Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • This was one of the biggest volcanic explosions in history.

    これは史上最大の火山爆発の 1 つでした。

  • Daybreak and Mount Pinatubo bursts angrily into life again.

    夜明けにピナトゥボ山が再び怒り狂いました。

  • It happened on June 15th, 1991 in the north-west of the Philippines.

    1991 年 6 月 15 日にフィリピンの北西で起こりました。

  • It was so powerful it produced a gas cloud that reached the stratosphere.

    非常に強力だったため、ガス雲が発生して成層圏に達しました。

  • The explosion caused a lot of damage locally, but the cloud itself did something extraordinary.

    爆発は局地的には大きな被害をもたらしましたが、雲自体、異常なことが起きたのです。

  • It lowered the Earth's temperature for four years.

    それは地球の温度を 4 年間下げたというものです。

  • Sulphur dioxide in the cloud created particles which spread around the Earth.

    雲の中の二酸化硫黄が粒子を作り、地球の周りに広がりました。

  • These then reflected some of the sun's rays into space.

    これらは太陽の光を宇宙へと反射させたのです。

  • Scientists are looking to mimic the effects of this phenomenon to counter global warming.

    科学者たちは、地球温暖化に対抗するために、この現象の効果を模倣しようとしています。

  • It's a highly controversial concept known as solar geoengineering.

    ソーラージオエンジニアリングとして知られて、非常に論争の的となっている概念です。

  • Climate change is probably the biggest problem humanity faces today.

    気候変動は人類が今日直面している最大の問題です。

  • In the past 25 years the global average temperature has risen by around 0.5°C.

    過去 25 年間で、世界の平均気温は約 0.5°C 上昇しました。

  • The accumulation of carbon in the atmosphere is warming the Earth up, making more intense hurricanes, rains, higher temperatures.

    大気中に炭素が蓄積されると、地球は温暖化して、ハリケーンや雨が激しくなり、気温が上昇します。

  • So far governments have focused on policies for cutting emissions but they keep rising.

    これまで政府は排出量削減のための政策に焦点を当ててきましたが、排出量は増え続けています。

  • The concentration of carbon dioxide in the atmosphere has risen 15% since 1994.

    大気中の二酸化炭素濃度は 1994 年以降 15% 上昇しています。

  • The Paris Agreement, signed by 175 parties in 2016, was a sign that countries were willing to work together to cut emissions.

    2016 年に 175 カ国が署名したパリ協定は、各国が排出量削減のために協力する意思があることを示していました。

  • But not every world leader is on board.

    しかし、すべての世界をリードする国が参加しているわけではありません。

  • The Paris Climate Accord is simply the latest example of Washington entering into an agreement that disadvantages the United States.

    パリ協定(気候変動)は、ワシントンが米国に不利な協定を結んだ最新の例にすぎません。

  • If emissions aren't reduced, what next?

    もし排出量が削減されなければ、どうなってしまうのでしょうか?

  • Theoretically solar geoengineering could cool the entire planet.

    理論的には、ソーラージオエンジニアリングは地球全体を冷却する可能性があります。

  • It's actually potentially incredibly simple because all you need to do is inject a bunch of particles into the stratosphere and there's a number of ways you could do that.

    実は非常に簡単にできる可能性があるのです。成層圏に大量の粒子を注入するだけでさまざまな方法があります。

  • Recently a study out of Yale and Harvard looked at the details of how this would be done.

    最近、イェール大学とハーバード大学の研究が、その方法についての詳細を調べました。

  • In that Harvard and Yale study, they imagined building a fleet of planes.

    ハーバード大学とイェール大学の研究では、飛行機の機団を作ることを想像していました。

  • Up to 95 of them.

    95 機まで。

  • That would make 60,000 flights a year.

    年間 60,000 のフライトになります。

  • The fleet would spread hundreds of thousands of tonnes of sulphur dioxide into the stratosphere every year.

    この機団は毎年数十万トンの二酸化硫黄を成層圏に拡散させます。

  • After 15 years they reckon the world would cool by 0.3°C.

    15 年後には世界は 0.3°C 冷えるだろうと考えています。

  • But there are reasons not to do this.

    しかし、これらができない理由があります。

  • One of the biggest concerns is that it could make governments complacent.

    最大の懸念の 1 つに、それが各国政府が地球温暖化に対して楽観視するかもしれないというものです。

  • The big worry is that it will be exploited to argue against emissions cuts.

    最大の懸念は、それが排出削減に反対するために利用されるのではないかということです。

  • Geoengineering is a supplement to cutting emissions, not a substitute for cutting emissions.

    ジオエンジニアリングは、排出物を削減するための補助手段であり、排出物を削減する代替手段ではありません。

  • It would also be politically messy.

    政治的にも混乱するでしょう。

  • If the plan is to put a thermostat on the Earth, deciding who has their hand on the dial won't be easy.

    地球にサーモスタットを設置する計画であれば、誰がダイヤルに手をつけるかを決めるのは容易ではないでしょう。

  • For it to have a global effect, you're going to need all governments on board, and that is going to be extremely difficult.

    世界的な影響力を持つためには全ての政府が参加する必要があります、それは非常に難しいことです。

  • If a country went alone and decided to do it on its own then obviously because the impacts are going to be regional or global, you could create a lot of international tension.

    もしある国が単独でそれを行うことを決めたとしたら、その影響が地域的あるいは世界的なものになることは明らかですので、国際的な緊張が高まる可能性があります。

  • A Swiss proposal to study geoengineering and how it should be regulated was recently put forward at the UN Environment Assembly.

    ジオエンジニアリングを研究し、どのように規制すべきかというスイスの提案が最近、国連環境総会で提出されました。

  • But America and Saudi Arabia opposed the motion.

    しかし、アメリカとサウジアラビアはその動きに反対しました。

  • Possibly because they don't want international regulation of geoengineering.

    ジオエンジニアリングの国際的な規制を望まないからかもしれません。

  • As things stand, not enough is known about how it could impact the climate or the chemistry of the atmosphere.

    現状では、それがどのように気候や大気の化学に影響を与えるかについては十分に分かっていません。

  • There could be unexpected consequences.

    予測しない結果が生じる可能性があります。

  • You can affect rain patterns and you might cause a region that is already suffering from drought to have even less water.

    雨のパターンに影響を与え、すでに干ばつに苦しんでいる地域の水をさらに少なくする可能性があります。

  • A lot more basic research both into how we would do it but also what the consequences of it would be if we did it in one way or in another way is needed.

    私たちがその方法をどのように行うかについてのより多くの基礎的な研究が必要であるだけでなく、私たちがある方法で、あるいは別の方法で行った場合にそれがどのような結果をもたらすかについての研究も必要です。

  • But of course, if we don't do it, there's deep uncertainty about how much climate change we get for a given amount of COin the air.

    しかしそうしなければ大気中の一定量の二酸化炭素に対して、どれだけの気候変動が起こるか不確実です。

  • Both of those are risky, both are uncertain, the question is which has higher risk?

    どちらも危険で、どちらも不確実です。問題はどちらがよりリスクが高いでしょうか?

  • The politics of solar geoengineering are so complex that it might never happen.

    ソーラージオエンジニアリングの政策は非常に複雑なため、実現しないかもしれません。

  • That said, as the world continues to warm the case for exploring radical measures grows stronger.

    とはいえ、世界が引き続き、抜本的な対策を模索する必要があるとの主張は強まる一方です。

This was one of the biggest volcanic explosions in history.

これは史上最大の火山爆発の 1 つでした。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 削減 地球 成層 大気 気候 協定

地球温暖化対抗への可能性を秘めたソーラージオエンジニアリングとは? (Could solar geoengineering counter global warming? | The Economist)

  • 8250 410
    Nina に公開 2019 年 10 月 10 日
動画の中の単語