Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • There's a saying in Hong Kong kung fu movies: “Wai faai bat po.”

    香港のカンフー映画には「唯快不破 [wai faai bat po]」という言葉があります。

  • It means "only speed is unbreakable."

    意味は「速さに勝るものはない」です。

  • Wai faai bat po.”

    「唯快不破。 [wai faai bat po]」

  • That's in Cantonese, a language with tones, which English speakers have trouble distinguishing.

    これは広東語ですが、音調の変化で意味が変わるため、英語話者にとっては聞き分けが難しい言語です。

  • So when an American says that phrase with the wrong tones— “wifi bat po”—you get a Cantonese meme.

    ですから、このフレーズをアメリカ人が間違えた音調で「wifi bat po」と言うと、広東語のネットコミュニティで話題になるでしょう。

  • "It became kinds of a joke that people will send to each other. It's like oh, this badass wi-fi is so good."

    「これは、冗談みたいになっていて、みんなお互いに送り合っています。『この頑丈なwi-fiはすごくいい』みたいな。」

  • Wai faai bat po.” -"It's quite funny."

    「唯快不破。 [wai faai bat po]」‐「めちゃめちゃ面白いんですよ。」

  • If English is your first language though, you might be more familiar with a different joke: “Supplies!”

    でも、英語が第一言語なら、「サプライズ(supplies:援助物資)!」のような冗談の方が分かりやすいかもしれませんね。

  • That's the notion that East Asians mix up their Rs and Ls in English: “Oh herro prease.”

    東アジアの人が英語の”R”と”L”を間違えてしまうのは、そんな感じです:「おぅ、はろー、ぷりーず」。

  • It's a running gag in "Lost in Translation," an Oscar-winning film about two Americans who are sad in Japan.

    日本で途方に暮れる二人のアメリカ人を描いた、オスカー賞受賞映画「ロスト・イン・トランスレーション」で繰り返しいじられています。

  • Lat pack. You know lat pack?”

    「らっトパック。らットパックは分かる?」

  • Rat? Rat pack.”

    「ラット?ラットパックね。」

  • The movie makes communication with the locals seem hopeless.

    この映画では、現地の人とのコミュニケーションは絶望的に表現されています。

  • Lip my stocking.” “Hey? Lip them?”

    「私のストッキングをリップするの。」「ちょっと?リップするのよ?」

  • And at one point Scarlett Johansson's character asks: "Why do they switch the Rs and the L's here?"

    そしてある時、スカーレット・ヨハンソン演じるキャラクターが言います:「なんでここの人たちは”R”と”L”を間違えるのかな?」

  • "Oh, for yucks."

    「笑わせるためだよ。」

  • This movie may be a bit rude, but it's not a terrible question to ask.

    この映画はちょっと失礼かもしれませんが、疑問うのは悪いことではありません。

  • Because if you're genuinely curious, a foreign accent gives us a chance to learn something about another language.

    本当に疑問に思った時こそ、そういった外国語の発音がきっかけとなり、その言語について学ぶ良いチャンスだからです。

  • So this trope has been applied to Japanese, Korean, and Chinese speakers.

    この場合、日本語、韓国語、そして中国語話者が当てはまります。

  • "McFry!" "Herro." "Fa ra ra ra ra."

    「マクフらイ!」「はろー」「ふぁ、ら、ら、ら、ら」

  • But, all of these languages deal with Rs and Ls in different ways.

    ですが、これらの言語でも"R"と"L"の扱いはそれぞれ異なります。

  • First though, we need to talk about the R sound in English.

    でもまずは、英語の"R"の音についてお話ししなければなりません。

  • It turns out that there isn't just one way to pronounce it.

    実は、発音の仕方が一つではないということが分かっているのです。

  • "Oh it's incredibly varied."

    「本当に様々ですよ。」

  • Eleanor Lawson uses ultrasound to study English phonetics.

    エレノア・ローソンさんは、超音波を利用して英語の音声学を研究しています。

  • "You have trilled R's which are sort of a rrr sound. You can probably hear my tapped R. So I do a ara sound. Varied. You can have a retroflex R where your tongue essentially curls upside down under your palatal arch."

    「震えるような音の"R"があります。rrrという感じ。次は下でたたくような"R"の音が聞こえると思います。これはaraと言う発音。違いますよね。反り舌音の"R"もあります。これは、舌を上に持ち上げ硬口蓋につけるような感じです。」

  • "Run. Run." She says the bunched R, which is common in North American English, is particularly complex.

    "Run. Run." 彼女は舌を浮かせて音を出す"R"の発音をしています。これは北米英語で一般的な発音で、特に複雑です。

  • "Nurse. Nurse."

    「Nurse. Nurse.」

  • Say the word fur, Fur.

    「"fur"と言ってみてください。”fur”」

  • How would you tell someone where to put their tongue to make that R?

    この"R"の音を出すのに、舌をどの位置に持っていくかを誰かに説明するとしたら、あなたならどう言いますか?

  • The middle of the tongue rises up in the mouth, while the root of the tongue is pulling backwards.

    舌の真ん中あたりを持ち上げて、舌の根本は奥の方に引き寄せるんです。

  • You might have some lip rounding as well.

    唇も丸い形にする人もいるかもしれません。

  • R sounds like this, where the airflow isn't blocked by the tongue or the lips, are called theapproximatesin phonetics.

    "R"の音はこんな感じなんです。呼気が舌や唇に触れることはありません。音声学では「近似音」と言われています。

  • "So forming all of these structures at the same time could be very difficult for someone who is not used to producing that."

    「そして、これらのことをいっぺんに実行するのは、その音を出すことに慣れていない人にはとても難しいものです。」

  • The R sound is one of the last consonants that English-speaking kids learn to say.

    "R"は英語話者の子供が、最後に発音できるようになる子音の仲間です。

  • It takes up to 5 adorable years for them to figure it out.

    その音の区別がつくようになるまで5年ほどかかります。

  • Purple. And red!”

    「Purple. And red!」

  • And the L sound in English can change depending on its position in a word.

    そして、英語語の"L"の音は、単語のどの位置にあるかによって変わることがあります。

  • Say the wordladleorlevel.”

    "ladle"、または"level"と言ってみてください。

  • That first L is a "clear L." You can probably feel your tongue touching the top of the mouth, right behind your front teeth as inled.”

    最初の"L"は、「はっきりとした"L"」です。舌が口内の上の部分についているのが感じられるでしょう。ちょうど前歯の後ろあたりです。"led"の時のように。

  • But the L at the end of the word is a “dark L," where the tip of the tongue might not even touch the top of your mouth at all.

    ですが、単語の最後の"L"は、「あいまいな"L"」で、口内の上部に舌の先端すら届いていないでしょう。

  • "A dark L is where the back of the tongue is moving up toward the soft palate and it gives it an o-ish sound like an O."

    「あいまいな"L"は、舌の奥の部分が軟口蓋(口内上部の奥の部分)の前の方に向かって、"O"のような音を作ります。"O"のような感じです。」

  • Level.” “Level.”

    「Level. Level.」

  • So the English R and L are complicated, but still, "Lat Pack," rrr, llll, they seem like pretty different sounds.

    このように、英語の"R"と"L"は複雑です。でも、 "Lat Pack,"や"rrr", "llll"はみんな全然違う音のように聞こえますよね。

  • It might help to look at Spanish.

    これは、スペイン語を参考にすると分かりやすいかもしれません。

  • Say the word "salero."

    "salero"と言ってみてください。

  • Salero. Salt Shaker. Salero, salero.”

    “Salero. Salt Shaker. Salero, salero.”

  • This R is made with a flap of the tongue on the ridge behind the front teeth.

    この時の”R”は、前歯の後ろの一番高くなっている所に舌をぶつけて発音しています。

  • That's not too far away from where the L is pronounced.

    英語の”L”に近いと言えます。

  • "Hora. Varios. Oruga. Pare. Salero."

    "Hora. Varios. Oruga. Pare. Salero."

  • Japanese has that R sound. It doesn't have the lll inlakeor the rrr inred.”

    日本語には”R”の音はありますが。"Lake"の"lll" や、"Red"の"rrr"という発音ではありません。

  • "We have ra ri ru re ro, which sounds kind of similar to both L and R."

    「日本語には、『ら・り・る・れ・ろ』という発音があり、英語の"L"と"R"の両方に似ているのです。」

  • Those are the 5 syllables in Japanese that contain the tongue-flap sound: “ra ri ru re ro."

    これら日本語の5つの音節には、舌をたたいて出す音が含まれています。「ら・り・る・れ・ろ」

  • Try saying them: “ra ri ru re ro.”

    さあ言ってみましょう。「ら・り・る・れ・ろ」

  • When they're converted into the Latin alphabet, they're spelled like this, with the letter R.

    この音をラテン文字にしてみると、このようになります。"R"の文字を使っていますね。

  • But the Japanese R soundrais actually closer to our L soundlathan it is to the English "ra."

    でも、日本語の"R"音は「ら」は実際には、英語の"ra"よりは、"L"音の「la」に近い発音です。

  • "My name is Mariko and for all of my English-speaking friends, their intuition to say is marie-ko. And how I explain to them is just imagine my name spelled with M-a-l-i-k-o and then you should be fine."

    「私の名前はマリコですが、英語話者の友達はみんな、"marie-ko"と発音すると感じるようです。そして、次のように説明します。私の名前は"M-a-l-i-k-o"と書くと思ってくれたら大丈夫ですよって。」

  • When words migrate from English to Japanese, both Rs and Ls become Japanese Rs.

    日本に英語が伝わった時、"R"も"L"も、"R"で表されました。

  • Garasu.”

    「ガラス」

  • Karendaa.”

    「カレンダー」

  • Boringu.”

    「ボーリング」

  • Raito.”

    「ライト」

  • There are thousands of these loan words that Japanese speakers have to relearn with rrrs and llls, which are two sounds that Japanese ears weren't tuned to distinguish in the first place.

    このような借用語(外来語)は数多くあり、日本語話者は"rrr"や"lll"の音を学び直さなければなりません。この二つの音はそもそも日本人の耳には区別しにくいのです。

  • Like Japanese, Korean doesn't have the English rrr sound. They have this letter. It's "rieul."

    日本語のように、韓国語にも英語の"rrr"n音がありません。韓国語にはこんな文字で表します。"rieul"です。

  • "Leer?"

    "Leer?"

  • "Ri-eul."

    "Ri-eul."

  • "Ri-er."

    "Ri-er."

  • "Eul."

    "Eul."

  • "ul. Ri-ul."

    "ul. Ri-ul."

  • "Like my tongue is going straight up to the roof of my mouth, eul."

    「舌をまっすぐ口内の上部に向ける感じで、"eul"です。」

  • "Rieul." It takes on a different sound depending on its position within the word.

    「舌をまっすぐ口内の上部に向ける感じで、"eul"です。」

  • So when it's followed by a vowel, it has the flap sound like a Japanese R.

    母音の後ろに来るときは、日本語の”R”のように舌をたたきつけるような音になります。

  • Duriseo. Duriseo."

    これもラテン語で表すと、”R”で書き表されます。"Duriseo"

  • That also means it's written with the letter “R” when converted into Latin script. “Duriseo.”

    これもラテン語で表すと、”R”で書き表されます。"Duriseo"

  • But when it's at the end of a word "jebal" or is followed by a consonant "deullida," it sounds more like an L sound and it's transcribed in the Latin alphabet as “L.”

    ですが、"jebel"のように単語の最後に来るときや、"deullida"のように音節の後に来るときは、もっと"L"に近い音になり、ラテン文字でも"L"と書き表すようになります。

  • So it's pretty unlikely that Korean speakers would sayherrosince their L sound can map on to the English L.

    そういうわけで、韓国語話者が"herro"ということはほとんとありません。この場合は英語の”L”と重なりますから。

  • But thedark L” doesn't exist in Korean.

    ただし、「あいまいな”L”」は韓国語にはありません。

  • So when they're new to English, Koreans might use their own L sound in spots where we would use a dark L, near the end of words.

    ですから、英語に慣れていない韓国人は、英語話者が「あいまいな”L”」で発音する単語の最後に来る”L”を、韓国語の"L"で発音するのでしょう。

  • As the story unfolds, someone may change the world.”

    「物語が進むにつれ、世界は変わるでしょう。」

  • There are at least 8 major Chinese languages, but we'll look at Mandarin and Cantonese.

    中国には少なくとも8つの代表的な言語がありますが、今回は北京語と広東語に焦点を当てていきます。

  • They both have a clear L sound, and it's restricted to the beginning of syllables.

    どちらの言葉にもはっきりとした"L"の音があり、音節の最初に来ると決まっています。

  • "Leng. It's like 'pretty.'"

    「"Leng”. ”pretty”のような感じです。"」

  • "La. 'Drag.'"

    「"La" これは "Drag"」

  • So the notion that they would switchfa la la" intofa ra ra,” it's just wrong and the makers of a Christmas story should feel bad.

    ですから、"fa la la"が"fa ra ra"になるというのは間違いです。映画「クリスマス・ストーリー」の制作者はちょっと反省が必要ですね。

  • Like Korean, Mandarin and Cantonese don't have the dark L sound as inpull.”

    韓国語のように、北京語にも広東語にも、"pull"のようなあいまいな"L"はありません。

  • But when they come across an L near the end of a word in English, they tend to pronounce it more like a vowel.

    けれども、英単語の語尾に近い"L"を発音する場合は、母音に近い音声になる傾向にあります。

  • "A hundred years old, 90 years old. I said we should respect this kind of people."

  • "He chose the coldest possible. Really."

    「100歳、90歳。そういった人たちを敬うべきだと私は言ったんです。」

  • Mandarin does have an R sound.

    「彼は一番冷たいのを選んだんです。本当に。」

  • At the beginning of a syllable, it sounds like this: "Zrr. Zrr. So like actually, maybe the R sounds more like the S in "treasure."

    北京語には"R"の音があります。

  • "Zrr, rènxìng.”

    音節の最初で、次のように発音します。「"Zrr. Zrr" なので、実際この"R"は、"treasure"の"S"のような音かもしれません。」

  • And at the end of a syllable: "Er. It means son."

    "Zrr, rènxìng"

  • Cantonese, on the other hand, doesn't have an R sound at all.

    そして、音節の最後に来るときは、「"Er"と発音します。息子という意味です。」

  • So when speaking English, they sometimes use a W sound or an L sound.

    一方、広東語には"R"音は全くありません。

  • "We just tried very hard to prove ourselves."

    ですから、英語を話す時、"W"や"L"の音を使うこともあります。

  • Our ability to produce sounds in a new language, depends in part on whether those sounds are meaningfully distinct in our first language.

    「私たちは自分たちを認めてもらうためにただ一生懸命にやりました。」

  • So a Japanese speaker hearing lll and rrr, it's a lot like an English speaker hearing tones in Chinese.

    人間が初めての言語で正しい発音ができるかどうかは、それらの音が自身の第一言語で明確に意味を持って使われているか次第です。

  • "Leng. Leng. Leng. Leng."

    そういうわけで、日本語話者が"lll"と"rrr"の音を聞き取ることは、英語話者が中国語の音調の違いを聞き取るのと同じことなのです。

  • "Ma. Ma. Ma. Ma. Yeah, I know, people's mind is just blown away."

    "Leng. Leng. Leng. Leng."

  • We all carry the rules of our native language with us when we learn new languages.

    「"Ma. Ma. Ma. Ma." 分かります。みんな訳が分からないですよね。」

  • "Accent is your identity. So I don't want to sound like an American person or British person."

    私たちはみんな、新たに言語を学ぶとき、母語の規則に従います。

  • So if you hear a foreign accent, remember that it's a unique hybrid.

    「なまりは、自分が何者であるかを示す証です。だから、私はアメリカ人やイギリス人のように発音したいとは思いません。」

  • It's like a lion with stripes, something you can only get if you're brave enough to venture beyond the comfort of your mother tongue.

    だから、外国なまりを耳にしたら、それは、他にはないハイブリッドなんだと思い出してほしいのです。

  • If you enjoy this video, you're probably the kind of person who likes learning about complex topics thorough digestible, interactive lessons, like the course on logic from Brilliant.

    縞模様のあるライオンみたいなもので、母語の快適さから抜け出して冒険する勇気を出したときにだけ手に入れられるものなんです。

  • Brilliant is a problem-solving website that teaches you to think like a scientist.

    この動画をお楽しみいただけたようでしたら、Brilliantが提供するLogicの講座のような、分かりやすい対話式レッスンで取り上げられる、様々なトピックについて楽しく学んでいただけるでしょう。

  • They have courses on everything from calculus to astronomy and daily problems in math and science.

    Brilliantは、科学者的視点での思考をお教えする問題解決サイトです。

  • To learn more about Brilliant, go to Brilliant.org/vox and sign up for free.

    微分積分学から天文学、数学や科学でひもとく日常の問題についての講座を提供しています。

  • The first 200 people to visit that link will get 20% off the annual premium subscription, which gives you access to all the daily problems and unlocks all of the courses.

    Brilliantの詳細は、Brilliant.org/voxまで。登録は無料です。

  • Brilliant wasn't involved in the making of this video, but their support makes videos like this one possible.

    このサイトを訪れた先着200名のみなさんに年間プレミアム登録料の20%割引を行っています。年間プレミアム登録では、すべての毎日の課題、口座にアクセスすることが可能です。

  • So go check 'em out.

    Brilliantはこの動画の制作には関わっておりません。ですが、彼らのサポートのおかげでこういった動画の制作が可能となっています。

There's a saying in Hong Kong kung fu movies: “Wai faai bat po.”

香港のカンフー映画には「唯快不破 [wai faai bat po]」という言葉があります。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 Vox 発音 英語 話者 日本 韓国

多くのアジア人が英語の"L"と"R"の発音を間違えてしまう理由 (Why some Asian accents swap Ls and Rs in English)

  • 8527 237
    Courtney Shih に公開 2019 年 09 月 19 日
動画の中の単語