずかったですか?

  • I mean, like, did your family say anything?

    つまり、あなたの家族は何か言ったのですか?

  • Because, I mean, you know, you...

    だって…その…ねえ…

  • Well, my mother came to visit set, and we were shooting in Prague...

    まあ、母親がセットを見に来て、プラハで撮影していました…

  • - 'Cause a lot of people don't know this about you, but you're Jewish. -Yeah.

    - 多くの人があなたのことは知らないけれど、ユダヤ人ですよね。 - そうです。

  • And, like, like, like, you have Jewish family, and that makes it okay.

    ユダヤ人の家族がいますが、問題ないです。

  • Well, what I'm saying, like, that makes it more awkward, I think, is that, like..

    私が言いたいのは…、さらに気まずいと思うのは…

  • It makes it more... Oh, for sure.

    さらに…、ああ、確かにね。

  • - And it... - So, like, your family is just like, "Wait, so you're gonna... you're gonna be Hitler?"

    - それは… - 家族の方が「待って、あなたは、あなたはヒトラーになるのですか?」みたいなことです。

  • There's double the guilt going on.

    罪悪感が2倍になります。

  • There's double...

    罪悪感が2倍になります。

  • So, I, uh...

    それで…

  • No, I put the costume on for the first time.

    いや、初めてその衣装を着たのです。

  • On paper, it's simply, "This is gonna be a great idea."

    理屈の上では単純に「これは素晴らしいアイデアになるだろう。」

  • Uh, then you put it all on.

    そして、それを全部着ます。

  • You put the ridiculous mustache on, and you look in the mirror, and, I mean, really, the main word to describe it all is "embarrassed."

    こっけいな口ひげをつけて、鏡を見て、…それを表す言葉は「恥ずかしい」 ですね。

  • -Oh, that's right. I was embarrassed. -Right.

    - そう。恥ずかしかったのです。 - そうですね。

  • And... but imagine trying to, uh, to direct people dressed like that.

    そのような格好をした人達を監督することを想像してみてください。

  • You know, 'cause, you know, like, you go through, you go through most of your day, you know, you don't really remember what you look like.

    自分がどんな格好をしているのか覚えていないで 1 日の大半を過ごすから、

  • And I was like, I'll be directing people, "Hey, that's really good. Um, that was really good, Scarlett."

    「本当に良かったよ。あれは本当に良かったよ、スカーレット。」みたいな感じでみんなを監督するのです。

  • "So, look, why don't we just try to do another one where you go over there."

    「じゃあ、いいかい、もう一回やってみないか?君がそこに行くんだ。」

  • And you can see, like, she's there going...

    そして分かるかな、彼女がそこに行って…

  • And I would catch a little glimpse of myself in a reflection and realize, "Oh, my God. That's right. I'm dressed like this guy."

    映った自分の姿をちらっと見て気づきます。「あぁ、すごい。そうなんだ。この人みたいな服装をしてる。」

  • - Yes, you are... - And, so, then I said, "So, you don't have to do what I say. I'm not..."

    - そうですよ。 - それで私は言いました。「だから、私の言う通りにしなくてもいいんだよ。私は…。」

  • "That's not an order. I'm not tell..."

    「それは命令じゃないんです。私はそうしろとは…、」

  • "I'm not... I'm not forcing you to do that."

    「私は…そうしろと強制しているわけではありません。」

  • "This is... It's your choice."

    「これは…、あなたの選択です。」

  • "Yeah, yeah, yeah. You're a free person."

    「そう、そう、そう。あなたは自由なのですから。」

  • "You know, 2019. You do what you want. -"

    「 2019 年は好きなようにすればいいです。」

  • "Hey, I'm not directing. I'm suggesting."

    「ねえ、私は監督していません。提案してるんです。」

  • "I'm not directing, I'm suggesting."

    「監督していません。提案してるんです。」

  • -"You do it." -"A suggestion. It's the power of suggestion."

    - 「君がやるんだ。」 - 「提案です。提案の力なんです。」

  • Um, you have a really stellar cast.

    実に素晴らしいキャストが揃っていますね。

  • I mean, the young man who we see there playing Jojo the Rabbit, he's phenomenal.

    ジョジョ・ラビットを演じている青年は驚異的です。

  • And, I mean, yoike, all these young kids in the movie are so amazing in playing the story.

    映画に出てくる若い子達は皆、物語を演じていて素晴らしいです。

  • And then you have Scarlett Johansson, who's also phenomenal as the mom in the story.

    そしてスカーレット・ヨハンソンは、物語の中で母親役として驚異的です。

  • Why did you choose to center the story around the kids?

    なぜ子供達を中心としたストーリーにしたのですか?

  • Because it's not a story told through the lens of the adults.

    大人のレンズを通して語る物語ではないからです。

  • -The adults are in the story, but it is really through the lens of children. -Yeah. -Why?

    - 大人は物語の中にいますが、実は子供達のレンズを通して見た物語なのです。 - そうですか。 - なぜですか?

  • Well, I've never really seen films set, uh, with, uh, with a backdrop of conflict or wars really from a child's point of view.

    紛争や戦争を背景にした映画を、子供の視点から見たことがなかったのです。

  • And I really wanted to explore that, uh, that world.

    そして、その世界を追い求めたかったのです。

  • And I've worked with a lot of kids in my films.

    そして多くの子供達と一緒に映画を作ってきました。

  • Like, a lot of my films, uh, you know, they deal with, you know, young boys with dad issues.

    多くの映画は父親との問題を抱えた少年を扱っています。

  • Yeah, but, so, I've always worked with these kids.

    そう、いつも子供達と一緒に仕事をしてきたのです。

  • And the boy plays Jojo, Roman Griffin Davis, incredibly beautiful, sensitive young guy who, um, who really carries the film and really saved me from embarrassment.

    ジョジョを演じるのはローマン・グリフィン・デイヴィスで、信じられないほど美しくて繊細な青年で、この映画を支えてくれて、本当に私を恥ずかしい思いから救ってくれました。

  • I think there's nothing to be embarrassed about.

    恥ずかしいことは何もないと思います。

  • It's truly one of the most original, funny, fantastic films I've watched in a very long time.

    この映画は、私が長い間見てきた映画の中で、本当にとても独創的で、面白くて、素晴らしい映画の一つです。

  • -Thank you very much for being on the show. -Thank you.

    - ご出演ありがとうございました。 - ありがとうございます。

  • Thank you for making the movie, for real.

    本当に、映画を作ってくださってありがとうございます。

  • "Jojo Rabbit" opens in select cities October 18 and will be in theaters nationwide very soon.

    「ジョジョ・ラビット」は、10 月 18 日より一部の都市で公開され、まもなく全国公開となります。

  • Taika Waititi, everybody.

    皆さん、タイカ・ワイティティさんでした。

Welcome to The Daily Show, sir.

「ザ・デイリー・ショー」へようこそ。

字幕と単語

A2 初級 日本語 映画 ナチス ヒトラー ジョジョ 子供 物語

タイカ・ワイティティ―「ジョジョ・ラビット」でおどけたヒトラーを演じる | The Daily Show(Taika Waititi - Playing a Buffoonish Hitler in "Jojo Rabbit" | The Daily Show)

  • 753 95
    Estelle   に公開 2019 年 12 月 09 日
動画の中の単語

前のバージョンに戻す