Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Sixty years ago, air travel was far too expensive for the masses.

    60年前の空の旅は大衆には高すぎた。

  • Book a flight between New York and London on Pan Am in 1960, and you'd be paying somewhere around $300, or about $2,600, adjusted for inflation.

    1960年にパンナムでニューヨークとロンドン間のフライトを予約すると、300ドル前後のどこかを支払うことになる、または約2600ドル、インフレのために調整された。

  • But in 2019, you can catch the same flight for almost a tenth of the price.

    しかし2019年は、ほぼ10分の1の値段で同じ便を利用することができます。

  • It looks like flying has never been cheaper, but is that the real story?

    飛行機が安くなったことはないようですが、本当のところはそうなのでしょうか?

  • And how did we get here?

    どうやってここまで来たの?

  • The first scheduled commercial flight took place in 1914.

    最初の定期商業飛行は1914年に行われました。

  • It had one passenger and was piloted by this guy, Tony Jannus.

    一人の乗客がいて、トニー・ジャナスという男が操縦していました。

  • The flight was from St. Petersburg to Tampa.

    セントピーターズバーグからタンパへのフライトでした。

  • What would have been a 12-hour train ride became a quick 23-minute trip.

    12時間電車に乗っていたであろうものが、23分というあっという間の旅になりました。

  • The flight proved that there was demand for scheduled aviation as transportation.

    飛行は、輸送としての定期航空の需要があることを証明した。

  • Jannus is largely credited with laying the groundwork for the modern aviation business, which has grown into a multibillion-dollar industry.

    ジャヌスは、数十億ドル規模の産業に成長した近代的な航空ビジネスの基礎を築いたことで大きく評価されています。

  • In 2018, there were an estimated 45 million flights worldwide, and the average fare for a domestic flight in the US was $350.

    2018年は全世界で4500万便と推定され、アメリカ国内線の平均運賃は350ドルでした。

  • Now, $350 is hardly considered cheap, but take a look at this graph.

    さて、350ドルは安いとは言えませんが、このグラフを見てください。

  • Average ticket prices have been steadily decreasing since 1980.

    チケットの平均価格は1980年以降、右肩下がりで推移しています。

  • In fact, tickets are close to their lowest prices ever.

    実際、チケットは過去最安値に近い。

  • But from 1950 to 1980, flying was different.

    しかし、1950年から1980年までは、空を飛ぶことが違っていました。

  • Before 1978, fares and routes in the U.S. were closely regulated by the federal government, and many routes had fixed minimum prices.

    1978年以前のアメリカの運賃や路線は連邦政府の規制が厳しく、多くの路線で最低価格が決まっていました。

  • What ended up happening is you got into a highly regulated industry where the federal government set the various routes that you could fly, set how much prices could be, and the airlines were raking in the dollars.

    結局何が起こったかというと、連邦政府が飛べる様々なルートを設定し、価格がいくらになるかを設定し、航空会社がドルを巻き上げていた高度に規制された業界に入ってしまったということです。

  • The story across Europe was slightly different, as most airlines were state-controlled and air travel was treated as a public service.

    ヨーロッパ全体の話は、ほとんどの航空会社が国家管理されていて、航空旅行は公共サービスとして扱われていたので、少し違っていました。

  • But in 1978, everything changed.

    しかし、1978年、すべてが変わった。

  • Then President Jimmy Carter signed the Airline Deregulation Act, and the aviation industry was open for business.

    その後、ジミー・カーター大統領が航空規制緩和法に署名し、航空業界は営業を開始しました。

  • Free from government regulation, airlines now had one goal: to sell tickets.

    政府の規制から自由に、航空会社は今1つの目標を持っていた: チケットを販売するために。

  • What really happened after deregulation was just this massive fight.

    規制緩和後に本当に起こったのは、この大規模な戦いだけだった。

  • Airlines were doing everything to get market share and not really looking at profitability.

    航空会社はシェアを取るために何でもやっていて、採算性にはあまり目を向けていませんでした。

  • The theory was, the more people we can get onto a plane, the more we can dominate the market, the more we're winning.

    飛行機に乗れる人が増えれば市場を独占できるようになって勝てるようになるって理論だったんだけどね。

  • But they didn't really look at it as a business where you needed, at the end of the day, to make a profit.

    しかし、彼らはそれを、最後には利益を上げるために必要なビジネスとして見ていませんでした。

  • And as soon as you had one little economic hiccup, a bit of a recession or a spike in oil prices, that's when airlines really start to fail.

    ちょっとした経済的な不調や、ちょっとした景気後退、原油価格の急騰などがあったとたんに、航空会社は本当に失敗し始めるのです。

  • At the same time, aircraft technology was also advancing, which made the planes more efficient.

    それと同時に、航空機の技術も進歩し、飛行機をより効率的なものにしていきました。

  • New wing technology was implemented, such as winglets, which made planes more aerodynamic and reduced flight times.

    ウイングレットなどの新しい翼技術が導入され、飛行機の空力性能が向上し、飛行時間が短縮された。

  • Computer systems began to replace older cockpit technology, making the planes less reliant on pilots.

    コンピュータシステムは古いコックピット技術に取って代わり始め、飛行機はパイロットへの依存度を低くしました。

  • Shortly after planes got computers, so did people, and pricing began to get even more competitive.

    飛行機がコンピュータを手に入れて間もなく、人々もコンピュータを手に入れ、価格設定はさらに競争が激しくなりました。

  • Websites like Expedia and Priceline, launched in the late 90s, began to catalog all of the lowest prices.

    90年代後半に立ち上げられたエクスペディアやプライスラインのようなウェブサイトは、最安値をすべてカタログ化し始めた。

  • Budget-airline models were able to thrive because of this, as consumers would regularly click the cheapest prices.

    バジェットエアラインのモデルは、消費者が定期的に最安値をクリックするため、このような理由で繁栄することができました。

  • For many airlines, this competition was unsustainable.

    多くの航空会社にとって、この競争は持続不可能なものでした。

  • Over the years, a lot of companies folded, merged, or absorbed one another.

    何年にもわたって、多くの企業が折りたたまれたり、合併したり、吸収し合ったりしてきました。

  • And today, the four largest U.S. airlines control 80% of the market.

    そして今日、アメリカの4大航空会社が市場の80%をコントロールしています。

  • One of these four, Southwest, has a fleet of 753 planes, each of which has an average of six flights per day.

    この4機のうちの1機、サウスウエストは753機を保有しており、それぞれ1日平均6便を運航しています。

  • That's about 4,000 flights a day.

    それが1日に約4,000便。

  • And while that may sound like a lot, that frequency is decreasing across America.

    そして、それは多くのように聞こえるかもしれませんが、その周波数はアメリカ全土で減少しています。

  • This is because something called load factor is increasing.

    これは、負荷率と呼ばれるものが増えているからです。

  • One of the key metrics for the airlines is called load factor, and this is basically your occupancy.

    航空会社の重要な指標の一つにロードファクターと呼ばれるものがありますが、これは基本的には客室乗務率のことです。

  • How many seats do you have available, and what percentage of those are being sold or occupied by passengers.

    空席が何席あるのか、そのうちの何%が乗客に売られているのか、占有されているのか。

  • Basically, that means aircraft are flying at full capacity, or close to it, more often.

    基本的には、航空機がフルキャパシティ、もしくはそれに近い状態で飛行していることが多くなっているということです。

  • And this is good for airlines.

    そして、これは航空会社にとっても良いことです。

  • And for flyers, sort of.

    そして、チラシのために、ある種の。

  • Airlines are able to keep fares low because most of the seats have been sold.

    航空会社はほとんどの席が売れているので、運賃を安く抑えることができます。

  • Which isn't always great for passengers.

    それは乗客にとって必ずしも良いことではありません。

  • Ever been the last one on the plane and there's no more overhead luggage space?

    飛行機で最後の一人になって、頭上の荷物スペースがなくなったことはありませんか?

  • Or had no room for your legs because the seats are so close together?

    それとも席が近くて足を置くスペースがなかったのか?

  • There are tons of budget airlines around the world.

    世界には格安航空会社がたくさんあります。

  • Some of the more notable ones are Ryanair, Norwegian, Spirit, and Frontier.

    注目すべきは、ライアンエアー、ノルウェー航空、スピリット、フロンティアなどです。

  • These companies usually charge extra for traditionally included amenities, like reserving your seat, while cutting costs wherever they can.

    これらの会社は通常、可能な限りコストを削減しながら、座席の予約のような従来から含まれているアメニティに追加料金を請求します。

  • This issue of cramming more passengers onto planes is happening all across the world.

    飛行機に乗客を詰め込む問題は世界中で起きています。

  • You look at a discount carrier like Ryanair, based in Ireland but flies all over Europe.

    アイルランドに拠点を置きながら、ヨーロッパ全土を飛び回るライアンエアーのような格安航空会社を見てみましょう。

  • They're looking at putting 200 people on a Boeing 737.

    ボーイング737に200人を乗せることを検討しているそうです。

  • This is a plane that some airlines are still flying with 150, 160 passengers.

    今でも150人、160人の乗客を乗せて飛んでいる航空会社がある飛行機です。

  • That's really, really crowded.

    それは本当に、本当に混んでいますね。

  • But it maximizes profit.

    しかし、それは利益を最大化する。

  • And when you fly in an airline like Ryanair, you know exactly what you're getting.

    ライアンエアーのような航空会社を利用すると、自分が何を得ているのかを正確に把握することができます。

  • So, take that $320 flight on Norwegian from New York to London.

    だから、ニューヨークからロンドンへの ノルウェー航空の320ドルのフライトを取る。

  • Need anything other than one small piece of hand luggage?

    手荷物の小物以外に何か必要なものはありますか?

  • The fare jumps to $490.

    運賃は490ドルに跳ね上がる。

  • Want a refundable ticket and two checked bags?

    払い戻し可能なチケットと2つのチェックバックが欲しいですか?

  • Suddenly you're at $1,379.

    いきなり1379円になってしまいました。

  • That's about $100 more than the inflation-adjusted 1977 price, which came with all those extras included as standard, and more legroom, too.

    インフレ調整済みの1977年の価格よりも100ドルほど高く、標準で付属品が付いていて、足元も広くなっています。

  • And non-budget airlines have seen the potential profit in this budget model.

    そして、予算外の航空会社は、この予算モデルに潜在的な利益を見てきました。

  • More and more airlines are beginning to charge hidden fees on top of the ticket price, from checking baggage to just choosing your seat.

    手荷物を預けるところから、座席を選ぶだけのところまで、航空券の値段の上に隠れた手数料がかかる航空会社が増えてきています。

  • Find the right deals, though, and flying can be cheaper than ever, but that original price you saw advertised may be misleading, and the experience that you get these days might not be the most pleasant, as manufacturers continue to cut costs.

    右のお得な情報を見つける、しかし、飛行はこれまでよりも安くすることができますが、広告を見た元の価格は誤解を招く可能性があり、メーカーがコストを削減し続けると、これらの日を取得する経験は、最も快適ではないかもしれません。

  • But the world of bargain-budget fares may not last.

    しかし、お得な運賃の世界は続かないかもしれません。

  • Aviation emissions are predicted to possibly triple by 2050, and many countries have begun implementing stricter environmental taxes for flights.

    航空宇宙の排出量は2050年までに3倍になる可能性があると予測されており、多くの国では、より厳しい環境税の導入が始まっています。

  • Overall, there's little that the industry can squeeze out of airfare right now.

    全体的に今の業界が航空運賃で圧迫することはほとんどない。

  • They're gonna get much more efficient with aircraft, and that's gonna mean less fuel burning.

    航空機の効率が良くなって燃料の消費量が減るんだよ

  • But the cost of labor is probably not gonna go down.

    でも、人件費は下がらないでしょうね。

  • You still need good, quality people to fly an airplane and be your flight attendants and be there for your safety.

    飛行機に乗って、客室乗務員になって、あなたの安全のためにそこにいるために、あなたはまだ良い、質の良い人が必要です。

Sixty years ago, air travel was far too expensive for the masses.

60年前の空の旅は大衆には高すぎた。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 航空 飛行 会社 運賃 価格 乗客

航空旅行はなぜ安いのか

  • 831 20
    Fibby   に公開 2019 年 11 月 19 日
動画の中の単語