Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • Here's a mind-blowing fact.

    これは驚くべき事実です。

  • 1997 happened over 20 years ago.

    1997年は20年以上前の出来事です。

  • Are you feeling old yet?

    まだ老け込んでないですよね?

  • Let me set the scene for you.

    状況を設定してみましょう。

  • In 1997, the film "Titanic" had just released, and Whitney Houston's "My Heart Will Go On" was annoyingly ringing in the ear of everybody and their mom.

    1997年、映画「タイタニック」がリリースされたばかりで、ホイットニー・ヒューストンの「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」は、みんなと彼らのお母さんの耳にもうっとうしく響き渡っていました。

  • The Teletubbies hit the scene hard, and the very first Harry Potter book was just released.

    テレタビーでこのシーンが人気になり、最初のハリーポッターの本がちょうど販売されました。

  • 1997 also marks the birth year of one our favorite sneakers, the Nike Air Max 97.

    1997年は、我々にも人気の、ナイキエアマックス97の誕生年でもあります。

  • Two years earlier, Nike released the Air Max 95 with the intention of shifting the then basketball sneaker-dominated market back to performance running shoes.

    その2年前に、ナイキは当時のバスケットボールスニーカーが、支配的な市場をパフォーマンスランニングシューズに戻すことを目的として、エアマックス95をリリースしました。

  • The Air Max 95 was a unique approach to runner cushioning by being the first ever shoe to feature the visible air unit in the forefoot.

    エアマックス95は、前足部に目に見えるエアユニットを備えた史上初のシューズであり、他に類を見ないものでした。

  • It was also the first Air Max model to have a black midsole.

    また、黒いミッドソールを備えた最初のAir Maxモデルでもありました。

  • The shoe became a sensation in Japan and Europe.

    この靴は、日本とヨーロッパで大評判になりました。

  • Nike couldn't keep up with the demand.

    ナイキは需要に追いつくことができませんでした。

  • Perhaps that's one of the reasons why the Air Max 96 is so unpopular.

    おそらく、それらのことがAir Max 96にそれほど人気が​​ない理由の1つといえます。

  • All the promotion and advertisement for the 96 was drowned out by the wild success of its predecessor.

    96のすべてのプロモーションと広告は、前任者が大成功したことににより、消え去ってしました。

  • By the time 1997 rolled around, both Sergio Lozano and Tinker Hatfield had left the Air Max series to focus on other Nike flagship designs.

    1997年に登場するまでに、セルジオ・ロザノとティンカー・ハットフィールドは、エアマックスシリーズを離れ、他のナイキのフラッグシップデザインに専念していました。

  • The man they left in charge of our beloved Air Max line was the highly talented, young, ex-Reebok employee, Christian Tresser.

    彼らが私たちの愛するAir Maxラインを担当したのは、非常に才能があり若く、元リーボックの従業員であるクリスチャン・トレッサーでした。

  • In the book "Le Silver" a history of the Air Max 97, Tresser talks about the pressure he was under to deliver a seminal design for Nike.

    エアマックス97の歴史である「Le Silver」という本の中で、トレッサーは、ナイキに独創的なデザインを提供するためにかかった、プレッシャーについて語っています。

  • When the 97 arrived on my desk, it had already been through two designers before me.

    97が私の席に到着したとき、それはすでに私の前に2人のデザイナーを通していました。

  • The message I was given was, this shoe is going to make your career, don't blow it.

    私が与えられたメッセージは、この靴はあなたのキャリアを作るだろう、それを吹き飛ばすなでした。

  • Ever since the debut of the Air Max 1, Nike's legendary line had raised expectations in more ways than one.

    エアマックス1のデビュー以来、ナイキの伝説的なラインにかかる期待の高さは、1つだけではありませんでした。

  • They had brought the runners category to brand new heights.

    彼らはランナーのカテゴリーを最新のレベルに引き上げました。

  • Rather than sitting on retail shelves as niche purchases, running shoes were absorbed by the general public.

    ランニングシューズは、一部の人への商品として小売店の棚に座るのではなく、一般大衆に吸収されました。

  • Nike's marketing showed the world that their shoes were never just shoes.

    ナイキのマーケティングは、彼らの靴が決してただの靴ではないということを世界中に示しました。

  • They were what legends wore.

    彼らは伝説を履きました。

  • Runners wore them, but celebrities wore them, too.

    ランナーが履き、有名人も履きました。

  • Every time Nike released an Air Max, it was remarkable, but they also put a feverish note of anticipation on every release.

    ナイキがエアマックスを販売するたびに、それは注目に値しましたが、彼らさらに販売するごとに期待の熱狂的な注目を集めました。

  • Nike designers weren't just expected to release innovative runners, they were expected to outdo their own efforts on a consistent and unending basis.

    ナイキのデザイナーは、革新的なランニングシューズを発表することだけを、期待されていたわけではありません。

  • With all this pressure that Nike was putting on Christian Tresser, he worked hard on the shoe.

    ナイキがクリスチャン・トレッサーにかけるこのようなプレッシャーのすべてで、彼は靴に対して一生懸命働いてきました。

  • Having to work around a brand new total air version of the visible air unit that spanned the length of the entire mid-sole, something completely new and challenging to implement into the design.

    ミッドソール全体にまたがように見える、エアユニットの新しいトータルエアバージョンに手を加える必要があります。これは、まったく新しいものであり、設計や実装が難しいものです。

  • Now, you have to keep in mind that in 1997 the world was on the verge of entering a new millennium.

    さて、私達は新しい世紀に入る寸前の1997年に、世界で何があったかということを、覚えておく必要があります。

  • Everyone was looking ahead in both technology and design.

    誰もが技術とデザインの両方で先を見つめていました。

  • The futuristic-sounding year of 2000 was right around the corner.

    2000年の近未来的な年はすぐそこにありました。

  • This optimistic futurism pervaded both industrial and fashion design with sleek curves and metallic chrome accents dominating everything from cars, to CD players, mountain bikes, and of course, sneakers.

    この楽観的な未来派志向の人たちには、車からCDプレーヤー、マウンテンバイク、そしてもちろんスニーカーに至るまで、洗練された曲線とメタリッククロムのアクセントで工業デザインとファッションデザインの両方に浸透しました。

  • Christian Tresser took all these influences and used them as inspiration.

    クリスチャン・トレッサーはこれらすべての影響を受け、それらをひらめきとして使用しました。

  • Tresser's genius allowed him to combine the futuristic elements with things in nature, like the ripple of waves on a pond, or a rain drop.

    トレッサーの天才的な面が、彼が未来の要素と自然の物、例えば池の波の波紋や雨の滴とを結びつけることを可能にしました。

  • When you look at the Air Max 97, the design flows from a seamless, yet powerful motion of water.

    Air Max 97を見ると、デザインはシームレスでありながら強力な水の流れのような動きがあります。

  • A nod to silver bullet trains inspires its beloved metallic finish and conjures up imagery of the future and the past.

    銀の新幹線へのうなずきは、その最愛のメタリック仕上げを刺激し、未来と過去のイメージを思い起こさせます。

  • All of this created a remarkable shoe that resonated with everyone from rappers, like Big Pun, and everyone's favorite Spice Girl, Mel C.

    これらすべてが、ビッグ・パンのようなラッパーの人達、そしてみんなのお気に入りのスパイスガールやメル Cに共鳴する、注目すべき靴を作りました。

  • The Nike Air Max 97 was ground-breaking in many ways.

    ナイキエアマックス97は、多くの点で画期的でした。

  • It was the first Nike Air Max to be fully foamless.

    これは、完全に無定型である最初のナイキエアマックスでした。

  • It was the first Nike, maybe first sneaker ever, to feature the hidden lace-up system.

    ナイキで初めて、隠された履物の紐掛けシステムを備えた、おそらく初めてのスニーカーでした。

  • And just like today, it came at a premium price.

    そして今日と同じように、プレミアム価格で登場しました。

  • The Air Max 97 cost more than its predecessors by a substantial margin, marking the first time the Air Max have changed prices between models.

    エアマックス97の価格は前モデルより大幅に高くなりましたが、エアマックスがモデル間で価格を変更したのは初めてのことです。

  • It may not sound like much, but that is the equivalent of $225 in 2019, the price that we still believe is above the average cost of most sneakers.

    あまり大した違いではないように聞こえるかもしれませんが、これは2019年の225ドルに相当し、ほとんどのスニーカーの平均コストを上回っていると、まだ信じています。

  • Would you pay $225 for sneakers?

    スニーカーに225ドルを払おうと思いますか?

  • Leave a comment below.

    下記にコメントを残してください。

  • The release of the Air Max 97 couldn't have been more timely.

    Air Max 97のリリースは、これ以上ない絶好のタイミングでした。

  • The $150 price tag was of no concern to consumers in 1997.

    150ドルの値札をつけても、1997年の消費者には関係ありませんでした。

  • The shoe enjoyed wild success, but unfortunately for the U.S. market, the hype only lasted a year.

    この靴は大成功を収めましたが、残念ながら米国市場での誇大にな売り込みは1年しか続きませんでした。

  • If there is one thing that Nike is known for, it is turning out new versions of the same shoe in different colorways with small design tweaks.

    ナイキで知られていることが1つあるとすれば、同じ靴の新しいバージョンを、小さなデザインの微調整を施したり異なる色で作ったりすることがあります。

  • Not only did this allow them to always have an exciting new shoe to sell, but also allowed them to make tweaks and designs that were noted as undesirable to the public.

    これにより、常に新しくエキサイティングなシューズを販売できるようになっただけでなく、一般的にあまり魅力がないとされていた微調整や、新しいデザインを作成できるようになりました。

  • Naturally, Nike wanted to maximize their profits that were coming in from the Air Max boom that was happening in countries like Japan and Italy.

    当然、ナイキは、日本やイタリアのような国で起きていたエアマックスブームからもたらされた利益を、できるだけ大きくしたかったのです。

  • Unfortunately, the Air Max 97 was superseded by the Air Max 98.

    残念ながら、Air Max 97はAir Max 98に取って代わりました。

  • It didn't quite garner the attention of a trend-setting phenomenon.

    流行を作り出している出来事の注意点は、なかなか集められてません。

  • Though it sold well enough to justify all the work put into its design and production, it just felt like it was missing something.

    デザインと生産に投入された、すべての作業に見合うだけの十分な売り上げはありましたが、何かが足りないように感じました。

  • If it wasn't for Italy's subculture celebrating the shoe the way they did, and still do, the Air Max 97 could have very well ended up in a much less prominent place in sneaker culture right now.

    イタリアの特定の文化がこの靴を祝ってくれたとしても、そして今でもそうあり続けるならAir Max 97は、最終的にスニーカー文化においてスニーカー文化の中で、今よりも目立たない場所に置かれてしまう可能性があります。

  • Luckily, like all old Nike favorites, it has found its way back to the shelves in different variations.

    幸いなことに、すべての古いナイキは人気があり、さまざまなバリエーションの物が棚に戻ってきました。

  • Thanks to the constant retroing of classics, we can now look forward to new and improved versions of the Air Max 97.

    古典的な商品の絶え間ない復刻調化のおかげで、Air Max 97の新しいバージョンと改良されたバージョンを楽しみにすることができます。

  • Thanks to the amazing colorways of the shoe, the Nike Air Max 97 has been rekindled as a favorite amongst sneakerheads today.

    靴の驚くべき色彩のおかげで、ナイキエアマックス97は今日、スニーカー狂の間で人気が再燃しました。

  • Question for you guys.

    皆さんに質問があります。

  • What do you guys think about the gold and silver colorways?

    金と銀の色合いについてどう思いますか?

  • I think they look so dope.

    めっちゃかっこいいと思います。

  • If you're thinking about copping a pair of 97s, I've placed some links in the description box for you to check out.

    97のペアにつてもっと知りたいと考えているなら場合は、説明欄にチェックアウト用のリンクをいくつか用意しました。

  • Anyways, guys, thank you guys so much for watching.

    何はともあれ、みんな見てくれてありがとう。

  • If you like this video, please consider subscribing to the channel, and again, it means the world to me that you took the time out of your day to check this video out.

    この動画が気に入ったら、チャンネル登録を検討してください。繰り返しになりますが、この動画をチェックするのに時間を割いていたということは、私にとって世界を意味しています。

  • So drop me a comment.

    コメントを残してください。

  • Have a great rest of your day, and see you on the next one.

    残りの一日が素敵な日になりますように。それでは次のビデオでお会いしましょう。

Here's a mind-blowing fact.

これは驚くべき事実です。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 ナイキ スニーカー デザイン シューズ 履き クリスチャン

ナイキ エアーマックス97 | どうやって20年前の靴が再び注目を集めたか (Nike Air Max 97 | How a 20 Year Old Shoe Became Cool Again)

  • 5486 155
    Angel Hsu に公開 2019 年 12 月 15 日
動画の中の単語