Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • At first, it's very bright.

    最初に気付くのはまぶしいばかりの明かりです。

  • But then, as your eyes adjust to the light, you start to piece together your surroundings.

    ただ、目がその明かりに慣れるにつれて、自分の周辺の状況が理解できるようになってきます。

  • The moving blobs above you, you realize, are masked faces.

    寝ている自分の上でうごめいている物体は、マスクをした人の顔だと気付き

  • And they've got their hands inside your body.

    その手は自分の体の中に入っているという具合です。

  • Okay, who- up?

    ちょっと待ってくれよ、誰がミスったんだ?となりますよね。

  • You can't run, you can't scream.

    走って逃げることも、叫ぶこともできない状況。

  • Luckily, you can't feel.

    何も感じないのは幸いですけど。

  • But still, you have to watch.

    それでも、目をそらすことができないわけです。

  • This is "What If".

    「What If ~まさかのシナリオ~」へようこそ。

  • And here's what happens if you wake up during surgery.

    今回は、手術の途中に目が覚めてしまったらどうなるかについて見ていきたいと思います。

  • The odds of you waking up during surgery are about 1 in 19,000.

    実際に手術中に目が覚める可能性は 19,000 分の 1 です。

  • That might not sound like a lot but, considering that doctors perform over 130,000 inpatient surgeries daily in the U.S. alone, it's close to 7 people every day.

    数字だけ見るとそれほどでもないような気がしますが、アメリカ国内だけでも 1 日に 13 万件の手術が実施されている事を考えると、毎日 7 件近く発生している計算になります。

  • When it does happen, it's usually painless, and you're usually back under in 5 minutes.

    実際に発生すると、通常痛みは感じませんし、5 分程度でまた眠りにつきます。

  • But that's not to say there haven't been some horror stories.

    それでも、これまでにいくつかの恐ろしいエピソードが伝えられてきています。

  • In a study of people who've experienced anesthesia awareness, 18% reported feeling pain, and some even developed post traumatic symptoms like increased stress, nightmares, and flashbacks.

    術中覚醒を経験した患者の 18% が痛みを感じたと報告しており、その中には心的外傷後ストレス障害の一環としてストレスや悪夢、フラッシュバックなどの症状が見られたケースもあります。

  • So how can a routine operation go so terribly wrong, and what happens when it does?

    では、どうして普通の手術がここまで失敗してしまうのか、またその際はどのような状態に陥ってしまうのでしょうか?

  • Before any surgery, an anesthesiologist will review your medical history, and ask you about your habits and your lifestyle.

    手術前には、麻酔医が患者の治療歴をチェックして、生活習慣やライフスタイルについても質問をします。

  • Everyone reacts differently to anesthetics, so, it's the anesthesiologist's job to figure out a dose that will keep you unconscious during surgery, without inhibiting any of your critical life functions.

    麻酔薬に対する反応は人それぞれですから、麻酔医としてはどれくらいの量を投与すれば身体機能に大きな影響を及ぼさずに手術中無意識状態を保つことができるか、を割り出すのが大切になってくるのです。

  • As you're counting down, getting heavier, getting sleepier, getting...

    カウントダウンが始まって、体が重くなっていって、眠くなり、次第に…

  • Up soon?

    目が覚める?

  • What? Is it morning already?

    は?もう朝なの?

  • Where am I?

    ここはどこ?

  • Anesthesia alertness can play out in different ways.

    術中覚醒の発生には様々な要因が絡んできます。

  • It usually involves complications with the sedative, the paralytic, or both.

    通常は、鎮静剤や麻酔剤のどちらか、もしくは両方が関わってきます。

  • If the paralytic wears off, but the sedative doesn't, you'll remain unconscious, but your body might still move.

    麻酔剤が切れて鎮静剤が効いている場合は、無意識状態は維持されますが、体自体は動いてしまうこともあります。

  • Anesthetists are normally quick to pick up on this, and will immediately fix the problem by adding more paralytic agent.

    普通、麻酔医はすぐにこれに気付きますから、麻酔剤を追加投与して即座に対処します。

  • Then there's the problem of both the sedative and the paralytic wearing off.

    ただ、麻酔剤と鎮静剤の両方が切れる場合もあり得ます。

  • This is also easy to catch, because the patient might try to speak or sit up.

    その際も、患者が起き上がったり話そうとするので気付くことは簡単です。

  • But again, doctors will have you back under in less than five minutes.

    この場合も 5 分以内にまた眠りにつかせるのは簡単です。

  • Perhaps the most traumatic outcome is if the sedative wears off, but the paralytic doesn't.

    ただし、鎮静剤が切れて麻酔剤が効いている場合が一番大変です。

  • In this scenario, you can wake up during surgery, and you might even feel it.

    この状況では、手術中に目が覚めて感覚もある場合があります。

  • But with the paralytic agent working as it's supposed to, you can't communicate that you're awake.

    ところが、麻酔剤が効いているので自分がに意識があることを伝えることができないのです。

  • While that scenario is particularly rare, it's happened enough times to inspire one too many movie ideas.

    こういった状況は極めてまれですが、映画の中に用いられるだけ実際に何度か起きた事はあるのです。

  • But, if you're scared it could happen to you, there are ways to further reduce your risk of anesthesia alertness.

    もし、こんなことが自分の身に起きたらと心配する場合は、いくつか自分で出来る予防法はあります。

  • It's always important have up-to-date medical records, and to follow your doctor's instructions carefully before surgery.

    自分の診療データを常に最新のものにしておくことは重要ですし、手術前に医者から与えられる指示に従うことも大切です。

  • For bonus points, you can cut back on alcohol and tobacco, since, heavy drinking and smoking can affect how your body responds to anesthetic drugs.

    さらにアルコールやタバコも麻酔系の薬に対する体の反応に影響を及ぼしますから、控えめにするのも賢明です。

  • As long as you keep making healthy choices, and don't let the movies scare you too much, then your next surgery should go smoothly.

    健康に気を付けた生活を送り、映画を観すぎて必要以上に怖がったりしなければ、次回の手術はスムースに終わるでしょう。

  • When you wake up at the right time, you can thank your doctor.

    ちゃんと手術後に目が覚めたなら、担当医に感謝しましょう。

  • And in your downtime, you can thank, "what if."

    ちなみに、時間がある時で良いので「What If~まさかのシナリオ~」にも感謝をしてくれると嬉しいです。

At first, it's very bright.

最初に気付くのはまぶしいばかりの明かりです。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 麻酔 手術 鎮静 効い 覚め 患者

「まさかのシナリオ」絶対やだ!手術中に起きたらどうする!? (What Happens If You Wake up During Surgery?)

  • 6353 288
    Ingrid に公開 2020 年 01 月 15 日
動画の中の単語