Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • I have a friend named Kaveh Akbar, who is a fellow poet.

    翻訳: Yasushi Aoki 校正: Moe Shoji

  • And Kaveh found this photo online

    私の友達にカヴァ・アクバルという 詩人がいるんですが

  • of the anatomical heart of a blue whale

    彼がネットで シロナガスクジラの 心臓の解剖写真を見つけました

  • that scientists had hung on a hook from the ceiling,

    科学者が天井のフックに 吊り下げたもので

  • which is how they were able to observe that the heart of a blue whale

    そうやって シロナガスクジラの心臓が

  • is big enough that a person can stand up fully inside of it.

    中に大人が立てるくらいに 大きいことを示していました

  • And when Kaveh shared this photo online,

    カヴァはその写真に

  • he did so with the caption,

    こんなコメントを付けて ネットで共有しました

  • "This is another reminder

    「これが思い起こさせるのは

  • that the universe has already written the poem you were planning on writing."

    お前の書こうとしている詩は 宇宙が既に書いているということだ」

  • And when I first saw that, I was horrified.

    それを最初見たとき 愕然としました

  • I was like, "Come on, man! I'm trying to invent new metaphors!

    「冗談じゃないわ! 私は新しい喩えを作ろうとしている!

  • I'm trying to discover beauty that hasn't been discovered yet.

    まだ発見されていない美を 見つけようとしている!

  • What do you mean, the universe is always going to get there before me?"

    宇宙がいつも先回りしているって どういうこと?」

  • And I know this isn't a uniquely poet problem,

    これが詩人固有の 問題じゃないのはわかるけど

  • but on days when the world feels especially big

    世界がことさら大きく

  • or especially impossible

    ことさらあり得なく

  • or especially full of grandeur,

    ことさら深遠さに満ちてるように 思えるときには

  • those are the days when I feel,

    「自分にどんな貢献が できるっていうんだろう?」と感じます

  • "What do I possibly have to contribute

    しばらく前に 皆さんも見たかもしれない ある映像に目を止めました

  • to all of this?"

    2ヶ月おきくらいに ネットに出回ります

  • Not long ago, I saw this video that some of you may have seen.

    ムクドリという鳥が

  • It makes the internet rounds every couple of months.

    群舞している姿—

  • There are these birds that are called starlings,

    大きな群れで 飛んでいるところで

  • and they fly in what's called a "murmuration,"

    誰かが たまたま携帯で

  • which is generally just a big cloud of birds.

    その飛ぶムクドリの群れを ビデオに収めていました

  • And someone happened to catch a quick video on their phone

    最初は はっきりした形のない 塊だったのが

  • of these starlings flying.

    あるところで鳥たちが さっと動いて

  • And at first, it's just an amorphous blob,

    空に形を作るんです

  • and then there's a moment where the birds shift,

    飛んでいるムクドリの形を!

  • and they form the shape of a starling

    (笑)

  • in the sky!

    それを見た瞬間 感じました

  • (Laughter)

    「お前の書こうとしている詩は 宇宙が既に書いている!」と

  • And as soon as I saw it, I was like,

    (笑)

  • (Gasps) "The universe has already written the poem

    でも このときは 絶望には襲われず

  • you were planning on writing!"

    こう 思ったんです

  • (Laughter)

    そう 何か新しいものを作り出すのは 自分の仕事ではないのかもしれない

  • Except, for the first time, it didn't fill me with despair.

    自分の仕事は 宇宙が示してくれるものに 耳を澄ませ

  • Instead, I thought, "OK.

    宇宙が与えてくれるものに 心を開くことなのかも

  • Maybe it's not my job to invent something new.

    自分の番になったとき

  • Maybe instead it's my job to listen to what the universe is showing me

    何かを光にかざせるように

  • and to keep myself open to what the universe offers,

    ただ一時でも

  • so that when it's my turn,

    私にある間だけでも—

  • I can hold something to the light,

    お前の書こうとしている詩は

  • just for a moment,

    宇宙が既に書いている

  • just for as long as I have.

    だから お前には何もできず ただ指さすだけ

  • The universe has already written the poem

    ムクドリたちの体が 舞い上がり舞い降りるのを

  • that you were planning on writing.

    その生まれ持った 振り付けに従い

  • And this is why

    群れをなして空を飛ぶ はためくカーテンになって

  • you can do nothing but point at the flock of starlings

    1つの強烈な瞬間に

  • whose bodies rise and fall in inherited choreography,

    まごうかたなき 形を作るのだ

  • swarming the sky in a sweeping curtain

    空に羽ばたく 巨大な鳥の姿を

  • that, for one blistering moment,

    お前が口を丸くするのは そのためだ

  • forms the unmistakeable shape

    驚きからではない

  • of a giant bird

    続いて 口をつく言葉は

  • flapping against the sky.

    「ああ 当たり前じゃない」

  • It is why your mouth forms an "o"

    当たり前じゃない シロナガスクジラの 心臓は家くらいに大きく

  • that is not a gasp,

    大人が立てるほどの 部屋があるのは

  • but rather, the beginning of,

    当たり前じゃない イチジクができるのは

  • "Oh. Of course."

    メスバチが花の中に卵を生み

  • As in, of course the heart of a blue whale is as large as a house

    死んで分解するからなのは

  • with chambers tall enough to fit a person standing.

    果実は彼女の変容の 証拠なのだ

  • Of course a fig becomes possible

    時に詩はあまりにまぶしく

  • when a lady wasp lays her eggs inside a flower,

    お前の愚かな言葉に 馴染まない

  • dies and decomposes,

    時に詩はあまりに真実で

  • the fruit, evidence of her transformation.

    誰も信じようとしない

  • Sometimes, the poem is so bright,

    私は鳥でできた鳥

  • your silly language will not stick to it.

    この白い心臓は 中に人が入れる家

  • Sometimes, the poem is so true,

    私はここで死のうとしている

  • nobody will believe you.

    この花の中で

  • I am a bird

    それは構わない

  • made of birds.

    それが私の ここにいる理由だから

  • This blue heart a house you can stand up inside of.

    この果実を 受け取ってほしい

  • I am dying

    それが私に差し出せるもの

  • here

    それは最初でも 最高でもないかもしれないけど

  • inside this flower.

    それが 私がここに 生きたと言える—

  • It is OK.

    唯一の方法だから

  • It is what I was put here to do.

    (拍手)

  • Take this fruit.

  • It is what I have to offer.

  • It may not be first,

  • or ever best,

  • but it is the only way to be sure

  • that I lived at all.

  • (Applause)

I have a friend named Kaveh Akbar, who is a fellow poet.

翻訳: Yasushi Aoki 校正: Moe Shoji

字幕と単語

B1 中級 日本語 宇宙 シロナガスクジラ 書こう 心臓 群れ 当たり前

【TED】サラ・ケイ: 鳥でできた鳥 ("A Bird Made of Birds" | Sarah Kay)

  • 128 3
    林宜悉   に公開 2019 年 07 月 23 日
重要英単語

前のバージョンに戻す