Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Hi, welcome again to www.engvid.com. I'm Adam. Today's lesson is about the paragraph. It's

    こんにちは、再び www.engvid.com にようこそ。アダムです。今日のレッスンは段落についてですそれは

  • a writing lesson, and I want to show people what a paragraph is and how to construct one,

    私はライティングレッスンをしていて、段落とは何か、どのように段落を構成するのかを人々に見せたいと思っています。

  • what to do, what not to do so you can write very clear, very tight paragraphs. This is

    何をすべきか、何をしてはいけないか そうすれば非常にわかりやすく、非常にタイトな段落を書くことができます。これは

  • especially important for IELTS, TOEFL, SAT students but everybody has to follow

    特にIELTS、TOEFL、SATの学生のために重要ですが、誰もが従う必要があります。

  • the exact same rules. Now before I even begin, I must say that I'm

    全く同じルールでさて、私が始める前に、私は言わなければならないのは

  • talking mostly about academic writing or even business writing. Creative writing like novels

    主にアカデミック・ライティングやビジネス・ライティングの話をしています。小説のようなクリエイティブな文章

  • or short stories, anything fiction, you can do anything you want. Only always remember:

    短編小説でもフィクションでも何でもいいのです。いつも覚えていることだけを。

  • somebody has to read what you wrote so it has to be clear. But academic essays, for

    誰かがあなたの書いたものを読まなければならないので、明確でなければなりません。しかし、学術的なエッセイは

  • example, certain rules you have to follow; you have to be very careful about them. So

    例えば、従わなければならないルールがあるので、それについては非常に注意しなければなりません。だから

  • let's begin. In terms of like the actual way a paragraph

    始めましょう。段落の実際の方法のように

  • looks: you have to indent or skip a line. So let me just make sure you understand what an indent is.

    のように、インデントしたり、行を飛ばしたりしなければなりません。では、インデントとは何かを理解してもらいたいと思います。

  • This is an indent, the first line a little bit pushed in or you can make

    これはインデントで、1行目が少し押し込まれているか、または

  • sure you skip a line between paragraphs. But don't do both. If you skip a line, don't indent.

    段落間の行を飛ばすようにしましょうしかし、両方ともやってはいけません。行を飛ばす場合は、インデントをしないようにしましょう。

  • Okay? That's the main thing. Now, that's in terms of the way it looks.

    いいですか?それがメインです。さて、それは見た目の面での話です。

  • In terms of content -- and this, I can't stress this enough -- very, very, very important:

    内容的には...これは十分に強調できないが...非常に、非常に、非常に重要なことだ。

  • one central idea in one paragraph. Okay? I've seen many people, I've seen many essays where

    1つの段落で1つの中心的な考えをいいですか?私は多くの人を見てきましたが、私は多くのエッセイを見てきました

  • you start a paragraph talking about one thing, and then you go off on a tangent and talk

    くだらないことを言ってはいけない

  • about something completely unrelated. So for example: if you start a paragraph and you're

    全く関係のないことについて。ですから、例えば、段落を始めて

  • talking about apples, continue to talk about apples. If you go to oranges, that's maybe

    りんごの話をしながら、りんごの話を続けます。みかんに行けば、それはたぶん

  • okay because you're still talking about fruit. But if you start with apples, go to oranges,

    まだ果物の話をしているから大丈夫だよでもリンゴから始めたら オレンジにして

  • go to bananas, and then end up with monkeys in space there's a bit of a problem; the reader

    バナナを食べに行って、宇宙で猿と一緒に終わるのはちょっとした問題で、読者は

  • has no idea what you're talking about. One paragraph, one central idea.

    何のことかさっぱりわからない。1つの段落、1つの中心的なアイデア。

  • Now, make sure that you tell the reader what this central idea is. This is your thesis statement.

    さて、この中心的な考えが何であるかを 読者に伝えるようにしましょう。これがあなたのテーゼ・ステートメントです。

  • Okay? It's a very general sentence. All it does is introduce the topic of the

    いいですか?とても大雑把な文章ですがの話題を紹介するだけです。

  • paragraph, nothing else. All the details come after.

    段落、他には何もない。すべての詳細は後から来る。

  • So speaking of details, we'll talk about details in detail, but all other ideas, all the other

    だから、細かいことといえば細かいことですが、それ以外のすべてのアイデア、その他のすべての

  • sentences, all your sentences with the details must directly relate back to the main idea.

    文章を書く際には、詳細を含むすべての文章が主旨に直接関連していなければなりません。

  • So let's say here is your thesis statement; very general, every sentence after must relate

    これがあなたのテーゼ・ステートメントで、非常に一般的なものです。

  • back to that thesis statement. Okay? You can't go off to another idea. Everything must support

    その論文の話に戻っていいですか?別の考えには戻れないすべては支持しなければならない

  • this, must talk about the same topic. Very important. Okay?

    これは、同じ話題について話す必要があります。非常に重要なことだいいですか?

  • How long should your paragraph be? Technically, a paragraph could be one sentence, but in

    段落はどのくらいの長さにすべきですか?技術的には、段落は一文でもよいのですが

  • an academic essay that rarely happens. But it could be any length you want, as long as

    滅多にない小論文ですでも、どんな長さでも構いません。

  • you're still on that one topic, as long as you still have things to write and things

    書きたいことが残っている限り、まだその一点張りで

  • to say about that topic, say it. If you have four sentences, fine; if you have 10 sentences,

    そのトピックについて言いたいことがあれば、それを言ってください。4つの文章があれば問題ありませんが、10つの文章があれば問題ありません。

  • also okay. Again, for IELTS, TOEFL, SAT students: four, five sentences should be your limit.

    でも大丈夫です。繰り返しになりますが、IELTS、TOEFL、SATの学生の場合:4、5文が限界でしょう。

  • You can't be too long because you don't have time and you're going to start making mistakes.

    時間がないからといって長くはいられないし、ミスをしてしまうこともあります。

  • So now, the details. Very important to have lots of details. Why is this topic important

    さてさて、詳細です。細かいところをたくさん持つことは非常に重要ですなぜこの話題が重要なのか

  • to your overall idea of your essay? Not only tell me what is the topic, what is the thesis

    はあなたのエッセイの全体的な考えに影響を与えますか?話題だけでなく、何がテーマなのか、何がテーゼなのかを教えてください。

  • statement of the paragraph, make sure you explain to me why this is important to the

    段落の文では、なぜこれが重要なのかを説明するようにしてください。

  • general idea of the essay. Give me your reasons. Now, why is it important? And then reasons,

    小論文の一般的な考え方理由を述べよさて、なぜそれが重要なのか?そして理由を。

  • why you think what you're saying supports this idea. Examples, always use examples because

    あなたが言っていることは、この考えをサポートしていると思う理由を説明してください。例は、常に例を使用してください。

  • giving me the reasons is okay; examples make me see exactly what you're trying to say.

    理由を教えてくれればいいのですが、例を挙げればあなたの言いたいことがよくわかります。

  • Very easy for me to understand what you're trying to say.

    何が言いたいのかとてもわかりやすいです。

  • Now, in terms of flow, in terms of the way the reader can approach the paragraph, you

    さて、フローの観点から、読み手が段落にアプローチする方法としては

  • have to have bridges. What is, what do bridges mean? Basically, when you have one idea in

    橋を持たなければならない架け橋とは何か?基本的に、一つのアイデアが

  • this sentence, you must connect it to the next sentence, you must connect it to the

    この文を、次の文につなげて、次の文につなげて、次の文につなげて

  • next sentence. Every sentence must have a link to the next sentence. This creates flow,

    次の文へのリンクが必要です。すべての文には次の文へのリンクが必要ですこれが流れを作ります。

  • makes it much easier to read and understand, and it keeps you on the one topic.

    を使うことで、読みやすく、理解しやすくなり、1つのトピックに集中することができるようになります。

  • Now, key terms. If you're talking about something specific and you have to use a key term, use

    さて、キーワードです。何か特定のことを話していて、キーワードを使わなければならない場合は

  • it as many times as you need to. Otherwise, avoid repetition.

    を必要なだけ何度でも繰り返してみてください。それ以外の場合は、繰り返しは避けましょう。

  • Try not to use the same word more than once in one paragraph. Okay? For example: if you're using the word "moreover"

    1つの段落で同じ単語を2回以上使わないようにしてください。いいですか?例:"moreover "という単語を使っている場合

  • in the paragraph, don't use it, don't use "moreover" again -- use "in addition to",

    段落の中で、それを使わないで、また "moreover "を使わないで--"in addition to "を使ってください。

  • use "furthermore", "another", etc. Try to avoid using one word more than once, especially

    さらに」「別の」などを使う一つの単語を複数回使うのは避けるようにしましょう。

  • in the same paragraph. But sometimes you'll get words, like for example you're writing

    を同じ段落の中に入れます。でもたまに単語が出てくることがあります、例えばあなたが書いているように

  • an essay about parents. Not many words you can replace for "parents" so if you have to

    親についてのエッセイ。親」の代わりになる言葉はあまり多くないので、もしもの時は

  • say "parents", "parents", "parents", "parents", so be it, do that. Once in a while:

    親」「親」「親」「親」「親」「親」と言えばいい、それでいい、それでいいたまにはね。

  • "mom and dad", "mother and father" but you don't want to add like "mother and father" three words,

    "ママとパパ" "ママとパパ" でも、"ママとパパ "のように3つの単語を追加するのはやめましょう。

  • "parents" one word. Shorter is better, so keep that in mind.

    "親 "の一言で短い方がいいので、覚えておきましょう。

  • At the end of your paragraph when you're coming to the end, if this is part of your body -- means

    あなたが最後に来ているときにあなたの段落の最後に、もしこれがあなたの体の一部であるならば、 - を意味します。

  • there's another paragraph coming -- leave me some sort of bridge to the next paragraph.

    次の段落への橋渡しをしてくれ

  • Or if you can't do that, then just conclude the paragraph, make sure it's a very clear

    それができないのであれば、段落の結論を明確にしてください。

  • statement that this idea is finished; I'm done talking about this idea and then start

    了言

  • your next paragraph with some bridge to the previous one. So one paragraph connects to

    次の段落には前の段落への橋渡しをします。つまり、一つの段落が

  • the next paragraph. Same idea with flow: sentence connects to sentence, paragraph connects to

    を次の段落につなげることができます。流れと同じ考え:文は文に、段落は段落につながる。

  • paragraph. Okay? Now of course the easiest way to understand all this is to look at an

    段落。いいですか?さて、もちろん、このすべてを理解する最も簡単な方法は、

  • actual paragraph and see all these points in it. Okay? So let's do that.

    実際の段落を見て、その中のすべてのポイントを見てください。いいですか?ではそれをやってみましょう

  • Okay, don't be scared. This is a paragraph. Okay? First, before we do anything, let me

    怖がらないでこれは段落だいいですか?まず、何かをする前に

  • read it to you so in case you can't see it clearly.

    を読み上げてくれるので、よく見えない時のために

  • "Great changes require a powerful hand to guide them and push them forward. Governments

    "大きな変化には、それらを導き、前進させるための強力な手が必要です。政府

  • have the power and influence of the law to support them. Moreover, they have access to

    は彼らを支える法律の力と影響力を持っていますさらに、彼らは以下のようなアクセス権を持っています

  • means with which to enforce the law and punish offenders. Individuals and corporations that

    法を執行し、犯罪者を処罰するための手段。個人や企業が

  • pollute our air and waters will not stop doing so as long as they can profit from this action

    大気や水域を汚染しても、この行為で利益を得る限り、その行為をやめようとはしないでしょう。

  • and do not fear consequences. A steel producer, for instance, will not cease dumping waste

    と結果を恐れない。例えば、ある鉄鋼メーカーは、廃棄物の投棄をやめません。

  • in a nearby river if it does not affect its bottom line. Taxing this company, on the other

    の収益に影響を与えないのであれば、近くの川の水を利用することができます。この会社に課税することは、他方では

  • hand, might make it change its way of doing business. Yet, it is this very question of

    には、ビジネスのやり方を変えさせてしまうかもしれません。しかし、それはまさに

  • costs that limits anyone but the government to act against pollution."

    "汚染に対して政府以外の者が行動することを制限するコスト"

  • Okay, here's my paragraph. First of all, let me back up a little bit. My essay, what is

    さて、ここで私の段落です。まず、少し話を戻します。私のエッセイ、とは

  • my essay about? General topic: pollution. What is the question? Who is responsible to

    についての私の小論文?一般的なトピック:公害。質問は何ですか?に責任があるのは誰ですか?

  • fix it? I say government is responsible to fix it. I suggested three reasons in my introduction:

    直すのか?私は政府に責任があると言っています冒頭で3つの理由を提案しました

  • power, cost, credibility. Okay? This is my first body paragraph. I listed three reasons:

    力、コスト、信頼性いいですか?これが私の最初のボディ・パラグラフです私は3つの理由を挙げました

  • power, cost, credibility. My first paragraph will also be my first reason mentioned.

    力、コスト、信頼性。私の最初の段落は、私が最初に述べた理由にもなります。

  • I mentioned power in my introduction, I will talk about power in my first paragraph. Okay?

    冒頭でパワーの話をしましたが、最初の段落でパワーの話をします。いいですか?

  • So first of all, I have my indent, okay? I prefer indent, some people prefer spacing.

    だからまず最初に、私はインデントを持っています、いいですか?私はインデントを好みますが、人によってはスペーシングを好む人もいます。

  • But to be honest, figure out what style guide your professor or your company or whoever

    しかし、正直に言うと、あなたの教授やあなたの会社や誰でもどのようなスタイルのガイドを把握します。

  • is asking you to use. There is MLA, APA, Chicago Manual of Style, each of them will tell you

    が使用するように求めています。MLA, APA, Chicago Manual of Styleがありますが、それぞれがあなたに教えてくれるのは

  • how to do this; to indent or to leave a line, etc., capitalization. Style guides are actually

    どのようにするか; インデントや行を残すなど、大文字小文字を区別することができます。スタイルガイドは実際には

  • very good sources of learning English. Very boring books, but very useful books.

    英語学習のための非常に良いソース。非常に退屈な本ですが、非常に役に立つ本です。

  • Okay. Oh sorry, let me just mention also: OWL, OWL at Perdue is a very good website;

    わかったわあ、すみません、ちょっとだけ触れさせてください。OWL, OWL at Perdueはとても良いサイトです。

  • lots of information to help you with writing. Okay, so I have my indent. Now, "Great changes

    書き方の参考になる情報がたくさんさて 私のインデントができましたさて、「大きな変化

  • require a powerful hand to guide them and push them forward." Have I said anything here?

    "彼らを導き前進させるためには 強力な手が必要です"私はここで何か言いましたか?

  • No. All I did was talk about change because that's what my general topic of the essay

    私がしたのは変化について話しただけで、それが私のエッセイの一般的なトピックだからです

  • is, and power because that's my first focus. I'm going to talk about the power. Okay? Very,

    とパワーについてです それが私の最初の焦点なので私はパワーについて話しますいいですか?とても

  • very general. "Governments have the power and influence of the law", so now here we

    非常に一般的です"政府は法律の力と影響力を持っている" だから今ここでは

  • go, I had... Where'd I go? "Powerful" and I'm still talking about power. I'm connecting

    私は...どこに行ったんだろう?"パワフル "と言っても、私はまだパワーの話をしています。つながっています。

  • the two sentences. Next, I introduce a new idea: "the law". Much

    の2つの文章を紹介します。次に紹介するのは、「法」です。多くの

  • more specific. Where does their power come from? It comes from the law. "...influence

    より具体的に彼らの力はどこから来るのか?それは法律から来ている"「...影響力」

  • of the law to support them. Moreover," now, I'm not going to a new idea; I'm adding to

    応援しています。さらに、"今、私は新しいアイデアに行くのではなく、私は追加している

  • this idea that I just mentioned. "...they have access to means" - means ways of doing

    先ほど述べたこの考えは"... they have access to means" - means means means ways of doing

  • things - "with which to enforce the law". So here, again, another idea. Enforce means

    物事 - "法を執行するためのもの "ですそこでここでまた別の考えが出てきます強制するというのは

  • put into effect, make sure that it actually happens. "...enforce the law and punish offenders."

    施行して、それが実際に起こるかどうかを確認してください。"法を執行し、犯罪者を罰する"

  • So they have the power of the law, with this power they can enforce and punish. Everything,

    だから彼らは法の力を持っていて、この力で強制したり罰したりすることができる。すべてのことを。

  • I'm connecting everything to everything. Offenders, now here I'm talking about offenders.

    私は全てのものを全てに繋げている犯罪者、ここでは犯罪者の話をしています。

  • "Individuals and corporations that pollute", these are the offenders. So one sentence flows

    "汚染する個人や企業"、これらが加害者です。ということで、一つの文章が流れる

  • into the next sentence, into the next sentence. "...pollute our air and waters will not stop

    次の文へ、次の文へ"「...私たちの大気と水を汚染するのは止まらないでしょう」

  • doing so as long as they can profit". Okay? So here's my next idea. They will not stop

    彼らが利益を得ることができる限り、そうすること」。いいですか?そこで次の考えがあります彼らは止めません

  • polluting because we're still talking about pollution. Okay? They will not, as long as

    まだ汚染の話をしているからだいいですか?彼らはしないわ

  • they can profit, as long as they're making money. Why do people pollute? Because it pays

    彼らは利益を上げていればいいのですなぜ人は汚染するのか?それはお金を払うからです

  • to pollute. "...action and do not fear consequences." So they don't fear punishment and the law

    "汚染を防ぐために"結果を恐れず行動します"だから彼らは罰を恐れないし 法も恐れない

  • doesn't scare them. Okay? And again, we're still talking about pollution.

    怖くないよいいですか?繰り返すが、我々はまだ汚染について話している。

  • "A steel producer, for instance," I'm introducing an example. Okay? If you can introduce a real

    "例えば鉄鋼メーカー "例を紹介していますがいいですか?を紹介できるのであれば、実際の

  • example like the name of the steel company, even better. But I don't want to offend anyone;

    鉄鋼会社の名前のような例は、さらに良いです。でも誰かを怒らせたくない。

  • I'm keeping it a little bit more general. "The steel producer will not cease", now before...

    もう少し一般的な話にしておきます。"鉄鋼生産者が止まらない "今、前...

  • Here's the word "stop", I don't want to use the word "stop" again. Why? Because I have

    ここで「やめる」という言葉が出てきましたが、もう二度と使いたくありません。なぜでしょうか?それは、私には

  • other words. I have the word "cease", "cease" means "stop". Okay? Vocabulary variety very

    といった他の言葉があります。私は「やめる」という言葉を持っています 「やめる」は「やめる」という意味ですいいですよね?ボキャブラリーのバラエティーが非常に

  • important. "...will not cease dumping" - it means throwing in or throwing away - "waste

    重要なことです。"...would not cease dumping" - 捨てる、捨てるという意味 - "waste

  • in a nearby river" - waste, pollution, I'm still on the same topic - "...if it does not

    近くの川で」-廃棄物、公害、私はまだ同じトピックにあります-「...しなければ

  • affect its bottom line." Now I'm not sure if everybody knows what "bottom line" is,

    "その収益に影響を与える"みんなが "ボトムライン "を知っているかどうかは わからないが

  • but "bottom line" basically means "profit". I'm still connecting the ideas using different

    しかし、「ボトムライン」は基本的に「利益」を意味します。を使い分けて考えを繋げています。

  • words. "Taxing this company", so taxing is a form

    という言葉があります。"この会社に税金をかける "ということで、税金をかけるということは

  • of punishment for companies especially. "Taxing this company, on the other hand," - so now

    特に企業への処罰の"一方でこの会社に課税すること" - だから今

  • I'm giving the other side of the situation - "might make it change its way of doing business."

    "ビジネスのやり方を変えさせるかもしれない "という反対の立場を与えているのです。

  • Again, what is business? Business is all about making money, costs. "Yet, it is this very

    繰り返しになりますが、ビジネスとは何か?ビジネスとは金儲けのことであり、コストです。"それなのに、それはまさに

  • question of costs" - and I'm connecting it. Where? Sorry, to business - "that limits anyone

    "コストの問題" - そして私はそれを接続しています。どこで?申し訳ありませんが、ビジネスに - 「それは誰もが制限される

  • but the government to act against pollution." I bring it right back to government acting

    "汚染に対して政府が行動するのではなく"私はそれを政府の行動に戻します

  • against pollution. This is my overall thesis: governments must act to stop pollution. Right?

    公害に対して。これが私の全体的なテーゼです 政府は公害を止めるために 行動しなければなりませんだろ?

  • So remember: the paragraph, everything must connect to itself, but the paragraph must

    だから覚えている:段落は、すべてがそれ自体に接続する必要がありますが、段落がなければなりません。

  • connect to the essay, to the whole idea. Now, what else did I do here? I introduced the

    エッセイに結びつけて全体の考えにつなげていく。さて、ここで私は他に何をしたのでしょうか?を紹介しました。

  • topic of "costs". What is my next paragraph going to be? Remember: I had three reasons

    コスト」の話題。私の次の段落は何になるのでしょうか?覚えておいてください:私には3つの理由がありました。

  • for thinking government must act; power, costs, credibility. My next paragraph is costs.

    政府は行動しなければならないと考えているからです 力、コスト、信頼性。私の次の段落はコストです

  • I've already introduced this idea, I've started the bridge. In the next paragraph, I will

    このアイデアはすでに紹介しましたが、ブリッジを始めました。次の段落では

  • end the bridge, get into my new topic. Costs and power are two different ideas. One paragraph:

    橋を渡り終えたら 新しい話題に入りましょうコストとパワーは2つの異なる考えです一つのパラグラフを

  • power, one paragraph: cost, one paragraph: credibility, and then of course your conclusion.

    力、1つの段落:コスト、1つの段落:信頼性、そしてもちろんあなたの結論です。

  • Okay? So you have all these things, everything connects, sentence variety. Make sure that

    いいですか?これら全てを持っていて 全てが繋がっている 文章の多様性もあるそれを確認してください

  • you're sticking to one topic, make sure you're preparing the reader for the next topic, and

    一つの話題に固執している人は、次の話題のために読者の準備をしておくようにしましょう。

  • make sure that everything connects to the overall idea of the essay. Okay?

    すべてがエッセイの全体的な考えに 繋がっていることを確認してくださいいいですか?

  • If you need some more help with this and you have some more questions, go to www.engvid.com.

    この件でもう少し助けが必要で、質問がある場合は、www.engvid.com。

  • You can leave me a comment and I will get back to you. There will also be a little bit

    コメントを残していただければまた、少しだけ

  • of a quiz there to make sure you understand all this. Excuse me. And don't forget to go

    これを理解しているかどうか 確認するためのクイズがあります失礼します忘れずに行ってください

  • to YouTube and subscribe to my channel. And of course, come back, see me again. Thank you.

    をYouTubeにアップロードして、私のチャンネルを購読してください。そしてもちろん 戻ってきてください また会いましょうありがとうございます。

Hi, welcome again to www.engvid.com. I'm Adam. Today's lesson is about the paragraph. It's

こんにちは、再び www.engvid.com にようこそ。アダムです。今日のレッスンは段落についてですそれは

字幕と単語
自動翻訳

B1 中級 日本語 段落 インデント エッセイ 汚染 いい コスト

ライティングスキル。パラグラフ

  • 49968 2653
    Autumn Pak Long   に公開 2015 年 06 月 14 日
動画の中の単語

前のバージョンに戻す