Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • What is the reason why we lose faith?

    僕たちが信じる気持ちをなくしてしまう原因とは何でしょう?

  • Disappointment

    それは、失望です。

  • Because at some point along the way, we felt disappointed.

    どこかの時点で失望感を味わったから。

  • And it's mostly not about the big things that matter a whole lot.

    ほとんどの場合、原因そのものはたいしたことではありません。

  • Instead, it's usually about an upsetting, minor thing or two.

    たいていは 1 つ 2 つの些細なことに心を乱されているだけなんです。

  • Just like taking out the right brick from a wall.

    まるでブロック塀の重要な部分を取り除いてしまうように…

  • And eventually, it just might tumble and fall.

    最後は崩れ落ちてしまうかもしれません。

  • There was a loyal general who has served his king and protected the realm for a lifetime.

    あるところに、1 人の将軍がいました。彼は王に忠実で、人生をかけてその王の国土を守ってきました。

  • There was no one more respected than he was in the land.

    その将軍ほど尊敬されている人物はその王国にはいません。

  • And for that, the king praised his loyalty and service.

    そんなわけで、王もその将軍の忠誠心とその働きを褒めていたんです。

  • One day, the king summoned all his ministers to the castle to reward his faithful men.

    ある日、王は大臣たちを全員お城に召喚しました。自分に忠実に尽くしてくれている家臣たちに褒美を与えるためです。

  • And because there were so many of them, it would take days for the king to meet them all.

    たくさんの家臣たちがいたので、全員に会うには数日かかることになりそうでした。

  • Day after day, the king kept honoring his courtiers.

    毎日毎日、王は家臣たちを褒めたたえ続けました。

  • However, without mentioning the general, and the general grew bitter by the day.

    が、あの将軍には何も言いません。すると、将軍の中に苦々しい気持ちが生まれてきたのです。

  • Finally, on the last day of the gathering, the king rose from his throne and announced, "I have been honoring all my loyal servants to this day."

    そしてついに、家臣たちが集まる最後の日、王は玉座から立ち上がり、発表します。「私は今日まで、我が忠実な家臣たち全員の功績を称えてきた。」

  • "But still, there is one that deserves more than anybody else."

    「だがまだ、誰よりも称賛されるべき人物がいる。」

  • "And I believe you would all agree with me."

    「そして、皆が私と同じ気持ちだと考えている。」

  • "For this person, I have saved the best for the last."

    「その人物のために、最高の見せ場をとっておいたのだ。」

  • "Bring on the banquet!"

    「さあ、宴だ!」

  • "Let us celebrate seven days in a row for the general!"

    「将軍のためにこれから 7 日間祝い続けよう!」

  • But the general was nowhere to be found.

    ですが、将軍はどこを探しても見つかりません。

  • He felt disappointed with the king for not mentioning his name in the past few days, and he had left a day before.

    将軍は王に失望してしまったのです。それまで将軍について何も言わなかったから、その前日に将軍は出て行ってしまったのです。

  • And that is how faith is lost.

    そんなふうに信じる気持ちは消えてしまうものなんです。

  • It starts out with a small grudge, a small sense of feeling left out.

    最初はちょっとしたわだかまりから始まるんです。少し取り残されたような感覚です。

  • And just like a trap, it tugs you in deeper, and deeper, and deeper, and deeper... until you completely let go.

    そして罠の仕掛けのように、あなたを深い方へ、深い方へと引きずり込んでいくのです…自分自身でそれを完全に過去のものにするまで。

  • This is a message that brought home to me how easily it is to quit.

    僕にとってこれは、人がいかに簡単に諦めてしまうものかと痛感させられるメッセージです。

  • And this is a message to you, too.

    そして、みなさんへのメッセージでもあります。

  • You start out doubting your dreams, your visions, that motivation inside of you that's been propelling you to go forward.

    自分の夢に疑いを持ち始めます。将来への展望や、前進するための原動力となっていた心に秘めた意欲などに。

  • And you start asking yourself, "Is it worth the fight?"

    そして、自問し始めるのです…「闘う意味があるのか?」と。

  • "Is this real?"

    「これは現実なのか?」と。

  • You then feel disappointed with yourself.

    そして自分に失望するのです。

  • Then your life.

    自分の人生にも。

  • Then other people in your life.

    さらに、自分の人生にかかわる人たちに対しても。

  • "Am I good?"

    「自分はこれでいいのか?」

  • "How did I get into this mess?"

    「どうしてこんなことになってしまったんだ?

  • "Why is he being such a jerk?"

    「なんでアイツはあんなクソったれなんだ?」

  • And you let that altogether bring you down.

    すべてをひとくくりにして、落ち込んでいくのです。

  • The thing is, we can recover from others' wrongdoings on us.

    でも重要なのは…、自分に降りかかる他人の悪意や悪事から立ち直ることはできるんだということ。

  • We can pull ourselves back on our feet when life is off track.

    人生がうまくいかない時でも、何とか踏ん張って自分を取り戻すことができるんです。

  • But when you lose faith in your purpose, there is nothing that can stop you from going down.

    でも、自分の目指すものに対して信じる気持ちが持てなければ、落ちていく心に歯止めをかけてくれるものもなくなってしまいます。

  • So keep the faith.

    ですから、信じる気持ちをなくしてはいけません。

  • Life can be shitty.

    人生うまくいかないこともあります。

  • People can too.

    人も嫌な人間になることもあります。

  • So can ourselves.

    僕たち自身だってそうです。

  • But as long as you keep the faith - that faith in your purpose, that faith in your meaning of life - then there is nothing that you cannot recover from.

    でも、信じる気持ちさえ失わずにいられれば、自分の目標に対する信念とか、人生の意味に対する信念を持ち続ければ、立ち直れないものなんてありません。

  • It is just a matter of time.

    純粋に時間の問題なのです。

  • Just like the general in the story, don't forget about grace in the past.

    さっきの話の将軍のように、それまでの誇りを忘れてはいけません。

  • Don't forget about how much you've accomplished and done to get here today.

    これまでどれだけのことを成し遂げてきたのか忘れないでください。

  • We don't see the whole picture, so a little patience is required.

    僕たちは何もかも分かっているわけではありません。だから多少の忍耐も必要です。

  • And above all, don't let the minor and irrelevant things become the reason you lose faith.

    そして何よりも、些細なことや関係のないことを理由に信じる気持ちを捨てないことです。

  • Keep the faith.

    信念を持ち続けてください。

  • Peace

    ではまた。

  • Don't let disappointment in life, yourself, and others be the reason you lose faith.

    人生や自分、他人への失望を理由に信じる気持ちをなくさないで。

What is the reason why we lose faith?

僕たちが信じる気持ちをなくしてしまう原因とは何でしょう?

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 将軍 信じる 気持ち 失望 人生 忠実

信じる気持ちを失った時に取り戻す方法! (why we lose faith)

  • 2129 101
    彭康翔 に公開 2020 年 03 月 29 日
動画の中の単語