Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • In 2010, orator Hans Teeuwen gave a lecture in London on the topic of speech dysfluencies

    2010年 に演説家のHans Teeuwenが ロンドンで講演を行った。

  • in the English language.

    トピックは「英語の躊躇いフレーズ」について。

  • "...if I was in a peculickar- peculiar circumstance- what a -f-caw caw-it language you guys got.

    「..もし私が「トキユー」..."特有"の状況 におかれたとしたら-

  • "...if I was in a peculickar- peculiar circumstance- what a -f-caw caw-it language you guys got..."

    お前らが話すこの言語、クソだな。」

  • Hans, a native Dutch speaker, appeared to be slightly frustrated by this peculiar English

    オランダ語を母国語とするハンスは この独特な英語の言葉に少しイライラするけど、

  • word, but perhaps he'd be even more frustrated trying to learn other languages like this

    他の言語を学ぼうとしてみたら もっとイライラするはず。

  • Khoisan language of Kalahari, … or the language of the Pirahã of the Amazon

    例えばカラハリのコイザン語... または言語アマゾンのピダハン語...

  • Paoxai wants to see.

    Paóxai hi obaisogabagaí.

  • A whole lot (of people).

    Hiaíbásigíi.

  • Thus a whole lot he wants to see.”

    Xai hiaíbasigíi hi kobasoogabagaí.

  • You askwhat's the word for head?” and they, the first thing they say is ʔapapaí

    「頭はって言うの?」と尋ねて 「アパパイ」と答える。

  • and you repeat it, and they saythat's right, kakakaí.”

    そしてそのまま繰り返し、 「そう、カカカイ。」と返事した。

  • ...so we told you that the word formilkis ʔíbogi.

    「ダンさんに「乳」は "イボゲ(ʔíbogi)"というと言ったけど、

  • But you can also say ʔí

    "イBBBゲ (ʔí

  • or you can say

    "

  • So, some languages may seem very exotic to English speakers, but is there some sort of

    母国語によって他の言語はとても変わっているように 聞こえるけど言語それぞれの子音、母音、 文法などの違いに何か理由があるでしょう?

  • developmental reason for that?

    母国語によって他の言語はとても変わっているように 聞こえるけど言語それぞれの子音、母音、 文法などの違いに何か理由があるでしょう?

  • For example, an analysis by Ian Maddieson and Christophe Coupé found that depending

    たとえば、イアン・マディソンとクリストフ・クーペの分析によると

  • on where you live, your language will have fewer or more consonants.

    言語が生まれた場所によって 子音はより少なくなる、より多くなる。

  • Koa hōʻea hou aku i Hawaii. Kūkā kou umi lua o lēʻī wae no a nā wahi u'i loa apuni...

    Koa hōʻea hou aku i Hawaii. Kūkā kou umi lua o lēʻī wae no a nā wahi u'i loa apuni...

  • შენთან თამაში სურს და თუ დრო გაქვს მოდი ჩემთან არისო

    შენთან თამაში სურს და თუ დრო გაქვს მოდი ჩემთან არისო

  • But, how did the first human languages develop?

    しかし、最初の人間の言語は どのように発達したのでしょうか?

  • And, Is language built into our brains, or do we have to learn it from scratch - Is it

    そして、言語は脳に組み込まれているか、 ゼロから学ぶ必要がある?

  • a human invention?

    つまり言語は人間の発明なのか?

  • Babies all over the world somehow go from not even knowing what language is, to fluidly

    世界中の赤ちゃんはどうか言語が 何であるかさえ知らないままからはじまるけど、

  • conversing about the advent of languages.

    流暢に言語の起源と由来について 話し合えるようになる。

  • But, it takes a long while, and a lot of effort on both the parents' and babies' part

    しかし、それまでにたどり着くには長い時間がかかり、 両親と赤ちゃん両方はとても努力しないといけない。

  • to get there.

    しかし、それまでにたどり着くには長い時間がかかり、 両親と赤ちゃん両方はとても努力しないといけない。

  • despite babies being bathed in language from birth, it still takes the average baby 12

    赤ちゃんは生まれた瞬間からずっと言語を シャワーのように浴びてるにもかかわらず

  • months for their first words to appear and 2 years to start making simple sentences.

    普通は最初の言葉が現れるまで12ヶ月かかる、 とても簡単な文章を作り始めるのに2年かかる。

  • If it takes that much effort to learn an already existing language, how could humans have collaborated

    すでに存在している言語を学ぶために そんなに努力が必要だったら、 既存の言語、人間どうやって協力してできたんだろう?

  • in such a way to create a language entirely from scratch?

    すでに存在している言語を学ぶために そんなに努力が必要だったら、 既存の言語、人間どうやって協力してできたんだろう?

  • Language is complex, and difficult to learn.

    言語は複雑で、学ぶのは難しい。

  • So complex that, one relatively popular theory, which comes from famous linguist Noam Chomsky,

    非常に複雑なため、とても有名な言語学者の ノアム・チョムスキーが 考えた広くしられている説は

  • is that language is prewired into the human brain, and language would have suddenly appeared

    言語は人間のににあらかじめ配線されていて、 言語は突然脳に現れた

  • in the brain perhaps via a mutation in one individual within the past 100,000 years.

    例えば過去100,000年間以内に 遺伝の突然変異によって一人の人間の脳に現れた。

  • All language speaking humans would have then descended from that one individual.

    そして全ての言語できる人はその人の子孫だ。

  • However, Richard Dawkins argues something as bafflingly complex arising in nature must

    しかし、リチャード・ドーキンスによる自然界に 理解不可能ほど複雑な現象が現れたとしても

  • have had always had a very simple starting point . For example, how could the human eye

    それはとてもシンプルな起点があったはず。たとえば、人間の目はどうやって・これ・から生まれたんだろう?

  • have had a starting point like this.

    それはとてもシンプルな起点があったはず。たとえば、人間の目はどうやって・これ・から生まれたんだろう?

  • He explains that all you need to get started on the path to the human eye, is a sheet of

    彼がこう説明する: 光に敏感な細胞のシートさえあれば 人間の目への道は開かれる。

  • cells sensitive to light.

    彼がこう説明する: 光に敏感な細胞のシートさえあれば 人間の目への道は開かれる。

  • Develop a cup, and a small hole, and you can actually make out a low quality image of what

    そしてそのシートの上にカップみたいのできて、 そのコップに小さい穴できれば 前にあるものを画質悪く「見える」ようになる。

  • is in front of you.

    そしてそのシートの上にカップみたいのできて、 そのコップに小さい穴できれば 前にあるものを画質悪く「見える」ようになる。

  • From here, arriving at the human eye becomes plausible.

    ここから、少しずつ進化して 人間の目まで到達するのはありえる。

  • A somewhat similar story of how language evolved, starting from the most basic type of communication,

    最も基本的なコミュニケーションを起点にし、 目の話にちょっと似た「言語の進化」の話が

  • is presented in Dr. Daniel Everett's bookHow Language Began.”

    ダニエル・エベレット博士の本、 How Language Began(言語の始まり)で説明されている

  • So, what is the simplest form of communication - the first step?

    コミュニケーションの最も簡単な形式、 最初のステップは何だろう?

  • According to the sign progression theory of language, the first step would have been indexes.

    「記号進行理論」によると 言語の最初のステップは「インデックス」だった。

  • Intentionally or not, most things in the natural world communicate.

    意図的またはそうでなくても、 自然界のほとんどのものは何かを伝えている。

  • Indexes represent things that they are physically connected to, for example - hoofprints or

    インデックスは、物理的繋がってるもの物を表する たとえば、足跡は動物が居たことを伝えている。

  • pawprints communicate that an animal was there.

    インデックスは、物理的繋がってるもの物を伝える たとえば、足跡は動物が居たことを伝えてる。

  • A smoldering, isolated fire would be an index for humans being nearby.

    小さいくすぶっている火(キャンプファイヤー)が 人間が近くにいることを伝える。

  • Animal droppings would communicate what kind of animal was there and even how long ago.

    糞はどんな動物と何時頃いたかを伝えるだろう

  • The next step after indexes is icons - icons resemble things that may not have been physically

    風邪の速度と方向を伝えるインデックス

  • present, for example a portrait representing the real person, or the stick person on a

    インデックスの次のステップは「アイコン」だ。 物理的にはなかった(または居なかった) ものに似ている

  • bathroom door communicating man or woman.

    例えば実在の人物を象ってる似顔絵、またはトイレの ドアにある男

  • In fact, we use plenty of icons nowadays.

    例えば実在の人物を象ってる似顔絵、またはトイレの ドアにある男

  • Onomatopeias would be an example of audible icons.

    実は、多くのアイコンを使用している。

  • Another language from the Amazon, Wari', has several onomatopeias and partially onamatopoeic

    ブーン

  • words, for everything fromeatandcooktopunctureortear.”

    ジュー

  • The Japanese language is filled with several onamotopoeic-like words to describe all kinds

    シーッ

  • of things like the weather, the motion of objects and the way people move, laugh, eat

    オノマトペ(擬声語)は可聴のアイコンの例だ。

  • and drink and so on.

    アマゾンジャングルの一ヶ所 で話されて居る言語、Wari '、 いくつかの擬音語っぽい言葉がある

  • Maybe one of the first human words was just somebody imitating the vocalization of a commonly

    「食べる」から「料理する」 までの色んな擬声語っぽい言葉がある。 「穿刺」または「裂ける」もある。

  • hunted animal.

    もちろん日本語にも色んな擬声語がある 色んなことを表すオナモトペっぽい言葉、例えば

  • The third step after indexes and icons is the symbol.

    天気、物事の動き方動き方と 人々の動き方、笑い方、食べ方など色々を表す言葉。

  • "So in my perspective, the crucial difference between human communication and animal communication

    天気、物事の動き方動き方と 人々の動き方、笑い方、食べ方、 飲み方などを表す言葉。

  • is the use of symbols."

    「そーっと居なくなる」

  • So, what is a symbol?

    最初の人間の言葉の一つはただの よく狩られていた動物の発声の模倣かもしれない

  • Everything you are seeing and hearing me say right now are symbols.

    最初の人間の言葉の一つはただの よく狩っていた動物の発声の模倣かもしれない

  • All these spoken and written words have been mostly arbitrarily chosen with their

    インデックスとアイコンの後のステップは 「シンボル」

  • meaning tacitly agreed upon by English speakers.”

    「私の視点でいうと、 人間と動物のコミュニケーションの決定的な違いは

  • Without prior knowledge or some extra context, there is no way to intuit that the English

    シンボルの使用です。」

  • wordcatrefers to a feline or that the Dutch wordklinkersrefers to vowels.

    それでは、シンボルとは何だろう?

  • Certain animals do have the capacity to interpret symbols, though.

    あなたが画面に見たりスピーカーから聞いたりしている もののすべてがシンボルです。

  • "can you tell me if you'd like some surprises?"

    これらの話し言葉や書き言葉は 音と意味の関係性がなく作られていて、

  • "Surprise."

    意味は日本語の話者の頭に 存在しているから通じる。

  • "You would?"

    誰にも教わっていなくて、何か文脈がなければ、 英語の「cat」という言葉が 「猫」を意味することも、

  • "Kanzi, would you like a juice or some eminems or some sugar cane..."

    オランダ語の「klinkers」という言葉は 「母音」を意味することは直感で分かるはずがない。

  • "Eminem."

    特定の動物はシンポルを解釈する能力を持っているけど...

  • However, humans are the only ones who actively invent and use them to the point that they

    「サプライズがほしいか教えてくれる?」

  • can read a book containing 90,000 symbols with no visual cues and know exactly what's

    「サプライズ。」

  • going on.

    「ほしい?」

  • Even young children can rapidly decipher and make use of symbols with no explicit instruction.

    「カンジ、ジュースやM&M's(チョコ)が欲しい? またはサトウキビ...」

  • Several months ago, when my niece was about 3 years old, I used the wordbuffelhaus

    「M&M。」

  • two or three times in place of the wordjokeas inNo you didn't, you're buffelhausing

    ただし、積極的に シンボルを作って使うのは人間しかない。

  • me.”

    90,000個のシンボルも含んでいる本を読み、 視覚的な手がかりもなく、 具体的に何が行なってるのかを理解できる

  • Several days later, when her friend became upset with something she did, she saidIt's

    のは人間だけ。

  • OK, I was just buffelhausing you...”

    幼い子供でさえ、 明示的な指示なくて急速に シンボルを解釈、使用できる。

  • You can see the evolution from icons to symbols in some Chinese characters.

    数ヶ月前、私の(ナレーターの)姪っ子の 3歳、私は「ブーフェルハウス」という言葉を 2、3回使ってみた(作り言葉)

  • The character for light used to look like a torch, the one for mountain looked like

    「ジョーク」の意味で使ってた。 「違うだろ、ブーフェルハウスしているだろう?」 みたいに。

  • ...a mountain, as did river, bow, dog, horse and deer.

    「ジョーク」の意味で使ってた。 「違うだろ、ブーフェルハウスしているだろう?」 みたいに。

  • But now they are completely symbolic.

    数日後、姪っ子の友人が姪っ子のしたこと に対して怒ってたら

  • In fact, in English, Words related to the nose may have had some iconic onomatopoeia-like

    「大丈夫だよ、 ちょっとブーフェルハウスしていただけ。。。」 と言った

  • root, considering many of them start with a nasally sn- or sm- like snout, sniff, snot,

    漢字の起源を調べてみたら アイコンからシンボルへの進化が見える

  • smell, snort, sneeze, snore or snarl.

    昔の「光」の漢字は松明に見えて 「山」の漢字は山に見えて

  • "Many of you may be familiar with the form of humor or alleged humor called the 'LOL-cat.'

    ...川、弓、犬、馬、鹿の漢字も実物に似てた。

  • The humor in which resides in the fact that this cat is incompetent at English grammar."

    しかし今は完全に象徴的(シンボリック)だ。

  • So, what about grammar?

    実は、英語の 意味が鼻に関連している言葉は オノマトペのようなルートがあった可能性はある

  • Dan Everett argues that all you need to do, is put your symbols, your words in the right

    その言葉の多くは 鼻にかけるような"sn"または"sm"の音ではじまるから。 例えば「鼻面」「嗅ぐ」「鼻水」

  • order.

    「匂い」「鼻を鳴らす」「くしゃみ」「いびき」 または「うなり」。

  • "So you say 'I'm going to put the subject first and the verb second and the object third'

    『特定のアメリカ人にとっては この「ワロタ猫」は面白いらしい。。。

  • - however you wanna do it, but as soon as you agree on it, you've got a way of interpreting

    面白いのはこの猫が英語の文法が下手なところ。」

  • the symbols, you've got a grammar, you can say actually anything you want to say."

    では、どうやってシンボルから 文法にたどり着くだろう?

  • But still how exactly do you arrive at a language from just ordered symbols?

    ダニエル・エベレットによると、 必要なのはシンボル(言葉)の順を決めることだけ。

  • A key point is that speech doesn't happen in a void.

    ダニエル・エベレットによると、 必要なのはシンボル(言葉)の順を決めることだけ。

  • We all make utterances knowing that people share similar knowledge of the world.

    『例えば「じゃ(英語みたいに)主語を最初にして、 動詞を二番目にして、 目的語を最後にする。」ことにして

  • Without the ability to speak and interpret speech based on context - we wouldn't have

    なんでもいいけど、順が決まったら シンボルを解釈する方法はあって

  • language.

    とてもシンプルだけど文法ができて、 実は言いたいことなんでも言える。』

  • Things, like intonation and cadence, are also very important, to communicate effectively-

    しかし、それでも、 どうやって「順のあるシンボル」から「言語」 に到達するだろう?

  • Gestures, intonation and culture would all be key in making the noises coming out of

    重要な点は、会話はがらんどうで起こらない。

  • our mouths intelligible.

    誰もが自分も相手も世の中の共通知識は色々ある と分かっていながら発言する。

  • All languages rely on context, but some languages rely less on it, while some rely on context

    人はコンテキストを読みながら 相手の発言を解釈することと、 コンテキストに基づいて発言することできなければ、 言語は存在しない。

  • much more.

    人はコンテキストを読みながら、 相手の発言を解釈することと コンテキストに基づいて発言することできなければ、 言語は存在しない。

  • In English, even if it's obvious you're inquiring about the person you're speaking

    コミュニ。ケーション?取...るには? 言葉のイントネー。ション。やリズム・・・ も?非常に大事... です?

  • to, you would still sayDid you eat?”

    人の口から出ている音を理解するには 手振りやイントネーションや文化はとても大事です。

  • yet in Chinese you would drop theyouand just say「吃饭了没?」which means

    人の口から出ている音を理解するには 手振りやイントネーションや文化は不可欠だ。

  • ate or not?”

    すべての言語はコンテキストに頼るが、 言語によってコンテキストにもっとも頼ったり、 あんまり頼らなかったりする。

  • And, there are languages that rely on context to a fantastic degree.

    すべての言語はコンテキストに頼るが、 言語によってコンテキストにもっとも頼ったり、 あんまり頼らなかったりする。

  • According to David Gil, in the Riau language of Indonesia, ayam makan, “chicken eat,”

    例えば英語では明らかに相手について尋ねているのに、

  • could mean any of the following based on the context:

    『「あなたは」食べた?』って聞く。

  • -The chicken is eating, will eat, or ate something -Something is eating the chicken

    中国語は(日本語みたいに)「あなた」を文章から抜けて 「吃饭了没?」と聞く

  • -The chicken that was eating -The chicken that was being eaten

    意味は「食べた?」。

  • -Someone is eating with the chicken

    そして、すごいほどコンテキストに頼る言語もある

  • or,

    デビッド・ギルによると、インドネシアのリアウ語では「アヤム・マカン」(「チキン・食べる」)の意味は

  • -When the chicken is eating

    の意味はシチュエーションやコンテキストによって、 次となる:

  • It might sound like it would be hard to get anything properly communicated in Riau, but

    -「鶏は(食べる、食べている、食べた)。」 -「何かが鶏を食べている。」

  • on the other hand, we of course don't take this sign to meanThere is no litter available

    -「食べていた鶏」 -「食べられていた鶏」

  • for purchase here,” nor do we interpretNo Shirt, No Shoes, No Serviceto mean

    -「誰かが鶏と一緒に食事している。」

  • We are unable to provide shirt or shoe repair services.”

    または、

  • Using existing languages like Riau or Pidgin languages as examples, Ray Jackendoff argues

    -「鶏が食べているとき...」

  • in this lecture that you can say alot without syntax or grammar and that connecting speech

    リアウ語じゃ何でもかんでも伝えづらい とは思うだろうけど、

  • sounds with meaning would have had to have to come before grammar.

    一方、私たちはもちろんこの看板(ノーポイ捨て!) を「ここではポイ捨てられた物を販売していません」 と解釈しない。

  • Grammar can refine an existing communication system, but would be useless on its own.

    または(アメリカでよくある看板) 「ノー上着、ノー靴、ノーサービス」 を

  • For a while now, linguists have posited that grammar is the essence of language and is

    「上着と靴の修理サービスをここでは行なっていない」と解釈しない。

  • innate to the human brain, but Jackendoff argues that would be like evolving the system

    既存の言語、例えばリアウ語やピジンを例にして、 レイ・ジャッケンドフ博士は

  • of muscles necessary for moving the eye ...before actually being able to actually see.

    この講義では 言語は構文と文法なくても、色んなこと伝えれる。 それで発言の音と意味を繋ぐことは

  • ʔáooí ʔaóo hi ʔahoái sahaʔáí ʔapaitíiso hi ʔahoaáti ʔabaʔáígio

    それで発言の音と意味を繋ぐことは、 文法ができるのずっと前にくる。

  • The Piraha language made a big stir in the linguistic community when it was found that

    文法は既存のコミュニケーション式(原言語)を磨ける けど、文法しかなければ何も役に立たない。

  • the language lacked something calledrecursion.”

    しばらくの間、言語学者は「文法は言語の本質であり」 と仮定していて、

  • In 2002 Noam Chomsky, sometimes called thefather of modern linguistics,” proposed

    つまり文法は人間の脳に備わっているということ。 しかし、ジャッケンドフ氏はそれは

  • that recursion is the basis for all human language - that all human languages have recursion

    目の視覚が現れる前に 目を動かす筋肉ができたのようなこと だと言った。

  • built into the grammar.

    「曲がった頭で話さないで。 まっすぐな頭で話して。」

  • Simply put, recursion is combining an endless number of ideas in a single sentence

    ピダハン語が「再帰」がないことが気づかれた時に、 言語学世界でとても注目されていた

  • . Thanks to recursion, we can have the nursery

    ピダハン語が「再帰」がないことが気づかれた時に、 言語学世界でとても注目されていた

  • rhymeThe House that Jack built.”

    ノアムチョムスキー、 「現代言語学の父親」と呼ばれるほど有名な言語学者が2002年に

  • It starts out withThis is the house that Jack builtand by the third verse says

    「再帰」は「人間の言語の基礎である」と言い出した。 つまり、すべての言語の文法には再帰が 組み込まれている。

  • This is the rat that ate the malt that lay in the house that Jack builtand goes

    「再帰」は「人間の言語の基礎である」と言い出した。 つまり、すべての言語の文法には再帰が 組み込まれている。

  • on to pack more and more information into each verse.

    簡単に言えば、再帰があって無限のアイデア(情報) を一つの文章に組み合わせることができる。

  • "If in a language you can show there is a largest sentence and you can't make it any

    再帰のおかげで、「ジャックが建てた家」という 英語の童謡が存在する

  • larger, that language doesn't have recursion and Piraha is such a language."

    再帰のおかげで、「ジャックが建てた家」という 英語の童謡が存在する

  • So, because the Piraha language lacks recursion, you would have to translate this line as:

    「これはジャックが建てた家です。」ではじまり、 3番目の詩は

  • Jack built a house.

    「これはジャックが建てた家の中にあった麦芽を 食べたネズミです。」

  • The malt is in the house.

    になり、 それかどんどん各誌により 多くの情報を詰め込んでいく。

  • This is a rat.

    「例えばある言語には一番長い文章があって、 その文章を切らずに長くすることができないことが 証明できれば、

  • The rat ate the malt.”

    その言語は再帰がない。 ピダハン語はそういう言語です。」

  • Similarly, the earlier mentioned Riau language of Indonesia and the Iatmul language of New

    ピラハ語には再帰がないため、 「ジャックが建てた家」をこのふうに訳するしかない:

  • Guinea both lack recursion.

    「ジャックは家を建てました。

  • However, it's estimated that Piraha has been an independent language for around 2500

    麦芽は家の中にあります。

  • years.

    これはネズミです。

  • 100 generations seems like enough time to develop something as useful as recursive grammar

    ネズミは麦芽を食べました。」

  • in the language - so why would it still lack recursion?

    同様に、前述のインドネシアのリアウ語と ニューギニアのIatmul語も再帰がない。

  • Biological evolution is filled with tradeoffs - you can find examples all over your body.

    同様に、前述のインドネシアのリアウ語と ニューギニアのIatmul語も再帰がない。

  • People have been tripping forward, putting their arms out to break their fall and probably

    ただし、ピダハン語は おそらく2500年前から独立した言語だから

  • fracturing these bones right here, ever since we could stand on two feet.

    ただし、ピダハン語 おそらく2500年前から独立した言語だから

  • So why not just make these bones thicker?

    100世代なら、 再帰文法ほど役立てる文法を言語に発展する 十分な時間あったはずだから

  • Well, if they're too thick, you can't rotate your arm as easily.

    なぜ再帰がないだろう?

  • “...so it's a tradeoff isn't it?-” The trade off of our oral cavity being suitable

    生物的進化にはいっぱいトレードオフがある。 人間の体にでもいくつかの例はある。

  • for language is that we are susceptible to choking.

    人々は走って、前に転がって、 顔が地面にぶつからないように腕を前に出して、

  • A descended larynx made it so we could produce a wider variety of speech sounds, but the

    おそらくこの腕の骨を骨折してることは 両足で立つようになった頃からずっとおきてる。

  • tradeoff was losing the ability to not choke on food.

    だったら、なんでもっと分厚くて丈夫な骨を 進化してこなかったんだろう?

  • So, could recursive grammar be an example of a linguistic evolutionary tradeoff that

    腕の骨は厚すぎると、 こうやって回転するのは難しくなる。

  • wasn't worth it for the Piraha?

    「...だからトレードオフですね?」 適切な口腔のトレードオフ

  • I spoke about this topic with Dan Everett over Skype.

    人間の口腔が子音が母音を出すことにもっと 適切になったトレードオフは

  • "Clearly they are capable of recursive thinking, but then,"

    食べ物が喉につまりやすくなって、 むせるようになったこと。

  • "Yes" "Why wouldn't they see the utility in building

    喉頭がおりてきたおかげで色んな音を口で作れる ようになったけど

  • recursion into the language at some point."

    トレードオフは食べ物が喉につまって 窒息しない能力を失ってしまった。

  • "OK, so recursion packs more information into a single sentence.

    そしたら、ピダハン語には再帰がないことは その言語の進化の中の 損が大きすぎたトレードオフ

  • You can communicate the same information without recursion in the sentence, but the interpretation

    の一つの例でしょう?

  • requires recursion, which I have always claimed.

    私はこのトピックについて ダニエル・エベレットとスカイプで話してみた。

  • However, if there's a lot of noise in the environment, among other things.

    「明らかにピダハンは再帰的思考ができるんですけど、そしたら"

  • There's a number of reasons why you might not have recursion, but if there's a lot of

    なんで再帰ほど役立てる文法を言語に 組み込めようと思わなかったんでしょうか?

  • noise in the environment, having short sentences that don't have other sentences built into

    なんで再帰ほど役立てる文法を言語に 組み込めようと思わなかったんでしょうか?

  • them makes it a lot easier to recover the information if there's a lot of noise.

    「OK、再帰はより多くの情報を 一つの文章にブチ込める。

  • You lose less information if a sentence is not heard.

    言語に再帰がなくても、同じことは伝えるけど、 解釈するには再帰できる思考が必要。

  • And there's a lot of noise in the Piraha environment."

    言語に再帰がなくても、同じことは伝えるけど、 解釈するには再帰できる思考が必要。

  • This idea of wanting to avoid information loss is also evident in the fact that the

    ただし、例えば環境にに雑音ががいっぱいあれば、

  • Piraha repeat themselves alot while talking.

    再帰がないのは色んな理由考えられるけど、環境にに雑音ががいっぱいあれば、

  • In his other book about life in the Amazon Jungle, titledDon't Sleep, There are

    一つの文章に他の文章が入ってない 短い文章のほうが

  • Snakes,” Everett transcribes a story told by one of the Piraha.

    聞き取れない場合、 雑音に無くした情報は取り戻しやすい。

  • The first 6 lines all essentially say the same thing: A black Jaguar pounced on his

    つまり、一部聞こえなくても、失う情報は (再帰ある文章より)少ない。

  • dog, killing it.

    そして、ピダハンが居る環境には雑音はいっぱいある。」

  • This all ties into the data I brought up at the start of the video - how language develops

    情報を失いたくないという アイデアのもう一つの証拠になるのは

  • depends on ecology.

    ピダハンの人は話をしている時によく文章を繰り返しながら話す。

  • Song birds have regional accents - compared to birds in the countryside, birds in the

    ダニエル・エブレットの アマゾンジャングルでの生活についての 『ピダハン―― 「言語本能」を超える文化と世界観』とのタイトルの本では

  • city will tweet at a higher pitch to reduce echo bouncing off the walls.

    エベレットはピダハンの人が語った物語を書き写した。

  • It's surprising that some human languages can be communicated through whistling, but

    最初の6行の意味は殆ど変わらない: 「クロヒョウが私の犬に飛んでぶち殺した。」

  • perhaps not all that surprising is the fact that whistle speech has been mostly found

    最初の6行の意味は殆ど変わらない: 「クロヒョウが私の犬に飛んでぶち殺した。」

  • in mountainous regions where people need to attempt to communicate across vast distances.

    これは動画の一番最初らへんに申し上げたデータ と結びついている。 「言語の発展は生態および環境による。」

  • Whistle speech is also found in dense forests like the Amazon where the acoustic environment

    これは動画の一番最初らへんに申し上げたデータ と結びついている。 「言語の発展は生態および環境による。」

  • isn't very good and there is plenty of background noise to overcome.

    鳴き鳥は地域によって「なまり」(アクセント)がある。 田舎の鳥と比較すれば都内の鳥は

  • The Piraha language in fact, has whistle speech - yet another way for them to maintain clear

    エコーがより壁に跳ね返らないよう もっと高いピッチで鳴く。

  • communication.

    いくつかの人間の言語は口笛で話せるのは 驚くべきことだろうけど、

  • Everett explains that another reason for the absence of recursion in Piraha is something

    多分驚かないのはその「口笛言語」が生まれた環境。 多く口笛言語が見つかったのは

  • he calls theimmediacy of experience principle.”

    人々遠くからコミュニケーションを取る必要のある 山岳地帯だ。

  • That is, the Piraha are far less concerned about the past or future.

    口笛言語は密林やアマゾンのようなジャングルみたいに 音響環境がよくなく

  • "... not that they can't think about the past or they can't think about the future, but

    雑音が多いところにも見つかった。

  • they prefer not to talk about things in the distant future and the distant past for which

    実は、ピダハン語は口笛で伝えることもできる。 もう一つの明確に コミュニケーションを取るための特徴。

  • there is no evidence.”

    実は、ピダハン語は口笛で伝えることもできる。 もう一つの明確に コミュニケーションを取るための特徴。

  • "So every verb has to have on it the source of the evidence.

    エベレット氏は、 ピダハン語には再帰がないもう一つの理由は

  • Did you hear about it?

    「経験の即時性の原則」ということだ。

  • Did you see it with your own eyes?

    つまり、ピダハンたちは過去と未来のこと びっくりするほど気にしていない。

  • Or did you deduce it from the local evidence?

    「...彼らは過去について考えることができない というわけではなくて、未来について考えることが できないわけでもなくて、

  • So, as a Christian missionary, which I no longer am...

    彼らはしっかり・証拠のない・遠くの過去や 遠くの未来の物事について話すことを好みません。」

  • I remember telling them about Jesus one time and they said uhm, so Dan, Jesus - is he brown

    彼らはしっかり・証拠のない・遠くの過去や 遠くの未来の物事について話すことを好みません。」

  • like us or is he white like you?

    「ピダハン語ではすべての動詞に情報の証拠を 伝えてる接尾を必ずつけなければなりません。」

  • "Uh, I don't know, I haven't seen him."

    「誰かに聞いたのか?

  • "Well, what did your friends say who saw him?"

    自分の目で見たのか?

  • "Why are you telling us about him then!?"

    または、推測したのか?」

  • Getting along in life never being able to say something as simple asBy the way,

    「私はキリスト教の宣教師であった時 (今は違うけど。。。)