Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Who remembers this infamous Styrofoam container?

    誰がこの悪名高い発泡スチロール容器を覚えていますか?

  • (Applause)

    (拍手)

  • Well, it sure changed me, it changed my company,

    確かに私も会社も変わったわ

  • and it started a revelatory journey

    そしてそれは啓示的な旅を始めた

  • about how adversaries can be your best allies.

    敵が自分の最高の味方になる方法について

  • You know, back in the late '80s,

    80年代後半に戻って

  • this Big Mac clamshell was the symbol of a garbage crisis.

    このビッグマックのクラムシェルは、ゴミの危機の象徴だった。

  • People were really angry.

    みんな本当に怒っていました。

  • For example, thousands of students,

    例えば、数千人の生徒。

  • young students around the globe were sending letters, blaming McDonald's,

    世界中の若い学生がマクドナルドを非難し、手紙を送っていた。

  • because we were using millions of these at that time.

    当時は何百万も使っていたからです。

  • Now, no one at McDonald's knew anything about environmentally friendly packaging,

    さて、マクドナルドでは誰も環境に優しいパッケージのことを知らなかった。

  • including me.

    私を含めて

  • The last 10 years,

    最後の10年。

  • I was in charge of logistics and truck drivers.

    物流やトラックの運転手を担当していました。

  • Then out of nowhere, my boss comes to me

    すると、どこからともなく上司がやってきて

  • and says, "Hey, we want you to save this clamshell for the company

    と言って、「ねえ、このクラムシェルを会社のために取っておいて欲しいんだけど

  • and lead the effort to reduce waste within McDonald's."

    とマクドナルド内の廃棄物削減の取り組みをリードしています。"

  • I looked at him and I asked him,

    と顔を見合わせて聞いてみました。

  • "What is polystyrene?"

    "ポリスチレンって何?"

  • But it all sounded intriguing to me

    でも興味をそそられるような話だった

  • because it brought me back to my roots.

    自分の原点に立ち返ったからだ。

  • You see, I grew up in the late '60s, early '70s,

    私は60年代後半から70年代前半に育ちました。

  • in a time of huge social upheaval in the United States.

    アメリカの大きな社会的激動の時代に

  • And I was really in tune with the protests, the sit-ins,

    抗議や座り込みにも同調していました

  • the anti-Vietnam sentiment,

    反ベトナム感情。

  • and I really felt there was a need to question authority.

    と、権威に疑問を持つ必要性を痛感しました。

  • But as I went into university,

    しかし、大学に入っていくうちに

  • I realized that I'm not going to make a living doing this.

    これでは生計を立てられないと悟りました。

  • And that whole movement had subsided,

    そして、その動きは沈静化していた。

  • and my activist spirit went dormant.

    そして、私の活動家精神は休眠状態になってしまいました。

  • And I needed to make a living,

    そして、私は生活するために必要なものがありました。

  • so I got involved in the business world.

    ということで、ビジネスの世界に入っていきました。

  • So, now these students against pollution,

    だから、今、これらの学生は公害に反対しています。

  • who were sending those protest letters to McDonald's,

    マクドナルドに抗議文を送っていた人たちです。

  • they reminded me of myself 20 years ago.

    20年前の自分を思い出しました。

  • They're questioning authority.

    彼らは権威に疑問を持っている。

  • But now, I'm the man.

    でも、今では、私は男です。

  • (Laughter)

    (笑)

  • I'm the corporate suit.

    私は会社のスーツです。

  • I'm the one representing authority.

    私は権力者の代表です。

  • And this new thing was emerging

    そして、この新しいものが出てきました。

  • called corporate social responsibility,

    企業の社会的責任と呼ばれる

  • later corporate sustainability,

    後の企業の持続可能性。

  • and now I had a chance to make a difference.

    そして今、私にはチャンスがありました。

  • So the beginning of this journey

    この旅の始まりは

  • started when McDonald's agreed to a partnership

    マクドナルドが提携に合意したことから始まりました。

  • with the Environmental Defense Fund.

    環境防衛基金と

  • They were an NGO

    彼らはNGOだった

  • that was founded with the principle of "sue the bastards."

    ろくでなしを訴える」を信条とした

  • So I'm thinking,

    だから私は考えています。

  • what are they thinking about me and my team?

    彼らは私や私のチームのことをどう思っているのでしょうか?

  • When I first met Richard Denison,

    リチャード・デニソンに初めて会った時

  • he's the senior scientist for EDF,

    彼はEDFの上級科学者です。

  • I was very apprehensive.

    とても心配していました。

  • I thought he's a tree-hugger,

    ツリーハガーなんじゃないの?

  • and I'm thinking he thinks all I care about is the money.

    彼は私がお金のことしか考えていないと思っています。

  • So we wanted the EDF team to give us real-world solutions.

    そこで私たちは、EDFチームが実際のソリューションを提供してくれることを望んでいました。

  • So we did the logical thing.

    だから論理的なことをしたんだ

  • We had them flip burgers in our restaurants.

    レストランでハンバーガーをフリッピングしてもらいました。

  • So you have to imagine Richard,

    だから、リチャードを想像する必要があります。

  • who, by the way, is a PhD in physics,

    ちなみに物理学の博士号を持っているのは

  • and there he is, he's trying to dress a quarter-pounder,

    そこに彼がいて、彼は1/4パウンドの服を着ようとしている

  • and you're supposed to have two squirts of ketchup, one mustard,

    ケチャップを2杯、マスタードを1杯飲むんだ

  • three pickles and an onion, go on to the next one,

    漬物3本と玉ねぎ1個で次へ。

  • you've got to be so fast.

    あなたはそんなに速くないといけないんですね。

  • And you know what? He couldn't get it right all day long.

    何を知ってる?彼は一日中、それを正しく理解することができませんでした。

  • And he was frustrated.

    とイライラしていたそうです。

  • And I was so impressed,

    と感心してしまいました。

  • because he was trying to understand our business.

    彼は私たちのビジネスを理解しようとしていたからです

  • Now, the EDF team,

    さて、EDFチーム。

  • they thought reusables were the holy grail for our business.

    彼らは再利用可能なものが 我々のビジネスの聖杯だと思っていた

  • Me and my team thought, reusables?

    私と私のチームは、再利用可能なものを考えました。

  • Too much space, they'd make a mess,

    スペースが広すぎると散らかってしまう。

  • they would slow us down.

    足手まといになる

  • But we didn't reject the idea.

    しかし、私たちはそのアイデアを拒否しませんでした。

  • We went to the restaurant they chose outside DC, we went to the back room.

    DCの外で彼らが選んだレストランに行き、奥の部屋に行った。

  • The dishwasher wasn't working properly,

    食洗機が正常に作動していなかった。

  • it's spitting out dirty dishes.

    汚れた皿を吐き出している。

  • The kitchen area is dirty and grimy.

    キッチン周りが汚れていてジメジメしています。

  • And compared to their experience at McDonald's

    そして、マクドナルドでの経験と比較すると

  • that's clean and organized,

    きれいに整理されています。

  • they could see the stark difference.

    その差は歴然としていました。

  • We also sat in a restaurant at McDonald's, all day long,

    マクドナルドのレストランでも一日中座っていました。

  • and watched the customers eating in.

    と、中で食事をしているお客さんを見ていました。

  • Their behavior.

    彼らの行動

  • Ends up that many customers left with the food,

    多くのお客さんが料理を残していったことに尽きます。

  • they left with the beverage.

    飲み物を持って去っていった。

  • And EDF came to their own conclusion

    そしてEDFは独自の結論を出した

  • that reusables wouldn't work for us.

    再利用可能なものは、私たちのために働くことはありません。

  • But they did have a lot of ideas that did work.

    しかし、彼らは多くのアイデアを持っていて、それが功を奏したのです。

  • And we never would have thought of them by ourselves,

    そして、自分たちだけでは考えもしなかったでしょう。

  • without the EDF team.

    EDFのチームがいなくても

  • My favorite was switching from the white carry-out bag

    お気に入りは、白いキャリーバッグからの切り替え

  • to the brown bag.

    茶色のバッグに

  • We had been using the white bag.

    白い袋を使っていました。

  • It's virgin material,

    処女の素材です。

  • it's made from chlorine bleaching chemicals,

    塩素系漂白剤で作られています。

  • and they said, use an unbleached bag,

    と言われ、未晒しの袋を使えと言われました。

  • no chemicals.

    化学薬品を使用していません。

  • It's made from recycled content,

    リサイクル素材を使用しています。

  • mostly recycled shipping corrugated boxes.

    主にリサイクルされた出荷の段ボール箱。

  • Ends up that the bag is stronger, the fiber is stronger,

    袋の方が強い、繊維が強いということで終わります。

  • it didn't cost us more money.

    それは私たちのお金を増やすことはありませんでした。

  • It was win-win.

    ウィンウィンだった。

  • Another idea they had

    彼らが持っていた別のアイデア

  • was that we could reduce our napkin by one inch.

    は、ナプキンを1インチ減らすことができました。

  • And make it from recycled office paper.

    そして、オフィスの再生紙で作ってください。

  • I'm thinking, one inch, no big deal.

    1インチ、大したことはないと思っています。

  • We did it, it reduced waste by three million pounds a year.

    私たちがやったことで、年間300万ポンドの廃棄物が削減されました。

  • Sixteen thousand trees saved.

    1万6千本の木が救われました。

  • (Applause)

    (拍手)

  • What was really cool is we changed that bright white napkin,

    何がかっこよかったかというと、あの真っ白なナプキンを変えたことです。

  • because the recycled content became gray and speckled.

    リサイクルされた内容物が灰色になり、まだら模様になってしまったからです。

  • And we made that look, you know,

    で、その見た目にしたんですよ。

  • in tune, in vogue with customers.

    お客様と同調して、流行に乗って

  • So, I came to really enjoy

    だから、私は本当に楽しむようになりました。

  • the time working with the EDF team.

    EDFチームと一緒に仕事をしている時間。

  • We had many dinners, late-night discussions,

    食事会や深夜の打ち合わせが多かったです。

  • we went to a ball game together.

    一緒に球技大会に行った

  • We became friends.

    友達になりました。

  • And that's when I learned a life lesson.

    その時、私は人生の教訓を学びました。

  • That these NGO crusaders,

    このNGOの十字軍が

  • they're really no different than me.

    彼らは本当に私と何ら変わりません。

  • They care, they have passion,

    彼らは気遣い、情熱を持っています。

  • we're just not different.

    私たちは違いがないだけです。

  • So, we had a six-month partnership

    だから、半年間のパートナーシップがあったんです。

  • that ended up producing a 42-point waste reduction action plan.

    その結果、42項目の廃棄物削減行動計画を作成することになりました。

  • To reduce, reuse, recycle.

    リデュース、リユース、リサイクルすること。

  • We measured it during the decade of the '90s,

    我々は '90年代の10年間にそれを測定しました。

  • and over 10 years we reduced 300 million pounds of waste.

    そして10年間で3億ポンドの廃棄物を削減しました。

  • Now, if you're wondering about that polystyrene clamshell,

    さて、そのポリスチレン製のクラムシェルが気になる方は

  • yeah, we ditched it.

    ああ、俺たちはそれを捨てた

  • And luckily, I still had a job.

    そして、幸いにも私にはまだ仕事がありました。

  • And this partnership was so successful

    そして、このパートナーシップはとても成功しました。

  • that we went on to recycle the idea to work with critics.

    評論家と一緒に仕事をするために再利用しに行ったことを

  • Collaborate with them on solutions that could work

    彼らと協力して、機能する可能性のあるソリューションを提案します。

  • for society and for business.

    社会のためにも、ビジネスのためにも。

  • But could this idea of collaborating

    しかし、この共同作業のアイデアは

  • work with the most contrarian folks?

    反対派の人たちと一緒に仕事をするのか?

  • And on issues that are, you know, not within our direct control.

    私たちが直接管理していない問題については

  • Like animal rights.

    動物の権利とか

  • Now, animal rights,

    さて、動物の権利。

  • obviously they don't want animals used for meat.

    明らかに彼らは肉に使われる動物を望んでいません。

  • McDonald's, probably the biggest purchaser of meat

    肉の最大の購入者であるマクドナルド

  • in the food service industry.

    外食産業では

  • So there's a natural conflict there.

    だから、そこには自然な葛藤がある。

  • But I thought it would be best

    しかし、私はそれが最善であると考えました。

  • to go visit and learn from the most vociferous and vigilant critics

    猛烈な批評家に学びに行く

  • we had at that time,

    その時に持っていた

  • which were Henry Spira, head of Animal Rights International,

    ヘンリー・スピラ、アニマルライツ・インターナショナルのトップであった。

  • and Peter Singer,

    とピーター・シンガー。

  • who wrote the book "Animal Liberation,"

    動物の解放」という本を書いた人

  • which is considered the modern treatise about animal rights.

    動物の権利についての近代的な条約と考えられています。

  • You know, I read Peter's book to prepare,

    準備のためにピーターの本を読んだんだよ。

  • I tried to get into his mindset,

    彼の心の中に入り込もうとしました。

  • and I have to admit, it was tough,

    と、正直言って大変でした。

  • I'm not becoming a vegan,

    ヴィーガンにはなりません。

  • my company wasn't going that way.

    私の会社はそうはいかなかった。

  • But I really thought we could learn a lot.

    でも、本当に勉強になると思いました。

  • And so I set up a breakfast meeting in New York City.

    それで、ニューヨークでの朝食会をセッティングしました。

  • And I remember sitting down, getting ready,

    そして、座って準備をしていたのを覚えています。

  • and I decided I'm not going to order my favorite,

    と、お気に入りの注文はしないことにしました。

  • which is you know, bacon and sausage and eggs.

    ベーコンとソーセージと卵のことです。

  • (Laughter)

    (笑)

  • And I'm just going to stick to the pastries.

    そして、私はお菓子にこだわるつもりです。

  • But I have to admit,

    でも、認めざるを得ない。

  • I was waiting for the adversarial discussion to happen.

    拮抗した議論が展開されるのを待っていた。

  • And it never did.

    そして、それはなかった。

  • Henry and Peter were just gracious,

    ヘンリーとピーターは、ただのお人好しでした。

  • they were caring, they were smart, they asked good questions.

    彼らは気遣いができて、頭が良くて、良い質問をしていました。

  • I told them about how working on animal welfare

    動物愛護に取り組むことの素晴らしさをお伝えしました。

  • is very tough for McDonald's

    は、マクドナルドのために非常に厳しいです。

  • because our direct suppliers, they only make meat patties.

    なぜなら、直接仕入れをしている業者は、ミートパテしか作っていないからです。

  • The animals are three or four steps removed from our influence.

    動物は私たちの影響力から三歩も四歩も離れています。

  • And they were very empathetic.

    そして、とても共感してくれました。

  • And while we were so directly opposed

    そして、私たちが直接対決している間に

  • in terms of the missions of our organizations,

    組織の使命という観点から

  • I felt that I had learned a lot.

    勉強になったと感じました。

  • And best of all, they gave me a terrific recommendation.

    そして何よりも、すごいお勧めをしてくれました。

  • And that is, they said,

    そして、それは彼らが言った。

  • "You should work with Dr. Temple Grandin."

    "テンプル・グランディン博士と仕事をするべきだ"

  • Now, I didn't know her at the time.

    当時は彼女のことを知りませんでした。

  • But I tell you,

    しかし、私はあなたに言っています。

  • she's the most renowned expert, then and now, on animal behavior.

    彼女は動物の行動に関する最も有名な専門家です。

  • And she knows how animals move and how they should react in facilities.

    そして、彼女は動物がどのように動き、施設でどのように反応すべきかを知っています。

  • So I end up meeting her,

    だから結局彼女に会うことになった。

  • and she's the very best type of critic,

    と、彼女は最高のタイプの評論家です。

  • in a sense that she just loves the animals,

    彼女はただ動物が好きなだけという意味では

  • wants to protect them,

    守りたいと思っています。

  • but she also understands the reality of the meat business.

    しかし、彼女は食肉ビジネスの現実も理解している。

  • And I'll always remember,

    そして、私はずっと覚えています。

  • I had never been to a slaughterhouse in my life,

    人生で一度も屠殺場に行ったことがありませんでした。

  • and so I go with her for my first trip.

    ということで、初めての旅行には彼女と一緒に行くことにしました。

  • I didn't know what to expect.

    何を期待していいのかわからなかった。

  • And we find that the animal handlers have electric prods in their hands,

    そして、動物を扱う人の手には電気の棒が握られていることがわかります。

  • and are basically zapping almost every animal in the facility.

    そして、基本的には施設内のほぼ全ての動物をザッピングしています。

  • We're both appalled, she's jumping up and down,

    私たち二人は愕然として、彼女は飛び跳ねている。

  • you'd have to know her,

    彼女のことを知らなければならない

  • she's saying, "This can't be, this isn't right,

    彼女は言っている。「これはありえない、これは正しくない。

  • we could use flags, we could use plastic bags,

    旗を使ってもいいし、ビニール袋を使ってもいい。

  • we could redesign the corrals for natural behavior."

    "自然な行動のために、飼育室を再設計することができます"

  • Well I set up Temple with our suppliers

    業者と一緒にテンプルを設立した

  • to set up standards and guidelines.

    を設定して、基準やガイドラインを設定します。

  • And ways to measure her ideas of implementing animal welfare.

    動物愛護を実践している彼女の考え方を測る方法も。

  • We did this for the next two to five years.

    これを2年から5年かけてやってみました。

  • And it all got integrated, it all got enforced.

    それが統合されて施行されたんだよ

  • By the way, two of McDonald's suppliers lost business

    ところで、マクドナルドのサプライヤーのうち2社は、ビジネスを失った

  • because they didn't meet our standards.

    なぜなら、彼らは私たちの基準を満たしていなかったからです。

  • And best of all,

    そして何よりも

  • all these standards ended up scaling to the entire industry.

    これらの規格はすべて業界全体に拡大することになりました。

  • And no more zapping of those animals.

    もう動物のザッピングはしない

  • Now, what about issues that we're blamed for elsewhere?

    さて、他の場所で非難されている問題はどうでしょうか?

  • Like deforestation.

    森林伐採のように。

  • You know, on that issue, I always thought,

    その問題でいつも思っていたんですが

  • policy makers and government, that's their role.

    それが政策立案者や政府の役割です。

  • Never thought it would end up in my lap.

    私の膝の上で終わるとは思ってもいなかった。

  • But I remember in early April 2006,

    しかし、2006年4月上旬のことは覚えています。

  • I opened up my Blackberry,

    ブラックベリーを開いてみました。

  • and I'm reading about Greenpeace campaigners

    と私はグリーンピースのキャンペーンについて読んでいます。

  • showing up in the UK by the dozens,

    英国では数十人が現れている

  • dressed as chickens,

    ニワトリの格好をして

  • having breakfast at McDonald's

    マクドナルドで朝食

  • and chaining themselves to the chairs and tables.

    と椅子やテーブルに鎖で繋いでいます。

  • So they got a lot of attention,

    だから注目されたんですね。

  • including mine.

    私も含めて

  • And I was wondering if the report that they had just released,

    そして、先日発表された報告書が気になっていたのですが

  • it was called "Eating Up the Amazon."

    "アマゾンを食い尽くす "と呼ばれていた

  • And by the way, soy is a key ingredient for chicken feed,

    ちなみに、鶏の飼料には大豆が使われています。

  • and that's the connection to McDonald's.

    とマクドナルドとのつながりです。

  • So I called my trusted friends at the World Wildlife Fund,

    だから私は世界野生生物基金の信頼できる友人に電話しました。

  • I called Conservation International,

    コンサベーション・インターナショナルに電話しました。

  • and I soon learned that the Greenpeace report was accurate.

    と、すぐにグリーンピースの報告書が正確であることを知りました。

  • So I gathered internal support,

    そこで、社内のサポートを集めました。

  • and I'll always remember, next day, after that campaign,

    と私はいつも覚えています、次の日、そのキャンペーンの後に。

  • I called them up,

    呼んでみました。

  • and I said, "We agree with you."

    と言ったら、"私たちはあなたに同意します "と言った。

  • And I said, "How about working together?"

    "一緒に働くのはどう?"って言ったんだけど

  • So three days later,

    だから3日後には

  • miraculously, four people from McDonald's,

    奇跡的にマクドナルドの4人。

  • four people from Greenpeace,

    グリーンピースの4人。

  • we're meeting in the London Heathrow airport.

    ロンドンのヒースロー空港で待ち合わせをしています。

  • And I have to say, the first hour was shaky,

    そして、最初の1時間は揺らいでいました。