Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • I was eight years old.

    翻訳: Takashi Okada 校正: Misaki Sato

  • I remember that day clearly

    8才の頃でした

  • like it happened just yesterday.

    あの日のことは

  • My mother is a bidi roller.

    昨日のことのように覚えています

  • She hand-rolls country cigarettes to sustain our family.

    私の母は 煙草巻きの仕事をしています

  • She is a hard worker

    家計を支えるために 地元産の煙草を手で巻いています

  • and spent 10 to 12 hours every day rolling bidis.

    母は働き者です

  • That particular day she came home and showed me her bidi-rolling wage book.

    毎日10~12時間も 煙草を巻いていました

  • She asked me how much money she has earned that week.

    その日 母は帰ってくるなり 賃金台帳を私に見せ

  • I went through that book,

    その週の稼ぎが いくらだったのかを尋ねました

  • and what caught my eyes were her thumbprints on each page.

    台帳に目を通すと

  • My mother has never been to school.

    目に留まったのは 各ページに押された母の拇印でした

  • She uses her thumbprints instead of a signature

    母は一度も学校に行ったことがありません

  • to keep a record of her earnings.

    だから 自分の稼ぎを記録する時に サインの代わりに

  • On that day, for some reason,

    拇印を使っています

  • I wanted to teach her how to hold a pen and write her name.

    その日 私はなぜだか

  • She was reluctant at first.

    母にペンの持ち方と 名前の書き方を教えたくなりました

  • She smiled innocently and said no.

    母は最初は気乗りしない様子で

  • But deep down, I was sure she wanted to give it a try.

    笑いながらかぶりを振っていたのですが

  • With a little bit of perseverance and a lot of effort,

    内心では挑戦してみたいはずだと 私は確信していました

  • we managed to write her name.

    ちょっとした根気と かなりの努力が必要でしたが

  • Her hands were trembling, and her face was beaming with pride.

    何とか名前を書けるようになりました

  • As I watched her do this,

    母は 手は震わせながらも 顔は誇らしげに輝いて見えました

  • for the first time in my life,

    そんな母を見ていて

  • I had a priceless feeling:

    人生で初めて

  • that I could be of some use to this world.

    何とも言えない感情が湧いてきました

  • That feeling was very special,

    自分に存在価値があるという感情です

  • because I am not meant to be useful.

    この感情は本当に特別でした

  • In rural India, girls are generally considered worthless.

    なぜなら 私には価値が無いと 決めつけられてきたからです

  • They're a liability or a burden.

    インドの田舎では 女子は大抵 無価値とみなされています

  • If they are considered useful,

    手のかかる厄介者であり

  • it is only to cook dishes, keep the house clean

    何かに役立つとすれば

  • or raise children.

    料理をするか 家の掃除をするか

  • As a second daughter of my conservative Indian family,

    子供の世話をするくらいだと

  • I was fairly clear from a very early age

    保守的なインド人家庭の 次女として生まれた私は

  • that no one expected anything from me.

    かなり幼い時から よく分かっていました

  • I was conditioned to believe that the three identities that defined me --

    自分は誰からも何も 期待されていないということを

  • poor village girl --

    私はこんな風に信じ込んでいました 自分を定義する3つの属性ー

  • meant that I was to live a life of no voice and no choice.

    貧しく 田舎育ちで 女であることは

  • These three identities forced me to think

    意見することも 選択することも叶わぬ運命を意味すると

  • that I should never have been born.

    この3つの属性を前にすると

  • Yet, I was.

    生まれてくるべきでなかったと 考えてしまうのです

  • All throughout my childhood, as I rolled bidis alongside my mother,

    それでも私は

  • I would wonder:

    子供時代に 母の隣で仕事を手伝いながら

  • What did my future hold?

    ずっと気になっていました

  • I often asked my mother, with a lot of anxiety,

    将来どんなことが 待ち受けているのだろうと

  • "Amma, will my life be different from yours?

    不安で一杯になった私は よく母に尋ねたものです

  • Will I have a chance to choose my life?

    「私はお母さんとは違う人生を送れるの?

  • Will I go to college?"

    自分の人生を選ぶことはできるの?

  • And she would reply back,

    大学に行けるの?」

  • "Try to finish high school first."

    母は答えたものです

  • I am sure my mother did not mean to discourage me.

    「まずは高校を出なさい」

  • She only wanted me to understand

    母は私を失望させようとした わけではないと思います

  • that my dreams might be too big for a girl in my village.

    ただ この村の女子としては

  • When I was 13, I found the autobiography of Helen Keller.

    私の夢は大きすぎるということを 理解させたかったのでしょう

  • Helen became my inspiration.

    13才の時 ヘレン・ケラーの 自伝に出会いました

  • I admired her indomitable spirit.

    ヘレンは私の励みになりました

  • I wanted to have a college degree like her,

    彼女の不屈の精神にあこがれました

  • so I fought with my father and my relatives to be sent to college,

    彼女のように 大学の学位を取りたいと思いました

  • and it worked.

    だから 大学へ行かせて欲しいと 父や親戚に反抗しました

  • During my final year of my undergraduate degree,

    結果は成功でした

  • I desperately wanted to escape from being forced into marriage,

    学部生の最後の年に

  • so I applied to a fellowship program in Delhi,

    結婚を無理強いされることから どうしても逃れたくて

  • which is about 1,600 miles away from my village.

    デリーで募集中の 奨学金付きプログラムに応募しました

  • (Laughter)

    村から2,600km離れた場所です

  • In fact, I recall that the only way I could fill out the application

    (笑)

  • was during my commute to college.

    今でも覚えていますが 申請書を作成できる唯一の時間は

  • I did not have access to computers,

    大学への通学途中くらいでした

  • so I had to borrow a college junior's cell phone.

    パソコンがなかったため

  • As a woman, I could not be seen with a cell phone,

    大学の後輩の携帯電話を 借りる必要がありました

  • so I used to huddle his phone under my shawl

    女の私が携帯電話を持っているのを 見られるわけにはいきません

  • and type as slowly as possible

    だから 背を丸めて 携帯電話をショールに隠し

  • to ensure that I would not be heard.

    音を聞かれないように なるべくゆっくりと

  • After many rounds of interviews,

    文字を打ち込んだものです

  • I got into the fellowship program with a full scholarship.

    何度もの面接を経て

  • My father was confused, my mother was worried --

    全額支給の奨学金付きプログラムに 合格しました

  • (Applause)

    父は困惑していましたし 母は心配していました

  • My father was confused, my mother was worried,

    (拍手)

  • but I felt butterflies in my stomach

    父は困惑していましたし 母は心配していました

  • because I was going to step out of my village

    一方 私は緊張して落ち着きませんでした

  • for the first time

    なぜなら 生まれて初めて村を出て

  • to study in the national capital.

    首都に行き

  • Of the 97 fellows selected that year,

    勉強することになったからです

  • I was the only rural college graduate.

    その年に選ばれた97名の同級生のうち

  • There was no one there who looked like me or spoke like me.

    私が唯一の田舎の大学出身者でした

  • I felt alienated, intimidated and judged by many.

    私のような見た目の人も しゃべり方の人もいませんでした

  • One fellow called me "Coconut Girl."

    疎外感を覚え 尻込みしました 大勢から値踏みされている気がしました

  • Can you guess why?

    ある同級生から 「ココナッツ娘」と呼ばれました

  • Anyone?

    なぜだか分かりますか

  • That's because I applied a lot of coconut oil to my hair.

    どうですか

  • (Laughter)

    髪の毛に大量のココナッツオイルを 塗りつけていたからです

  • Another asked me where I had learned to speak English,

    (笑)

  • and some of my peers did not prefer to have me on their assignment teams

    どこで英語を学んだのか 聞いてくる人もいました

  • because they thought I would not be able to contribute to their discussion.

    私と同じ課題のチームになるのを 嫌がる同級生もいました

  • I felt that many of my peers believed that a person from rural India

    ディスカッションで貢献できないと 思われていたからです

  • could not supply anything of value,

    インドの田舎者は 何一つ価値あるものを提供できないと

  • yet the majority of Indian population today is rural.

    多くの同級生が信じているようでした

  • I realized that stories like mine were considered to be an exception

    インド人の大多数が 田舎に住んでいるにも関わらずです

  • and never the expectation.

    私のようなケースは特例であり 決して期待の星ではないのだと

  • I believe that all of us are born into a reality that we blindly accept

    気付きました

  • until something awakens us and a new world opens up.

    私たちは皆 生まれながらの境遇を 盲目的に受け入れてしまいます

  • When I saw my mother's first signature on her bidi-rolling wage book,

    何かのきっかけで目を覚まし 新しい世界が開ける瞬間までは

  • when I felt the hot Delhi air against my face

    母が初めて賃金台帳に書いた サインを見た瞬間

  • after a 50-hour train journey,

    50時間に及ぶ 列車の旅を終えて

  • when I finally felt free and let myself be,

    デリーの熱気を顔に感じた瞬間

  • I saw a glimpse of that new world I longed for,

    やっと自由を感じ 本当の自分を取り戻した瞬間に

  • a world where a girl like me is no longer a liability or a burden

    私は願い続けた新たな世界を 垣間見たのです

  • but a person of use, a person of value

    私のような女性が もはや 手のかかる厄介者ではなく

  • and a person of worthiness.

    役に立ち 価値があるとみなされ

  • By the time my fellowship ended, my life had changed.

    必要とされる世界です

  • Not only had I traced my lost voice,

    プログラムが修了する頃には 私の人生は一変していました

  • but also had a choice to make myself useful.

    物を言う力を取り戻しただけではなく

  • I was 22.

    自分の存在価値を確立する道を 選択できるようにもなっていました

  • I came back to my village to set up the Bodhi Tree Foundation,

    22才の時 村に戻り

  • an institution that supports rural youth

    「Bodhi Tree Foundation」 を設立しました

  • by providing them with education, life skills and opportunities.

    田舎の若者に教育を提供し ライフスキルを教え 機会を与えることで

  • We work closely with our rural youth

    自立を支援する団体です

  • to change their life and to benefit our communities.

    田舎の若者の人生を変え コミュニティに恩恵をもたらせるよう

  • How do I know my institution is working?

    若者と一緒になって取り組みました

  • Well, six months ago, we had a new joinee.

    この団体の活動は うまくいっているのでしょうか?

  • Her name is Kaviarasi.

    6か月前 新人を迎えました

  • I first spotted her in a local college in Tirunelveli

    カビアラシという女性です

  • during one of my training sessions.

    ティルネルヴェーリにある地方大学で 初めて彼女を目にしました

  • As you can see, she has a smile which you can never forget.

    私が開催した講習会の最中でした

  • We guided her to get an opportunity to study at Ashoka University, Delhi.

    見ての通り 彼女は記憶に残るような 笑顔の持ち主です

  • The best part of her story is that she is now back at Bodhi Tree as a trainer

    私たちは 彼女がデリーのアショカ大学で 学べるように手引きしました

  • working with dedication to make a change in the lives of others like her.

    この話の素晴らしい点ですが 彼女は今 Bodhi Treeに戻り

  • Kaviarasi doesn't want to feel like an exception.

    同じ境遇の子の人生を変えるべく トレーナーとして献身的に働いているのです

  • She wants to be of use to others in this world.

    彼女が願うのは 自分が例外的な存在ではない世界です

  • Recently, Kaviarasi mentored Anitha,

    そのために 誰かの役に立ちたいと 願っているのです

  • who also comes from a remote, rural village,

    このほど カビアラシは アニータを担当しました

  • lives in a 10-foot-by-10-foot home,

    アニータも人里離れた田舎の村出身で

  • her parents are also farm laborers.

    3メートル四方ばかりの家に 住んでいました

  • Kaviarasi helped Anitha secure admission in a prestigious undergraduate program

    彼女の両親も農家でした

  • in a top university in India with a full scholarship.

    カビアラシの支援でアニータは インドのトップ大学の一流学部の

  • When Anitha's parents were reluctant to send her that far,

    入学許可を取得できました しかも 全額支給の奨学金付きです

  • we asked the district administration officials

    アニータの両親は子供を遠くにやるのを 嫌がりましたが

  • to speak to Anitha's parents,

    私たちは 地区の行政職員にお願いして

  • and it worked.

    両親を説得してもらいました

  • And then there is Padma.

    それが功を奏しました

  • Padma and I went to college together.

    そして パドマです

  • She's the first in her entire village to attend graduation.

    パドマと私は 一緒に大学に通っていました

  • She had been working with me at Bodhi Tree

    彼女は村で初めて 大学を卒業した人物です

  • until one day she decides to go to graduate school.

    私とともにBodhi Treeで 働いていましたが

  • I asked her why.

    ある日 団体を離れ 大学院に行くことを決めました

  • She told me that she wanted to make sure

    理由を尋ねたところ こう答えました

  • that she would never be a liability or a burden to anyone

    人生において 今後一切

  • at any point in her life.

    自分が誰かにとっての 厄介者になることはないという

  • Padma, Anitha and Kaviarasi

    確信を持ちたかったのだと

  • grew up in the most tough families and communities

    パドマ アニータ カビアラシの3人は

  • one could only imagine.

    想像しうる最も過酷な家庭環境や地域で

  • Yet the journey of finding my usefulness in this world

    生まれ育ちました

  • served them in finding their usefulness to this world.

    それでも 私自身が存在価値を 見出すための過程が

  • Of course there are challenges.

    彼女たちの存在価値を 見出すことにも役に立ったのです

  • I'm aware change does not happen overnight.

    もちろん 困難もあります

  • A lot of my work involves working with families and communities

    一夜にして変化をもたらすことなどできません

  • to help them understand why getting an education

    私の仕事の多くは 家族や地域の人に理解してもらうことです

  • is useful for everyone.

    なぜ教育を与えることが あらゆる人にとって

  • The quickest way to convince them is by doing.

    有益なのかということを

  • When they see their kids getting a real education,

    やってみせることが 最短の説得方法です

  • getting a real job, they begin to change.

    実際に子供たちが教育を受け

  • The best example is what happened at my home.

    仕事を得るところを見ると 考えが変わり始めます

  • I was recently given an award in recognition of my social work

    私の家庭が最も良い例でしょう

  • by the chief minister of my state.

    先日 私は社会活動を認められ

  • That meant I was going to be on television.

    州知事から表彰されました

  • (Laughter)

    つまり 私がテレビに出るということです

  • Everyone was hooked on to the television that morning, including my parents.

    (笑)

  • I would like to believe that seeing her daughter on television

    当日の朝 両親を含む皆が テレビにくぎ付けになりました

  • made my mother feel useful too.

    テレビに出演する娘の姿を見て

  • Hopefully, she will stop pressuring me to get married now.

    母も自分の存在価値を実感したはずです

  • (Laughter)

    できれば 結婚するように迫ることも やめてもらいたいです

  • Finding my use has helped me to break free from the identities

    (笑)

  • society thrusts on me --

    存在価値を見つけることで 社会に押し付けられた自分から

  • poor village girl.

    解放されました

  • Finding my use has helped me to break free from being boxed,

    「貧しい田舎の女子」である自分です

  • caged and bottled.

    存在価値を見つけることで 閉じ込められた檻の中から

  • Finding my use has helped me to find my voice,

    外に出ることができました

  • my self-worth and my freedom.

    存在価値を見つけることで 物を言う自信を得て

  • I leave you with this thought:

    自尊心と自由を 取り戻すことができました

  • Where do you feel useful to this world?

    最後にこの思いをお伝えします

  • Because the answer to that question

    皆さんの存在価値を感じる場所を 探してみてください

  • is where you will find your voice and your freedom.

    その場所こそが

  • Thank you.

    自分の意見を発信し 自由を取り戻せる場所だからです

  • (Applause)

    ありがとうございました

I was eight years old.

翻訳: Takashi Okada 校正: Misaki Sato

字幕と単語

B1 中級 日本語 存在価値 田舎 大学 同級 台帳 デリー

【TED】アシュウィーサ・シェティ: 私の人生を変えてくれた教育の力 (How education helped me rewrite my life | Ashweetha Shetty)

  • 245 6
    林宜悉   に公開 2019 年 08 月 07 日
動画の中の単語

前のバージョンに戻す