Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • A close encounter with a man-eating giant,

    人食い巨人との接近遭遇

  • a sorceress who turns men into pigs,

    人間を豚に変えてしまう魔女

  • a long-lost king taking back his throne.

    長年 行方知れずだった王が 玉座を奪還

  • On their own, any of these make great stories,

    どれ一つとっても 壮大な物語ですが

  • but each is just one episode in the "Odyssey,"

    『オデュッセイア』という 1万2千行からなる長編の

  • a 12,000-line poem spanning years of Ancient Greek history, myth, and legend.

    古代ギリシャの歴史と神話と伝説の 長い年月を詠った叙事詩の一コマにすぎません

  • How do we make sense of such a massive text

    非常に遠く離れた世界で作られ 遠い世界を描いた

  • that comes from and tells of a world so far away?

    このような膨大な詩を理解するには どうしたら良いでしょうか?

  • The fact that we can read the "Odyssey" at all is pretty incredible,

    私達が『オデュッセイア』を 読めること自体驚くべきことです

  • as it was composed before the Greek alphabet appeared in the 8th century BCE.

    ギリシャ語アルファベットが現れる 紀元前8世紀以前に作られた詩だからです

  • It was made for listeners rather than readers,

    詩は 「黙読」のためではなく 「聞く」ために創作され

  • and was performed by oral poets called rhapsodes.

    「rhapsodes(吟遊詩人)」と呼ばれる 語り手の詩人が朗読しました

  • Tradition identifies its author as a blind man named Homer.

    言い伝えでは 作者はホメロスという 盲目の人物とされています

  • But no one definitively knows whether he was real or legendary.

    でも ホメロスが実在したかどうか 誰にも分かりません

  • The earliest mentions of him occur centuries after his era.

    ホメロスについての記述が最初に現れるのは 本人の活動時期よりも数世紀後です

  • And the poems attributed to him seem to have been changed

    しかも ホメロスの作とされる詩は

  • and rearranged many times by multiple authors

    複数の作家によって何度も 変更編集された後

  • before finally being written down in their current form.

    最後に 現在の形に 書き留められたのです

  • In fact, the word rhapsode means stitching together,

    「rhapsode」の意味は 縫い合わせること —

  • as these poets combined existing stories, jokes, myths, and songs

    詩人たちは 元の物語、ジョーク、神話、歌を

  • into a single narrative.

    つなぎ合わせて 一つの物語として詠いあげたのです

  • To recite these massive epics live,

    このような長編の叙事詩を ライブで朗読するために

  • rhapsodes employed a steady meter,

    吟遊詩人たちは 決まった韻律を使い

  • along with mnemonic devices,

    覚えた詩行や決まり文句を繰り返すという 記憶術を併用しました

  • like repetition of memorized passages or set pieces.

    この中には 情景描写や 登場人物目録も含まれ

  • These included descriptions of scenery and lists of characters,

    詩人が物語のどの部分か 見失わないようする働きを持っています

  • and helped the rhapsode keep their place in the narrative,

    丁度 歌のコーラスや間奏を聞くと 次の歌詞を思い出すようにです

  • just as the chorus or bridge of a song helps us to remember the next verses.

    物語のほとんどが 聴衆にとって お馴染みのものであり

  • Because most of the tales were familiar to the audience,

    詩の中の節をバラバラに聴くのが 一般的でした

  • it was common to hear the sections of the poem out of order.

    でもある時点で 順番が確定し

  • At some point, the order became set in stone

    今日読まれている部分に 定着しました

  • and the story was locked into place as the one we read today.

    でも ここ数千年の間に 世の中も少し変化したので

  • But since the world has changed a bit in the last several thousand years,

    少し背景知識があると 詩の世界に入りやすくなります

  • it helps to have some background before jumping in.

    『オデュッセイア』はホメロスの もう一つの有名な叙事詩『イリアス』の続編です

  • The "Odyssey" itself is a sequel to Homer's other famous epic, the "Iliad,"

    『イリアス』はトロイア戦争の物語です

  • which tells the story of the Trojan War.

    2つの叙事詩をつなぐ 1つの大きなテーマがあるとすればそれは

  • If there's one major theme uniting both poems, it's this:

    「いかなる状況下であっても 神々の怒りを買ってはならない」です

  • do not, under any circumstances, incur the wrath of the gods.

    ギリシャ神話の世界は 神々の力と 人間のもろさの入り混じる

  • The Greek Pantheon is a dangerous mix of divine power and human insecurity,

    壮大なスケールで妬みや恨みが 渦巻く危険地帯です

  • prone to jealousy and grudges of epic proportions.

    そして 詩の中で人間が直面する 問題の原因は「ヒュブリス」 すなわち

  • And many of the problems faced by humans in the poems are caused by their hubris,

    人間が神々に勝ると思い込む 過剰な自尊心です

  • or excessive pride in believing themselves superior to the gods.

    神々を喜ばせたい という欲望があまりにも強いため

  • The desire to please the gods was so great

    古代ギリシャ人は 昔から 気前よく よそ者を

  • that the Ancient Greeks traditionally welcomed all strangers

    家に招き入れたものでした

  • into their homes with generosity

    それは よそ者が 人間に身をやつした 神かもしれないと恐れてのことでした

  • for fear that the strangers might be gods in disguise.

    おもてなしをするという この古代の 行動規範を「クセニア」と言いました

  • This ancient code of hospitality was called xenia.

    それは 亭主は客人に 安全と食事とくつろぎを提供し

  • It involved hosts providing their guests with safety, food, and comfort,

    客人は返礼として 礼儀を尽くし 持ち合わせがあればギフトを贈るというものです

  • and the guests returning the favor with courtesy and gifts if they had them.

    『オデュッセイア』でクセニアは 重要な役割を持っています

  • Xenia has a significant role in the "Odyssey,"

    物語の中で放浪中のオデュッセウスは 長逗留の客人であり

  • where Odysseus in his wanderings is the perpetual guest,

    夫不在中の賢妻ペネロペイアは ずっと亭主役を務めています

  • while in his absence, his clever wife Penelope plays non-stop host.

    『オデュッセイア』はオデュッセウスの 何年にもわたる旅を全て語ります

  • The "Odyssey" recounts all of Odysseus's years of travel,

    でも物語部は 前置きなしで いきなり始まります

  • but the narrative begins in medias res in the middle of things.

    トロイア戦争の10年後 我らが英雄は島に取り残され

  • Ten years after the Trojan War, we find our hero trapped on an island,

    彼の故郷イタカや 20年会っていない家族の話はずっと先です

  • still far from his native Ithaca and the family he hasn't seen for 20 years.

    元はと言えば 海神ポセイダオンの息子 巨人キュクロプスを盲目にして海神の怒りを買い

  • Because he's angered the sea god Poseidon by blinding his son, a cyclops,

    オデュッセウスの帰路は 不運な出来事だらけ

  • Odysseus's passage home has been fraught with mishap after mishap.

    故郷ではトラブルが起こりつつあり 神々は彼の運命を語り合い

  • With trouble brewing at home and gods discussing his fate,

    オデュッセウスは 島の亭主に 自らの失われた年月を語り始めます

  • Odysseus begins the account of those missing years to his hosts.

    『オデュッセイア』の一番の魅力の1つは

  • One of the most fascinating things about the "Odyssey"

    物語の繰り広げられる期間についての 私たちの知識の乏しさと

  • is the gap between how little we know about its time period

    テキストそのものに含まれた ディテールの豊かさとの間のギャップです

  • and the wealth of detail the text itself contains.

    歴史学者、言語学者、考古学者たちが

  • Historians, linguists, and archeologists

    何世紀もかけて トロイア遺跡を探し求め

  • have spent centuries searching for the ruins of Troy

    オデュッセウスが訪れた 島の特定を試みました

  • and identifying which islands Odysseus visited.

    物語の英雄と同じく

  • Just like its hero, the 24-book epic has made its own long journey

    24巻もの叙事詩は 何世紀にもわたる神話と歴史の長い旅を経て

  • through centuries of myth and history

    現代なおも 驚くべき物語を語ってくれます

  • to tell us its incredible story today.

A close encounter with a man-eating giant,

人食い巨人との接近遭遇

字幕と単語

B1 中級 日本語 オデュッセイア 物語 オデュッセウス ホメロス 神々 詩人

Everything you need to know to read Homer's "Odyssey" - Jill Dash

  • 1258 31
    asd851112   に公開 2019 年 07 月 24 日
動画の中の単語

前のバージョンに戻す