Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Joker definitely goes its own way with the depiction of the legendary Clown of Prince of Crime, right up to its explosive and unforgettable climax.

    ジョーカーは、その爆発的で忘れられないクライマックスに至るまで、犯罪王子の伝説のピエロの描写で間違いなく独自の道を歩んでいる。

  • Now that everyone's had a chance to see the film, it's time to talk about what it all built to and how it all paid off.

    みんなが映画を見る機会を得た今、何をどうやって作り上げたのか、どうやって報われたのかを語る時が来たんだ。

  • Spoilers ahead for the entire film!

    映画全編のネタバレを先取り!?

  • The whole of Joker is about the transformation of Arthur Fleck from downtrodden, beat-up loser to hero in his own mind, sometimes literally in his own mind.

    ジョーカー』の全体像は、アーサー・フレックが、下劣でボコボコにされた負け犬から、時には文字通り自分の心の中でヒーローに変身していくというものです。

  • The last time we see Arthur he's walking out of an interview room in Arkham State Hospital, fresh off the triumph of the night he shot Murray Franklin and became the figurehead of an entire riotous movement.

    最後にアーサーは アーカム病院の面接室から出てきた マレー・フランクリンを撃った夜の 勝利の直後だ

  • We see Arthur leave bloody footprints as he dances down the halls.

    アーサーが血まみれの足跡を残すのを見ると、彼はホールの下で踊っている。

  • And then, we see an orderly chasing him down the corridors, suggesting a violent escape might be in order for the newly minted Clown Prince of Crime.

    そして、廊下で彼を追いかけている命令官を見て、暴力的な逃亡を示唆し、新たにミントされた犯罪のピエロ王子のために順序であるかもしれません。

  • The film makes it clear several times that Arthur Fleck is a man who has no trouble losing himself in elaborate fantasies, but the question of what's fact or fantasy doesn't actually change the outcome for Arthur Fleck.

    この映画では、アーサー・フレックが精巧なファンタジーに身を落とすことに困らない男であることが何度か明らかになっているが、何が事実かファンタジーかという問題は、実際にはアーサー・フレックにとっての結末を変えるものではない。

  • By the end of Joker, whether he's escaping to a new life of crime or caught in a delusion, it's clear that he's long since passed the point of no return.

    ジョーカーの終わりまでに、彼は犯罪の新しい生活に逃げているか、妄想に巻き込まれているかどうか、それは彼が長い間以来、ノーリターンのポイントを通過していることは明らかである。

  • One of the most important structural aspects of Joker is just how small Arthur's inner circle is.

    ジョーカーの最も重要な構造的側面の一つは、アーサーの内輪がいかに小さいかということです。

  • He has his mother, of course, and he seemingly has friends at the clown company until they begin to turn on him.

    彼にはもちろん母親がいて、彼らが彼を裏切り始めるまで、彼は一見ピエロの会社に友達がいるように見える。

  • But apart from them, the only major presence left is Sophie, his neighbor who we actually know less about than some parts of the film would have us believe.

    しかし、彼らとは別に、唯一の主要な存在として残っているのは、彼の隣人であるソフィーで、この映画のいくつかの部分が私たちに信じさせようとしているよりも、実際にはあまり知られていません。

  • In Arthur's mind, Sophie is his girlfriend, at least until she isn't.

    アーサーの心の中では、ソフィーは彼のガールフレンドだと思っている。少なくとも、そうでなくなるまでは。

  • In Sophie's mind, Arthur is just the slightly strange neighbor she and her daughter ride the elevator with sometimes.

    ソフィーの心の中では、アーサーは娘と一緒にエレベーターに乗っているちょっと変わった隣人に過ぎない。

  • When he walks into her apartment uninvited and we discover his fantasy life with her, she is clearly scared but also eager to defuse the situation.

    招かれざるままに彼が彼女のアパートに入ってきて、彼との幻想的な生活が発覚したとき、彼女は明らかに怯えているが、その場を和らげようとも思っている。

  • So, what becomes of Sophie?

    それで、ソフィーはどうなるの?

  • It's hard to say, but what's clear is that the police will soon be finding a brutally murdered body in Arthur's apartment, so they'll probably be knocking on her door to ask questions, at which point she'll discover just how lucky she was.

    何とも言えませんが、はっきりしているのは 警察がアーサーのアパートで 残忍な殺人死体をすぐに発見するということです。 警察はおそらく彼女に質問をするために ドアをノックするでしょう。

  • Throughout the film, as Arthur goes through his own deeply personal descent into violent, vengeful madness, a massive groundswell of support for him is building right under his nose.

    映画全体を通して、アーサーは暴力的で復讐に燃える狂気へと個人的に深く堕ちていきますが、彼を支持する声が目の前に広がっていきます。

  • Near the end of the film, Arthur promises Murray Franklin that he's apolitical.

    映画の終盤近く、アーサーはマレー・フランクリンに自分は無党派だと約束する。

  • He says that he has nothing to do with the protestors who've adopted clown masks in solidarity with the then-anonymous subway shooter, but he's clearly pleased by the idea that people have begun to idolize him in some way.

    彼は、当時の地下鉄銃撃犯に連帯してピエロのマスクを採用した抗議者たちとは何の関係もないと言うが、人々が何らかの形で彼を偶像化し始めたという考えには明らかに満足している。

  • By the end of the film, Arthur has fully embraced the people who have become his followers, standing up among them as a leader for one triumphant moment before the film cuts to him in Arkham.

    映画の終わりには、アーサーは完全に彼の信者となった人々を受け入れ、映画がアーカムで彼に切り替わる前の勝利の瞬間のためにリーダーとして彼らの中に立ち上がる。

  • So whether Arthur stays in Arkham State Hospital or not, the Joker Gang will simply not calm down and go home.

    アーサーがアーカム州立病院に留まるかどうかはともかく、ジョーカー一味は単純に落ち着いて帰らない。

  • They might dissipate, or relax their protests a bit and eventually fade out, but that doesn't just go away because the Joker is in jail.

    彼らは抗議を緩和して フェードアウトするかもしれませんが ジョーカーが刑務所に入ったからといって それが消えるわけではありません

  • He was simply the face they adopted for their own social unrest.

    彼は単に彼らが自分たちの社会不安のために採用した顔だっただけです。

  • The gang is still out there, and they might still be causing vast amounts of chaos.

    ギャングはまだ外にいるし 膨大な混乱を引き起こしているかもしれない

  • Arthur's explorations of his mother's true motives as she obsessively writes letters to Thomas Wayne take him on an emotional rollercoaster.

    トーマス・ウェインへの手紙を書き続けている母親の真の動機を探りながら、アーサーは感情のジェットコースターに乗っていく。

  • He initially only sees Wayne as his mother's former employer, then Penny confesses that Wayne is his father.

    最初はウェインを母親の元雇い主としか見ていなかったが、その後ペニーはウェインが父親であることを告白する。

  • Thomas Wayne and his butler Alfred deny this, and Arthur later seemingly confirms their denials after stealing his mother's records from Arkham and confirming that he was adopted.

    トーマス・ウェインと執事のアルフレッドはこれを否定し、アーサーはアーカムから母親の記録を盗み出して養子であることを確認した後、後に彼らの否定を確認したようです。

  • But is that the whole truth?

    しかし、それが真実の全貌なのか?

  • After he kills his mother, Arthur finds an old photo of her with an inscription on the back signed by "T.W."

    母を殺した後、アーサーは母の古い写真を見つけた。裏には "T.W. "のサインが書かれていた。

  • So perhaps Thomas Wayne is not Arthur's father, but had an affair with Arthur's adoptive mother?

    トーマス・ウェインはアーサーの父親ではなく、アーサーの養母と関係を持っていたのではないでしょうか?

  • Or did it go down like Penny insisted?

    それともペニーの主張通りになったのかな?

  • The whole adoption story was a coverup for what really happened?

    養子縁組の話は本当のことを隠蔽していたのか?

  • We can't say for sure, but that little inscription suggests that there's more to the story than those Arkham files had to offer.

    確かなことは言えませんがこの碑文は物語を示唆していますアーカムのファイルが提供していた以上に

  • Joker spends much of its runtime dodging potential comic book connections.

    ジョーカーは可能性のある漫画本の繋がりを避けるために時間の大半を費やしている。

  • When those connections do kick in, though, they lead down a dark path, a chain reaction started by Arthur that ends in the murder of Thomas and Martha Wayne.

    しかし、それらのつながりが始まったとき、彼らは暗い道を下っていきます。アーサーが始めた連鎖反応は、トーマスとマーサ・ウェインの殺害に終わります。

  • One of the final images of the film is Bruce Wayne standing alone in that same alley, the bodies of his parents on either side of him.

    映画の最後の映像の一つは、ブルース・ウェインが同じ路地に一人で立っていて、彼の両脇には両親の遺体がある。

  • It's an image that Arthur laughs at, and the film suggests that he'll hold onto that image going forward as Bruce Wayne grows up.

    アーサーが笑ってしまうイメージで、ブルース・ウェインが成長していく中で、今後もそのイメージを持ち続けることを示唆しています。

  • The big question that the film doesn't answer, though, is how seeing a clown shoot his parents will end up changing Bruce.

    しかし、この映画が答えてくれない大きな疑問は、ピエロが両親を撃つのを見たことでブルースがどう変わってしまうのかということだ。

  • Batman is usually depicted as a guy who fights criminals in general, but this version of Bruce might end up having a very specific agenda on his hands when he's all grown up, one that would fundamentally alter the Dark Knight as we know him.

    バットマンは通常、一般的に犯罪者と戦う男として描かれていますが、ブルースのこのバージョンは、彼がすべて成長しているときに彼の手に非常に特定の議題を持ってしまうかもしれない、我々は彼を知っているように根本的にダークナイトを変更する1。

  • Very early on in Joker, when Arthur goes home to relax in front of the TV with his mother at the end of the day, we see the first traces of the fantasy life he leads as he imagines himself in the studio audience of Murray Franklin's show.

    ジョーカー』の非常に早い段階で、アーサーが一日の終わりに母親と一緒にテレビの前でくつろぐために家に帰ったとき、マレー・フランクリンのショーのスタジオの観客の中にいる自分を想像しながら、彼が送る幻想的な人生の最初の痕跡を見ることができます。

  • Later, the film shows us that this fantasy can go much, much deeper.

    その後、映画はこのファンタジーがもっともっと深いところまで行けることを教えてくれます。

  • This is all important because it emphasizes just how lonely and unstable Arthur is.

    アーサーがいかに孤独で不安定であるかを強調しているので、これは重要なことです。

  • It's also important because it forces us to contend with the possibility that at least some of what Arthur does during the film's climax didn't actually happen.

    また、映画のクライマックスでアーサーがやっていることの少なくとも一部が実際には起こらなかった可能性と闘わざるを得ないという点でも重要なのです。

  • Was he really carried out of the cop car by his followers after the crash?

    事故後、本当に信者にパトカーから運び出されたのか?

  • Did he really murder his therapist?

    彼は本当にセラピストを殺したのか?

  • Does it go deeper?

    深くなっているのでしょうか?

  • Was he really in the asylum the whole time just imagining all of this?

    彼は本当にずっと精神病院にいたのか?想像していただけなのか?

  • Is that why the color of his clothes always matches Arkham's decor?

    服の色がいつもアーカムの装飾と一致しているのはそれが理由か?

  • These are questions that encourage repeat viewing of the film, to see just how many details point to the reality or fantasy of each scenario.

    これらの質問は、それぞれのシナリオの現実や空想がどれだけ詳細に示されているかを確認するために、映画のリピート視聴を促すものです。

  • Joker is, among many other things, the origin story for a villain, even if it's not the same version of the villain we're used to seeing on the comic book page or even on the big screen.

    ジョーカーは、他の多くのものの中で、悪役のためのオリジンストーリーであり、たとえそれが私たちが漫画のページや大画面で見慣れている悪役の同じバージョンではない場合でも、です。

  • By the end of the film, Arthur Fleck is directly asking people to call him Joker, and drawing a big smile on his face in his own blood seems to seal the deal.

    映画の終盤には、アーサー・フレックが直接「ジョーカー」と呼んでほしいと言っており、自分の血を引いた顔に満面の笑みを描くことで契約が成立しているようです。

  • He's the Joker now.

    今やジョーカーだ

  • "When you bring me out, can you introduce me as Joker?"

    "私を連れ出したら ジョーカーと紹介してくれないか?"

  • But there's also no mystery over the Joker's identity this time around.

    しかし、今回はジョーカーの正体にも謎はありません。

  • So how can we reconcile him with the comic book version?

    で、どうやって漫画版と和解させればいいんだ?

  • Well, the short answer is we don't have to, and the film doesn't really want us to.

    まあ、簡単に言えば、私たちは必要ないし、映画は私たちにそうして欲しくないということです。

  • But if you're really interested in digging that deep, there are a couple of possibilities.

    しかし、本当にそこまで掘り下げたいのであれば、いくつかの可能性があります。

  • One is that this is just another version of the many fake origin stories that Joker likes to throw around to confuse people.

    一つは、これはジョーカーが人々を混乱させるために投げ回すのが好きな多くの偽の起源の物語の別のバージョンに過ぎないということです。

  • The other is that Arthur Fleck is not the only "Joker," and that one day, perhaps when Bruce Wayne is all grown up, a mystery man will adopt the moniker with Arthur as the inspiration.

    もう一つは、アーサー・フレックだけが "ジョーカー "ではないということで、ブルース・ウェインがすっかり大人になったある日、もしかしたら謎の男がアーサーをヒントにしてそのマネキンを採用するかもしれないということです。

  • Then again, maybe it was all a dream.

    また夢だったのかもしれない

  • Check out one of our newest videos right here!

    最新のビデオをチェックしてみましょう!

  • Plus, even more Looper videos about your favorite movies are coming soon.

    さらに、あなたのお気に入りの映画についてのルーパービデオも近日公開予定です。

  • Subscribe to our YouTube channel and hit the bell so you don't miss a single one.

    YouTubeチャンネルを購読して、一つも見逃さないようにベルを叩きましょう。

Joker definitely goes its own way with the depiction of the legendary Clown of Prince of Crime, right up to its explosive and unforgettable climax.

ジョーカーは、その爆発的で忘れられないクライマックスに至るまで、犯罪王子の伝説のピエロの描写で間違いなく独自の道を歩んでいる。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 アーサー ジョーカー ウェイン 映画 ブルース ピエロ

ジョーカーのエンディングの説明

  • 14879 487
    Estelle   に公開 2019 年 10 月 07 日
動画の中の単語