Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • What drives someone to kill in cold blood?

    人を冷酷な殺人へと 追い込むものは何か?

  • What goes through the murderer's mind?

    殺人者はいったい何を 考えているのか?

  • And what kind of a society breeds such people?

    どのような社会が そんな人間を生むのか?

  • Over 150 years ago

    150年ほど前

  • Fyodor Mikhailovich Dostoyevsky took these questions up

    フョードル・ミハイロヴィチ・ドストエフスキーは この疑問を取り上げ

  • in what would become one of the best-known works of Russian literature:

    それがロシア文学史上 最も有名な作品

  • "Crime and Punishment."

    『罪と罰』を 生むことになりました

  • First serialized in a literary magazine in 1866,

    1866年に文芸誌の連載として 発表されたこの小説では

  • the novel tells the story of Rodion Romanovich Raskolnikov,

    ペテルブルクの若い法科学生 ロジオン・ロマーノヴィチ・ラスコーリニコフの

  • a young law student in Saint Petersburg.

    物語が語られます

  • Raskolnikov lives in abject poverty,

    ラスコーリニコフは 酷く貧乏な生活を送り

  • and at the start of the story has run out of funds to continue his studies.

    物語の序盤に金が尽きて 学業を続けられなくなります

  • Letters from his rural home only add to his distress

    田舎の実家からの手紙で

  • when he realizes how much his mother and sister have sacrificed for his success.

    母親や妹が自分の成功のために どれほどの犠牲を払っているかを知り

  • Increasingly desperate

    苦悩を深めます

  • after selling the last of his valuables to an elderly pawnbroker,

    最後の金目の物を 年寄りの質屋に売った後 どうしようもなくなった彼は

  • he resolves on a plan to murder and rob her.

    その老婆を殺して 金を奪うことを決意します

  • But the impact of carrying out this unthinkable act

    しかし その考えられないような行為を 実行に移した衝撃は

  • proves to be more than he was prepared for.

    とても耐え難いものだったのです

  • Though the novel is sometimes cited as one of the first psychological thrillers,

    サイコスリラーの先駆けとして 言及されることもありますが

  • its scope reaches far beyond Raskolnikov's inner turmoil.

    この物語にはラスコーリニコフの内的葛藤を 遙かに超えた広がりがあります

  • From dank taverns to dilapidated apartments

    暗い酒場から おんぼろアパート

  • and claustrophobic police stations,

    閉塞感の強い警察署まで

  • the underbelly of 19th century Saint Petersburg is brought to life

    19世紀のペテルブルクの暗部が

  • by Dostoyevsky's searing prose.

    ドストエフスキーの力強い筆致で 描き出され

  • We're introduced to characters such as Marmeladov,

    その中で様々な登場人物に 出会います

  • a miserable former official who has drank his family into ruin,

    金を飲み潰して家族の生活を台無しにする 落ちぶれた元官吏マルメラードフ

  • and Svidrigailov, an unhinged and lecherous nobleman.

    不安定で好色な貴族 スヴィドリガイロフ

  • As Raskolnikov's own family arrives in town,

    ラスコーリニコフの家族が 街にやってくると

  • their moral innocence stands in stark contrast

    その善良さは

  • to the depravity of those around them,

    周囲の堕落した人々と 強い対照をなし

  • even as their fates grow increasingly intertwined.

    彼らの運命もまた もつれていきます

  • This bleak portrait of Russian society

    このロシア社会の 寒々とした描写は

  • reflects the author's own complex life experiences and evolving ideas.

    著者自身の込み入った体験や 育んでいる思想を反映しています

  • As a young writer who left behind a promising military career,

    有望な軍人のキャリアから 取り残された若い作家として

  • Fyodor had been attracted to ideas of socialism and reform,

    ドストエフスキーは社会主義や 改革の考えに引かれ

  • and joined a circle of intellectuals to discuss radical texts

    帝国政府から発禁にされた 過激思想について議論する

  • banned by the Imperial government.

    知識人の集まりに 出入りするようになります

  • Upon exposure,

    事が露見して

  • members of this group, including Dostoyevsky, were arrested.

    ドストエフスキーを含む グループのメンバーは逮捕され

  • Many were sentenced to death,

    多くは死刑を 宣告されますが

  • only to be subjected to a mock execution and last-minute pardon from the Tsar.

    模擬処刑にかけられただけで 最後の最後になって皇帝の恩赦を受けます

  • Dostoyevsky spent the next four years in a Siberian labor camp

    ドストエフスキーはその後の4年間を シベリアの強制労働収容所で過ごし

  • before being released in 1854.

    1854年に釈放されます

  • The experience left him with a far more pessimistic view of social reform,

    この体験で社会改革に対し 一層悲観的な見方をするようになり

  • and his focus shifted toward spiritual concerns.

    魂の問題に 集中するようになります

  • In the 1864 novella "Notes from Underground,"

    1864年の中編小説 『地下室の手記』では

  • he expounded on his belief that utopian Western philosophies

    ユートピア的な西欧思想は 人間の魂の矛盾した望みを

  • could never satisfy the contradictory yearnings of the human soul.

    決して満たすことはない という信条が語られています

  • "Crime and Punishment" was conceived and completed the following year,

    その翌年に着想され 書き上げられた『罪と罰』には

  • picking up on many of the same themes.

    その線に沿った記述が 多く見られます

  • In many ways,

    この小説は

  • the novel follows a common narrative thread

    若く有望な若者が 危険な都会生活に 誘惑され転落するという

  • where a promising youth is seduced and corrupted by the dangers of urban life.

    ありがちな筋を辿りますが

  • But its social critique cuts far deeper.

    その社会批判は 遙かに深いものです

  • Raskolnikov rationalizes that his own advancement

    搾取的な金貸しの死を代償として 自分が出世することは

  • at the cost of the exploitative pawnbroker's death

    社会の総体として 利益になる—

  • would be a net benefit to society.

    ラスコーリニコフは そう正当化をします

  • In doing so,

    これは同時代の知識人の 多くが抱いていた

  • he echoes the doctrines of egoism and utilitarianism

    利己主義や功利主義の 考えを反映しています

  • embraced by many of Dostoyevsky's contemporary intellectuals.

    利己主義や功利主義の 考えを反映しています

  • And in believing that his intelligence allows him to transcend moral taboos,

    また自分の高い知性は 道義的タブーを超越していると考え

  • Raskolnikov cuts himself off from his own humanity.

    ラスコーリニコフは自らを 人間性から切り離します

  • Yet although the book is deeply concerned with morality,

    『罪と罰』は倫理の問題に 深い懸念を示していますが

  • "Crime and Punishment" never comes across as merely moralizing,

    単なる教訓話などでは 決してなく

  • with each character given their own distinctive and convincing voice.

    それぞれの登場人物に独特で 説得力のある思想があります

  • One of the most remarkable things about "Crime and Punishment"

    『罪と罰』の驚くべき点の1つは

  • is its ability to thrill

    中心となる殺人の詳細が最初の部分で 明らかにされるにもかかわらず

  • despite the details of the central murder being revealed in the first act.

    スリルが絶えないことです

  • Raskolnikov's crime is clear.

    ラスコーリニコフの 罪は明白ですが

  • But it's only through Dostoyevsky's gripping account

    ドストエフスキーの捉えて 放さない筆力による

  • of the ensuing social and psychological turmoil

    その後に続く社会的 心理的 葛藤の描写によってはじめて

  • that we learn the true nature of his punishment

    読者は彼の罰の本質と

  • and the possibility of redemption.

    贖いの可能性を知るのです

What drives someone to kill in cold blood?

人を冷酷な殺人へと 追い込むものは何か?

字幕と単語

B2 中上級 日本語 社会 思想 主義 小説 殺人 遙か

【TED】『罪と罰』を読むべき理由 — アレックス・ジェンドラー (Why should you read Crime and Punishment? -Alex Gendler)

  • 1258 44
    asd851112   に公開 2019 年 07 月 23 日
動画の中の単語

前のバージョンに戻す