Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Hello and welcome to Crash Course European history, I'm John Green, and as you may know medieval Europe has a terrible reputation.

    こんにちは、クラッシュ・コースのヨーロッパ史へようこそ、私はジョン・グリーンです。

  • We often hear that it was disease and famine-ridden (which it was).

    病気や飢饉に見舞われていたという話をよく聞きます(実際そうでした)。

  • Children were supposedly forced to marry at six or eight or ten years old, which was not common, although people did start marrying younger, in part because they were also dying younger.

    子供たちは6歳、8歳、10歳で結婚を余儀なくされたとされていますが、それは一般的なことではありませんでした。

  • We hear that knights in shining armor slaughtered wantonly, albeit with good manners called chivalry, which is partly true, although the chivalric code was in decline.

    輝く鎧を身にまとった騎士は、騎士道と呼ばれる礼儀作法を守っていたにもかかわらず、むやみに虐殺したと聞いていますが、これは騎士道精神が衰退していたとはいえ、一部は事実です。

  • And we also hear that it wasn't safe to drink the water, so they drank beer exclusively, which more on that in a moment. But yeah, today we're turning our attention to these so-called "Middle Ages."

    水を飲むのは安全ではなかったのでビールだけを飲んでいたとも聞いていますしかし、今日はいわゆる "中世 "に注目してみましょう

  • But right, so about beer. In those days, people did drink beer and ale.

    でも、そうですよね、ビールの話。当時の人はビールやエールを飲んでいました。

  • They were nutritious (and still are), but they also drank other things: milk, other beverages, and especially water.

    彼らは栄養価が高い(今もそうだが)が、他のものも飲んでいた:牛乳、他の飲料、特に水。

  • There were wells with safe and delicious drinking water.

    安全で美味しい飲み水の井戸がありました。

  • Still, it's true that a lot of bad things did happen in the 14th and 15th centuries: The Black Death, the Great Schism in the Catholic Church, and the Hundred Years War.

    それでも、14世紀と15世紀に多くの悪いことが起こったのは事実です。黒死病、カトリック教会の大分裂、百年戦争などです。

  • Also, in the 14th century, the Little Ice Age began, which meant cooler temperatures and declining harvests, and that contributed to stunting and starvation.

    また、14世紀には小氷期が始まり、気温が下がり収穫量が減少し、発育阻害や飢餓の原因となりました。

  • But let's begin with the Black Death, a huge pandemic of a disease called Bubonic Plague, which spread to Europe from Asia.

    しかし、まずはアジアからヨーロッパに流行した「黒死病」と呼ばれる大流行病「泡状ペスト」から始めましょう。

  • Many experts believe the plague originated in Tibet as a localized epidemic but then spread carried by rats and mice and fleas.

    多くの専門家は、ペストはチベットで局所的に流行したが、その後、ネズミやネズミ、ノミによって運ばれて広がったと考えています。

  • And those animals were able to travel widely because humans were traveling, and the fleas and rats hitched rides with us.

    そして、それらの動物たちは、人間が旅をしていたからこそ、広く旅をすることができたのであり、ノミやネズミは、私たちと一緒に乗り物に乗っていたのです。

  • So in that sense, the plague was a product of growing human interconnectedness.

    そういう意味では、疫病は人間の相互接続性を高めた産物だったのです。

  • Bubonic plague is a horrible disease.

    泡沫疫は恐ろしい病気です。

  • After infection with the bacterium Yersinia Pestis, lymph nodes swell and sometimes burst; victims often get high fevers and vomit blood; gangrene can cause extremities and facial features to turn black with necrosis, hence "the Black Death."

    ペスティス菌に感染すると リンパ節が腫れ、時には破裂する 被害者は高熱を出し、血を吐くことが多い。

  • And depending on the strain, somewhere between 50 and 60 percent of people infected died.

    菌株にもよりますが、感染者の50~60%が死亡しています。

  • These days, bubonic plague is treatable by antibiotics.

    最近では、ブボニックペストは抗生物質で治療できるようになっています。

  • But such treatments have only been around for a few decades.

    しかし、そのような治療は数十年前からしか行われていません。

  • As recently as the 20th century, outbreaks in India and China killed more than 12 million people.

    最近では、20世紀にインドと中国で発生し、1200万人以上が死亡しました。

  • But the 14th century's Black Death was even worse.

    しかし、14世紀の黒死病はもっとひどかった。

  • Around 25 million people had died in Asia by the time the plague reached Constantinople in 1347.

    1347年にコンスタンチノープルにペストが到達するまでに、約2500万人がアジアで死亡しました。

  • And within four years, a staggering number of Europeans had died from it, often within two days of becoming infected.

    そして、4年以内に、ヨーロッパの驚異的な数のヨーロッパ人が、感染してから2日以内に死亡した。

  • People faced a heartbreaking decision: whether to risk caring for their ailing loved ones, or leave them to die alone in the hopes of avoiding infection.

    人々は悲痛な決断を迫られていました。

  • Some areas lost up to 80 percent of their population.

    一部の地域では、人口の最大80%を失った。

  • The latest research claims that in Europe as a whole, around half of all people died.

    最新の研究では、ヨーロッパ全体では約半数の人が死亡したとされています。

  • Death haunted every moment.

    死は一瞬たりとも取り憑いていた。

  • It's difficult to grasp just how profound the Black Death was.

    黒死病がどれだけ深いものだったかを把握するのは難しい。

  • But imagine losing half of your community in a few years to a poorly understood disease.

    しかし、理解力の低い病気で数年後に地域社会の半分を失うことを想像してみてください。

  • Giovanni Boccaccio wrote, "Many died in the open street.

    ジョヴァンニ・ボッカッチョは、「多くの者が露地で死んだ」と書いている。

  • Others dying in their houses, made it known by the stench of their rotting bodies.

    家の中で死んでいく者もいて、腐った体の悪臭で知られていました。

  • Consecrated churchyards did not suffice for the burial of the vast multitude of bodies, which were heaped by the hundreds in vast trenches, ...like goods in a ship's hold."

    膨大な数の遺体を埋葬するには 聖地化された教会は十分ではなかった 広大な塹壕の中に何百人もの遺体が積み上げられた...船倉の中の商品のように。"

  • How different has life become in the last 650 years?

    この650年で人生はどのように変わったのでしょうか?

  • The bacterium that caused the Black Death, is now available as a plush stuffed ...bacterium.

    黒死病の原因となったバクテリウムがぬいぐるみになって登場。

  • They don't actually look that threatening, especially with eyes. But yeah, this is Yersenia Pestis!

    実際にはそれほど脅威には見えません。特に目は。でもこれはイェルセニア・ペスティスだ!

  • (Blown up and made into a stuffed animal.) No bacterium! Also you want to know an interesting fact about me?

    吹っ飛ばしてぬいぐるみにした)細菌はいない!?また、あなたは私についての興味深い事実を知りたいですか?

  • I- I can't juggle.

    ジャグリングができないんだ

  • Amid all this devastation, the Hundred Years War added sustained turmoil and destruction.

    このような荒廃の中、百年戦争は持続的な混乱と破壊を加えた。

  • The war was fought between the rulers of the Kingdom of England and the Kingdom of France, over who would rule large swaths of continental Europe, and it actually lasted at least 116 years, beginning in 1337.

    この戦争は、イングランド王国とフランス王国の支配者の間で、どちらがヨーロッパ大陸の大部分を支配するかを巡って争われ、実際には1337年から少なくとも116年間続きました。

  • One of the most interesting questions in history is: "Whether war leads to instability or instability leads to war?"

    歴史の中で最も興味深い疑問の一つがあります。"戦争は不安定につながるのか、それとも不安定は戦争につながるのか?"

  • And the truth is probably...Yes. Both.

    そして、真実はおそらく・・・はい、両方です。

  • Like, poor harvests and disease outbreaks make war more likely, but war also worsens poor harvests and disease outbreaks.

    同様に、不作や病気の蔓延は戦争をより一層可能性が高くするが、戦争は不作や病気の蔓延を悪化させる。

  • So amid the huge shocks to Europe that accompanied the Black Death, the Hundred Years War increased instability in the food supply, and also in long-held cultural beliefs, like The Code of Chivalry.

    黒死病に伴うヨーロッパへの大きな衝撃の中で、百年戦争は食糧供給の不安定さを増大させ、騎士道の掟のような長年の文化的信念も増大させた。

  • Chivalry was a set of behaviors toward knightly opponents, whom one would treat on the battlefield with respect and trust, not killing your fellow knight, but, instead, holding him for ransom in good condition.

    騎士道とは、戦場で尊敬と信頼を持って接する騎士の敵に対して、仲間の騎士を殺すのではなく、良い状態で彼を身代金のために拘束するという行動のことでした。

  • Such noble behavior separated the knight from common archers and mercenaries.

    そのような高貴な振る舞いは、騎士を一般的な弓兵や傭兵とは分けていました。

  • But English Kings began to hire such mercenaries from across Europe, who viciously looted and plundered in a way that wasn't terribly chivalrous.

    しかし、イギリスの王たちは、ヨーロッパ中からそのような傭兵を雇い始め、悪辣に略奪したり略奪したりしていました。

  • And some of these knights for hire found it so profitable to fight that even during truces and peace treaties, they kept on marauding.

    雇われた騎士の中には 戦うことで利益を得た者もいて 停戦や平和条約の間でさえ 襲撃を続けていました

  • The 116 Years War also changed the nature of war through innovation.

    116年戦争もイノベーションで戦争の本質を変えた。

  • Like, non-aristocratic soldiers from England and Wales used the longbow, famed for its combined deadly speed and accuracy, and that helped the English prevail at the Battle of Agincourt.

    イングランドとウェールズの非貴族の兵士は、その致命的な速さと正確さを兼ね備えたことで有名なロングボウを使用し、アギンクールの戦いでイングランドが勝つのを助けました。

  • Before the 100 Years War, the French had innovated with cannons on ships, which the English later used in the war's land battles.

    100年戦争以前は、フランス人は船に大砲を搭載して革新していたが、後にイギリス人が陸戦で使用していた。

  • Both types of cannons, by the way, relied on gunpowder, a Chinese invention.

    ところで、どちらのタイプの大砲も、中国の発明品である火薬に頼っていました。

  • The Hundred Years War also saw the spectacular rise and fall of Joan of Arc, born to a prosperous French peasant family in 1412.

    百年戦争では、1412年にフランスの裕福な農民の家に生まれたジョーン・オブ・アークの壮絶な勃興と没落も見られた。

  • When she was sixteen, England had won enough battles to take over the French throne, confirmed in the 1420 Treaty of Troyes, and France seemed leaderless.

    彼女が16歳の時、イングランドはフランスの王位を引き継ぐのに十分な戦いに勝利し、1420年のトロワ条約で確認され、フランスは指導者がいないように見えました。

  • Visions told Joan to get French forces to take to the field and drive out the English, so that Charles, whom she believed to be the rightful heir to the French throne, could be crowned, and astonishingly this proved successful.

    ビジョンはジョアンに、フランス軍を戦場に連れて行き、イギリス人を追い出すように指示した。そうすれば、彼女はフランス王位の正当な継承者であると信じていたシャルルを戴冠させることができ、驚くべきことに、これは成功した。

  • By 1429, Charles was Charles VII of France.

    1429年には、シャルルはフランスのシャルル7世となった。

  • But in the process, the Burgundians, a competing and powerful royal court, captured Joan and turned her over to the English, who burned her at the stake in 1431.

    しかし、その過程で、競合する強力な王宮廷であったブルゴーニュ人は、ジョアンを捕らえてイギリス人に引き渡し、1431年に彼女を火あぶりの刑に処した。

  • It's a bad way to go. Although, there are no good ways.

    それは悪い方法です。とはいえ、良い方法はありません。

  • If it sounds like European life in the 14th and 15th centuries was hard, well, it was.

    14世紀、15世紀のヨーロッパの生活は大変だったと思われるかもしれませんが、そうでした。

  • Murder and violent crime rates were likely much higher than they are today, and dying in war was a pretty routine risk.

    殺人や凶悪犯罪率は今よりもずっと高かっただろうし、戦争で死ぬのはかなり日常的なリスクだった。

  • Malnutrition and stunting were also very common.

    栄養失調や発育阻害もよく見られました。

  • Child mortality was astonishingly high; perhaps as many as 50% of children died before the age of five.

    子どもの死亡率は驚くほど高く、おそらく5歳までに死亡した子どもの50%もの子どもがいた。

  • But at least people were surrounded by the comforts of religion.

    しかし、少なくとも人々は宗教の快適さに囲まれていた。

  • The comforts of religion, however, turned out not to be that comforting.

    しかし、宗教の快適さは、それほど快適ではないことが判明した。

  • Let's go to the Thought Bubble.

    思考バブルへ行こう

  • In 1300, Pope Boniface VIII was the leader of the Catholic Church, but he was also an important political figure in Europe.

    1300年、教皇ボニファチェ8世はカトリック教会の指導者でしたが、ヨーロッパでは重要な政治家でもありました。

  • One of Europe's great questions was whether the Church had authority over the entire Catholic world, or if kings had the ultimate authority in their kingdoms?

    ヨーロッパの大きな疑問の一つは、教会がカトリック世界全体の権威を持っているのか、それとも王がその王国で究極の権威を持っているのか、ということでした。

  • Could, for instance, King Philip IV of France tax the Catholic clergy in France?

    例えば、フランス国王フィリップ4世は、フランスのカトリック聖職者に税金を課すことができたのでしょうか?

  • Pope Boniface thought: No.

    ボニファイス教皇は考えたいいえ

  • He was from a well-connected and powerful family, and at the start of the 14th century, he was flexing his muscles across the papacy, ultimately declaring in 1302 that the Pope had supreme power over everyone!

    彼は人脈と権力に恵まれた家系の出身で、14世紀の初めには教皇庁全体に力を入れ、最終的には1302年に「教皇はすべての人に対して最高の権力を持っている!」と宣言しました。

  • The timing was bad in that kings were also starting to flex their muscles.

    タイミングが悪かったのは、王様も筋肉を曲げ始めていたこと。

  • They wanted tax money from the Church to expand their administration.

    政権拡大のために教会からの税金を欲しがっていました。

  • Boniface threatened to excommunicate Philip, who then had the Pope kidnapped.

    ボニファイスはフィリップを破門すると脅し、教皇を誘拐させた。

  • Boniface was reportedly tortured in captivity and died soon after his release in 1303.

    ボニファスは捕らえられて拷問を受け、1303年に解放された後すぐに死亡したと伝えられています。

  • By 1305, Philip had arranged for the election of a French Pope and his installation at Avignon, just inside what was then the French border, which made people think that the papacy was under the thumb of French kings and distant from its spiritual mission, which you know, it was.

    1305年までに、フィリップはフランスの教皇を選出し、当時のフランス国境の内側にあったアヴィニョンに教皇を設置しました。

  • In 1377 Pope Gregory XI decided to move back to Rome, but then he died.

    1377年、教皇グレゴリー11世はローマに戻ることを決意したが、その後死去。

  • The Cardinals, surrounded by loyal Romans, then elected an Italian pope, causing the French Cardinals to scatter and regroup to elect a French pope to head the papal court in Avignon, which meant there were two popes and a schism had occurred.

    忠実なローマ人に囲まれた枢機卿たちは、その後イタリアの教皇を選出し、フランスの枢機卿たちが散らばって再編成し、アヴィニョンの法廷を率いるフランスの教皇を選出したことで、2人の教皇が存在し、分裂が起きたことを意味しています。

  • Historians, in fact, call it the Great Schism.

    歴史家は、実際には大分裂と呼んでいる。

  • Thanks, Thought Bubble.

    ありがとう、思考の泡。

  • The Great Schism was a huge blow to the Church and its claims of spiritual leadership, which had already been harmed by the clergy's inability or unwillingness to provide spiritual guidance during the Black Death.

    大分裂は、黒死病の時代に聖職者が霊的指導を行うことができなかったり、やる気がなかったりしたことで、すでに傷ついていた教会とその霊的指導力の主張に大きな打撃を与えました。

  • Priests and monks and nuns had been as frightened of and as vulnerable to death as everyone else.

    神父や僧侶や修道女は、他の人たちと同じように死に怯えていたし、死に対しても弱い立場にあった。

  • And now it wasn't even clear which pope was the real Pope, or which church was the real Church.

    そして今では、どの教皇が本当の教皇なのか、どの教会が本当の教会なのかもわからなくなっていました。

  • This disunity, combined with stories of decidedly unspiritual indulgences, all served to undermine the church's authority.

    このような不一致は、明らかに霊的でない耽溺の話と相まって、すべてが教会の権威を弱体化させるのに役立ちました。

  • Instead, spiritual and other direction came from common people, not the high-and-mighty, like Catherine of Siena, for instance, was an ordinary young woman of intense religious faith, who was the one who successfully urged Pope Gregory XI to return to Rome.

    その代わりに、霊的な方向性やその他の方向性は、例えばシエナのカトリーヌのようなハイアンドマイティではなく、一般の人々からもたらされたものであり、強烈な信仰心を持つ普通の若い女性であり、ローマ教皇グレゴリー11世にローマへの帰還を促すことに成功した人であった。

  • Although then of course, he died.

    もちろん、その後、彼は死んだが。

  • Before Catherine died in 1380 at the age of 33, she'd undertaken several diplomatic missions between the Church and Italian cities and had traveled across the region urging the clergy to reform themselves and fortify their spiritual ministry.

    カトリーヌが1380年に33歳で亡くなる前には、教会とイタリアの都市の間でいくつかの外交使節団を引き受け、聖職者たちに自分たちの改革と霊的なミニストリーの強化を促すために地域を横断していました。

  • Ultimately others in the Church called a council to end the Great Schism, and church leaders finally elected a single pope, Martin V, in 1417.

    最終的に教会の他の人々は大分裂を終わらせるために評議会を招集し、教会の指導者たちは最終的に1417年にマルチン5世という一人の教皇を選出しました。

  • Although before that, things got truly out of control when a third Pope was elected for a while.

    しかし、その前に第三のローマ法王が選出されたときには、しばらくの間、事態は本当にコントロールできなくなっていました。

  • I mean, if you wanted to be Pope, your chances really were never better than in the late Middle Ages.

    ローマ法王になりたいなら チャンスは中世末期に比べれば 決して良いものではない

  • All of this meant that European Christendom really was declining in power.

    すべては、ヨーロッパのキリスト教が本当に力を衰えさせていたことを意味しています。

  • And in 1453, the Ottomans, a Turkic ethnic group of Muslims captured the capital of the Byzantine Empire, with the help, by the way, of a Hungarian munitions expert who knew about cannons.

    そして1453年、イスラム教徒のトルコ系民族オスマン人が、大砲に詳しいハンガリーの軍需専門家の助けを借りて、ビザンチン帝国の首都を占領しました。

  • The Byzantine Emperor had felt that the munition expert's fees were too high.

    ビザンチン皇帝は、軍需専門家の報酬が高すぎると感じていた。

  • The Ottomans already controlled parts of southeastern Europe, but capturing the Byzantine capital and beheading its Emperor was a big deal.

    オスマン帝国はすでにヨーロッパ南東部の一部を支配していたが、ビザンチンの首都を奪取し、皇帝を斬首したことは大きな意味を持っていた。

  • It was the final fall of the Roman Empire, and Islam went on to replace Christianity as the leading religion in Constantinople, as its famed Cathedral became the Hagia Sophia mosque.

    それはローマ帝国の最終的な崩壊であり、有名な大聖堂がアヤソフィア・モスクとなったことで有名なコンスタンティノープルでは、イスラム教がキリスト教に取って代わって主要な宗教となりました。

  • And control of Constantinople was a big deal for many reasons, including trade routes, but also because Constantinople at the time was probably Europe's least terrible city.

    そして、コンスタンチノープルの支配が大きな意味を持っていたのは、貿易ルートを含めて多くの理由がありますが、当時のコンスタンチノープルがおそらくヨーロッパで最もひどい都市だったからでもあります。

  • Meanwhile, the aforementioned use of mercenaries helped undermine the feudal system, in which everyone owed loyalty to a lord, from knights to a serf, who was bound to that lord's land.

    一方で、前述の傭兵の使用は、騎士からサーフまで、誰もが領主に忠誠を誓い、領主の土地に縛られている封建制度を弱体化させるのに役立っていた。

  • The Black Death and persistent warfare helped change that too.

    黒死病と執拗な戦争がそれを変えるのにも役立った。

  • And there were also far fewer humans, which meant fewer people to work in agriculture, so serfs could demand their freedom because their labor had become much more valuable.

    また、人間の数もはるかに少なくなっていたので、農業で働く人も少なくなっていたので、労働力がはるかに価値のあるものになっていたので、奴隷は自由を要求することができたのです。

  • Indeed, peasants rebelled when the nobility failed to meet their demands for better conditions.

    実際、貴族がより良い条件を求める要求を満たせなかったとき、農民は反乱を起こした。

  • Like in the Peasants Revolt of 1381 in England, they murdered nobles and sacked castles and manor houses.

    1381年のイングランドの農民の反乱のように、貴族を殺害し、城や荘園を略奪した。

  • And in cities, urban artisans wanted higher pay and an end to higher taxes.

    そして都市部では、都市の職人たちは、より高い給料と、より高い税金に終止符を打つことを望んでいました。

  • In 1378, The Ciompi, or workers in the cloth trade, rebelled in Florence, demanding an end to harsh prosecution for debt and an end to the imposition of extra taxes.

    1378年、フィレンツェでは、布業の労働者であるチェンピが反乱を起こし、借金に対する厳しい訴追の廃止と追徴課税の廃止を要求しました。

  • They marched through the streets, shouting, "Long live the little people."

    通りを行進して叫んだ "小人万歳 "とね

  • The expansion of rights for artisans and farm workers would of course be a very long process, but their growing power and the decline of feudalism was a dramatic shift for Europe.

    職人や農場労働者の権利拡大は、もちろん非常に長い過程を経ることになりますが、彼らの力の増大と封建制の衰退は、ヨーロッパにとって劇的な転換でした。

  • Even warfare itself had changed. People no longer fought for ethical reasons or for God's glory but for fame and career, as a French chronicler observed.

    戦争そのものさえも変わってしまったのです。人々はもはや倫理的な理由や神の栄光のために戦ったのではなく、名声や出世のために戦ったとフランスの歴史家は述べている。

  • Cutting through the 116 years of back and forth victories and losses, this proverb arose about warfare: "That's the way it is with fighting. Sometimes you win, sometimes you lose."

    116年間の勝敗の狭間で、戦争についてこんなことわざが生まれました。勝つ時もあれば負ける時もある。

  • As for life in these years, people recited proverbs like "There's nothing more certain than death." (someone along the way added "and taxes")

    この数年間の人生については "死よりも確実なものはない" といったことわざが唱えられていました。"死よりも確実なものは何もない"

  • Other proverbs emphasized that life had begun to feel like a zero-sum game.

    他のことわざでは、人生がゼロサムゲームのように感じ始めていることが強調されていました。

  • "The big fishes eat the smaller."

    "大きな魚は小さな魚を食べる"

  • "Men are good so long as it saves their skin."

    "男は肌を守るためならいい"

  • But in the midst of that, there was also new thinking.

    しかし、その中で新しい考え方も出てきました。

  • Not just that of The Ciompi and peasants, but of artists and philosophers and architects and others, who were simultaneously creating Europe's rebirth or Renaissance.

    チオンピや農民のそれだけではなく、芸術家や哲学者、建築家など、ヨーロッパの再生やルネサンスを同時に生み出していた人たちのそれである。

  • The Great Renaissance Cathedral of Florence was even completed before the end of the Hundred Years War.

    フィレンツェの大ルネッサンス大聖堂は、百年戦争が終わる前に完成したとさえ言われています。

  • And next week, we'll start there, in Florence, which was home to so much of that so-called rebirth.

    来週はフィレンツェから始めましょう生まれ変わった場所です

  • Thanks for watching. I'll see you then.

    見てくれてありがとうじゃあ、またね。

  • Thanks so much for watching Crash Course European History, which is filmed here in Indianapolis and produced with the help of all of these nice people.

    インディアナポリスで撮影され、これらの素敵な人々の助けを借りて制作された「クラッシュ・コース・ヨーロッパ史」をご覧いただき、ありがとうございました。

  • Our animation team is Thought Cafe, and Crash Course would not exist without the generous support of our patrons at Patreon.

    私たちのアニメーションチームはThought Cafeであり、クラッシュコースはPatreonのパトロンの皆様の寛大な支援なしには存在しませんでした。

  • Patreon is a voluntary subscription service where you can support the content you love through a monthly donation and help keep crash course free for everyone forever.

    Patreonは、毎月の寄付を通じて好きなコンテンツをサポートし、クラッシュコースを永久に無料に保つための支援を行う任意のサブスクリプションサービスです。

  • Thanks again for watching, and as they say in my hometown, "Don't forget to be awesome!"

    見てくれてありがとう 故郷の言葉にもあるように "最高であることを忘れないで!"

  • God, it's nice to be back.

    戻れてよかったわ

Hello and welcome to Crash Course European history, I'm John Green, and as you may know medieval Europe has a terrible reputation.

こんにちは、クラッシュ・コースのヨーロッパ史へようこそ、私はジョン・グリーンです。

字幕と単語
自動翻訳

B2 中上級 日本語 教皇 戦争 ヨーロッパ 騎士 黒死 フランス

中世ヨーロッパ。クラッシュ・コース ヨーロッパの歴史 #1

  • 1030 23
    April Lu   に公開 2019 年 09 月 18 日
動画の中の単語

前のバージョンに戻す