Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • The hours late, should go to bed near midnight I believe, but memories keep me wide awake this snowy Christmas Eve.

    もう時間も遅く、真夜中近くだったと思います、寝なければと思っていましたが、この雪に覆われたクリスマスイブの思い出で目がさえてしまいます。

  • Yes, memories of my kids moved on, each has their separate life, and how the holidays have changed since angels took my wife.

    そう、自分の子供たちが自立し、それぞれ別の人生を歩み。そして天使たちが私の妻を連れて去ってから、休日がいかに変わってしまったか。

  • The toys, the food, the Christmas cheer, my wife would bear the load because I work most holidays, State Trooper on the road.

    おもちゃ、食べ物、クリスマスの歓声も私の妻のおかげでした。なぜなら、私はほとんどの休日は州立警察官として働いていたからです。

  • Just sitting in my easy chair, so many years retired.

    居心地の良い椅子に座って、引退して何年も経ちました。

  • I reminisce of times gone by and all that has transpired, of all the many happenings that seem to come to light.

    私は過ぎ去った時間に思いふけ、起きた全てのことがはっきりと思えてくるのです。

  • A multitude of them occurred right on this very night.

    その多くは、まさにこの夜に起きました。

  • A drunken woman in a wreck who died on Christmas Eve leaves memories of a tragic case most people can't believe.

    クリスマスイブに交通事故の残骸で息を引き取った酔った女性。ほとんどの人が信じられないほどの悲劇的な事件となりました。

  • I had to drive to where she lived to tell her next of kin.

    私は彼女の遺族に知らせるために、彼女が住んでる場所に行かなくてはいけませんでした。

  • Found the rundown mobile home she had been living in.

    私はぼろぼろのトレーラーハウスを見つけました。

  • The person answering the door I still recall today, a little girl about four years old.

    そのドアを開けてくれた人を、今でも思い出します。4 歳ほどの少女でした。

  • She said "I'm Sue McKay."

    彼女はこう言った「私はスー・マッケイ」。

  • I asked her if her dad was home and felt the longest pause.

    私が彼女のお父さんが家にいるかどうか彼女に尋ねると、長い沈黙がありました。

  • She said "My daddy ran away. You must be Santa Claus."

    彼女はこう続けた「私のパパは逃ちゃったの」「あなたはきっとサンタクロースね」。

  • "My mommy said you'd come tonight if I just stayed in bed and bring a pretty doll for me."

    「ママは今夜あなたが来ると言ってたのよ、私がおとなしくベットにいたら、可愛いお人形さんをくれるって」。

  • "It's what my mommy said."

    「そうママが言っていた」

  • I broke the rules that Christmas Eve, did not call child's care.

    私はその夜ルール破り、児童養護施設に通報しませんでした。

  • They'd merely put her in a room, and that I couldn't bear.

    施設は単に部屋を提供するだけで、私には耐えられませんでした。

  • I picked her up, took her home, my wife tucked her in bed and wrapped a pretty doll for her just like mommy said.

    私は彼女を拾い上げ、家に連れて帰りました。私の妻がベットにくるみ、そして、彼女のママが言ったように、かわいい人形をあげました。

  • Adopted by a loving home and soon they moved away.

    その後暖かい家族の養子になり、まもなく引っ越していきました。

  • I won't forget that Christmas Eve and little Sue McKay.

    クリスマスイブとあの小さなスー・マッケイは決して忘れません。

  • Another bitter Christmas Eve a blizzard to behold, and it left a family in a ditch, just trapped there in the cold.

    もう一つのクリスマスイブの苦い思い出は、猛吹雪の中、溝に落ち、寒さの中に閉じ込められ置き去りにされた家族がいました。

  • By grace of god I spotted them, all cold and gaunt with fright.

    神の力なのか、私は恐怖で凍えやつれている彼らを見つけることができました。

  • Drove them to a motel room to safely spend the night.

    安全に夜を過ごすために、彼らをモーテルの部屋に連れて行きました。

  • One Christmas Eve a homeless man shivering and wet was trying hard to get a ride, I'm sure he'd never get.

    あるクリスマスイブ、ホームレスの男が濡れ震えていました。ヒッチハイクをしようとしていましたが、乗せてくれる人はいなかったでしょう。

  • I picked him up and drove him to a diner on the hill to warm his bones and left him with a five dollar bill.

    私は彼を車に載せ、丘の上にある軽食レストランに連れて行きました。彼を骨まで温めてあげ、5 ドル札を彼に渡しました。

  • Strange how when you're all alone what memories you recall.

    1 人でいるとなにかと思い出すというのは奇妙なものです。

  • You think of everything you've done and was it worth it all.

    自分の行いすべてを振り返り、価値があったのかとふける。

  • I think about my God, my job, my children, and my wife.

    私は神や仕事、私の子供たちや妻のことを考えます。

  • Would I do it all the same, could I re-live my life?

    私が生き返ったら、同じことをするだろうか?

  • Then comes a knock upon my door.

    そこでドアにノックが。

  • This late who could it be?

    こんな遅くに一体誰だろうか?

  • A neighbor, or has Santa Claus come to visit me?

    近所の人か、サンタクロースがきたとでもいうのだろうか?

  • The figure standing in the cold gives me a sudden fright.

    寒い中に立っているその姿は、私に突然の恐怖を与えました。

  • A trooper with that solemn look, dear God, who's died tonight?

    その州警官は厳然な面持ち、わたしはとっさに、なんてことだ一体誰が亡くなったというんだと思いました。

  • I'm flashing back to bygone years how I'd often stood on someone's porch to bring them news, and it was never good.

    私が今まで玄関に立つ立場であった頃の記憶がよみがえってきます。そこで伝えるニュースは決していいものではありません。

  • Is this how life gets back at me for misery I've induced, where pain I've caused some other folks has now come home to roost?

    私が今まで運んでいた悲劇が私にかえってきたのだろうか、私が運んでいた悲しみが我が身に跳ね返ってきたのだろうか?

  • But looking in the troopers eyes my mind is in a whirl.

    しかし、州警察官の目を見ると、私の心は渦巻いてしまいます。

  • I see a pleasant countenance.

    感じの良い表情。

  • The trooper is a girl.

    その州警察官は女の子です。

  • She smiled and reached to shake my hand and silence wasn't broke until a tear rolled down her cheek, and then she softly spoke.

    彼女は微笑んで握手をしようと手を伸ばしましたが、沈黙のままでした。そして涙が頬を転がり落ちると、彼女はそっとこう言ったのです。

  • "I'm sure you don't remember me, but thought I'd stop and say..."

    「私のことを覚えていないと思いますが、立ち寄ってお伝えしたいことがあります…」。

  • "God bless you on this Christmas Eve. I'm Trooper Sue McKay."

    「このクリスマスイブに神のご加護を。私は州警察官のスー・マッケイです」

The hours late, should go to bed near midnight I believe, but memories keep me wide awake this snowy Christmas Eve.

もう時間も遅く、真夜中近くだったと思います、寝なければと思っていましたが、この雪に覆われたクリスマスイブの思い出で目がさえてしまいます。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 イブ クリスマス スー 警察 サンタクロース 連れ

忘れられないクリスマスイブ (My Christmas Eve)

  • 826 43
    ayane に公開 2019 年 12 月 23 日
動画の中の単語