Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • Stephen King's It is a wildly ambitious story, and there are plenty of details you may not be aware of, or things you've simply forgotten about the first installment.

    スティーブン・キング氏の「It(イット)」は非常に野心的なストーリーで、あなたが知らないかもしれないたくさんの詳細や、初見で単に忘れてしまったことがたくさんあります。

  • Here's a look at everything you need to know before seeing It: Chapter Two.

    この動画では、第2章を見る前に知っておくべきことをまとめています。

  • "You'll float too."

    「君も浮かぶよ。」

  • "You'll float too."

    「君も浮かぶよ。」

  • "You'll float too."

    「君も浮かぶよ。」

  • "You'll float too."

    「君も浮かぶよ。」

  • At the end of It, the kids cut their hands and swear a blood oath to one another, promising to return to Derry if the creature ever returns.

    最後に、子どもたちは手を切り、お互いに血の誓いを交わし、この怪物が戻ってきたら、デリーに戻ると約束します。

  • It Chapter Two sees that blood oath realized, as the creature commonly known as Pennywise the Dancing Clown does indeed resurface after 27 years.

    第二章では、一般に 「ペニーワイズ」 として知られている踊り子が27年後に実際に復活したように、血の誓いが実現したことがわかります。

  • "Hello."

    「やあ」

  • When It returns, the Losers Club is scattered across the United States, with its members all leading very different lives.

    戻ってくると、ルーザーズクラブは全米各地に散らばり、メンバーはそれぞれ全く異なる生活を送っています。

  • In the book, Bill Denbrough has become a bestselling suspense novelist.

    続編では、ビル・デンボロウはベストセラーのサスペンス小説家になっています。

  • Ben Hanscom is a successful architect living in Nebraska.

    ベン・ハンスコムは、ネブラスカに住んでいて、建築家として成功しています。

  • Richie Tozier is a DJ in Los Angeles.

    リッチー・トージアはロサンゼルスでDJをやっています。

  • Eddie Kaspbrak runs a limousine company in New York City.

    エディー・カスブラークは、ニューヨーク市でリムジン会社を経営しています。

  • Stanley Uris is a partner at an accounting firm in Atlanta.

    スタン・ユーリスはアトランタの会計事務所のパートナーをやっています。

  • Beverly Marsh is a successful fashion designer living in Chicago and married to an abusive husband.

    ベバリー・マーシュは、シカゴ在住のファッションデザイナーとして成功しており、ひどい夫と結婚しています。

  • "This meeting of The Losers Club has officially begun."

    「ルーザーズクラブの会議は正式に始まった。」

  • Though most of the Losers Club moved away from Derry, one member stayed behind: Mike Hanlon, the orphan boy whose family's history is deeply tied to the violence and hatred brought on by Pennywise.

    ルーザーズクラブのほとんどはデリーから離れましたが、1人残ったメンバーがいた。ペニーワイズがもたらした暴力と憎しみに家族の歴史が深く関わっている孤児の少年であるマイク・ハンロンです。

  • Since Mike stayed in Derry, he sacrificed his own potential, because the creature's supernatural influence acts as a kind of suppressant.

    マイクはデリーに滞在して以来、自分の可能性を犠牲にしてきました。なぜなら、その生き物の超自然的な影響力が一種の抑圧として作用するからです。

  • Mike becomes the historian of the group, and of It.

    マイクはグループとイットについての歴史家になりました。

  • In King's novel, he keeps a detailed journal filled with research about what It is.

    キングの小説のなかでは、彼はイットが何であるかについての調査をたくさん記録しています。

  • When the creature's feeding cycle starts again, Mike is the person who reaches out to the other members of the Losers Club, reminding them of the oath they took and asking them to come back and help.

    この生物の摂餌周期が再開すると、マイクはルーザーズクラブの他のメンバーに連絡を取り、彼らが誓った誓いを思い出させて、戻ってきて助けてくれるように頼みます。

  • Without spoiling anything, we'll just say it's a life that definitely takes a toll on Mike.

    何も損なうことなく、マイクに負担を与える人生だと言えるでしょう。

  • Since It Chapter Two is a sequel, it obviously expands the world of the original film, and there are plenty of fresh faces in the movie, too.

    第2章は続編なので、明らかに原作の世界を広げ、映画の中にも新しい出演者もたくさんいます。

  • Well, maybe "fresh" isn't quite the word we're looking for here.

    「新しい」という言葉は、私たちがここで探している言葉とは違うかもしれませんが。

  • "But tell me, how is it being back in Derry?"

    「でもねえ、デリーに戻ってきてどう?」

  • While Bill Skarsgård will definitely be returning to play Pennywise the Dancing Clown, the film also features a frightening new form for the creature: Mrs. Kersh.

    ビル・スカルスガルドが再び『ペニーワイズ・ザ・ダンシング・クラウン』を演じることになるのは間違いないが、第2章には、この生き物にとって恐ろしい新たな姿であるカーシュ夫人も登場します。

  • She's a seemingly sweet elderly woman who lives in Beverly's old apartment and she's prominently featured in the film's first trailer.

    彼女はビバリーの古いアパートに住んでいて、一見優しい年配の女性で、映画の最初の予告編で大きく取り上げられています。

  • Despite initial appearances, she is not a friendly presence.

    初めての登場にもかかわらず、彼女は友好的な存在ではありません。

  • "I was always daddy's little girl."

    「私はいつもパパの小さな娘だった」

  • "What about you?"

    「あなたはどう?」

  • In the novel, three homophobic teenagers attack a gay man named Adrian Mellon, portrayed in It Chapter Two by actor, writer, and director Xavier Dolan.

    小説のなかでは、3人の同性愛嫌悪のティーンエイジャーが、俳優、作家、監督のザビエル・ドランが第2章で描いたエイドリアン・メロンという同性愛者の男性を襲います。

  • In the book, Mellon is thrown off a bridge and subsequently attacked and killed by Pennywise.

    さらに、メロンは橋から放り出され、ペニーワイズに攻撃されて殺されました。

  • This is one of the most disturbing scenes in King's massive novel, and it wasn't included in the 1990 miniseries adaptation.

    これはキングの壮大な小説の中で最も不穏な場面の一つであり、1990のミニシリーズの脚色には含まれていません。

  • But screenwriter Gary Dauberman has confirmed the hate crime will definitely be featured in It Chapter Two.

    しかし、脚本家のゲイリー・ドーバーマン氏は、憎悪犯罪が間違いなく、第2章に取り上げられることを認めています。

  • He told The Hollywood Reporter:

    彼は『ハリウッド・リポーター』にこのように語っている。

  • "It is the first attack in present-day Derry and sets the stage for what Derry has become."

    「これは現在のデリーで最初の攻撃であり、デリーがどのようになったかの舞台となります。」

  • "It's pure evil what happens to Adrian."

    「エイドリアンに起こることは純粋な悪です。」

  • "These bullies working through Pennywise was important for us to show."

    「ペニーワイズを通して働くこれらのいじめっ子たちは、私たちが見せるべき重要なものでした。」

  • It was a very dark movie, featuring a child murder in the first 10 minutes and a terrifying trip into the Derry sewers to fight the monster in the film's finale.

    非常に暗い映画で、最初の10分間に起きた殺人事件と、映画のフィナーレで怪物と戦うためにデリーの下水道に入っていく恐ろしい旅が特徴的です。

  • According to screenwriter Gary Dauberman, It Chapter Two effectively doubles down on the horror.

    脚本家のゲイリー・ドーバーマンによると、第2章は効果的に恐怖を倍増させています。

  • He told SyFy Wire:

    彼は『サイファイテレビ局』にこのように語っている。

  • "I think it's darker in a lot of ways than the first one."

    「第1章よりいろいろな部分で暗いと思います。」

  • "The two movies feel like a complete whole to me."

    「2つの映画は、私には全く欠けることがないように感じられます。」

  • According to Pennywise actor Bill Skarsgård, a lot of the horror stems from the villain's new mindset.

    ペニーワイズを演じたビル・スカルスガルドによると、恐怖の多くは悪役の新しい考え方に影響するという。

  • He wasn't killed by the Losers Club, but he was wounded and felt fear for the very first time in his life.

    ルーザーズクラブに殺されなかったが、彼は傷を負い、生まれて初めて恐怖を感じました。

  • Skarsgård told Entertainment Weekly:

    スカルスガルドは『エンターテインメント・ウィークリー』にこのように語っている。

  • "Fear fuels hatred and anger towards the kids, who will be adults in this one, so I think there might be an even more vicious Pennywise."

    「恐怖は、大人になる子供たちへの憎悪と怒りを煽るので、ペニーワイズはもっと悪質なものになるかもしれません。」

  • "He's really going after it."

    「彼は本当にIt(イット)を追いかけています。」

  • The first It recreated a number of key moments from King's novel, a famous sequence in which Beverly Marsh is tormented by Pennywise in her bathroom.

    最初の作品は、キングの小説の重要な瞬間をいくつか再現したもので、ベバリー・マーシュが彼女のバスルームでペニーワイズに苦しめられている有名なシーンです。

  • This results in gallons of blood shooting out of the sink that her father can't see.

    これにより、父親の目には見えない大量の血が流し台から流れ出てしまいます。

  • But the blood is clearly visible to the other members of the Losers Club, who clean every inch of the bathroom.

    しかし、バスルームの隅々まで掃除しているルーザーズクラブの他のメンバーには、血がはっきりと見えています。

  • It's a very bloody scene, but apparently It Chapter Two is going to be even bloodier.

    非常に血なまぐさいシーンだが、どうやら第2章はさらに血なまぐさいものになるらしいです。

  • Actress Jessica Chastain, who plays the adult Beverly Marsh, described an extremely gory sequence during an interview with Jimmy Fallon:

    大人のベバリー・マーシュを演じる女優のジェシカ・チャステインは、ジミー・ファロンとのインタビューの中で、非常に血なまぐさい場面を描写しました。

  • "There's a scene that someone said on set that it's the most blood that's ever been in a horror film, in a scene."

    「ホラー映画の中でこれまでで最も血塗られたシーンだと誰かがセットで言ったシーンがあります」

  • We don't know the context of the scene yet, but the first Chapter Two trailer does feature Beverly swimming through what seems to be a literal room of blood.

    シーンの前後関係はまだわかりませんが、第2章の最初の予告編では、文字通り血の部屋のように見えるところをビバリーが泳いでいるところが描かれています。

  • We'll find out for sure how much blood is being spilled when It Chapter Two lunges into theaters on September 6th.

    9月6日に公開される『イット第2章』で、どれだけの血が流れているかが明らかになるでしょう。

  • Check out one of our newest videos right here!

    最新の動画はこちらからチェックしてください!

  • Plus, even more Looper videos about It Chapter Two are coming soon.

    さらに、『ルーパー』の第2章についてのビデオも近く公開されます。

  • Subscribe to our YouTube channel and hit the bell so you don't miss a single one.

    ユーチューブチャンネルに登録して、通知を設定しておけば、1本も見逃すことがないですよ。

Stephen King's It is a wildly ambitious story, and there are plenty of details you may not be aware of, or things you've simply forgotten about the first installment.

スティーブン・キング氏の「It(イット)」は非常に野心的なストーリーで、あなたが知らないかもしれないたくさんの詳細や、初見で単に忘れてしまったことがたくさんあります。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 デリー 小説 マイク シーン キング 映画

『It(イット)第2章』を見る前にこの動画を見て (Watch This Before You See It Chapter Two)

  • 5034 174
    Estelle に公開 2019 年 09 月 20 日
動画の中の単語