Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • Oysters are a sure sign of high-end decadence, but look back 200 years and they were handed out as free bar snacks.

    牡蛎は最大級の衰退の確かな兆候がみえますが、200 年を振り返えってみると、無料の軽食として配られていたこともありました。

  • So what made them the luxury food that they are today?

    今日の様に、贅沢な食べ物になったのはなぜでしょう?

  • Oysters have been around for a while.

    牡蛎は、以前から出回っています。

  • Estimates put the shellfish at around 300 million years old, at least, and humans have been enjoying them for centuries.

    推定では、少なくとも約 3 億年前に貝類が誕生し、人間は何世紀にもわたってそれらを楽しんでいます。

  • Oyster cultivation was invented by Sergius Orata, a Roman engineer also often credited with the invention of underfloor heating.

    牡蛎の養殖は、セルギウス・オラタによって発明されました。セルギウス・オラタは、ローマの技術者でもあり、時に床下暖房の発明で名が知られています。

  • And since his invention, oyster farming has become big business.

    そして彼の発明以来、牡蛎の養殖は大きなビジネスになりました。

  • While you may be seeing oysters on the menu more these days, their popularity now is nothing compared to just 200 years ago.

    最近、メニューに牡蛎を見かけるようになりましたが、今その人気は今で 200 年前と比べものにはなりません。

  • Oyster sales boomed from the early 19th century onwards, and the shellfish were sold as street food across London, Paris, and New York as they remained a cheap and accessible snack to many.

    牡蛎の販売は 19 世紀初頭から急成長し、貝は多くの人にとって安くて手に入れやすいままであったため、ロンドン、パリ、ニューヨークで露店で売られる食べ物として販売されていました。

  • In 1860, the small British seaside town of Whitstable alone was sending 50 million tons of oysters to London each year.

    1860 年、イギリスの小さな海辺の町ウィスタブルだけでも、毎年 5,000 万トンのカキがロンドンに送られていました。

  • And by 1900, New York was eating 1 million oysters every day.

    そして 1900 年までに、ニューヨークでは毎日 100 万匹の牡蛎を食べていました。

  • But as their popularity grew, so did the problems.

    しかし、人気が高まるにつれて、問題も増えてきました。

  • Industrialization and dredging of the waters in England led to over-fishing, and as more people moved to the coast, more and more sewage ended up dumped in oyster-growing waters.

    イングランドの工業化と水の浚渫は魚の乱獲につながり、またより多くの人々が海岸域に移動するにつれて、ますます多くの下水が牡蛎の成長する水域に廃棄されました。

  • Soon, there were outbreaks of typhoid and other diseases, and many oyster beds had to be closed.

    すぐに、腸チフスやその他の病気の発生し、多くのカキ養殖床を閉鎖する必要に迫られました。

  • Hard winters and new diseases killed off many of the remaining native oysters and gave the shellfish a bad reputation that lasted for years to come.

    厳しい冬と新しい病気によって、残りの天然の牡蛎が死んでしまい、貝は悪い評判がこれから何年も続きました。

  • There's something else that kept the price of oysters down around the turn of the century : child labor.

    世紀の変わり目に牡蛎の価格を低く抑えたものが他にもあります。:こどもの労働者。

  • In the early 20th century, American photographer Lewis Hine captured photographs of many of the children working in the oyster industry, even photographing 4-year-old Mary, who had apparently shucked two pots of oysters each day.

    20 世紀初頭、アメリカの写真家ルイス・ハインは、カキ産業で働いている多くの子供たちの写真を撮影し、毎日 2 ポットの殻をむいていた 4 歳のメアリーも撮影しています。

  • Things had to change, though.

    しかし、物事は変えなければなりませんでした。

  • We soon realized the importance of clean water in the oyster-growing process and outlawed child labor.

    すぐに牡蛎の成長過程でのきれいな水の重要性の認識と、児童労働の禁止を実現しました。

  • Making oysters environmentally safe and ethical to grow came at a cost, as the shellfish take a lot of work to produce.

    貝は生産に多くの作業を要するため、カキが安全で倫理的な環境で成長させるためには、コストがかかりました。

  • And now when oysters are raised, the environment they're grown in is one of the main considerations.

    そして今、牡蛎が育てられるときには、生育環境は主要な考慮事項の 1 つです。

  • Here, there's no industry. There's very little even farming here.

    ここには、工場はありません。ここには農業さえほとんどありません。

  • What you've got out in the loch is just everything that is natural in the loch, so they're feeding on the best possible feed that you could want, and there couldn't be an any more natural product.

    湖で獲れるものは、湖の自然なものだけです。なので、彼らはあなたが望むことができる最高の飼料を食べており、これ以上自然な製品はありません。

  • Each oyster takes two to three years to mature, and they start out microscopically small.

    それぞれの牡蛎が成熟するのに 2〜3 年かかり、顕微鏡で見えるような小さなものから始まります。

  • The tiny shellfish are grown in hatcheries.

    小さな貝は孵化場で飼育されています。

  • When they're large enough, they're transplanted to their final growing place.

    それらが十分に大きくなると、最終的な成長場所に移植されます。

  • Well, we get the oysters in from our hatchery when they're about your thumbnail size.

    牡蛎が親指の爪の大きさになったら、孵化場からいけすにカキを入れます。

  • We will grow them in these baskets for approximately two to three years, and then we'll send them to the depuration center for depurating, and then for packing and for dispatch.

    これらのバスケットで約 2〜3 年間栽培し、浄化センターに送って浄化し、梱包して発送します。

  • At Loch Fyne, every oyster is depurated, a process that cleans the oysters and removes any dangerous bacteria.

    ファイン湖では、すべての牡蛎は浄化されており、牡蛎をきれいにして危険な細菌を取り除きます。

  • Every single oyster must be checked by hand.

    牡蛎は、すべて手作業で確認する必要があります。

  • Making sure that each oyster is shipped live is paramount.

    それぞれの牡蛎が、生きたまま出荷されることを確認することが最も大切です。

  • Believe it or not, we sell roughly about 35,000 oysters every week out here, and every single oyster is individually checked.

    信じられないかもしれませんが、ここでは毎週約 35,000 匹の牡蛎を販売しており、すべての牡蛎は個別にチェックされます。

  • So, what would we do is when we're packing the oysters, we'd pick up two oysters, and we would tap them together.

    それで、牡蛎を詰めるときはどうするかというと、私たちは 2 匹の牡蛎を拾いあげて一緒に軽くたたきます。

  • Now, you can obviously see that one's dead, but when you're packing thousands at a time, you wouldn't necessarily see it.

    今、あなたは明らかにこれが死んだものとわかりますが、しかし一度に数千個を梱包する場合は、必ずしもわかるとは限りません。

  • And sometimes it's only open just a little tiny bit, but when you tap that oyster, you can hear it almost straightaway.

    そして、時々ほんの少しだけ開いていることもありますが、その牡蛎を軽くたたくと、すぐに聞こえてきます。

  • And that is the best way to tell if an oyster's gonna reach its shelf life, whether it should be discarded.

    そしてそれは、牡蛎が貯蔵寿命に達するかどうか、それを捨てるべきかどうかを判断する最良の方法です。

  • Oysters may only have a nine-day shelf life, but that doesn't stop them being shipped all across the globe.

    牡蛎の貯蔵寿命は 9 日間しかありませんが、それでも世界中に出荷が止まりません。

  • And their popularity and image as a luxury treat means that their demand is only going to rise.

    そしてその人気と、贅沢なごちそうとしてのイメージから、需要はさらに高まるだけです。

Oysters are a sure sign of high-end decadence, but look back 200 years and they were handed out as free bar snacks.

牡蛎は最大級の衰退の確かな兆候がみえますが、200 年を振り返えってみると、無料の軽食として配られていたこともありました。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 カキ 養殖 浄化 成長 世紀 孵化

冬が旬!牡蠣が高いのはなぜ? (Why Oysters Are So Expensive | So Expensive)

  • 6503 232
    Nina に公開 2019 年 12 月 07 日
動画の中の単語