Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • From morning coffee to afternoon tea, caffeine is so thoroughly entrenched in our daily routines and has become the world's most widely used psychoactive substance.

    起きがけに飲む1杯のコーヒーからアフタヌーン・ティーまで、カフェインは我々の日常に深く浸透してきており、世界で最も幅広く使われている精神活性物質となっています。

  • Caffeine is a chemical compound that stimulates the central nervous system.

    カフェインは人間の中枢神経を刺激する化学化合物です。

  • It accomplishes this by attaching itself to adenosine receptors in the brain.

    具体的には、脳にあるアデノシン受容体にカフェインがはたらきかけることになるのですが、

  • In doing so, it blocks adenosine molecules, which are responsible for slowing down the central nervous system before we sleep.

    その過程において、就寝前に中枢神経の活動を遅くさせるアデノシン分子をブロックすることになります。

  • The result?

    そうなると、

  • Adenosine cannot regulate and neurons start firing.

    アデノシンが生成されなくなり、神経細胞が活性化するのです。

  • This results in a person's reduced fatigue and increased alertness and cognitive performance.

    その結果、疲労が軽減して注意力が増し、認知活動能力も向上します。

  • Side effects: many seek by consuming caffeine.

    副作用としては、カフェイン消費に駆り立てられるようになってしまうケースが多く見られます。

  • Caffeine occurs naturally in coffee beans, tea leaves, cacao beans and some tree nuts.

    カフェインはコーヒー豆や茶葉、カカオ豆や一部の木の実に自然に存在します。

  • People have been consuming it for centuries.

    人類は歴史上何世紀にもわたってこのカフェインを消費してきましたが、

  • But daily consumption took off sporadically at different times in different places around the world.

    日常生活における消費という形では、世界中のあらゆる場所で異なった時期に散発的にブームになってきました。

  • Coffee became popular in the 15th and 16 centuries.

    コーヒーは15・16世紀に人気が出ましたが、

  • But Cacao was used among early Mesoamerican civilizations hundreds of years earlier.

    カカオはそれよりも数百年以前に、初期メソアメリカ文明において使われていました。

  • Tea became popular by the 14th century in China during the Ming dynasty, but didn't catch on in Britain until almost 400 years later.

    お茶は14世紀の明王朝時代の中国で人気を博しましたが、イギリスでの人気に火が付くのはそれからおよそ400年後のことです。

  • Today, caffeine can be found nearly everywhere and more and more caffeine-infused products are hitting the shelves every day.

    今日では、カフェインはあちこちで手に入れることができ、店頭には毎日のように新しいカフェイン入り飲料が並んでいます。

  • In the United States, nearly 90% of the population has at least one caffeinated beverage every day.

    アメリカでは、全人口のほぼ90%が毎日少なくとも1つのカフェイン入り飲料を摂取することが分かっています。

  • Up to 400 milligrams of caffeine per day or about four cups of coffee is considered safe for an adult.

    成人にとっては1日400ミリグラムのカフェイン、つまりコーヒーにして4杯までの摂取であれば安全圏内だと言われています。

  • Too much caffeine for any one person can cause side effects, such as migraines, insomnia, nervousness and muscle tremors.

    カフェインを摂りすぎると、偏頭痛や不眠症、緊張感や筋肉の震えといった副作用が発生します。

  • One tablespoon of pure caffeine equivalent to drinking 75 cups of coffee at once can have lethal consequences.

    テーブルスプーン1杯の純カフェインはコーヒー75杯分に相当し、一気に消費すると健康に大きな被害を及ぼす危険を含んでいます。

  • Due to this risk of caffeine overdoses, in 2018, the United States Food and Drug Administration banned the bulk sale of products containing pure or highly concentrated caffeine.

    このようなカフェインの過剰摂取がもたらす危険から、2018年にはアメリカ食品医薬品局が純カフェインもしくは高濃度のカフェインを含んだ製品の全量販売を禁止しました。

  • While caffeine may provide great benefits, such as increased focus, alertness and energy, it comes with considerable risks just like any other substance.

    カフェインは、集中力や注意力、体力の向上といった素晴らしい効能を発揮しますが、過剰摂取時にはその他の物質同様に大きなリスクも含んでいる事を覚えておきましょう。

From morning coffee to afternoon tea, caffeine is so thoroughly entrenched in our daily routines and has become the world's most widely used psychoactive substance.

起きがけに飲む1杯のコーヒーからアフタヌーン・ティーまで、カフェインは我々の日常に深く浸透してきており、世界で最も幅広く使われている精神活性物質となっています。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

B2 中上級 日本語 カフェイン アデノシン コーヒー 摂取 消費 含ん

【ナショナルジオグラフィック】カフェインのメリット・デメリット (Caffeine 101 | National Geographic)

  • 6262 1630
    Nina   に公開 2019 年 08 月 04 日
動画の中の単語

前のバージョンに戻す