Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Pluto: Planet or not? Before we can answer this question we need

    冥王星:惑星かどうか?この質問に答える前に

  • to know what the word planet is for, and that takes us back to the ancient greeks who called

    惑星という言葉が何のためにあるのかを知るために、それは古代ギリシャ人が

  • Mercury, Venus, Mars, Jupiter, Saturn, the Moon and sun planets. Basically if it moved

    水星、金星、火星、木星、土星、月、太陽の惑星。基本的に移動した場合

  • across the sky and was bright, it was a planet. This is a terrible start for the word because,

    空を横切って明るく輝いていたのは 惑星だったのですなぜならこの言葉の始まりはひどいものだからです

  • 1) it excludes Earth from the list and 2) it groups wildly different things together.

    1) それは地球をリストから除外し、2) それは乱暴に異なるものを一緒にグループ化しています。

  • But the greeks couldn't know how different the Moon was from Saturn, because the best

    しかし、ギリシャ人は、月が土星とどのように異なるかを知ることができませんでした。

  • technology they had to observe the Universe was sadly limited.

    彼らが持っていた宇宙を観測する技術は、悲しいことに限られていました。

  • It would take several thousand years until the industrious Dutch made the first telescopes

    勤勉なオランダ人が最初の望遠鏡を作るまでには数千年かかりました。

  • and astronomy became much more interesting. Astronomers could now confidently rearrange

    天文学はもっと面白くなりました天文学者は自信を持って

  • the solar system -- an elegant scientific advance that no one could possibly object

    太陽系--誰もが異論を唱えないエレガントな科学的進歩

  • to -- and reclassify its parts, dropping the Sun and moon from the list of planets and

    のリストから太陽と月を削除して、その部分を再分類し、惑星と

  • adding Earth. Now, if it orbited the Sun, it was a planet.

    地球を足して今、太陽の周りを回っていたら、惑星になっていました。

  • As time went on and telescopes got better and better each new century brought with it

    時が経ち、望遠鏡はどんどん良くなり、新世紀になるごとに、それに伴って

  • the discovery of a new planet. Which brings us to this familiar solar system:

    新しい惑星の発見これはお馴染みの太陽系の話です

  • nine planets orbiting one star. And looking at this model makes people wonder,

    1つの星の周りを回る9つの惑星この模型を見ていると 疑問が湧いてきます

  • why do astronomers want to ditch Pluto? The problem is pictures like this in textbooks

    天文学者はなぜ冥王星を捨てたがるのか?問題は教科書に載っているこのような写真です

  • are lies. Well, not lies exactly, but unhelpful. They give the impression that the planets

    は嘘です。正確には嘘ではないが 役に立たない彼らは惑星が

  • are similar-ash in size and evenly-ish spaced, but the reality couldn't be more different.

    しかし、現実はもっと違ったものになります。

  • Here, dear Terrans, is our home planet Earth, and this is Jupiter next to it at the correct

    親愛なる地球人よ これは私たちの故郷の惑星地球です そしてこれはその隣にある木星です

  • scale -- rather bigger than you probably thought. If we take this diagram and adjust for the

    スケール -- あなたが思っているよりもかなり大きなスケールです。この図を見て

  • correct sizes of the planets it looks like this. Unless you're watching the video in

    惑星の正しいサイズはこのようになります。でビデオを見ているのでなければ

  • fullscreen HD mode, you might not even be able to see Pluto.

    フルスクリーンHDモードでは冥王星も見えないかもしれません。

  • So size differences are vast, and Pluto is the smallest by far. But it's not just small

    そのため、大きさの違いは大きく、冥王星が一番小さいのですが、ただ小さいだけではありません。しかし、小さいだけではありません。

  • for a planet, it's also smaller than seven moons: Triton, Europa, our own Moon, Io, Callisto,

    惑星としては、7つの月よりも小さいです。トリトン、エウロパ、私たちの月、イオ、カリストです。

  • Titan, and Ganymede. Even if you show the correct relative sizes

    タイタン、ガニメデ正しい相対的な大きさを示しても

  • the distances are still a problem. Think about it, if Jupiter was this close to Earth it

    距離が問題なのです考えてみてください、もし木星が地球にこんなに近かったら...

  • wouldn't look like a dot in the night's sky but would be rather overwhelming -- so it

    夜の空の点のようには見えないが、むしろ圧倒的な存在になるだろう。

  • must be really far away, which makes drawing it to scale rather a challenge. If you want

    は本当に遠くになければならないので、縮尺に合わせて描くのはかなり難しいです。もし

  • the length of a piece of paper to represent the distance from Mercury to Pluto, then giant

    水星から冥王星までの距離を表すために紙の長さは、その後、巨大な

  • Jupiter would be the size of a dust mite on that page, and Pluto a bacterium.

    木星はそのページのチリダニの大きさ、冥王星はバクテリアの大きさだろう。

  • But excluding Pluto from the plant club just for being tiny and far away isn't reason enough

    しかし、冥王星を植物クラブから除外するのは、小さくて遠いという理由だけでは十分な理由にはなりません。

  • and quickly brings out the Pluto defenders. In order to understand what Pluto really is,

    と、すぐに冥王星擁護派を呼び覚ます。冥王星の本当の姿を理解するためには

  • we need to first discuss a planet you've never heard of: Ceres.

    まず最初に聞いたことのない惑星の話をする必要がありますセレスです

  • Back in the 1801, astronomers found a new planet in the huge gap between Mars and Jupiter

    1801年、天文学者たちは火星と木星の間の巨大な隙間に新しい惑星を発見しました。

  • -- it was a small planet, but they loved it anyway and named it Ceres.

    -- 小さな惑星だったが、彼らはそれを愛し、セレスと名づけた。

  • The next year astronomers found another small planet in the same area and named it Pallas.

    翌年、天文学者たちは同じ地域にもう一つの小さな惑星を発見し、それをパラスと名付けました。

  • A few years later they found a third one, Juno, and then, funnily enough, a fourth one,

    数年後、彼らは3匹目のジュノーを発見し、そして不思議なことに4匹目を発見しました。

  • Vesta. And for a several decades children learned the 11 planets of the solar system.

    ベスタです。そして数十年の間、子供たちは太陽系の11の惑星を学びました。

  • But, astronomers kept finding more and more of these objects and became increasingly uncomfortable

    しかし、天文学者たちは、これらの天体をどんどん発見していき、ますます不快になっていきました。

  • calling them planets because they were much more like each other than planets the on either

    惑星と呼ばれているのは、どちらかの惑星よりもお互いに似ているからです。

  • side, so a new category was born: asteroids in the asteroid belt -- and the tiny planets

    そのため、新しいカテゴリーが生まれました:小惑星帯にある小惑星と小さな惑星

  • were relabeled which is why you've never heard of them. And it was a good decision too, as

    は再ラベル化されていましたが、それはあなたがそれらを聞いたことがない理由です。そして、それはあまりにも良い決断でした。

  • astronomers have now found hundreds of thousands of asteroids, which would be a lot for a kid

    天文学者は数十万個の小惑星を発見したという。

  • to memorize if they were all still planets. Back to Pluto. It was discovered in 1930 making

    まだ全ての惑星が存在していたならば 覚える必要があります冥王星に話を戻します1930年に発見されました

  • it the 9th planet. First estimates put Pluto about the size of Neptune, but with more observations

    冥王星は第9惑星です。最初の推定では 冥王星は海王星とほぼ同じ大きさでしたが より多くの観測により

  • that was revised down, and down and down. While Pluto shrank astronomers started to

    冥王星が縮小していく中、天文学者たちは冥王星が縮小していくのを待っていました。冥王星が縮小する一方で 天文学者たちは

  • find other, similar objects orbiting in the same zone.

    同じゾーンを周回している他の類似した物体を見つけることができます。

  • Sound familiar? While school kids kept memorizing the nine

    聞き覚えがありますか?学校の子供たちが9を暗記している間に

  • planets, some astronomers grew uneasy about including Pluto because the size estimates

    冥王星の大きさを推定するために、一部の天文学者は冥王星を含めることに不安を感じるようになりました。

  • continued to shrink, they learned that Pluto is made mostly ice, and they continued to

    冥王星はほとんどが氷でできていることを知りました

  • find lots and lots of icy objects at the edge of the solar system just like Pluto.

    冥王星のように、太陽系の端で氷のような物体をたくさん見つけてください。

  • This problem could be ignored as long as no one found an ice ball bigger than Pluto, which

    冥王星よりも大きな氷球を発見しない限り、この問題は無視できる。

  • is exactly what happened in 2006 with the discovery of Eris. Once again, astronomers

    2006年に「えりす」が発見された時と同じことが起こったのです。再び、天文学者たちは

  • recategorized the solar system and grouped these distant objects, including Pluto, into

    太陽系を再分類し、冥王星を含むこれらの遠方の天体を次のようにグループ化しました。

  • a new area called Kuiper belt. And that's the story of Pluto -- a miscategorized

    カイパーベルトと呼ばれる新しい領域そして、それは冥王星の話である。

  • planted that finally found its home -- just like Ceres. But this story is really less

    植えられていたものがついに家を見つけました -- ちょうどセレスのようにしかし、この話は実際には

  • about Pluto than it is about realizing the word 'planet' isn't very helpful.

    冥王星については、「惑星」という言葉があまり役に立たないことに気づくことよりも、「冥王星」についてです。

  • The first four planets are nothing at all like the next four, so it's even a little

    最初の4つの惑星は、次の4つの惑星とは全く似ていないので、それは少しでも

  • weird to group these eight together which is why they often aren't and are separated

    これらの8つを一緒にグループ化するのは奇妙ですが、それは彼らがしばしばではなく、分離されている理由です。

  • into terrestrial planets and gas giants. And now that we have telescopes that can see

    地球上の惑星とガスの巨人へと変化していきますそして今、私たちは望遠鏡を持っています

  • planets around stars not our own, and we've found rogue planets drifting in empty space

    私たち自身ではない星の周りの惑星と、我々は空の空間に漂っている不正な惑星を発見しました。

  • and brown dwarfs -- objects that blur the very line between planet and star -- the word

    と褐色矮星 -- 惑星と星の間の境界線を曖昧にする物体 -- この言葉は

  • planet becomes even less clear. So as we increase our knowledge of the Universe

    惑星はさらに明らかになりません宇宙についての知識が増えるにつれ

  • the category of 'planet' will probably continue to evolve, or possibly, fall out of favor

    惑星というカテゴリーは、今後も進化し続けるか、もしかしたら支持されなくなるかもしれません。

  • entirely. But, for the time being the best way to categorize

    完全に。しかし、当分の間は、分類するための最善の方法は

  • the stuff in our solar system is into one star, eight planets, four terrestrial, four

    太陽系の中のものは一つの星、八つの惑星、四つの地球、四つの惑星になっている

  • gas giants, the asteroid belt, and the distant Kuiper belt, home to Pluto

    ガス巨星、小惑星帯、冥王星のあるカイパーベルトなどがあります。

Pluto: Planet or not? Before we can answer this question we need

冥王星:惑星かどうか?この質問に答える前に

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 惑星 天文 発見 太陽 木星 地球

冥王星は惑星なのか?

  • 577 39
    VoiceTube に公開 2020 年 08 月 06 日
動画の中の単語