Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • Do you really want a raise, or this is for example?

    本当に給料上げてもらいたいの、それとも例えば、の話?

  • We all want to make more money.

    誰だってもっとお金欲しいですよね。

  • Yes, of course.

    それはそうよ。

  • And I could tell looking at you, you're underpaid.

    ちなみに、あなたを見ればそれほどもらってないなって分かるの。

  • Why?

    どうしてですか?

  • Because you would afford a much nicer shirt and trousers if you were making enough money.

    だって、いっぱい稼いでたらもっとましなシャツとズボン買えるはずだもの。

  • Wow.

    うわー。

  • If you want to get a raise, and particularly if you're a woman who wants to get a raise, women don't ask for raises, I can tell you.

    お給料を上げて欲しくても、特に女性の場合はそうなんですけど、女性ってお願いしないんですよ、本当に。

  • I've employed thousands of women over my life.

    これまでにたくさんの女性を雇ってきましたけど、

  • They do not ask for raises unless they absolutely must, and men ask all the time.

    何が何でも、っていう場合以外は昇給を要求しないんです。男性はしょっちゅう聞いてきますけどね。

  • And so, what the smartest thing to do is, first of all, make an appointment to ask for a raise, even if your expectation isn't that you're going to get it.

    ですから覚えておきたいのは、例え可能性が薄いだろうと思っていても、まず最初に昇給をお願いするために時間を取ってもらうことです。

  • At least ask for it because that sets you up for the next meeting where you'll likely get it.

    少なくとも、お願いしてみれば次回につながって、その時に上げてもらえるかもしれないですから。

  • And the smartest thing to do is to walk in with a list of your responsibilities when you started at the company, and then also the list of things you've taken on since you started.

    それから、会社で働き始めた時の仕事の内容をリストアップして、同時にこれまでに担当するようになった仕事の方もリストアップしておくのが賢いやり方ですね。

  • And simply make the boss aware that you have a lot more responsibility.

    そうすれば、上司にどれだけ仕事を任せられるようになってきたかを知らせることができるわけです。

  • You're delighted to take it on, give me more, but I'd like to be compensated and to name a number you'd like.

    喜んで任せられた仕事はやりますし、もっと欲しいくらいです、でも見返りがいただければ、という感じで具体的な数字を提示してやるんです。

  • Most women, when they work up to the point where they'll ask for a raise, they won't give a number.

    ほとんどの女性は、いざ昇給を頼もうという段階になっても数字を提示しないんです。

  • "I'd like to get a raise."

    「お給料上げてください」と言うだけ。

  • Men will walk in and say, "I'd like to get a raise."

    男性の場合は、「お給料上げてください」

  • "I'd like it to be around 10, 15 percent."

    「今より 10~15% 増しでお願いします」と

  • No qualms.

    気兼ねすることなしに言ってきますよ。

  • So, if you're a timid woman, I think the smart thing to do is ask, "What would a man do?" and walk in thinking like a man.

    ですから、もしなかなか思い切って言えない女性の場合は、「こういう時、男性ならどういう態度に出るだろうか?」と考えて、上司の部屋に入っていくときに自分が男性になり切ってしまうのが良いですね。

  • If you don't get the raise, you have to ask, "What would merit a raise?"

    もしお給料を上げてもらえなかったら、「どうすれば上げてもらえるだろうか?」と自問することです。

  • So that when you come back the next time, you could say, "Hey, this is what I've done, I'd like to get that raise."

    そうすれば、次回には「これだけのことをやりましたから、昇給をお願いします」と言えるわけです。

  • When someone has come to me and said they got another offer for a lot more money from somewhere else, and it's not followed up with, "So, goodbye," they're looking for something from me.

    従業員が私のところにきて、別の所からもっと多額のオファーをもらったと言って、「というわけで辞めます」と続かなかった場合は何かを私に期待しているんですよ。

  • I never try to buy their loyalty because I haven't earned their loyalty, obviously, and they're on their way out the door - I'm not gonna stop them with more money.

    私は絶対に忠誠心をお金で買うようなことはしませんから、だって明らかに私に対する忠誠が無いから会社を辞めようかと思っているわけだから、お金を積んでまで思いとどまらせようとはしませんよ。

  • They're already off my list.

    もうその時点で、いなくなったものとみなします。

  • I can't wait for them to go out that door.

    どうぞお好きに出ていってください、って感じ。

  • It's perfectly acceptable to go to your boss and say, "You know, I'm a little surprised."

    上司のところに行って、「実は、自分でも驚いているんですけど」

  • "I got an offer for a lot more money, but I'm not taking it because I love this business."

    「今よりも多い額で仕事のオファーをもらったんです。でもこの会社が好きなので断ろうと思っています」

  • "But I'm really wondering, could you level with me as to my future prospects here?"

    「それでも、今後社内における私の見通しはどのように考えていらっしゃるか教えていただけないでしょうか?」と訊くことは全然失礼な事ではないですよ。

  • That's a great opener.

    給料の話を始めるには素晴らしいやり方です。

  • And it's not insulting, and it's not threatening.

    失礼でもなければ、脅してもいないですよね。

  • And guess what?

    そうすると、

  • You'll get the best out of that boss.

    その上司は何とかできないかとベストを尽くしてくれますから。

  • Very, very different than saying, "You want to pay up?"

    「給料上げてくれませんか?」と訊くのとは大違いです。

  • The tone is entirely different.

    全く感じが違いますよね。

  • One, the boss wants to measure up.

    片方は、上司に昇給を考えさせることができるけど

  • The other style, the boss wants to boot you out that door.

    もう一方の方は、とっとと辞めてくれと思われてしまう。

  • I think the piece you have to put in is, "I got a great offer, I love working here, and I plan to stay."

    私が思うに、「いい話をもらったんだけど、ここで働くのが好きだからできれば留まりたい」というのを明確にするのが大切ですね。

  • "But it brings on the table my question, what do you think my prospects here in the future might be?"

    その上で、「質問なんですけど、将来的な視野はどのように開けているでしょうか?」と尋ねるわけです。

  • That's pretty fair.

    これならとてもフェアですよね。

  • If I were a boss, I would go out of my way to think of how I could push you ahead, if I value you.

    私がその人の上司だったら、いかにしてサポートできるかに頭をひねりますよ、その人が必要な人材であればですけど。

  • And if my response instead was, "Well I'm happy to hear about it, but you know, we pay you fairly, and you have good responsibilities and we're pretty happy, so do what you want."

    もし私の返事が「あら、それは良い話じゃない。でもね、うちではそれなりのお金は出してるし、仕事もある程度任せられるし信頼もしている、だからあなたの好きなようにして構わないわよ」

  • Or something like that, I would know I am not valued, and I would take the other job because the one thing you must be in any position you are, male, female, whatever level you are, is you must be valued and appreciated to be promoted.

    というような感じだったら、その人は必要とされてはいないわけだから別の仕事に移った方が良いでしょ。そもそも男性、女性、役職に関係なく、昇進するには感謝されて自分の価値を認めてもらわなくちゃいけないわけだから。

  • It's a great way to go in and take a litmus test as to how you are valued in that boss' eyes.

    ですから、上司にとって自分はどれだけ必要とされているかのリトマス試験という意味でも、話し合いを持つことは意味がありますよね。

  • And your boss has more to do with your future than the company you're working for, your responsibilities and everything else.

    そして、上司が自分をどう見ているかの方が、会社にどう思われているかとか仕事の内容云々よりも密接に関わってくるんです。

  • If they love you, they will push you ahead.

    上司に好かれれば、自分をプッシュしてくれますよ。

  • I had so many people come and ask for raises over the years.

    これまでに沢山の従業員が昇給を頼みに私のところにきましたよ。

  • Of course, mostly men.

    もちろん、大多数は男性社員でしたね。

  • My theory as a boss is, you get ahead of your valued employees and you raise them before they ever get to ask.

    上司としての私の考えは、もしその社員が会社にとって必要な人材であれば、お願いされる前にお給料は上げてあげますよ。

  • Because employees will kill for you, if you can treat them with that kind of reverence and respect and prove it by paying them more.

    だって、お給料を上げるほどの敬意をもって接すれば、その社員は身を粉にして会社のために尽くしてくれますから。

  • They'll kill for you.

    心から尽くしてくれますよ。

  • They're loyal forever.

    ずっと会社のために働いてくれますね。

  • And I've always been very lucky to be surrounded by people that are enormously loyal, and it's no accident.

    私は常に本当に忠誠心をもって働いてくれる人たちに囲まれていてとても幸せ者ですけど、偶然そうなったわけではないんです。

  • Because I make sure I push money, recognition, whatever I have, opportunity, more valuable than raises.

    私はお金の待遇も良くしますし、働きぶりを認めますし、チャンスやその他私に出来ることは何でもして、昇給よりも価値のある物を提供しているんです。

  • Bonuses, whatever it takes to make them feel "I am loved."

    ボーナスもそうだし、その人が「自分はありがたがられている」と思ってもらえることなら何でもしますね。

  • That's what everybody wants.

    誰だってそう思われたいんですよ。

Do you really want a raise, or this is for example?

本当に給料上げてもらいたいの、それとも例えば、の話?

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 TOEIC 上司 給料 上げ 会社 男性

必見!昇給の頼み方 バーバラ・コーコラン伝授 (Barbara Corcoran Explains How To Ask For A Raise)

  • 7812 343
    Mackenzie に公開 2020 年 01 月 31 日
動画の中の単語