Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • In the recent film starring Tom Holland, Peter Parker cooks up his own webbing in his high-school chemistry class.

    トム・ホランドを主演に迎えた今回の映画では、ピーター・パーカーが、高校の化学の授業中、自らの「クモの巣」を作り上げます。

  • Now, he could have made it out of anything, like fishing line or even steel, and yet he chooses to replicate spider silk.

    釣り糸や鋼など、どんな材料でも作ることはできたでしょう。でも彼は、クモの糸を再現することを選んだのです。

  • Spider silk.

    クモの糸!

  • This kid is trusting his life to a flimsy-looking strand of arachnid goo.

    この若者は、細くてベトベトしたクモの糸に自らの命を委ねているのです。

  • But it turns out, if Peter's web is anything like real spider silk, then his web-slinging antics are more realistic than they might appear.

    でも、ピーターの創作物が実際のクモの糸のようだったなら、彼が糸で繰り出すおふざけは、実は見かけよりも現実的なのです。

  • Now, spider silk doesn't look very durable.

    クモの糸って、あまり耐久性があるようには見えませんね。

  • After all, a strand can be as little as 1/40 the thickness of a human hair, but, pound for pound, it's stronger than steel.

    結局のところ、クモの糸は人間の髪の毛の 1/40 しかありません、しかし同じ重量で比較すると、鋼よりも強いのです。

  • So if you twisted spider silk into a thread that was 2 millimeters wide, as thick as a strand of spaghetti, it could support 900 pounds before breaking, strong enough for a polar bear to hang from.

    クモの糸をより合わせて太さ 2 mm、スパゲティほどの太さにすれば、900 ポンド(約 408 キロ)の重さを支えることができます。これは、ホッキョクグマがぶら下がれるほどの強度です。

  • So a scrawny kid, like Spider-Man? He's got this.

    スパイダーマンのような痩せっぽちの子どもなんて楽々ですね。

  • And that's just for a 2-millimeter-diameter webbing.

    これは、直径たった 2 mmの糸の場合の話です。

  • If he needs more, he just makes it a little bit thicker, and it could support even more weight.

    必要ならもう少し厚くすれば、もっと重いものも支えられます。

  • That's physicist Jim Kakalios, the author of "The Physics of Superheroes."

    こちらは物理学者のジム・カカリオス氏、「スーパーヒーローの物理学」の著者です。

  • He says that the secret to spider silk's strength is its structure.

    彼によると、クモの糸の強度の秘密は、その構造にあるそうです。

  • Real spider silk has two major components.

    実物のクモの糸は、主に 2 つの要素でできています。

  • Extremely rigid nanocrystals that make the silk sturdy and stretchy, elastic polymers that make it pliable.

    非常に硬度の高いナノ結晶が、糸に耐久性と伸縮性をもたらし、弾性重合体により、柔軟性が生まれます。

  • That combination of tough and flexible makes the silk extremely hard to tear, and, if you look at Peter's lab notes, it looks like he tries to mimic that same structure.

    頑丈さと柔軟さが組み合わさり、糸は極めて切れにくくなります。ピーターの実験ノートを見ると、彼がその構造を再現しようとしていることが分かります。

  • So, it looks like it is a set of organic molecules that he is using, and he's trying to combine them in ways to polymerize them, to basically take these complex molecules, and link them together in longer chains that would then presumably fold down and develop these nanocrystals and the elastic polymers.

    彼が使っているのは、一連の有機分子のようで、それらを重合化させようとしています。つまり、これらの複雑な分子を取り出し、より長く鎖状につなげ、おそらく折りたたんで、ナノ結晶と弾性重合体を作り出すのです。

  • But Peter may have gone one step further and actually made one improvement to his synthetic silk.

    しかし、ピーターはこの彼が作り出した糸をさらに一段階進化させています。

  • I think that, instead of these little nanocrystals of proteins that spiders use, he might be using carbon nanotubes to provide the strength and rigidity.

    彼は、クモが使うタンパク質のナノ結晶の代わりにカーボンナノチューブを使い、強度と硬度を生み出している可能性があります。

  • Carbon nanotubes are basically a sheet of carbon atoms that's been rolled up into a tube.

    カーボンナノチューブとは、炭素原子のシートを筒状に巻き上げたようなものです。

  • And if Jim's right, Peter is one smart high-school student, because these tiny tubes are actually some of the strongest material known to humans.

    ジムの理論が正しければ、ピーターは賢い高校生ですね。なぜなら、この小さなチューブは実は、人間が知る中で最も強度の高い物質の 1 つだからです。

  • In fact, they're over 100 times as strong as steel.

    鋼の 100 倍を超える強さを持つのです。

  • And that's when they're microscopic.

    それも、顕微鏡でしか見えないサイズの状態で、この強度なのです。

  • So, a spaghetti-thin strand of this stuff, like what we see in "Spider-Man"?

    では、スパイダーマンのような、スパゲティほどの厚さの糸を作ればどうでしょう?

  • It could support far more than just 900 pounds.

    900 ポンドを優に超える重さを支えることができるでしょう。

  • That would be able to support over 40,000 pounds.

    4 万ポンドを超える重さも支えることができそうです。

  • Suddenly that ferry scene doesn't seem so far-fetched, especially since we have the technology to make those nanotubes in real life.

    あのフェリーのシーンも、あまり強引には思えなくなったでしょう?だって現実、ナノチューブを作る技術があるのですから。

  • Scientists at the University of Cincinnati, for example, have figured out how to grow carbon nanotubes in a lab and then spool them into threads.

    シンシナティ大学の科学者らは、研究室でナノチューブを作り、糸にする方法を発見しています。

  • Sadly, those threads aren't meant for skyscraper-swinging antics.

    残念ながらその糸は、摩天楼からぶら下がるための、おふざけ用ではありませんが。

  • The researcher's goal is a tad more practical.

    科学者の目標はそれよりやや実用性があるものです。

  • If you could manufacture it and make threads out of carbon nanotubes, you could make lightweight clothing that would be stronger than Kevlar.

    ナノチューブを製造して糸を作ることができれば、ケブラーよりも強度が高く、軽量な衣服を作ることができるでしょう。

  • So, when you really think about it, the most unrealistic thing about Peter Parker's homemade webbing is that a high schooler figured out how to make it in his chem class.

    よく考えてみると、ピーター・パーカーの糸について最も非現実的なのは、高校生が、化学の授業中に作り出せたという点なのです。

In the recent film starring Tom Holland, Peter Parker cooks up his own webbing in his high-school chemistry class.

トム・ホランドを主演に迎えた今回の映画では、ピーター・パーカーが、高校の化学の授業中、自らの「クモの巣」を作り上げます。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 クモ 強度 ピーター ナノ 結晶 支える

スパイダーマンのクモの糸は実は現実的? (Spider-Man's Web Is Shockingly Realistic)

  • 20693 629
    Liang Chen に公開 2019 年 07 月 23 日
動画の中の単語