Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • The NBA is no stranger to controversy, but a team manager's tweet has created tension between the league and one of its biggest supporters: China.

    NBAは物議を醸すことはありませんが、あるチームマネージャーのツイートがリーグと最大のサポーターの1人との間に緊張感を生み出しています。中国です。

  • The response from China, NBA players, and others has been complicated, so let's break it down.

    中国やNBA選手などの反応が複雑になっているので、分解してみましょう。

  • The Houston Rockets General Manager, Daryl Morey, sparked a global controversy when he tweeted his support for the pro-democracy protests in Hong Kong.

    ヒューストン・ロケッツのゼネラルマネージャー、ダリル・モーリー氏が、香港で行われている親民主化デモへの支持をツイートしたことで、世界的な物議を醸し出した。

  • The message caused a media backlash from China.

    このメッセージは中国からのメディアの反発を招いた。

  • He eventually removed the post and the Rockets owner swiftly responded by distancing the team from Morey.

    彼は最終的にポストを削除し、ロケッツのオーナーはすぐにモーリーからチームを遠ざけることによって応答した。

  • The team's star, James Harden, has also apologized to China.

    チームのスター選手であるジェームズ・ハーデンも中国に謝罪している。

  • Yeah, we apologize, you know.

    ああ、謝罪するよ。

  • You know, we love China.

    中国が大好きなんだよ

  • We love, you know, playing there.

    あそこで遊ぶのが好きなんだ

  • The Rockets are one of the most popular teams in China.

    ロケッツは中国で最も人気のあるチームの一つです。

  • They drafted legend Yao Ming as the top pick in 2002.

    彼らは2002年に伝説のヤオ・ミンをトップピックとしてドラフトした。

  • He spent nine seasons with the team.

    9シーズンをチームで過ごした。

  • The Rockets even have a Chinese-language website and have worn jerseys to celebrate the Chinese New Year.

    ロケッツも中国語のウェブサイトがあり、中国の新年を祝うためにジャージを着用しています。

  • Ming now leads the Chinese Basketball Association.

    明は現在、中国バスケットボール協会をリードしています。

  • In response to Morey's tweet, the group said that they planned to cut ties with the Rockets, plus, Chinese state TV and Tencent Sports, the NBA's rights holder in China, said they would no longer air Rockets games.

    モーリーのツイートを受けて、同グループはロケッツとの関係を断つ予定だとし、プラス、中国国営テレビと中国でNBAの権利を持つテンセント・スポーツは、ロケッツの試合を放送しなくなると述べている。

  • Beyond the Rockets, the NBA has a huge presence in China.

    ロケッツを超えて、中国ではNBAの存在感が大きい。

  • The league launched NBA China in 2008 and signed a new agreement with Tencent Sports in 2019.

    同リーグは2008年にNBA中国を立ち上げ、2019年にはテンセントスポーツと新たな契約を結んだ。

  • Tencent announced that 21 million people used its service to watch the deciding game of the 2019 NBA finals, topping viewers in the US, and as many as 500 million Chinese fans watched at least one NBA game last season.

    テンセントは、2019年のNBAファイナルの決定戦を見るために2100万人がサービスを利用したと発表し、米国では視聴者数がトップとなり、昨シーズンは5億人もの中国人ファンが少なくとも1試合のNBAの試合を観戦したという。

  • So what does this all mean for the NBA's relationship with China?

    では、NBAの中国との関係はどうなっているのでしょうか?

  • The league released a statement saying that Morey's tweet "Deeply offended many of our friends and fans in China, which is regrettable," but they also said they support individuals "sharing their views on the matters important to them."

    リーグは声明を発表し、モーリーのツイートが "深く中国の多くの友人やファンを怒らせたことは遺憾である "としながらも、個人が "自分にとって重要な事柄について意見を共有することを支持している "と述べている。

  • NBA coaches and players have weighed in on political issues in the past, but China and Hong Kong represent a fine line.

    NBAのコーチや選手は過去にも政治問題について意見を述べてきましたが、中国と香港は一線を画しています。

  • Standing up for protestors in Hong Kong could jeopardize the league's financial interests and its relationship with Chinese fans.

    香港の抗議者のために立ち上がることは、リーグの財政的利益と中国のファンとの関係を危うくする可能性がある。

  • This may be a lesson that the NBA's quest for a global footprint can have complicated outcomes.

    これは、NBAのグローバルフットプリントの追求が複雑な結果を生むこともあるという教訓かもしれません。

The NBA is no stranger to controversy, but a team manager's tweet has created tension between the league and one of its biggest supporters: China.

NBAは物議を醸すことはありませんが、あるチームマネージャーのツイートがリーグと最大のサポーターの1人との間に緊張感を生み出しています。中国です。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 nba ロケッツ モーリー ツイート リーグ チーム

ロケッツ、NBA、中国のウェブを紐解く

  • 5497 130
    Fibby に公開 2019 年 10 月 09 日
動画の中の単語