Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • Back in 1846, whaling was one of the most booming industries in the whole world.

    1846 年に遡ると、捕鯨は全世界で最も活気のある産業の 1 つでした。

  • It was the fifth largest sector in the United States economy, raking in a cool $10 million.

    これは、アメリカ経済で 5 番目に大きな産業であり、1000 万ドルの売り上げを記録していました。

  • But somewhere along the way, the whale supply started to run low, and some people began to realize that the entire thing might be a bad idea.

    しかし、時が流れる中でクジラの捕獲量が少なくなり始め、捕鯨全体が悪いものであることに気付き始める人がでてきました。

  • How did the whale hunt accelerate climate change?

    捕鯨が、どのように気候変動を加速させたのでしょうか?

  • And why were scientists worried about whale poo shortages?

    そして、なぜ科学者達はクジラの糞が不足していることに懸念を抱いているのでしょうか?

  • This is WHAT IF, and here's what would happen if we never started hunting whales.

    これは何を意味しているか、捕鯨を始めなかった場合に起こるかもしれないことは、次のようなものです。

  • If the whale hunt never happened, there'd be less carbon in our atmosphere, and our planet would be a lot healthier.

    もし捕鯨が始まらなければ、大気中の二酸化炭素が少なくなるので、地球はより健康的になります。

  • If we restored whale populations to pre-hunt levels, we could remove about 160,000 tons of carbon from our atmosphere every year.

    クジラの個体数を、捕鯨開始前のレベルにまで回復できれば、毎年大気から約 16 万トンの二酸化炭素を取り除くことができます。

  • But how can one species be so important to the entire planet?

    しかし、地球全体にとって、一つの種類の生き物がどうしてそんなに重要なのでしょうか?

  • Looking back, it's clear why whale hunting was such an enticing business opportunity.

    振り返ってみると、捕鯨が魅力的なビジネスチャンスであった理由は明らかです。

  • Whale meat could be used to feed the masses.

    クジラの肉を使えば、大勢の人を食べさせることができます。

  • Their oil could lubricate machinery and light up a room.

    クジラの油は機械を滑らかに動かし、部屋に明かりをともすことができました。

  • Their intestines could produce perfume, and their cartilage was perfect for holding together products like corsets and umbrellas.

    クジラの腸からは香水を作ることができ、軟骨はコルセットや傘などをまとめるのに最適でした。

  • With all the money wrapped up in the industry, you can see why there would be such a backlash when it was essentially banned in 1986.

    業界全体がお金に心を奪われているので、1986 年に捕鯨が基本的に禁止されたときは、反発がありました。

  • Some politicians even argued that hunting whales was good for humans because without whales around to eat fish and krill, there'd be more for us.

    一部の政治家達は、クジラが魚やオキアミを食べるからクジラがいなくなると魚が増えるので、捕鯨は人間にとって良いと主張さえしました。

  • But as we got rid of the whales, the fish and krill started to die too.

    しかし、クジラを駆除することで、魚とオキアミも死に始めまてしまいました。

  • You see, whales are apex predators, which means that they're the top of their food chain.

    だって、クジラは頂点の捕食者です。ということは、クジラは食物連鎖の頂点というわけです。

  • When you begin to remove the head of a food chain, it creates something called a trophic cascade, basically a trickle-down effect that can disrupt an entire ecosystem.

    食物連鎖の一番上を取り除き始めると、栄養カスケードと呼ばれるものを作り出してしまいます。これはトリクルダウン効果と呼ばれるもので基本的に生態系全体を混乱させる可能性があります。

  • Whales don't just eat fish and krill; they also play a big part in allowing those populations to thrive.

    クジラは魚やオキアミを食べるだけでなくそれらはまた、それらの数を増やすことを可能にするのに大きな役割を果たします。

  • For one thing, their poop releases essential nutrients like iron and nitrogen into the surface waters, which fertilizes plant plankton, which, in turn, feeds fish and krill.

    一つには、クジラの糞のなかに鉄や窒素などの必須栄養素が含まれており、地表水に放出して植物プランクトンを受精させることで、魚やオキアミを養うことができます。

  • Whenever whales swim from the depths of the ocean back up to the surface, they knock plankton up to the sunny surface waters, allowing it more time to reproduce.

    クジラが海の深さから水面に戻って泳ぐときは、いつでもプランクトンを日当たりの良い表層水まで連れてきて、繁殖するための時間を増やします。

  • The more plankton there are in our waters, the better things are for everyone.

    たくさんのプランクトンが海域にことは、すべての人にとってより良いことです。

  • Not only do plankton feed lots of marine populations, they also absorb carbon dioxide from our atmosphere, taking it down to the bottom of the ocean for thousands of years when they die.

    プランクトンは多くの海洋生物に餌を与えるだけでなく、大気から二酸化炭素を吸収し、死ぬと何千年もの間海底に沈んでいます。

  • But the carbon reduction doesn't stop there; whales also contribute directly to cleaning up the atmosphere.

    しかし、二酸化炭素削減はそれだけではありません。クジラ自身も大気の浄化に直接貢献しています。

  • They store large amounts of carbon, and carry it down to the sea floor when they die; otherwise, this carbon would be released into the environment and contribute to global warming.

    クジラは大量の二酸化炭素を貯蔵し、死ぬとそれを海底に運びます。そうでなければ、その二酸化炭素は空気中に放出されることで、地球温暖化の一因となってしまいます。

  • With all that in mind, it's clear how vital these elegant creatures are to the planet, and how much good they could've been doing if we hadn't been slashing their populations for decades.

    これらすべてを念頭に置けば、エレガントな生き物が地球にとってどれほど重要であるか、そして何十年もの間クジラの数を減していなかったなら、どれほど良いことをしたかは明らかです。

  • Nowadays, whale hunting is banned everywhere except for a handful of countries.

    今日では、クジラの捕獲は一握りの国を除いてどこでも禁止されています。

  • Experts say that despite these efforts, the populations of most species of whale won't even reach half of their pre-whaling numbers by the year 2100.

    専門家は、これらの努力にもかかわらず、ほとんどの種のクジラの個体数は 2100 年までに捕鯨前の数の半分にさえ達することはないと言っています。

  • Maybe one day we'll be able to make up for all we lost with the whale hunt, but that's a topic for another WHAT IF.

    いつか、捕鯨で失ったすべてを補うことができるかもしれませんが、それは別の仮説の話題になります。

Back in 1846, whaling was one of the most booming industries in the whole world.

1846 年に遡ると、捕鯨は全世界で最も活気のある産業の 1 つでした。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 クジラ 捕鯨 炭素 プランクトン 大気 地球

考えてみよう!もし捕鯨が行われていなかったらどうなったか? (What If We Never Started Hunting Whales?)

  • 7661 328
    Nina に公開 2019 年 10 月 16 日
動画の中の単語