Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Using the word Shakespeare within any classroom in the 21st century has become almost as dangerous for teachers as putting balloons in a toaster.

    21世紀のどの教室でもシェイクスピアという言葉を使うことは、トースターに風船を入れるのと同じくらい教師にとって危険なことになっています。

  • After uttering this simple word, the common teacher is met with a mass of groans, moans, devastated looks, and the occasional chair tossed in his or her direction.

    <a href="#post_comment_1"><strong>つぶやく</strong><i class="icon-star"></i>この単純な言葉の後、一般的な教師は、うめき声、うめき声、打ちのめされた表情、そして彼または彼女の方向に投げられた時折の椅子の塊で満たされています。

  • But Shakespearean works are not boring, confusing, long and painful plays written more than 400 years ago.

    しかし、シェイクスピアの作品は、400年以上前に書かれた退屈で混乱した、長くて苦しい戯曲ではありません。

  • They're adventures relating to the extremities of human nature: love, hate, jealousy, zealous ambition, fear, mistrust, deception, and murder.

    愛、憎しみ、嫉妬、<a href="#post_comment_2">zealous<i class="icon-star"></i>野心、恐怖、<a href="#post_comment_3">mistrust<i class="icon-star"></i></a>、欺瞞、殺人など、人間の本性の極限に関連した冒険です。

  • We owe much of our own language to his invention.

    私たちは、彼の発明による独自の言語の多くを借りています。

  • He invented over 2,000 words for use in his plays, which still remain in the Oxford English Dictionary.

    彼は劇中で使用するために2,000語以上の単語を発明したが、それはオックスフォード英語辞典に残っている。

  • Words like "countless" and "assassination" as well as phrases like "one fell swoop," "foul play ," and even "to be in a pickle" all originated from William's brilliant brain.

    countless」や「assassassination」といった言葉や、「one fell swoop」、「<a href="#post_comment_4">不正行為<i class="icon-star"></i></a>」、「<a href="#post_comment_5">to be in a pickle<i class="icon-star"></i></a>」といったフレーズも、すべてウィリアムの頭脳から生まれたものである。

  • And there are many echoes of Shakespeare's romantic language too.

    そして、シェイクスピアのロマンティックな言葉の響きも多い。

  • If you read Romeo and Juliet, you'll come across sentences like, "She doth teach the torches to burn bright," and, "So shows a snowy dove trooping with crows."

    <em>ロミオとジュリエット</em>を読むと、"彼女は明るく燃えるように松明を教えた "とか、"雪の鳩がカラスと一緒に歩いていることを示している "などの文章に出くわすことができます。

  • Both are quite clever metaphors, suggesting that Juliet is both exceptionally beautiful and far more so than anyone else.

    どちらも非常に巧妙な比喩で、ジュリエットは非常に美しく、誰よりもはるかに美しいということを示唆しています。

  • "For thou art as glorious to this night, being o'er my head, as is a winged messenger of heaven," is a simile suggesting angelic qualities of the lady in question.

    "天の翼のある使者のように、あなたはこの夜も私の頭の上にいて、栄光に満ちている "とは、問題の女性の天使的な資質を示唆する比喩である。

  • This is not too different from today's comments like, "Hey, beautiful!" and, "You're the hottest girl in the room."

    これは今日の "美人さん!"とか "この部屋で一番ホットな子だね "とかのコメントとあまり変わらないですね。

  • Shakespeare also uses slightly more complex metaphors to describe the intentions of a mischievous man.

    また、シェイクスピアは、いたずら好きな男の意図を表現するために、少し複雑な比喩を使っています。

  • For instance, "This holy shrine, the gentle sin is this: My lips, two blushing pilgrims, ready stand to smooth that rough touch with a tender kiss," essentially means, "I wish to kiss you."

    例えば、「この神聖な神社、優しい罪はこれだ。"赤面した巡礼者2人の唇は" "優しいキスでその荒い手触りを 滑らかにする準備ができている" 本質的には" "あなたにキスをしたい "という意味です。

  • Such male intentions were not limited to simple pecks on the cheek either.

    そのような男性の意図は、頬をつつくだけではありませんでした。

  • An intentional ambiguity was often used as a cheeky means to proposition marriage or a more intimate relationship.

    意図的な曖昧さは、結婚やより親密な関係を提案するための生意気な手段としてよく使われました。

  • Therefore, instead of viewing Shakespearean works as out-dated, boring, and unhelpful, start reading today and discover the best ways to get the one you love to love you back.

    したがって、シェイクスピアの作品を時代遅れで退屈で役に立たないものとして見るのではなく、今日から読み始めて、愛する人に自分を取り戻してもらうための最良の方法を発見してください。

Using the word Shakespeare within any classroom in the 21st century has become almost as dangerous for teachers as putting balloons in a toaster.

21世紀のどの教室でもシェイクスピアという言葉を使うことは、トースターに風船を入れるのと同じくらい教師にとって危険なことになっています。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 TED-Ed シェイクスピア 比喩 ジュリエット 意図 うめき声

TED-ED】シェイクスピアデートのヒント - アンソニー・ジョン・ピーターズ

  • 32669 1845
    VoiceTube に公開 2013 年 11 月 05 日
動画の中の単語