Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Hi again, welcome back to www.engvid.com. I'm Adam. Today, I'm going to help you sound

    こんにちは、再び www.engvid.com に戻ってきたことを歓迎します。アダムです。今日は、あなたのサウンドを

  • a little bit more like a native speaker, hopefully. Students ask me all the time: "How can I sound

    もう少しネイティブスピーカーのようになればいいのですが生徒たちはいつも私に尋ねてきます"どうしたら

  • like a native speaker?" Well, before I say anything, let me just tell you that it will

    ネイティブスピーカーのように?"まあ、私が何かを言う前に言っておきますが、それは

  • take time and a lot, a lot, a lot of practice. The best way is to live in an English-speaking

    には時間がかかりますし、たくさん、たくさん、練習する必要があります。一番良い方法は、英語圏で生活することです。

  • country, of course, but of course you can do it anywhere, but it takes time; be patient,

    もちろんどこの国でもできますが、時間がかかるので我慢してください。

  • practice, practice, practice. So we're looking at pronunciation. Let me

    練習、練習、練習。そこで発音を見ています私に

  • start with this word: "pronunciation". Not: "pronounciation". It is not a pronoun. A pronoun

    この単語から始まる:「発音そうではありません: "pronounciation"代名詞ではありません。代名詞である

  • is: "I", "me", "my", "mine". Pronunciation is how we speak English. So I'm going to give

    であることを示しています。"私」「私」「私の」「私の」「私の」。発音は英語の話し方ですということで、私は

  • you three tips that will help you sound a little bit more like a native speaker.

    あなたはもう少しネイティブスピーカーのように聞こえるようになります3つのヒント。

  • We're going to start with connecting words. Now, think about your own language, whether

    まずは言葉をつなぐことから始めようさて、自分の言葉について考えてみましょう。

  • you're speaking Spanish or Polish or Chinese, you do this in your language as well. When

    スペイン語やポーランド語、中国語を話している場合は、あなたの言語でもこれを行います。その時には、あなたの言語で

  • you're speaking fast, you're taking words and you're squeezing them together; you're

    早口で、言葉を取って、言葉をしぼっている。

  • connecting them, so one word flows into the next word. That's what we're going to do here.

    つなぎ合わせることで 一つの単語が次の単語に流れるようにしますそれをここでは実践していきます

  • You can connect consonants to consonants. What this means: when a word ends in a consonant...

    子音と子音をつなげることができます。これはどういうことかというと、単語の語尾が子音で終わると

  • A consonant is "b", "c", "d", "f", "g", etc. A vowel is "a", "e", "i", "o", "u". When a

    子音は "b", "c", "d", "f", "g "などです。母音は「a」「e」「i」「o」「u」などです。aが「a」の場合

  • word ends in a consonant and the next word begins with the same consonant, drop the first

    単語が子音で終わり、次の単語が同じ子音で始まる場合は、最初の単語を削除します。

  • one. So for example: we do not say: "black coffee", we don't say: "ke, ke". There's only

    の一つです。だから例えば:私たちは言いません。"ブラックコーヒー "とは言わない"ケ、ケ "とは言いませんただ一つだけ

  • one "k": "bla coffee", "bla coffee." Okay? Practice that.

    1つの "K""ブラ・コーヒー" "ブラ・コーヒー"いいですか?練習して

  • Now, "t" and "d", these are two different consonants, but according to the tongue and

    さて、"t "と "d "ですが、これらは2つの異なる子音ですが、舌と

  • the mouth, they almost sound the same so we do the same thing. "Wha do you do?", "Wha

    口の中では ほとんど同じ音がするので 同じことをしています"Wha do you do?" "Wha do you do?" "Wha

  • do you do?" But again, another thing you have to keep in mind is when we say it fast, we

    "どうする?"しかし、繰り返しになりますが、もう一つ心に留めておかなければならないことは、私たちが早口で言うと、

  • also don't really say "e", we say like a... Sort of like a small... We don't say "o" - sorry

    "E "とは言わないで...小さな...私たちは "o "とは言わない - 申し訳ありません

  • -, we say sort of a small "e". "Wha do ye do?" Practice that. "Wha do ye do?" Strange,

    -小さな "e "のようなものだ"Wha do ye do?"練習して"何をするの?"奇妙だな

  • huh? No "t", "wha", "de ye do?", "Wha de ye do?" That's how a native speaker would say

    はぁ?"t "がない、"wha "がない、"de ye do? "がない、"wha de ye do? "がない、"wha de ye do? "がないネイティブスピーカーならこう言います

  • it naturally. Now, another thing is when a word ends in

    自然とそうなるのです。さて、もう一つは、単語の末尾が

  • a consonant and the next word begins in a vowel, make sure you roll it in. Right? Roll

    子音で始まり、次の単語が母音で始まるときは、それを巻き込むようにしてください。だろ?ロール

  • the consonant into the vowel and separate the syllable before. A syllable is the vowel

    子音を母音にして、前に音節を分ける。音節は母音の

  • sounds in a word. Okay? So nobody, like native speakers don't say: "Not at all. Oh no, not

    単語の中の音。いいですか?誰もネイティブスピーカーは言わないのね"全然ダメだよ。いえいえ、そんなことはありません。

  • at all." We don't say it like that. We say: "Oh, not-at-all.", "Not-at-all.", "Not-at-all."

    "全く"そんな風には言わない私たちは言うの"全然ダメ" "全然ダメ" "全然ダメ"

  • Right? The "t", so this becomes: "No-ta-tall", "No-ta-tall"c"Not at all". Okay? Say it quickly,

    だろ?"t "だからこうなる。"ノータール" "ノータール" "ノータール" "ノータールではないいいですか?早く言って

  • blend the letters one into the next. But again, practice it.

    文字を一つ一つなじませていくしかし、またしても練習してください。

  • Now, for those of you who are going to be taking a test, an English test that involves

    さて、これからテストを受けようとしている方のために、英語のテストでは

  • listening; IELTS, TOEFL, TOEIC, if you're in Canada you're maybe doing a CELPIP test.

    リスニング、IELTS、TOEFL、TOEIC、カナダにいるならCELPIPのテストをしているかもしれません。

  • Okay? This is going to help you on the listening section as well. This is one of the things

    いいですか?これはリスニングセクションでも 役に立ちそうですねこれは

  • they're testing. Somebody on the recording will say: "Not-at-all", and you need to cut:

    彼らはテストしています録音中の誰かが言うだろう"ノット・アット・オール "と言って カットする必要があります

  • "Not at all", you need to understand the separate words, that's part of the test. So practice

    "全く "ではありません、分離した単語を理解する必要があります、それは試験の一部です。だから練習して

  • speaking it, practice listening to it. Another thing we do is we squeeze some words.

    それを話す、それを聞く練習をしますもう一つは言葉を絞ることです

  • Okay? Certain words, we don't say all the syllables, we don't even say all the letters.

    いいですか?ある種の言葉は、全ての音節を言わないし、全ての文字を言わない。

  • I've heard many students say: "Com-fort-able", "com-fort-able", but native speakers, we don't

    多くの生徒さんが言っているのを聞いたことがあります。"com-for-ortable"、"com-for-ortable "と言いますが、ネイティブスピーカーでは、私たちは

  • say this part, we don't say the "or". We say: "Comf-ta-bil", and notice the last sound is

    この部分を言うときは "or" とは言いません。私たちはこう言います"Comf-ta-bil" と言って、最後の音が

  • like a small tiny, tiny little "i" in there. "Comftabil", "comf-ta-bil", "comftabil". Okay?

    そこに小さな小さな小さな "i "が入っているように"コムタビル" "comf-ta-bil" "comftabil"いいですか?

  • We don't pronounce the "or": "Comfortable". Nope, don't do that.

    "or "の発音はしません。"Comfortable"いや、それはしないでください。

  • Another word like that: "Interesting". "In-chre-sting". Find out what the syllables are so: "In-ter"

    他にもこんな言葉があります。"おもしろい""イン・クレ・スティング"シラブルがを含む単語を探します。"イン・ター"

  • - sorry, my mistake -, "In-ter-rest-ing". If you want to emphasize something, we have

    - すみません、私の間違いです-、"In-ter-resting"。何かを強調したい場合は

  • a word called: "enunciate". When someone wants to emphasize a word, then they enunciate each

    という言葉があります。"エナンシエート」ですある単語を強調したいときには、それぞれの単語を発音します。

  • syllable; they say each syllable separately. "Oh, that is very in-ter-est-ing." Right?

    それぞれの音節を別々に言うのです"ああ、それは非常に......"だろ?

  • Because I want you to understand that the word is interesting, but in every day speech:

    だって、毎日のように話す言葉の中で、「面白い」ということを理解してほしいからです。

  • "Intresting", "in-tre-sting". "In-ter-est-ing", I have four syllables, when I actually say

    "Intresting" "in-tre-esting""In-ter-esting" 実際に言うと4音節ですが

  • it naturally, it becomes three syllables and the "t" and the "r" become like a "ch", but

    自然と3音節になり、「t」と「r」は「ch」のようになりますが

  • that's... We'll talk about that next. Another word: "every". "E-vry". I don't say:

    それは...次はその話をしましょうもう一つの言葉:"every""E-vry"とは言いません。

  • "Ev-er-y", I don't say this letter "e", "ev-er-y". "E-vry", "evryone", "evrything", "evry". Okay?

    "ev-er-y" この文字を "e "とは言わない "ev-er-y""E-vry" "evryone" "evrything" "evry"いいですよね?

  • Last: squeeze letters. Now, this is particularly true for a few letters. When we have "tr",

    最後に:文字を絞るさて、これは特にいくつかの文字に当てはまります。tr」があると

  • "tr" together usually sounds like "chr" so we don't say: "country", we say "cun-chry",

    "tr "と "chr "を一緒にすると、普通は "chr "に聞こえるので言いませんが、"country "は "cun-chry "と言います。"country "は "cun-chry "と言います。

  • "cun-tree", like a tree that grows but even a tree is: "ch-ree", "chree". Okay? If you

    "cun-tree"、成長する木のように、しかし、木でさえも。"ch-ree" "chree "ですいいですか?もしあなたが

  • go out with your friends, you go out for a "treat". Okay?

    友達と出かける時は "ご馳走 "を食べに行くんだいいですか?

  • Another one is "dr", "dr" also doesn't really sound like "dr". We don't say: "Hun-dr-ed".

    もう一つは "dr "で、"dr "も本当に "dr "とは聞こえません。私たちは言いません。"Hun-dr-ed "とは言いません。

  • Okay? It's too difficult for the tongue to make the quick switch, so this sounds like

    いいですか?舌でクイックスイッチを入れるのは難しいので、この音は

  • "jr": "Hundjred", "hun-j-red", "hunjred". Now, this goes with the first idea when you're

    "Jr.""Hundjred" "hun-j-red" "hunjred" "hunjred" "hunjredさて、これは最初のアイデアと同じように

  • connecting words, but when you're connecting words and you have a "d" and a "y" together,

    言葉をつないでいる時に「ド」と「イ」が一緒になっていると

  • it becomes like a "j" sound. "Di jou?", "Di jou?", "Di jou?", "Di jou do it?", "Di jou

    が "J "のような音になります。"Di jou?" "Di jou?" "Di jou do it?" "Di jou?" "Di jou?" "Di jou?

  • do what I asked?", "Di ja? Di ja?" Okay? So we say it like that; very quick, very mixed

    頼まれたことをするのか?」「Di ja?"Di ja?いいですか?私たちはこのように言っています。

  • and you have to practice these because it's more habit than anything else. Native speakers,

    これは何よりも習慣になるので実践してみてください。ネイティブスピーカーです

  • we don't think about doing these things; it just rolls off the tongue just like that.

    私たちはこれらのことをしようとは考えていません。

  • Okay? But also, make sure you do a lot of listening; listen to TV sitcoms, listen to

    いいですか?でも、それに加えて、テレビのシットコムを聞いたり、

  • the radio, lots of things on the internet, ted.com for example you can hear native speakers

    ラジオ、インターネット上の多くのもの、例えばted.comではネイティブスピーカーの声を聞くことができます。

  • all the time. And what you can do is you can try to do dictation and try to listen and

    をずっとやっています。そして、何ができるかというと、ディクテーションをしてみたり、聞き取りをしてみたり

  • cut the words you hear into the actual separate words that they are. Listen to individual

    聞いた言葉を実際の別個の言葉に切り取る個々の言葉を聞く

  • words, and try to find their syllables. Okay? But again, it's just practice, practice, practice.

    言葉を探して、その音節を探してみて。いいですか?でもまた練習だよ 練習だよ 練習だよ 練習だよ

  • And, of course, at www.engvid.com if you go to the search box at the top of the site,

    そして、もちろん、サイト上部の検索ボックスに行けば、www.engvid.com。

  • we have a few more... We actually, we have quite a few more pronunciation lessons. You

    私たちは、実際にはかなりの数を持っています...実際には発音のレッスンが まだまだありますあなたは

  • can go there and become a more natural speaker of English. Okay? Thank you for joining me

    そこに行って、より自然に英語を話せるようになることができます。いいですか?参加してくれてありがとう

  • today. Please go to the YouTube channel, my channel on YouTube, subscribe. And I will

    を本日ご紹介します。YouTubeの私のチャンネル、YouTubeのチャンネルに行って購読してくださいそして、私は

  • see you again, really soon. Bye.

    また会いましょう、本当にすぐに。さようなら

Hi again, welcome back to www.engvid.com. I'm Adam. Today, I'm going to help you sound

こんにちは、再び www.engvid.com に戻ってきたことを歓迎します。アダムです。今日は、あなたのサウンドを

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 子音 単語 練習 ネイティブ 音節 言葉

ネイティブスピーカーのように聞こえるための3つのコツ

  • 34883 4081
    CHIAU に公開 2013 年 11 月 12 日
動画の中の単語