Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • If you get this message, your child is in danger.

    このメッセージを受け取ったら、あなたの子どもは危険な状態にあります。

  • As any parent knows, we can't totally safeguard our teenage kids from ending up in a difficult situation they can't resolve on their own.

    10 代の子どもが、自分 1 人で解決できない難しい状況に陥ってしまうのを、100% 防ぐことはできません。どんな親も、こんなことは分かっていますね。

  • So, it's crucial for adults to be able to come to their aid as soon as possible.

    そのため、できるだけ早く、子どもを助けられるようにするのが不可欠です。

  • Today, we're going to tell you about a unique, helpful method of keeping your child out of harm's way.

    今日は、子どもを有害なものかた守るための、ユニークで役立つ方法をお教えします。

  • Don't forget to show this video to your little one and teach them this quick way to escape from any dangerous situation.

    このビデオをお子さんにも見せて、危険な状況から素早く離れる方法を教えてあげてくださいね。

  • Here's an example: Your teenage kid is hanging out with bad company.

    例を出しましょう。あなたの 10 代の子どもが、悪い仲間と遊んでいます。

  • One day, they decide to try alcohol, or even drugs.

    ある日、グループでお酒、もしくはドラッグに手を出そう、ということになります。

  • Such a situation might prove too unpredictable for your son or daughter to handle.

    こんな状況、息子さんや娘さんにとって、あまりに予想のつかないことかもしれません。

  • Moreover, your child most likely won't phone you for advice, for fear of looking a coward in the eyes of his or her friends.

    それに、友達から臆病者だと思われるのを恐れ、あなたにアドバイスを求めて電話してくるようなことは、まずないでしょう。

  • And even if you call your kid to ask whether everything's alright, you'll probably get a standard reply, along the lines of, "Yeah, I'm absolutely fine!"

    大丈夫か、と子どもに電話したところで、「うん、大丈夫!」というような、普通の返事をされるだけでしょう。

  • Bert Fulks, a pastor from West Virginia, has studied this teenage psychological trait to better communicate with his son, Danny.

    ウェストバージニアの牧師、バート・ファルクス氏は、息子のダニーとより上手くコミュニケーションをとるべく、10 代の心理的特性について研究しました。

  • As a result, Fulks invented a kind of secret code that allows his son to send his dad SOS signals without the risk of losing face with his peers.

    その結果、ファルクス氏は秘密のコードのようなものを考案し、息子が友達の前で恥をかくことなく、父親に SOS サインを送ることができるようにしたのです。

  • Fulks got this brilliant idea after talking to teens in addiction clinics across the country.

    ファルクス氏は、国内の中毒患者用クリニックで 10 代の子どもたちと話し、この素晴らしい考えを思いついたのです。

  • He asked each of those kids a simple question: "Have you ever found yourself in a situation where things started happening that you weren't comfortable with, but you stuck around, mainly because you felt like you didn't have a way out?"

    彼は患者の子どもたちに、シンプルな質問をしました。「不快に感じることが起こり始めていたけれど、そこから抜け出す方法を見つけられなかったのが大きな理由で、その場に居続けた―というような状況に陥ったことはありますか?」

  • All teenagers admitted having experienced such moments on many occasions, so, the pastor decided that something needed to be done to help kids, and specifically, his own son, overcome the problem.

    全ての子どもたちが、多くの状況でこのような経験をした、と回答したのです。そこでファルクス氏は、子どもたちを助けるため、特に彼の息子がこの問題を克服するため、何かする必要があると考えたのです。

  • Here's how Fulks himself describes his invention: "Let's say that my youngest, Danny, gets dropped off at a party."

    ファルクス氏は、自らの考案についてこう述べています。僕の末っ子のダニーが、パーティーに行ったとしましょう。

  • "If anything about the situation makes him uncomfortable, all he has to do is text the letter X to any of us- his mother, me, his older brother, or sister."

    不快に感じるような状況があれば、家族の誰かに―彼のお母さん、僕、お兄さん、お姉さんに― "X" というアルファベッとをメールするのです。

  • The one who receives the text has a very basic script to follow.

    このメールを受け取った人は、ごく基本的な行動をとります。

  • Within a few minutes, they'll call Danny's phone.

    受け取ってから数分以内に、ダニーに電話します。

  • When he answers, the conversation goes like this: "Hello?"

    ダニーが電話に出たら、会話はこうなりますね。「もしもし?」

  • "Danny, something's come up, and I have to come get you right now."

    「ダニー、ちょっと用事が出来ちゃったから、今すぐ迎えに行かなくちゃいけないよ。」

  • "What happened?"

    「どうしたの?」

  • "I'll tell you when I get there. Be ready to leave in five minutes. I'm on my way."

    「着いたら話すよ。5 分後には出られるようにしておいてね。そっちに向かうから。」

  • At that point, Danny tells his friends that something's happened at home.

    この時点で、ダニーは友達に、「家で何かあったんだ」と言います。

  • Somebody's coming to get him, and he has to leave.

    誰かが迎えに来るから、帰らないといけない、と。

  • That's it! Danny is home safe and sound.

    そうです!ダニーは無事、家に帰れるのです。

  • From his friends' point of view, he didn't run away, but merely had to leave on important business.

    友達の視点から言えば、ダニーは逃げたわけではありません。でも、何か大事なことがあって、帰らないといけなかったのです。

  • This know-how not only protects your child from harm, but also helps to build trust.

    このノウハウで、子どもを危険から守ることができるだけでなく、信頼関係をも築くことができます。

  • The most important thing is to make kids realize that even if they get in trouble due to disobedience, their parents' chief priority would be not to punish, but to help.

    最も重要なのは、子どもにこう理解させることです―親の言うことを聞かなかったせいで問題に陥ったとしても、親の最優先事項は、子どもを罰することでなく、助けることである、と。

  • Don't forget to share this video with those who have children.

    お子さんのいる人たちと、このビデオをシェアするのをお忘れなく。

  • Hit the like button below the video and click subscribe to join us on the bright side of life.

    ビデオの下の「いいね」ボタンを押して、チャンネル登録をしてくださいね。そして、明るい人生を送りましょう。

If you get this message, your child is in danger.

このメッセージを受け取ったら、あなたの子どもは危険な状態にあります。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 BRIGHTSIDE 子ども ダニー 状況 息子 帰ら

子供からの SOS!注意すべき子供とのやりとり (If You Get This Message, Call Your Child!)

  • 2917 138
    Ingrid に公開 2019 年 12 月 25 日
動画の中の単語