Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Andre Ovredal's "Scary Stories to Tell in the Dark" has brought the short stories from Alvin Schwartz's nightmarish children's books to life.

    アンドレ・オヴレダールの「暗闇の中で語る怖い話」は、アルヴィン・シュワルツの悪夢のような児童書の短編小説に命を吹き込んだ。

  • And even if you were able to keep your eyes open the entire time, there are a number of callbacks to the original stories and other Easter eggs gather throughout out the movie.

    そして、ずっと目を開けていられたとしても、原作へのコールバックがいくつもあり、他にもイースターエッグが映画全体に集まっています。

  • Here's everything you might've missed.

    見逃していたかもしれないものはすべてここにあります。

  • And warning: spoilers ahead.

    そして、警告:先にネタバレがあります。

  • While the books were written in the early 1980s, the film is set in 1968.

    本が書かれたのは1980年代初頭ですが、映画の舞台は1968年です。

  • Producer Guillermo del Toro has said that this date was chosen because he considers it an end of innocence for America.

    プロデューサーのギレルモ・デル・トロは、この日を選んだのは、アメリカにとっての無実の終わりと考えているからだと語っています。

  • And that the Vietnam War is a sort of ghost that looms over the town, with kids literally going missing as they head off to war.

    そして、ベトナム戦争は、子供たちが戦争に向かうにつれて文字通り行方不明になるという、一種の幽霊のようなもので、町を覆っています。

  • There are a number of references to this time period and the war in the movie.

    この時代や映画の中の戦争についての言及はいくつもあります。

  • The school is putting on the 1960s musical "Bye Bye Birdie," which was based on Elvis Presley being drafted into the Army.

    同校では、エルヴィス・プレスリーが陸軍に徴兵されたことを題材にした1960年代のミュージカル「バイバイバーディー」を上演している。

  • In the movie, the character Ramon is a draft dodger.

    映画の中では、主人公のラモンはドラフト・ドジャーです。

  • On a school bulletin board, you can see the lyrics to the Pete Seeger song "Turn! Turn! Turn!" which was covered by The Byrds in 1965 and became popular as an anti-war anthem.

    学校の掲示板には、ピート・シーガーの曲「Turn!Turn!1965年にザ・バーズがカバーし、反戦国歌として人気を博した「Turn!

  • The drive-in theater is showing "Night of the Living Dead."

    ドライブインシアターで「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」を上映しています。

  • This classic black-and-white horror film was first released on October 1, 1968.

    1968年10月1日に公開された古典的なモノクロホラー映画。

  • Del Toro has described George Romero as an iconoclast.

    デル・トロはジョージ・ロメロをイコノクラストと表現している。

  • The book featured in the movie was actually inspired by a book from another del Toro movie, "Pan's Labyrinth."

    映画で紹介されている本は、実はデル・トロの別の映画 "パンズ・ラビリンス "の本から着想を得ています。

  • In that film, the main character, Ofelia, is given "The Book of Crossroads," which also writes itself.

    その作品では、主人公のオフェリアに「十字路の書」が与えられており、それも自筆である。

  • If you listen carefully, the music actually changes slightly each time a different story is being featured on the screen.

    よくよく聞いてみると、実際には、画面上で違う話が取り上げられるたびに、音楽が微妙に変化しています。

  • According to composer Anna Drubich, "Harold" centers around guitar and banjo.

    作曲家のアンナ・ドルビッチ氏によると、「ハロルド」はギターとバンジョーが中心。

  • "The Big Toe" is mostly brass.

    "The Big Toe "はほとんどが真鍮製。

  • "The Red Spot" involves string instruments.

    "The Red Spot "では弦楽器を使用しています。

  • "The Pale Lady" has woodwinds.

    "The Pale Lady "には木管楽器があります。

  • And "The Jangly Man" is heavy on percussion.

    そして「The Jangly Man」はパーカッションが重い。

  • Some of the characters in the film are directly from the original books, and others are new.

    本作に登場するキャラクターの中には、原作本から直接登場するものもあれば、新たに登場するものもあります。

  • The character who is chased by Harold is named Tommy.

    ハロルドに追われるキャラクターの名前はトミー。

  • In the books, he's named Thomas.

    本の中ではトーマスと名乗っています。

  • But instead of transforming into a scarecrow, the character in the books is skinned by the monster.

    しかし、本に出てくるキャラクターはかかしに変身するのではなく、化け物に皮を剥がされています。

  • Ruth is both the name of the girl in "The Red Spot" and the victim of the spiders in the movie.

    ルースは「赤い点」に登場する少女の名前であると同時に、映画の中の蜘蛛の被害者でもある。

  • The boy in "The Big Toe" has no name, and neither do the characters featured in "The Haunted House" or "Me Tie Dough-ty Walker."

    "ビッグトウ "の少年には名前がない お化け屋敷の登場人物にも "私はタイドーティウォーカー "にも名前はない

  • The monsters were all created to closely resemble the creepy drawings by the book's illustrator, Stephen Gammell.

    モンスターはすべて、密接に本のイラストレーター、スティーブン・ガンメルによる不気味な図面に似せて作成されました。

  • So the filmmakers stuck to the black-and-white theme as much as possible and desaturated the colors on the creatures.

    そのため、映画制作者たちは、できるだけ白黒のテーマにこだわり、生き物の色を薄くしています。

  • And each monster is played by a famous creature performer that you have likely seen before.

    そして、それぞれのモンスターを演じるのは、見たことがありそうな有名なクリーチャーパフォーマー。

  • The actor who plays the Jangly Man is Troy James, a contortionist who has appeared on "America's Got Talent."

    ジャングリーマンを演じるのは、"America's Got Talent "に出演していた曲芸師のトロイ・ジェームズ。

  • Yes, he was actually walking in that twisted, upside-down manner in the movie.

    そう、実際に映画の中ではあのひねくれた逆さ歩きをしていました。

  • The actor who plays the toeless corpse is Javier Botet.

    爪のない死体を演じるのはハビエル・ボテット。

  • He has Marfan syndrome, a genetic disorder which makes his body longer and thinner.

    彼はマルファン症候群という、体が長く細くなる遺伝性疾患を持っています。

  • Botet has also played various creatures in other films, including "Slenderman," Melisandre's true form in season eight of "Game of Thrones," "Mama" in the del Toro horror film, and the creepy sick hobo in "It."

    ボテットは他の映画でも様々なクリーチャーを演じており、"スレンダーマン "や "ゲーム・オブ・スローンズ "のシーズン8のメリサンドラの真の姿、デル・トロ監督のホラー映画の "ママ"、"イット "の不気味な病んだ浮浪者などを演じている。

  • Harold and the Pale Lady were both played by Mark Steger.

    ハロルドとペールレディーはどちらもマーク・スティーガーが演じた。

  • Steger was the man inside the demogorgon costume in "Stranger Things."

    シュテーガーは "ストレンジャー・シングス "の デモゴーゴンのコスチュームの中の男だ

  • Sarah Bellows appears to be loosely based on a character in the first book of the series, from a story called "The Haunted House," in which a preacher encounters a dead woman who emerges from the basement and wants revenge for her murder.

    サラ・ベローズは、シリーズの最初の本に登場するキャラクターにゆるく基づいているように見えます。

  • But the drawing associated with this story was actually used as the face of the toeless corpse in the movie.

    しかし、この物語から連想される絵は、実は映画の中ではつま先のない死体の顔として使われていました。

  • While most of the monsters in the movie are straight from the specific stories in the books, the Jangly Man is actually a new character inspired by multiple creatures.

    映画に登場するモンスターのほとんどは、本の中の特定の物語からストレートに出てきますが、ジャングリーマンは、実際には複数のクリーチャーに触発された新しいキャラクターです。

  • In particular, he was taken from the story "Me Tie Dough-ty Walker," in which a severed head falls down a chimney.

    特に、切断された頭が煙突から落ちてくる物語「ミー・タイ・ドーティ・ウォーカー」から取られている。

  • In the original story, a dog responds to the severed head's strange chant with one of its own.

    原作では、切断された頭の奇妙な詠唱に犬が反応して、一匹の犬が自分のものを持ってきます。

  • "Lynchy kinchy colly molly dingo dingo," and it drops dead when the head appears.

    "リンチー・キンチー・コリー・モリー・ディンゴ・ディンゴ "頭が出てくると死んでしまう。

  • But in the film, it just sort of growls and runs away.

    でも映画の中では、うなり声をあげて逃げていくんです。

  • Auggie dresses up for Halloween as a clown, but not just any clown.

    Auggieはピエロとしてハロウィンのためにドレスアップしますが、ただのピエロではありません。

  • The black-and-white suit is the signature look of the 17th-century clown Pierrot, featured in performances known as commedia dell'arte.

    白と黒のスーツは、17世紀のピエロ「ピエロ」の特徴的なスタイルで、コメディア・デル・アルテとして知られるパフォーマンスに登場します。

  • When he's being chased through the house by the toeless corpse, you can see a poster on his bedroom door featuring another standard character from the genre, Arlecchino.

    爪のない死体に家の中を追われている時、寝室のドアにはもう一人の定番キャラクター、アルレッキーノが描かれたポスターが貼られています。

  • The song that plays on Sarah Bellows and Lou Lou's music box might sound familiar.

    サラ・ベローズとルー・ルーのオルゴールで流れる曲は聞き覚えがあるかもしれません。

  • It's called "The Hearse Song," which is famously featured in the first book.

    最初の本で有名な「霊柩車の歌」と呼ばれています。

  • It's based on a real song about death sung by American and British soldiers during World War I.

    これは、第一次世界大戦中にアメリカやイギリスの兵士が歌った死についての実在の歌が元になっています。

  • At one point, the kids visit Pennhurst Hospital, the scene of Chuck's Pale Lady encounter.

    ある時、子供たちは、チャックのペールレディの出会いのシーンであるペンハースト病院を訪れます。

  • Pennhurst was a real asylum in Spring City, Pennsylvania, that closed in 1987 and has now been reopened as a haunted attraction.

    ペンハーストはペンシルバニア州スプリングシティにあった本物の亡命施設で、1987年に閉鎖され、現在はお化け屋敷のアトラクションとして再オープンしています。

  • When Stella is flipping through Sarah's book, we see several other stories from the original books that weren't featured in the movie.

    ステラがサラの本をめくっていると、映画では紹介されていない原書の他にもいくつかの物語が出てきます。

  • These include "The Wendigo," about a man who mysteriously disappears in the woods.

    その中には、森の中で謎の失踪を遂げた男を描いた「ウェンディゴ」も含まれています。

  • "Strangers," about a man who meets a ghost on a train,

    "見知らぬ人 "電車の中で幽霊に出会う男の話。

  • "The Cat's Paw," involving a woman who turns into a cat and loses her foot.

    "猫に変身して足を失う女性を巻き込んだ「猫の足」"

  • And "The Attic," in which a man is trying to find his missing dog in his own attic, opens the door, and screams because he steps on a nail.

    そして、自分の屋根裏部屋で行方不明の犬を探そうとしている男がドアを開け、釘を踏んで悲鳴を上げる「屋根裏部屋」。

  • In the beginning of the movie, we see a short horror story in Stella's bedroom that's not in the "Scary Stories" books called "The Whistling Room" by William Hope Hodgson.

    映画の冒頭では、ウィリアム・ホープ・ホジソンの「口笛の部屋」という「怖い話」の本には載っていない、ステラの寝室での短いホラー話が出てきます。

  • And her bedroom is also full of shout-outs to some obscure horror films from the 1950s.

    彼女の寝室には1950年代のホラー映画の中でも特に有名なものがあります。

  • There are posters from movies like "Beast from Haunted Cave," "Mesa of Lost Women," "Frankenstein's Daughter," and "Indestructible Man."

    映画のポスターがあります "化け物の洞窟の野獣" "失われた女のメサ" "フランケンシュタインの娘" "不滅の男"

  • Did we miss anything?

    何か見逃した?

  • Let us know in the comments.

    コメントで教えてください。

Andre Ovredal's "Scary Stories to Tell in the Dark" has brought the short stories from Alvin Schwartz's nightmarish children's books to life.

アンドレ・オヴレダールの「暗闇の中で語る怖い話」は、アルヴィン・シュワルツの悪夢のような児童書の短編小説に命を吹き込んだ。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 映画 登場 デル ピエロ キャラクター ホラー

闇の中で語る怖い話」で見逃してしまったものすべて|ポップカルチャー解読

  • 3326 119
    Mackenzie に公開 2019 年 08 月 13 日
動画の中の単語