Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • (upbeat music)

    (アップビートなBGM)

  • - Hello everyone and welcome back to English With Lucy.

    - 皆さん、こんにちは。English With Lucy へようこそ。

  • Today we're going to be discussing the word goodbye

    今回のテーマは、”good bye” という表現について、

  • and why you need to stop using it.

    それから、どうしてこの表現を使うのをやめなければいけないのかについてです。

  • Believe it or not, we hardly ever say goodbye.

    信じられないかもしれませんが、私たちはほとんど ”good bye” と言いません。

  • It's something that just doesn't roll off the tongue

    簡単に口をついて出るような表現ではないし、

  • and it sounds quite formal.

    かなり堅苦しく聞こえるんです。

  • You might see it written down or hear it in films,

    (何かの)文章で目にしたり、映画で耳にすることがあるかもしれませんが、

  • but on a general day to day basis, you won't hear goodbye.

    一般的に、日常生活で ”good bye” を耳にすることはありません。

  • In this video,

    この動画では、

  • I am going to give you loads of alternatives to goodbye.

    ”good bye” の代わりになる表現を色々とお教えしますね。

  • I'm going to give you casual and slang ones

    お教えするのは、くだけた表現やスラングなど、

  • that you can use with friends and family,

    友人や家族に対して使えるものです。

  • and I'm also going to give you more formal ones,

    それから、もう少しフォーマルなもの、

  • more old-fashioned ones,

    やや古風なもの、

  • and ones that you can use in business situations.

    ビジネスなどで使える表現もです。

  • I will also try to differentiate

    そして、違いもお教えしようと思います。

  • between American and British English as I know

    アメリカ英語とイギリス英語の違いです。

  • some of you find that really interesting and helpful.

    とても面白いし、役に立ちますからね。

  • So this video is perfect for improving your vocabulary,

    ということで、今回の動画は、皆さんの語彙力をアップさせるのに理想的な回ですよ。

  • but if you want to improve your listening

    ただし、リスニング力を向上させたい場合、

  • and pronunciation even further,

    それに発音をもっと良くしたい場合は、

  • I highly recommend the special method

    すごくおすすめの特別な学習方法があるんです。

  • of combining reading actual books

    実際に本を読むのと同時に、

  • with listening to audio books.

    オーディオブックを聴くというものです。

  • Let me explain this method.

    この方法について説明させてもらいますね。

  • Take a book that you have already read in English

    今までに読んだことのある英語の本を1冊選びます。

  • or a book that you would like to read in English.

    もしくは、読んでみたいなと思う英語の本です。

  • I've got loads of recommendations

    おすすめの本はたくさんありますよ。

  • in the description box down below,

    この下の詳細説明欄にね。

  • and read that book

    そして、その本を読んでください。

  • whilst listening to the audiobook version.

    同時にオーディオブック版の音声を聴くんです。

  • It sounds excessive, but it works.

    やり過ぎだなって思うかもしれませんが、効果ありですよ。

  • Reading alone will not help you

    ただ読むだけでは上達しません。

  • with your pronunciation in English

    英語の発音に関してはね。

  • because most frequently, how a word is written

    なぜなら、ほとんどの場合、文字で書かれた単語と

  • does not correspond with how a word is pronounced.

    その単語の発音は一致しないからです。

  • Look at they're, there and their, for example,

    例えば、 ”they're”、 ”there”、 ”their” を見てみてください。

  • they are all spelled differently,

    ぜんぶ、つづりは違うのに、

  • but all pronounced in the same way.

    発音はすべて同じなんです。

  • Reading a book alone will not show you that.

    ただ本を読むだけでは、それが分からないんです。

  • However, if you then introduce an audio book,

    でもそこで、オーディオブックを使えば、

  • you will start to learn these differences

    その違いが分かるようになるんです。

  • and you will start to learn the pronunciation of words.

    そして、単語の発音を学ぶことができるんです。

  • If you listen to a word, as you read it,

    単語を読みながら、その発音を聞けば、

  • your brain will start to make the connections

    脳がその2つをつなげてくれます。

  • and next time you see that word,

    そして、次にその単語を見たら、

  • you'll know how to pronounce it,

    その単語の発音の仕方が分かるし、

  • and next time you hear that word,

    次にその単語の発音を耳にしたら、

  • you will know how to spell it.

    つづりがどんなかが分かります。

  • It is such an effective method

    とても効果的な方法なんです。

  • and the best part is that you can get one free audiobook,

    何よりも素晴らしいのは、無料のオーディオブックを読むことができること。

  • that's a 30-day free trial on Audible

    Audibleなら、30日間無料で試聴できるんです。

  • if you click on the link in the description box and sign up,

    詳細説明欄のリンクをクリックしてサインアップすれば、

  • then you can download one of my audio book recommendations.

    私がおすすめするオーディオブックを1つダウンロードすることができます。

  • Give it a try, it works.

    試してみてください。効果ありますよ。

  • Right, let's get started with the lesson.

    よし、それではレッスンを始めましょう。

  • I'm going to begin with casual ways of saying goodbye.

    まずは、くだけた言い方の ”good bye” から。

  • The first one I think most of you will know it is bye.

    1つ目の表現は、ほとんどの人がご存知だと思います。 ”Bye /baɪ/ [バイ]” です。

  • Bye on its own is really frequently used.

    ”Bye” は、それだけで本当によく使われます。

  • It's just so easy to say

    言うのもすごく簡単だし、

  • and it's a word you can say with a smile.

    笑顔で言える表現です。

  • Bye, bye.

    バーイ!バーイ!

  • Number two, and it's an extension of that

    2つ目。1つ目を長くしたバージョンで、

  • is bye-bye or buh-bye.

    ”bye-bye /bʌɪˈbʌɪ/ [バイバイ]”、 もしくは、”buh-bye /bəbaɪ/ [ババイ]” です。

  • Now we use this in a different situation

    さて、この表現は少し違った状況で使います。

  • to just bye on its own.

    ”bye” だけの時とはね。

  • And it's important that you know this,

    その違いを知っておくことが大切なんです。

  • bye-bye is a little more cute

    ”bye-bye” の方が少し可愛らしい感じ。

  • and little more childish and infantile.

    そして、少し子どもっぽい、幼い感じです。

  • It's something you'd likely say to a child, "bye-bye !"

    子どもさんなんかに使うような感じです。「ババーイ!」って。

  • However we do use it sometimes

    ですが、私たち(大人同士でも)使うことはあります。

  • if we're trying to be very cute or friendly,

    可愛らしく見せたかったり、フレンドリーな感じにしたい時なんかは。

  • bye-bye, see you.

    ”バイバーイ!またね!”

  • That brings me onto my next one, which is see you later.

    続いての表現にいきましょう。”See you later /siː juː leɪtə/ [スィー ユー レイター](=また会いましょう)” です。

  • See you later, we often say see ya instead of see you.

    ”See you later” は、よく”see ya /siː.jə/ [スィー ヤ]” と言います。”see you” という代わりにね。

  • See you later.

    ”See you later. [スィー ユー レイター]”

  • This is one that we say if we already have plans

    この表現が使われるのは、すでに予定が決まっている場合です。

  • to see someone again in that same day.

    その日にその人にもう一度会うという予定。

  • If we don't have plans, we can say number four

    そういった予定が決まっていない場合は、4つ目の表現を使うことができます。

  • which is, see you soon.

    それは、”See you soon. /siː juː suːn/ [スィー ユー スーン](=近いうちに会いましょう)” です。

  • If you want to be really casual, you can use number five

    本当にくだけた感じにしたいなら、5つ目の表現が使えます。

  • which is just see ya and that is very, very informal.

    それは、シンプルに ”See ya” だけ。これは、かなりくだけた感じです。

  • Now, number six is a little bit more advanced.

    それでは6つ目。これは少し上級者向けです。

  • You will look really good

    すごくかっこいいですよ。

  • if you use this around a native speaker.

    ネイティブの人の中でこの表現をできたらね。

  • This one is, I'm heading off!

    それは、”I'm heading off /ɑɪm hɛdɪŋ ɔf/ [アイム ヘディンg オf](もう行くね)” です!

  • This is a good way to start to leave an event

    これは、その場を立ち去るのに良い表現。

  • that you do want to be at anymore.

    それ以上とどまっていたくないな、みたいな場合ですね。

  • To head off is a phrasal verb meaning to begin to leave,

    ”head off” は、「去ろうとする」 という意味の動詞句です。

  • to head off.

    立ち去るということ。

  • Saying, oh, I'm heading off, I'll see you soon,

    ”Oh, I'm heading off, I'll see you soon (=あぁ、もう行くね。またね!)”という言い方は、

  • is a great way to start the goodbye process

    別れを切り出すのに有効的な方法です。

  • which we all know can be a little lengthy.

    ただこれは、ちょっと長い感じがしますね。

  • A shortened down version of that,

    これを短くしたバージョンが、

  • number seven, is just "I'm off". "Right, I'm off. See you."

    7つ目。 ”I'm off /ɑɪm ɔf/ [アイム オf]” だけです。”Right, I'm off. See you!(=よし、行くわ。またね!) ”

  • That's very casual again.

    これも、とてもくだけた言い方です。

  • Another one that we can use which is very British,

    他にも1つ、使える表現があるのですが、それはすごくイギリス的。

  • is I'm going to make a move or I've got to make a move.

    ”I'm going to make a move /ɑɪm gə́uiŋ tə meɪk ə muːv/ [アイム ゴゥインgタ メイクァムーヴ]” か、”I've got to make a move /aɪv gɔt tə ~/ [アイヴゴッタ メイクァムーヴ]” と言います。

  • To make a move is to leave.

    ”make a move” が立ち去るということです。

  • I need to make a move.

    ”I need to make a move. (=もう行かなきゃ。)”

  • In America, they're more likely to say,

    アメリカでは、こんなふうに言うことが多いです。

  • I'm going to make tracks or I've got to make tracks

    ”I'm going to make tracks /~trǽks/ [アイム ゴーインタ メイクァ tラックs]” とか、”I've got (/gat/) to make tracks. [アイヴ ガッタ メイク tラックs]”と言い、

  • and that means to drive away.

    「車で去る」という意味です。

  • "You're making tracks with your car."

    」「あなたは自分の車で帰るんだね。」

  • All of these phrases are normally preceded with, ”right”.

    たいていこれらの表現はみんな、”right/rʌɪt/ [wライt](=それでは)” という言葉の後に続けられます。

  • You say "Right", as you're getting up, "Right, I'm off".

    立ち上がりながら、”Right” と言います。 ”Right, I'm off. (=よし、行くね。)”

  • Right, I'm going to make tracks.

    「よし、じゃ、そろそろ行くね。」

  • Another one, again, very British

    もう1つ。これも、すごくイギリス的。

  • is, oh, I've got to get going, I've got to get going.

    ”Oh, I've got to get going /aɪv gɔt tə get gə́uiŋ/[アイヴ ゴッタ ゲッt ゴゥインg](=もう行かなくちゃ)” です。”I've got to get going.”

  • Practise that one on your own a couple of times

    ご自分でも2回ずつ繰り返して要って練習してみてください。

  • because I've got to get going, I've got to get going

    ”I've got to get going, I've got to get going” って、

  • is quite a tongue twister, twister.

    ”Tongue twister (=口が回らない)”ですよね。”Twister?”

  • Oh! I can't believe the word tongue twister

    信じられないけど、”tongue twister” という表現が

  • was a tongue twister for me, that is hilarious.

    私にとって、言いにくい表現なんです。恥ずかしい。

  • (laughing)

    ハハハハ!

  • Okay, number 11 is "I must be going".

    さて、11番目は、”I must be going. /ai mʌst biː gə́uiŋ/ [アイ マスt ビー ゴゥインg] (=もう行かなきゃ)” です。

  • "Oh, what's the time? I must be going.” "I must be off."

    「今何時?」 ”I must be going. [アイ マスt ビー ゴゥインg]” ”I must be off /ai mʌst biːɔf [アイ マスt ビー オf]/(=もう出なくちゃ)”

  • A very American one is I (I've) gotta take off,

    ものすごくアメリカ的なのが、”I (I've) gotta take off. /aɪ(aɪv) ɡɑtə teɪk ɔf/[アイ(アイヴ) ガタ テイk オf] (=急いで行かなきゃ)” です。

  • I've gotta take off.

    ”I (I've) gotta take off. [アイ(アイヴ) ガタ テイk オf]”

  • In British English, take off is really for clothes,

    イギリス英語で ”take off” は本来、衣服に使います。

  • to take off your clothes and to take off as an aeroplane,

    衣服を脱ぐことや、それから、飛行機が離陸するということです。

  • An aeroplane takes off”.

    「飛行機が離陸する。」

  • But in America that means to leave as well.

    ですが、アメリカでは、「立ち去る」という意味でも使われるんです。

  • 14, very, very casual is "Have a good one",

    14番。すごく、すごく、くだけた表現で、”Have a good one /hav ə gud wʌn/ [ハヴァ グゥd ワン]” と言い、

  • and that means "have a good day".

    「良い1日を」という意味です。

  • But it's very warm and friendly. "Have a good one."

    そして、とても温かでフレンドリーな言い方です。”Have a good one. [ハヴァ グゥd ワン] ”

  • And the last one, number 15 is "talk to you later".

    そして最後。15番目は、”Talk to you later /tɔːk tə juː leɪtə/ [トーk タユゥ レイター](=また話そうね)” です。

  • "Talk to you later."

    ”Talk to you later. [トーk タユゥ レイター]”

  • It's a bit of an extension of, see you later.

    これは、”see you later” の意味を少し広げた感じです。

  • "Talk to you later" implies that you might send a text

    ”Talk to you later” には、メールやメッセージを送るかもしれないという意味が含まれています。

  • or make a phone call to them later that day.

    もしくは、その後、その日のうちに電話をするかもしれないということ。

  • Right, let's talk about formal professional and old-fashioned ways

    では、ビジネスやフォーマルな場面での言い方と、少し古い言い方で表す、

  • of saying goodbye in English.

    英語での別れ際の言葉です。

  • The first one is very American

    1つ目は、すごくアメリカ的で、

  • and it's used in business or service situations.

    ビジネスや、接客などの場で使われます。

  • It's, "Have a great day", "You have a great day".

    それは、”Have a great day /hav ə ɡreɪt deɪ/[ハヴァ グレイt デイ](=良い1日を)” です。

  • And I was so surprised when I went to the USA

    私、アメリカに行ったときすごく驚いたんです。

  • because everyone wanted me to have a great day.

    みんなが、私の1日が良い日になって欲しいって言うから。

  • And on the first couple of times

    最初の2回くらいは、

  • I'm just like, oh that's nice.

    ただ、素敵だなと思ったけど、

  • And then just when I realised that everyone said it,

    それから、みんなそう言うんだって気づいて、

  • I realised that no one really wanted me to have a great day.

    誰も本気で私の1日が良くなるよう願っているわけではないって分かったの。

  • The British version of this would be, "have a lovely day".

    この表現のイギリス版は、”Have a lovely day. /hav ə lʌvli deɪ [ハヴァ ラヴリィ デイ]/” ですね。

  • And that is slightly more sincere.

    そして、ちょっとだけアメリカ版よりも心がこもっている感じ。

  • We don't use it as often so it sort of means more.

    そんなにしょっちゅうは使わないので、もっと、本心から言っている感じです。

  • An alternative to this is "take care", or "you take care",

    これに代わる表現は、”Take care/teɪk kɛː/ [テイk ケァ](=お気をつけて)” や、”You take care /juː teɪk kɛː/[ユゥ テイk ケァ]”、

  • or "you take care now", and that's quite warm and friendly.

    もしくは ”You take care now /juː teɪk kɛː nau//[ユゥ テイk ケァ ナゥ]” で、かなり温かでフレンドリーです。

  • If you want to say goodbye to somebody

    誰かに別れを言いたい時、

  • that's going on a journey or is driving away,

    それが、旅の途中だったり、車で立ち去る場合は、

  • you can say "have a safe journey"

    ”Have a safe journey //hav ə seɪf dʒəːni [ハヴァ セイf ジャーニィ](=安全な旅を)/” や、

  • or "have a good journey", that's British,

    または、”Have a good journey /hav ə gud dʒəːni/ [ハヴァ グゥd ジャーニィ](=良い旅を)”と言います。これはイギリスの表現。

  • and in American English, they're quite likely

    そしてアメリカ英語では、たいていの場合

  • to say, "drive safe" or "you drive safe now".

    ”Drive safe /drʌɪv seɪf/ [dライヴ セイf] (=安全運転でね)”とか、 ”You drive safe now /juː drʌɪv seɪf nau/ [ユゥ dライヴ セイf ナゥ]” と言います。

  • Number five, more formal, "it was nice to see you",

    5つ目はもっとフォーマルな表現で、”it was nice to see you /ɪt wəz náis tə siː juː/[イッt ワz ナイス タ スィー ユー](=お会いできて良かったです。)”、

  • or "it was nice seeing you".

    あるいは、”it was nice seeing you /ɪt wəz náis siːɪŋ juː/[イッt ワz ナイス スィーインg ユー]/” です。

  • Either or, "nice to see" or "nice seeing".

    ”Nice to see” か、”nice seeing” のどちらかです。

  • If you've just met the person for the first time,

    もし相手の人が初めて会ったばかりの人なら、

  • "it was nice to meet you", "it was lovely meeting you".

    ”it was nice to meet you” か、”It was lovely meeting you” となります。

  • Nice and lovely are interchangeable, of course.

    ”Nice” と ”lovely” は、もちろん入れ替え可能です。

  • The next one, very, very posh.

    続いての表現は、上流階級の言い方。

  • This is very old-fashioned is "farewell".

    これはとても古い言い方で、”farewell /fèərwél/[フェァウェル](=ごきげんよう・さらば)” と言います。

  • You might see this one in books and movies set in the past.

    この表現は、本や昔の映画などで読んだり聞いたりしたことがあるかもしれませんね。

  • We don't tend to use it now,

    今はもうあまり使いませんが、

  • but I think it's important for you to understand it.

    理解しておくのは大切だと思いますよ。

  • Another old-fashioned one is, "tara".

    もう1つの古い言い方は、”tara /tærɑ/[タラ](=ウェールズ語のさよなら)” です。

  • Now this is slang but it's very old-fashioned,

    さてこれは、スラングでもありますが、すごく古い表現でもあります。

  • so I put it in this list.

    なので、今回お教えするリストに入れました。

  • Older people might say "tara"

    年配の方たちが ”tara [タラ]” と、

  • to you, which means goodbye, obviously,

    あなたに言うかもしれません。そしてそれは、間違いなく 「さよなら」 の意味です。 

  • 'cause it's in this video.

    この動画で紹介しているから分かりますね。

  • And another one is "tata" or "tata for now".

    それから、もう1つ。 ”tata /tata/[タタ]” あるいは、”tata for now /tata fər nau/[タタ フォァ ナウ]” です。

  • And again, very old-fashioned and a little bit posher.

    そしてこれも、すごく古い言い方で、少し上流階級の表現です。

  • The last one.

    最後の表現です。

  • if you want somebody to keep in contact with you,

    相手の人と連絡を取り続けたいと思っている時は、

  • you can say "stay in touch".

    ”stay in touch /steɪ ɪn tʌtʃ/[ステイ イン タッチ](=連絡を取り合おう)” と言うことができます。

  • And that's a nice way of ending a conversation.

    会話の締めくくりとして、すてきな表現ですよね。

  • That's the end of this lesson, I hope you enjoyed it

    これで今日のレッスンは終了です。楽しんでいただけたなら幸いです。

  • and I hope you learned something, I really hope you did

    そして、何か習得したものがあればと思います。本当に。

  • because I gave you a lot of vocabulary there.

    今回は、たくさんの表現をご紹介しましたから。

  • Don't forget to download your free audiobook.

    どうか、無料のオーディオブックをダウンロードすることをお忘れなく。

  • The link is in the description box

    オーディオブックのリンクは詳細説明欄にあります。

  • along with my audiobook and book recommendations.

    私のオーディオブックとおすすめの本と一緒にね。

  • And don't forget to connect with me

    それから、私ともつながっていてくださいね。

  • on all of my social media.

    私が利用しているソーシャルメディアからお願いします。

  • I've got my Facebook, I've got my Instagram,

    フェイスブックや、インスタグラム、

  • and I've got my Twitter.

    ツイッターもやっています。

  • And I shall see you soon for another lesson.

    それでは、またレッスンでお目にかかりましょう。

  • Audiobook that you have already read in any--

    前に読んだことのあるオーディオブック…

  • I have not thought of crazy frog in like five years.

    クレイジーフロッグ(マスコットキャラクター)のことなんか5年くらい考えたことなかった~。

  • Just, wow.

    ただ、もう…

  • A long time ago, wasn't it?

    ずいぶん前じゃない?

  • Right, let's get started with the lesson.

    では、レッスンを始めましょう。

  • I'm going to begin with casual phrases.

    くだけたヒャウゲンからはじめていき…ん…、

  • (laughing)

    フフフフ

  • So casual, I can't even say the R.

    すごくくだけた…。”r” すらうまく言えな~い。

  • (upbeat music)

    (アップビートなBGM)

(upbeat music)

(アップビートなBGM)

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 表現 くだけ オーディオ ブック すごく 発音

GOODBYEは言わないで! - 私たちはもうこれを言いません。代わりに言う。 (DO NOT SAY 'GOODBYE!' - We DON'T say this anymore! Say instead:)

  • 531 26
    Sophie に公開 2021 年 01 月 14 日
動画の中の単語