Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • "Who's there?"

    「そこにいるのは誰だ?」

  • Whispered in the dark, this question begins a tale of conspiracy, deception, and moral ambiguity.

    暗闇でこうささやくこの問いかけは陰謀、欺き、道徳的曖昧さのお話の始まりです。

  • And in a play where everyone has something to hide, its answer is far from simple.

    登場人物の誰もが何かを隠し持つ内容の戯曲の中では、その答えは決して簡単なものではありません。

  • Written by William Shakespeare between 1599 and 1601, "Hamlet" depicts its titular character haunted by the past, but immobilized by the future.

    1599 年から 1601 年の間にウィリアム・シェイクスピアによって書かれた『ハムレット』は題名の人物が過去にとりつかれると同時に未来に縛られるお話を描きます。

  • Mere months after the sudden death of his father, Hamlet returns from school, a stranger to his own home,

    父の急死から数ヶ月経ってすぐ、ハムレットは学校から帰り、自分の家に違和感を感じます。

  • and deeply unsure of what might be lurking in the shadows.

    影に潜んでいるかもしれないものに対して深く恐れを抱きます。

  • But his brooding takes a turn when he's visited by a ghost that bears his father's face.

    しかし、父の顔を持つ亡霊の訪問を受けると、彼の気鬱は一転します。

  • The phantom claims to be the victim of a "murder most foul," and convinces Hamlet that his uncle Claudius usurped the throne and stole queen Gertrude's heart.

    亡霊は「最も卑劣な殺人」の被害者であることを主張し、彼のおじクラウディアスは王座を奪い、ガートルード女王の心を奪ったとハムレットを納得させます。

  • The prince's mourning turns to rage, and he begins to plot his revenge on the new king and his court of conspirators.

    王子の悲しみは怒りへと変わり、新しい王と陰謀者から成る宮廷に対する報復を企て始めます。

  • The play is an odd sort of tragedy, lacking either the abrupt brutality or all-consuming romance that characterize Shakespeare's other work in the genre.

    ハムレットは少し変わった悲劇で、同じく悲劇でシェイクスピアの別の著書を特徴づける不意の残忍性や熱烈なロマンスは見られません。

  • Instead, it plumbs the depths of its protagonist's indecisiveness and the tragic consequences thereof.

    その代わりに、主人公の優柔不断の深さを探り、それによる悲劇的ななり行きを描きます。

  • The ghost's revelation draws Hamlet into multiple dilemmaswhat should he do, who can he trust, and what role might he play in the course of justice?

    亡霊の出現はハムレットを様々なジレンマに陥れます –何をすべきか、誰を信用できるか、正義の道において自分はどのような役割を果たすのか?

  • These questions are complicated by a tangled web of characters, forcing Hamlet to negotiate friends, family, court counselors, and love interests, many of whom possess ulterior motives.

    これらの問いかけは、複雑に絡み合った登場人物たちがハムレットに友人、家族、廷臣、愛人と交渉するよう強要することで、複雑になります。–彼らの多くは隠された動機を持ちます。

  • The prince constantly delays and dithers over how to relate to others and how he should carry out revenge.

    王子はどのように人と関わりを持つか、どのように報復をするかをためらいます。

  • This can make Hamlet more than a little exasperating, but it also makes him one of the most human characters Shakespeare ever created.

    それはハムレットを大変憤慨させますが、それと同時にハムレットはシェイクスピアが創り出した最も人間らしい人物となるのです。

  • Rather than rushing into things, Hamlet becomes consumed with the awful machinations of thinking itself.

    急いで物事に取りかかる代わりに、ハムレットは思考という恐ろしい謀略に駆られます。

  • And over the course of the play, his endless questions come to echo throughout our own racing minds.

    戯曲を通して、彼の終わりのない問いかけは、私たち読者自身の様々な思いが駆け巡る頭の中で響きます。

  • To accomplish this, Shakespeare employs his most introspective language.

    王の天国と地獄の灼然たる瞑想を奪うことから、ハムレット王子自身の死の必然性に対する熟慮まで、シェイクスピアは憂鬱な独り台詞を息をのむほど巧みに使いこなします。

  • From the usurping king's blazing contemplation of heaven and hell, to the prince's own cackling meditation on mortality, Shakespeare uses melancholic monologues to breathtaking effect.

    ハムレットの最も有名な苦悩の告白において最もよく表れています。

  • This is perhaps best exemplified in Hamlet's most famous declaration of angst.

    「生きるか、死ぬか、それが問題だ。どちらが立派な生き方か、気まぐれな運命が放つ矢弾にじっと耐え忍ぶのと、怒涛のように打ち寄せる苦難に立ち向かい、闘ってそれにとどめを刺すか。」

  • To be, or not to be, that is the question: Whether 'tis nobler in the mind to suffer the slings and arrows of outrageous fortune, or to take arms against a sea of troubles, and, by opposing, end them?

    この独り台詞はハムレットの実存的ジレンマを体言化します。それは、思考と行動の板挟みになり、生か死か選ぶことができない状態です。

  • This monologue personifies Hamlet's existential dilemma: being torn between thought and action, unable to choose between life and death.

    しかし、彼の終わることのない問いかけはもう一つの不安を呼び起こします。ハムレットの気の狂いは敵を困惑させるための演技なのか、それとも私たち読者が彼が気を狂わせる寸前にある姿を見ているのか。

  • But his endless questioning raises yet another anxiety:

    これらの問いかけはハムレットの他の人物とのやりとりに重くのしかかります。

  • Is Hamlet's madness part of a performance to confuse his enemies, or are we watching a character on the brink of insanity?

    そして彼はほとんどの時間を内部と向かい合っているため、彼は自分がもたらした損害を見損ないます。

  • These questions weigh heavily on Hamlet's interactions with every character.

    彼は特にオフィーリアに対して残酷で、後に破壊の運命を辿る愛人で、ハムレット王子の常軌を逸した行動が彼女の気を狂わせます。

  • And since he spends much of the play facing inward, he often fails to see the destruction left in his wake.

    彼女の運命は簡単に避けることができた悲劇の例です。

  • He's particularly cruel to Ophelia, his doomed love interest who is brought to madness by the prince's erratic behavior.

    ハムレットの心を蝕むような心理戦による負の波及効果がここで見ることができます。

  • Her fate is one example of how tragedy could have been easily avoided, and shows the ripple effect of Hamlet's toxic mind games.

    戯曲の中で類似した悲劇の警告は幾度も見落とされます。

  • Similar warning signs of tragedy are constantly overlooked throughout the play.

    時にはこれらの見落としは故意に目を閉ざすことで起こります。 –例えば、オフィーリアの父はハムレットの憂慮すべき行為を単なる恋煩いだと片付けてしまいます。

  • Sometimes, these oversights occur because of willful blindness, such as when Ophelia's father dismisses Hamlet's alarming actions as mere lovesickness.

    他の場面では、悲劇は計画的な欺瞞に端を発します。–例えば、人違いによってさらなる流血が引き起こされます。

  • At other points, tragedy stems from deliberate duplicity, as when a case of mistaken identity leads to yet more bloodshed.

    これらの場面は悲劇は人間の過ちによってもたらされるという不快な知識を教えてくれます。–たとえそれが物事を決着のつかないままにしておくという過ちであっても。

  • These moments leave us with the uncomfortable knowledge that tragedy evolves from human error

    これらの理由から、一つだけ間違えのないことはハムレットの人間性でしょう。

  • even if our mistake is to leave things undecided.

    しかし、私たち読者はハムレットの正体は誰なのかにいつまでも悩まされるのです。

  • For all these reasons, perhaps the one thing we never doubt is Hamlet's humanity.

    彼は父の仇を取る高潔な息子なのか?

  • But we must constantly grapple with who the "real" Hamlet might be.

    それとも、宮廷に無秩序をもたらす気の狂った王子なのか?

  • Is he a noble son avenging his father?

    彼は行動に移るべきかそれともじっくり観察するべきか、疑うべきかそれとも信じるべきか?

  • Or a mad prince creating courtly chaos?

    彼は誰?彼はなぜここにいるのか?

  • Should he act or observe, doubt or trust?

    そして誰が暗闇で待ち続けているのか?

  • Who is he?

    皆さんに質問です。シェイクスピアの喜劇と悲劇のどちらが好きですか?どちらかの動画をクリックすることで投票できます。

  • Why is he here?

  • And who's out there, waiting in the dark?

  • Here's a question for you: Do you prefer Shakespeare's comedies or his tragedies?

  • Register your vote by clicking one of these videos.

"Who's there?"

「そこにいるのは誰だ?」

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 TED-Ed ハムレット 悲劇 シェイクスピア 王子 戯曲

なぜ「ハムレット」を読まなければならないのか? (Why should you read "Hamlet" ?)

  • 14852 744
    Liang Chen に公開 2021 年 01 月 14 日
動画の中の単語