Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • 2:30 would work yeah, right.

    2時30分うまくいく、はい。

  • Is this you?

    これはあなた?

  • Maybe this?

    多分これ?

  • This is all of us.

    これはみんなです。

  • Sometimes stress and work feel synonymous.

    ストレスと仕事は、同じ意味だと時々思うことがあります。

  • But there is a better way.

    しかし、もっといい方法があります。

  • That's Deepak Chopra.

    あれはディーパック・チョプラです。

  • He's here to help.

    彼が助けに来てくれました。

  • Okay, stop.

    オッケー、ちょっと待って。

  • How did he do that?

    彼はどうやったの?

  • I'm going to show you how to meditate at your desk.

    机で瞑想する方法を紹介します。

  • Just S.T.O.P.

    ちょっと待ってください。

  • Remember the acronym.

    頭字語を覚えておいてください。

  • S, stands for stop.

    Sは、停止。

  • T, take three deep breaths and smile.

    Tは、三回深呼吸をして笑います。

  • O, observe the sensations in your body.

    Oは、あなたの体の感覚を観察します。

  • P, proceed with compassion and awareness.

    Pは、思いやりと意識を進めます。

  • So, Step one is stop.

    では、まず最初はストップ。

  • You get bad news and you want to react, stop.

    あなたは悪い知らせを受け取り、反応したいと思っています。やめなさい。

  • Okay, he didn't say freeze.

    さて、彼は固まるとは言いませんでした。

  • Slow down.

    落ち着いて。

  • Step two, take three deep breaths.

    2番目は、大きく三回深呼吸をします。

  • You can keep your eyes open.

    目は開けたままにしておきます。

  • Count slowly, so inhale, one, two, three, four.

    ゆっくり数えてます、1、2、3、4、息を吸い込んでください。

  • Stop, one, two, exhale.

    止めて、1、2、息を吐いて。

  • One, two, three, four, five, six.

    1、2、3、4、5、6。

  • This is called the four two six breath.

    これは、4、2、6呼吸と呼ばれています。

  • You immediately decrease your breathing rate, and everything in your body relaxes.

    すぐに呼吸数が減り、体のすべてがリラックスします。

  • Step three, observe the sensations in your body.

    3つ目のステップは、あなたの体の感覚を観察します。

  • To begin the process of mindful awareness, keep your feet firmly on the ground.

    マインドフルな認識を始める手順は、まず足をしっかりと地面につけます。

  • And your legs uncrossed.

    それから、足は組みません。

  • Hands open, fingers pointing upwards, back relatively erect.

    手を開き指を上に向けて、背中を比較的直立にします。

  • Keep your eyes open and just look around you.

    目を開けたままの状態で、周りを見回してください。

  • Notice shapes, colors, forms.

    形や色、形状に気を配ってください。

  • But don't label them.

    ただし、張り紙は付けないでください。

  • Don't call that a phone or a desk, just notice the colors, shapes, forms.

    電話や机と呼ぶのではなく、色、形、形状に注意してください。

  • Be aware of seeing.

    見ているものを認識してください。

  • Now close your eyes.

    今から目を閉じてください。

  • Just be aware of breath.

    呼吸だけに気を配ります。

  • And now shift your awareness, with your eyes closed to sound.

    そして今からは、あなたの目を閉じて音に意識を移していきます。

  • Be aware of any sound, including......any sound that arises and subsides in awareness.

    音を意識して…。発生する音や静まる音などすべて。

  • And you can do the same thing with any sensation in your body, sensation of your hand on your lap, sensation of your skin touching your clothes, sensation of your feet in your shoes.

    そして、身体のあらゆる感​​覚、ひざの上の手の感覚、衣服に触れる肌の感覚、靴の足の感覚でも同じことができます。

  • Bringing awareness to any experience in the present moment allows you to be independent of the experience because the awareness of an experience is intrinsically free from the experience.

    経験の認識は本質的に経験から自由であるため、現在の瞬間のあらゆる経験に意識をもたらすことで、現実から離れることができます。

  • You could stop the meditation there but if you have more time then you could use the experience of being still and asking questions of yourself.

    そこで瞑想をやめることもできますが、時間があれば、じっと静止して自分自身の経験を使って質問するということができます。

  • So bring your awareness to your heart and mentally ask the question.

    だからあなたの心にあなたの意識をもたらし、精神的に質問をしてください。

  • Who am I?

    私は誰か!?

  • What do I want?

    私は何が望みかって?

  • What is my purpose?

    私の目的は何か?

  • What am I grateful for?

    何に感謝しているか?

  • Step four, proceed with compassion and awareness.

    4つ目の段階は、思いやりと意識を進めます

  • Before you finish meditation however short or long it is, just take a few seconds to relax into your body and then slowly open your eyes to the world of experience again.

    短くても長くてもいいのですが、瞑想を終わらせる前には数秒かけて、体がリラックスしてから再び現実の世界にゆっくりと目を向けてください。

  • Step five, establish a regular routine.

    5つ目は、定期的なルーチンを確立していきます。

  • The benefits of meditation accrue if you have a regular practice everyday.

    毎日定期的に行っていると、瞑想の効果が得られます。

  • And in the office, you can set yourself reminders, maybe a calendar invite but make it a regular practice and you'll reap the benefits, whether it's lowering of blood pressure, or fine tuning your immune system, or better sleep.

    オフィスでは、リマインダーを設定することもできます。また、カレンダーに設定することもできますが、定期的に行うことにより血圧の低下や免疫系の微調整、さらには睡眠の改善などのメリットを受けることが出来ます。

  • Everything comes when you get in touch with yourself.

    自分自身と語り合えるようになった時、全てが訪れます。

  • Maybe I'll skip my next meeting to stop and meditate instead.

    次の会議を飛ばして休み、代わりに瞑想するかもしれません。

  • You don't need to skip the meeting, just go to it restfully alert and with awareness and at peace.

    会議を欠席する必要はありません。ただ気をつけて、自分自身に気づき安心して会議に行くだけです。

2:30 would work yeah, right.

2時30分うまくいく、はい。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

B1 中級 日本語 瞑想 意識 呼吸 感覚 会議 定期

合間にリフレッシュ!職場で瞑想をする方法 (Deepak Chopra on How to Meditate at Your Desk | WSJ)

  • 3652 492
    Estelle   に公開 2019 年 11 月 17 日
動画の中の単語

前のバージョンに戻す