Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • So much of parents' fear around social media use comes from this fear that their kids' lives will be ruined forever.

    SNSにより、子どもの人生が永遠に破壊されてしまうのではないか―SNSに対して親たちが抱く、多くの不安は、この恐怖が原因です。

  • And we see that a lot of times online where people make poor decisions, and then their lives are affected in pretty dramatic ways.

    人が誤った判断をして、人生に非常に大きな影響を与えてしまう様子、オンラインで多く見かけますよね。

  • But I think it's important to step back with kids and help them understand, "How can you be more intentional about how you're spending your time online?" and "How can you align those with your values?”

    でも、子どもと一緒に落ち着いて考えて、理解させることが大事だと思うのです―オンライン上で費やす時間を、どうすればもっと計画的なものにできるのでしょう?そして、自分の価値観と、どうやってすり合わせれば良いのでしょう?

  • The smartphone was only really released about 10 or 12 years ago, so all these apps are new for parents as well.

    スマートフォンが発売されたのは、実際10~12年前のことなので、アプリは全て、親にとっても新しいものです。

  • Kids are going through some treacherous terrain when it comes to technology and social media use.

    テクノロジーやSNSの使用に関しては、子どもたちは不安定な道を歩んでいます。

  • But we also need to understand that they're using technology for some positive things: learning, understanding, communicating.

    でも同時に、子どもたちがポジティブな目的でテクノロジーを使っていることも、理解する必要があります。例えば、学習や理解、コミュニケーションです。

  • So when we do that, we become more open to helping kids in an objective way that protects them from some of the detrimental, draining, and dangerous things that may happen online or in real life.

    そうすれば、私たちは客観的に子どもたちをサポートできるようになるのです。そして、オンライン上や実際の生活で存在する、有害で、精神にダメージを与える、危険な事柄から、子どもたちを守ることができるのです。

  • So where do I start? What do I do?

    どこから始めたら良いのでしょう?

  • The first is this idea of developing awareness.

    何をしたら良いのでしょう?

  • Learn what apps your kids are using; learn how to use them.

    まず、意識することです。

  • Download them on your phone.

    子どもがどんなアプリを使っているのか、知りましょう。

  • And then, you can come from a framework that's more objective, rather than coming from a place of fear and telling kids they can never use something.

    それをどうやって使うのか、学びましょう。

  • The second thing is creating opportunities for daily and weekly digital detox.

    そして、あなたの電話にダウンロードしてください。

  • Taking kid's phones and devices away at night can be a really easy way to do this.

    するとあなたのアプローチは、恐怖心に基づいて「それを使っちゃだめ」と言うのではなく、より客観的なものとなります。

  • And a lot of times kids will tell me, "You know, I don't want to tell my parents this, but I'm really grateful that they take my phone away at night because then I can tell my friends I'm not available after a certain hour.”

    2つ目は、毎日、そして毎週、デジタルデトックスの時間を設けることです。

  • Otherwise, it becomes this feeling of always online, always having to react.

    これをごく簡単に実践できる方法は、夜に子どもの電話を預かることです。

  • And kids don't want that either.

    子どもたちが、よく私にこう言ってくれます―「親にはあまり言いたくないんだけど、親が夜に電話を預かってくれるの、すごくありがたいと思っているんだ。だって、友達に、この時間以降はつながらないって言えるからね。」

  • But they don't really know how to effectively self-regulate.

    そうしないと、常にオンラインで、常に反応しないといけないような気持ちになるのです。

  • And the third thing is helping kids figure out their "why".

    子どもも、そんなことを望んではいません。

  • Why you're reaching for your phone.

    でも子どもたちは、効果的に自己制御する方法をよく知らないのです。

  • Or why you're posting.

    3つ目は、子どもが自ら疑問を解く、手助けをすることです。

  • Or why you're taking so many photos when you're with friends.

    どうして電話に手を伸ばしているの?

  • The idea is really to help kids identify and understand what is energizing for them and what is draining.

    どうして投稿しているの?

  • They have a choice in how they spend their time online.

    友達といる時に、なんでそんなに多くの写真を撮っているの?

  • They can opt in to experiences and opt out.

    要は、何から活力を得られて、何によって疲れてしまうか、子どもたちが気づき、理解できるよう、サポートするのです。

  • And that's a really empowering message.

    オンライン上でどのように時間を費やすか、子どもたちが選択肢を握っています。

  • And once they're given permission and understanding that they have choices, they actually start making really good ones that are in line with their own personal values.

    経験することを選び、手を引くこともできます。

So much of parents' fear around social media use comes from this fear that their kids' lives will be ruined forever.

SNSにより、子どもの人生が永遠に破壊されてしまうのではないか―SNSに対して親たちが抱く、多くの不安は、この恐怖が原因です。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 子ども オンライン 理解 客観 電話 自ら

現代社会問題 SNSと子育て (The Problem with Parents, Kids, and Social Media)

  • 9330 350
    Ingrid に公開 2019 年 12 月 09 日
動画の中の単語