Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • As of this video, you can now support PolyMatter on Patreon. I'll tell you more at the end of this video, but for now, let's get to it.

    この動画の時点で、PatreonでPolyMatterを支援できるようになりました。詳しくはこの動画の最後に説明しますが、とりあえず、この動画を見てみましょう。

  • Black Mirror is a TV show that's completely terrifying and also impossible to stop watching.

    ブラックミラーは、完全に恐ろしいだけでなく、見るのをやめられないテレビ番組です。

  • But it's hard to describe why it's so good because it's hard to define what it even is.

    でも、それすらも定義が難しいので、なぜこんなに良いのかを説明するのは難しいですね。

  • Each episode is so independent, there aren't many common characteristics.

    それぞれのエピソードが独立していて、共通する特徴はあまりありません。

  • Except one.

    一人を除いて

  • Many people see the show as a critique of technology.

    多くの人が技術の批評として見ています。

  • And if that's the case, it might be fun to watch, but isn't all that profound or new.

    だとしたら、見ていて楽しいかもしれませんが、奥が深いわけでも、目新しいわけでもありません。

  • Here's an article making this very point:

    この点を指摘している記事があります。

  • Black Mirror's messages are usually pretty simple.

    "Black Mirror "のメッセージは普通にシンプルです。

  • Cell phones? Bad.

    携帯電話?ダメだ

  • Reality shows? Bad.

    リアリティ番組?ダメだ

  • Social media? Really bad.

    ソーシャルメディア?マジでヤバい

  • Oh, sure, the setup and the execution of those ideas is impressive.

    ああ、確かに、それらのアイデアの設定と実行は印象的です。

  • But the show's primary crutch is too often that it uses thought-provoking and fascinating foundations in order to reach the simplest, most alarmist possible conclusion about a variety of technological innovations.

    しかし、この番組の主要な松葉杖は、様々な技術革新について、最も単純で最も警鐘的な結論に到達するために、示唆に富み、魅力的な基礎を使用していることがあまりにも多い。

  • I've also heard people describe the writing as far too unrealistic.

    あまりにも非現実的な文章だと評されているのも聞いたことがあります。

  • It's hard to imagine some of these worlds ever coming true.

    これらの世界のいくつかが実現するとは考えにくい。

  • But both of these complaints miss the point.

    しかし、これらの苦情はどちらも的を外しています。

  • Black Mirror isn't actually about technology - or the future.

    ブラックミラー』は、実は技術や未来のことではありません。

  • But it's not just that I enjoy the show, I also think it's more meaningful than many give it credit for.

    しかし、私が楽しんでいるだけではなく、多くの人が評価するよりも意味のある番組だと思っています。

  • So what makes it so good, and what is it really about?

    では、何が良いのか、本当のところはどうなのか?

  • The enemy always looks like technology because it's always present for those signature jaw-dropping Black Mirror moments, but its purpose is only to emphasize the characters and their actions.

    敵は常にテクノロジーのように見えますが、その目的はキャラクターとその行動を強調することだけです。

  • In White Christmas, Joe discovers Beth is pregnant, the two get in a fight, and Beth uses her digital eyepiece to permanently block him in real life.

    ホワイトクリスマスでは、ジョーはベスが妊娠していることを発見し、2つの戦いで取得し、ベスは彼女のデジタル接眼レンズを使用して、現実の生活の中で彼を永久にブロックします。

  • After years of desperation, Joe catches the first glance of his daughter and it all becomes clear: Beth used this feature to hide her infidelity: it isn't his child.

    絶望の年の後、ジョーは彼の娘の最初の視線をキャッチし、それはすべてが明らかになる:ベスは彼女の不倫を隠すためにこの機能を使用していました:それは彼の子供ではありません。

  • Horrifying as this technology is, it's only a vehicle for the thoughts and desires of the characters themselves.

    この技術は恐ろしいが、登場人物自身の思考や願望のための乗り物に過ぎない。

  • It isn't responsible for her infidelity or willingness to hide it for all those years.

    彼女の不倫や、それをずっと隠そうとしていたことに責任はない。

  • This is a theme throughout the series: - The people in White Bear want revenge, technology is just along for the ride.

    これはシリーズ全体のテーマです: - ホワイトベアの人々は復讐を望んでいる、技術はちょうど乗り物のために沿っています。

  • And Nosedive and Fifteen Million Merits have technology that ruins lives, but it only works because of people's willingness to comply.

    そしてノーズダイブと1500万のメリットには人生を台無しにする技術がありますが、それは人々が従う意思があるからこそ機能しているのです。

  • Black Mirror uses technology as a writing device, a tool to expose who we are in a way that seems new - but isn't really the focus.

    Black Mirror』は、テクノロジーを筆記用具として使用しており、新しいように見える方法で私たちが誰であるかを暴露するためのツールである。

  • Each story is really about problems we already have, in a world without the episode's technology.

    それぞれの話は本当に、エピソードの技術がない世界で、すでに抱えている問題を描いています。

  • And if you have any doubt about this, here's the creator of the show himself:

    そして、疑問に思った方はこちらの番組の制作者本人です。

  • It's a show about people, and how the traits we all have can go very wrong, especially when we're enabled by the world around us.

    それは人々についてのショーであり、私たち全員が持っている特徴は、特に私たちの周りの世界によって有効にされているときに、非常に間違った方向に行くことができます。

  • Which I think explains why some episodes are much better than others.

    それが、いくつかのエピソードが他のものよりもはるかに優れている理由だと思います。

  • Here's a poll of twenty thousand people's favorite episodes.

    2万人の好きなエピソードを投票してみました。

  • The higher rated episodes have well developed, relatable characters, but less focus on sophisticated technology.

    高評価のエピソードは、よく開発された、関連性のある文字を持っていますが、洗練された技術にあまり焦点を当てています。

  • And the futuristic worlds with more bland characters rank lower.

    そして、当たり障りのないキャラが多い未来世界の方が下位にランクインします。

  • I agree most episodes aren't realistic - but I consider it a feature not a bug.

    ほとんどのエピソードが現実的ではないことには同意しますが、私はそれをバグではなく機能と考えています。

  • A good dystopia is a warning, not a prediction.

    良いディストピアは警告であって予言ではない。

  • 1984 and Brave New World are overstated, and that's what makes them interesting.

    1984年とブレイブニューワールドは大げさで、それが面白いんだよ。

  • The point isn't to be accurate but to take very real and important ideas and make them entertaining enough that we'll actually pay attention.

    ポイントは、正確であることではなく、非常に現実的で重要なアイデアを取り、我々が実際に注意を払うように十分に楽しませることです。

  • And to test all of this, we can compare two episodes.

    そして、その全てを検証するために、2つのエピソードを比較してみましょう。

  • Structurally, White Bear and Shut Up And Dance are very similar:

    構造的には、White BearとShut Up And Danceは非常に似ています。

  • We're put in the shoes of a character who we can relate to - they, like us, are confused and worried.

    私たちは、私たちが共感できるキャラクターの靴の中に入れられています - 彼らは、私たちと同じように、混乱し、心配しています。

  • And as they're put in increasingly crazy situations, we realize who our characters really are.

    そして、彼らがどんどん狂った状況に置かれていくうちに、私たちは自分たちのキャラクターの本当の姿に気づくのです。

  • We're horrified, but we're supposed to be even more horrified by everyone else.

    怖いけど、他のみんなからはもっと怖いはずなんだよね。

  • The excessive retribution and the off-putting joy it gives them.

    過剰な報復と、それが彼らに与える不快な喜び。

  • They end by showing the scale of the injustice - how Victoria must endure her torture every day, and how many people are being played like Kenny.

    彼らは、ヴィクトリアがいかに毎日拷問に耐えなければならないか、ケニーのように何人もの人間が演じられているか、という不正の規模を示して終わります。

  • So the stories are similar, but Shut Up and Dance is ranked considerably higher - why is that?

    ということで、ストーリーは似ているのですが、「Shut Up and Dance」の方がかなり上位にランクインしています--なぜでしょうか?

  • I think it supports the theory - Shut Up and Dance has better characters, and that's what the show is really about.

    Shut Up and Dance』にはより良いキャラクターがいて、それがこの番組の真骨頂だという説を裏付けるものだと思います。

  • Because the intended message is only communicated if we feel bad for our character, which makes us hate their antagonist.

    なぜなら、意図されたメッセージは、私たちが自分たちのキャラクターを悪く感じている場合にのみ伝達されるため、私たちは彼らの敵対者を憎むようになります。

  • We empathize with Victoria in White Bear because we're just as confused as she is.

    私たちは、ホワイトベアのビクトリアに共感しています。私たちは彼女と同じように混乱しているからです。

  • But Shut Up and Dance has a longer exposition - we really get to know Kenny before the adventure begins - we learn who he is and how he lives.

    しかし、シャットアップとダンスは、より長い説明を持っています - 私たちは本当に冒険が始まる前にケニーを知ることができます - 私たちは彼が誰であるか、彼がどのように生きているかを学びます。

  • So we're more empathetic when he's in trouble, and more distressed when he's exposed.

    だから、彼が困っている時には共感し、彼がさらけ出した時にはもっと困るんです。

  • But none of this wastes any time - those early scenes eventually come back to haunt us with new meaning.

    しかし、これはどれも時間を無駄にするものではありません - それらの初期のシーンは、最終的には新たな意味を持って私たちを悩ませるために戻ってきます。

  • It also has more big reveals, it just keeps hitting us on the head.

    それはまた、より多くの大きな明らかにしていますが、それはちょうど頭の上に私たちを叩き続けています。

  • When they open the cake and we realize the seriousness of the situation,then when we meet the real Kenny.

    ケーキを開けて状況の深刻さを知った時、そして本当のケニーに会った時。

  • And after all that, when their secrets are still released in one final, devastating,"screw you".

    そして、すべての後に、彼らの秘密はまだ1つの最終的な、壊滅的な、"あなたをねじ込む "でリリースされているとき。

  • Which some people dislike - the troll face can come across as a bit absurd.

    何人かの人が嫌がっている - 荒らしの顔は少し不条理なものとして出くわすことができます。

  • I actually think it's important for developing that character.

    実はそのキャラクターを育てる上で重要なことだと思っています。

  • It's silly and childish - but it gives us a sense of the person behind it.

    くだらなくて子供っぽい--でも、その背景にある人物像を感じさせてくれます。

  • Some young, reckless person who does this for the thrill.

    スリルを求めてこんなことをする無謀な若者もいる。

  • Completely unrestrained by the law or any sense of human empathy.

    完全に法律や人の共感を得られない。

  • Black Mirror is good because it's incredibly entertaining to watch a character be built up and then come crashing down in an instant.

    ブラックミラーは、それが信じられないほど面白いので、それは文字が構築され、その後、一瞬でクラッシュダウンしてくるのを見て良いです。

  • And also because those characters are us.

    そして、それらのキャラクターが私たちだからです。

  • Behind every disaster is a perfectly familiar human characteristic that you have too, just waiting for the wrong situation to become your downfall.

    すべての災害の背後には、あなたも持っている完全におなじみの人間の特性であり、ちょうどあなたの破滅になるために間違った状況を待っている。

  • Hey there.

    やあ

  • Making these videos is a lot of fun, but what's not fun is relying on an algorithm I can't understand to make money.

    動画を作るのはとても楽しいのですが、楽しくないのは、金儲けのために理解できないアルゴリズムに頼っていることです。

  • So I'm starting a Patreon.

    ということで、パトレイバーを始めました。

  • Ideally, my real customer here is you - I can make what you, not the algorithm, wants.

    理想的には、ここでの私の本当の顧客はあなたです - 私はアルゴリズムではなく、あなたが望むものを作ることができます。

  • And the economics are great - the marginal cost can be very small from you, but together very big for me.

    そして、経済学は素晴らしいです - 限界コストはあなたから非常に小さいことができますが、一緒に私のために非常に大きな。

  • So any amount will give you early access to videos, a Discord discussion following each video, and wallpapers for your devices.

    そのため、どのような金額でも、ビデオ、各ビデオの後にDiscordの議論、あなたのデバイスのための壁紙に早期にアクセスすることができます。

  • A bit more will give you access to Behind-The-Scenes for each video, so you can learn how I make these videos and how you can make your own.

    もう少しすると、各ビデオのBehind-The-Scenesにアクセスできるようになるので、私がどのようにしてこれらのビデオを作っているのか、自分のビデオをどのように作るのかを知ることができます。

  • And at least for now, I'll make you a custom graphic of your choosing - a profile icon, banner, logo, or something else.

    そして少なくとも今のところは、プロフィールアイコンやバナー、ロゴなど、あなたが選んだカスタムグラフィックを作成します。

  • There's absolutely no obligation, and all of my main videos will remain free on this channel.

    絶対に義務はなく、私のメイン動画はすべてこのチャンネルで無料のままです。

  • Thank you so much, and for those of you who go support the channel, I'll see you in the Discord.

    本当にありがとうございました、そしてチャンネルを応援しに行く人のために、私はDiscordで会いましょう。

As of this video, you can now support PolyMatter on Patreon. I'll tell you more at the end of this video, but for now, let's get to it.

この動画の時点で、PatreonでPolyMatterを支援できるようになりました。詳しくはこの動画の最後に説明しますが、とりあえず、この動画を見てみましょう。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 キャラクター エピソード 技術 ケニー ベス 番組

ブラックミラーの良さは何か?

  • 7784 326
    Lynn Chou に公開 2019 年 06 月 24 日
動画の中の単語