Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • This is what playing video games look like in 1958.

    1958年のテレビゲームはこんな感じでした。

  • 60 years ago video games were a novelty.

    60年前、テレビゲームはとても珍しいものでした。

  • And even 20 years ago being good at video games would only win you bragging rights or concerned looks from your parents.

    20年前ですら、テレビゲームが得意でもちょっと自慢になるくらい。もしくは、家族に心配されるくらいでしょう。

  • Today it can earn you a scholarship, a sponsorship, and even a career in one of the world's fastest growing sports leagues.

    現在、テレビゲームで奨学金をもらったり、スポンサーについてもらったりすることができるようになっています。世界的に急成長中のスポーツリーグでは、成功者となることも可能です。

  • eSports are exploding in popularity, growing by 30% every year, and are on track to have more online viewers than the NBA, the NHL, or the MLB in only two years.

    eスポーツの人気はうなぎ上りで、毎年30%ずつ上昇しています。オンラインでの視聴者はこの2年でますます増え、NBAやNHL、MLBの観覧者数を上回る数となっています。

  • With $750 million invested in 2017 alone, the eSports industry is now worth $1.5 billion and it's expected to reach $2 billion by 2020, but who's all that money going to?

    2017年だけで投資された金額は7億5千万ドル。今やeスポーツは15億ドル産業となり、その価値は2020年までに20億ドルに到達するとされています。ですが、その巨額なお金は誰の手に渡るのでしょうか?

  • And do you have what it takes to be one of them?

    そして、あなたもその仲間になれるでしょうか?

  • On October 19, 1972, Stanford University hosted the first gaming tournament at their artificial intelligence lab.

    1972年10月19日、スタンフォード大学が、人工知能研究所で初めてのゲームトーナメントを行っています。

  • The tournament was called the Intergalactic Space Wars Olympics.

    その名は「インターギャラクティック・スペース・ウォーズ・オリンピック」。

  • And it saw two dozen players duking it out to win a year's subscription to Rolling Stone magazine.

    雑誌ローリングストーンの年間購読権をかけて24名が闘いました。

  • Nearly 50 years later, the Dota 2 International sees 90 players from the 16 best teams in the world faced off for $25.5 million grand prize.

    それから約50年。Dota 2 (ドータ・トゥー)インターナショナルでは、世界の上位16チームのプレーヤー90名が闘って獲得できる優勝賞金は2550億ドルにも及びます。

  • And this time it's in a stadium full of fans with 66 million more watching at home.

    スタジアムはファンであふれ、自宅での観戦者は6,600万人以上にものぼります。

  • But unlike some other sports, the big leagues aren't always where the players making the big money are.

    ただし他のスポーツとは違い、大金を稼ぐプレーヤーが必ずしも大きなリーグでプレーしているわけではありません。

  • They're on platforms like Twitch, the live-streaming platform that lets fans watch and interact with their favorite gamers.

    そういったプレーヤーはTwitch(トゥイッチ)のようなライブストリーミングプラットフォームでプレーしています。ファンが自分の好きなゲーマーのプレーを観戦したり、ゲーマーと連絡を取ったりすることができるサイトです。

  • The easiest way that I think it is to get your head around how big eSports is right now is to kind of look at the numbers that Twitch streamers get.

    Twitchの登録者数を見れば、eスポーツがいかに巨大になっているか本当によく分かると思います。

  • They stream you know five to seven days a week.

    ライブが配信されるのは、1週間のうち5~7日。

  • You can have one streamer getting 60-100,000 viewers at a time, which is larger than a lot of regional TV stations get now.

    1人の配信者が1度の配信で獲得する視聴者数は60~10万人ほどで、これはローカルテレビ局を上回る数です。

  • One former pro, Imaqtpie, now reportedly makes $2 million streaming himself online, where companies allegedly pay him up to $7000/hour to play their games.

    元プロゲーマーのImpaqtpie(アイアムキューティーパイ)は、現在、自身のオンラインライブで200万ドルほど稼いでいると言われています。伝えられるところでは、彼にプレーしてもらうために企業が支払う金額は1時間当たり7000ドルとのこと。

  • That's because for both streamers and pro teams, most of their income comes from sponsorships, which involves promoting and selling everything from eSports drinks and keyboards to very expensive gaming chairs.

    高額な理由は、配信者もプロのチームも、収入のほとんどをスポンサーから得ているからです。スポンサーは、eスポーツ飲料や、キーボード、高価なゲーム用の椅子など、あらゆるグッズのプロモーション、販売を行います。

  • And in eSports, those sponsorships work in one of two ways.

    そして、eスポーツでのスポンサー支援には2種類あります。

  • The first is being a title sponsor, who starts, pays for, and owns a team.

    1つはタイトルスポンサーで、ゲームの主催・報酬の支払いを行い、チームを所有します。

  • The other is what's called an agency team.

    もう一つは、いわゆるエージェンシーチームという形をとります。

  • These teams don't have a title sponsor but allow sponsors to pay for any sort of promotion they want, from putting logos on their jerseys to creating content to promote their product.

    エージェンシーチームにはタイトルスポンサーは付きませんが、スポンサーは、自分たちが望む様々なプロモーションを行うことができます。その内容は、ゲーム用のウェアにロゴを入れたり、自社製品の宣伝のためのコンテンツを作るなど。

  • The smaller percentage of a team's revenue comes from winning tournaments, and in some cases, from selling merch.

    ただし、ツアーの優勝賞金や製品の売り上げなどから得られるチームの収入の割合は多くありません。

  • And eSports athletes make anywhere from $80,000-$300,000 a season to help their team do both of those things. And just like any other sport, these leagues have teams with captains and coaches.

    eスポーツの選手はワンシーズンで8万~30万ドルもの報酬を手にします。その結果、チームのプロモーションや製品の宣伝も一層うまくいくのです。また他のスポーツと同様に、eスポーツリーグのチームにもキャプテンやコーチが存在します。

  • Some teams even live together with personal trainers, personal chefs, and practice rooms where they spend 10 or more hours a day perfecting their game.

    中には共同生活を行うチームもあります。パーソナルトレーナーやお抱えシェフ、練習用の部屋が用意され、ゲームの攻略のために1日に10時間以上も練習に明け暮れるのです。

  • But becoming popular or good enough to make money in eSports isn't exactly easy.

    ただ、eスポーツ選手として名を上げたり、十分な稼ぎを得ることは、決して簡単ではありません。

  • To use League of Legends as an example, their season starts third week of January and the competitive season runs up until the end of November, so that's longer than any other traditional sports league and they're expected to be on that entire time.

    例えばLeague of Legends(リーグ・オブ・レジェンズ)の場合、1月の第3週からシーズンが始まり、その熾烈な戦いは11月末まで続きます。従来のスポーツリーグよりも長期間で、選手はその間ずっと参加することが求められます。

  • It's pretty grueling.

    なかなか厳しいですよね。

  • Of course, not everyone's born to be a pro, and sometimes even practicing for 12 hours a day like the pros do isn't enough to win.

    もちろん、全員がプロになるために生まれたわけではないですし、中にはプロと同じように1日に12時間練習したとしても勝てない人もいます。

  • That's why there's an emerging industry where you can pay to get personal coaching from some of the best in the game. There's always the option to become a sportscaster or analyst, who earn thousands of dollars a day to work at major tournaments, but one of the best bets is to become a game developer.

    そこで、新たな産業が生まれています。それは優秀なゲーマーの中からパーソナルコーチの指導を受けるというもの。また、スポーツキャスターやアナリストになって、メジャーなトーナメントで1週間に数千ドル稼ぐという選択肢も常にあります。そして特に収入を得られるのは、ゲーム開発者。

  • The makers of pro-level games make an incredible amount of money.

    プロレベルのゲームの開発者なら驚くほど稼ぐことが可能です。

  • Blizzard, the developers of Overwatch and StarCraft, make over $7 billion a year.

    Overwatch(オーバーウォッチ)やStarCraft(スタークラフト)の開発者、ブリザード社の収入は、年間70億ドル以上。

  • While the developers of the free game League of Legends bring in $1.6 billion a year on in-game purchases that let players unlock new and custom characters.

    無料ゲームのLeague of Legendsの開発者の場合は、キャラクターの解除やカスタムができるゲーム内の売り上げで年間16億ドルほど。

  • But whatever your path into eSports, getting from the basement to the big stage takes an incredible amount of hard work.

    ですが、eスポーツにどのように関わろうとも、裸一貫から大物になるには計り知れない努力が必要です。

  • And becoming a champion is much much harder than it was back in 72.

    そしてチャンピオンになることは、1972年の頃とは比べ物にならないほど過酷です。

  • I mean I think the gaming space as a whole is growing, and I think competitive gaming is only going to continue to grow just because it's so accessible to everybody.

    ゲーム業界は全体的に成長しています。また、競技系のゲームは誰もが簡単に始めることができますし、これからもなくなることはないでしょう。

  • Anybody that wants to play can really do it.

    ゲームは、したければ誰でもできるものです。

  • The most popular games in the world right now have very low technology requirements.

    現在、世界で最も人気のあるゲームは、高度なテクノロジーを必要としているものではありません。

  • It's not an easy scene to get into, but if you really like it, a lot of the time that's really what it takes.

    深く関わっていくには簡単な業界ではありませんが、目的の達成にはじっくり時間をかけることが必要です。

  • And while we may have predicted that video games would become this popular, who would have thought there'd be a billion dollars to be made in mashing buttons?

    テレビゲームの人気が相当高くなるということは予測できたかもしれませんが、ボタンを押すだけで何十億ドルという巨額のお金が動くようになると、誰が想像したでしょうか?

This is what playing video games look like in 1958.

1958年のテレビゲームはこんな感じでした。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

B1 中級 日本語 スポーツ ゲーム スポンサー ドル チーム リーグ

Esports の利益の仕組み (Esports: How to Make Money in Esports)

  • 275 27
    minami.kuo   に公開 2019 年 10 月 13 日
動画の中の単語

前のバージョンに戻す