Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • In 1995, the British Medical Journal

    1995年にイギリスの医学雑誌

  • published an astonishing report about a 29-year-old builder.

    は、29歳のビルダーについての驚くべきレポートを発表した。

  • He accidentally jumped onto a 15-centimeter nail,

    誤って15センチの釘に飛び乗ってしまった。

  • which pierced straight through his steel-toed boot.

    彼の鋼鉄のつま先のブーツをまっすぐに貫いた

  • He was in such agonizing pain that even the smallest movement was unbearable.

    彼は少しの動きにも耐えられないほどの苦しい痛みに襲われていた。

  • But when the doctors took off his boot, they faced a surprising sight:

    しかし、医師が彼のブーツを脱いだ時、彼らは驚くべき光景に直面した。

  • the nail had never touched his foot at all.

    釘は彼の足には全く触れていませんでした。

  • For hundreds of years,

    何百年も前から

  • scientists thought that pain was a direct response to damage.

    科学者たちは、痛みはダメージに対する直接的な反応だと考えていました。

  • By that logic, the more severe an injury is, the more pain it should cause.

    その理屈で言えば、重度の怪我であればあるほど、痛みを伴うはずです。

  • But as we've learned more about the science of pain,

    しかし、痛みの科学について学んだように

  • we've discovered that pain and tissue damage don't always go hand in hand,

    痛みと組織の損傷が必ずしも一致するとは限らないことを発見しました。

  • even when the body's threat signaling mechanisms are fully functioning.

    脅威のシグナル伝達機構が完全に機能していても

  • We're capable of experiencing severe pain out of proportion to an actual injury,

    私たちは、実際の怪我に比例して激しい痛みを経験することができます。

  • and even pain without any injury,

    と、怪我をしなくても痛みがある場合もあります。

  • like the builder, or the well-documented cases of male partners

    業者のように、あるいは、男性のパートナーの事例としてよく知られている

  • of pregnant women experiencing pain during the pregnancy or labor.

    妊娠中や陣痛中に痛みを感じる妊婦さんの割合

  • What's going on here?

    どうしたんだ?

  • There are actually two phenomena at play:

    実は2つの現象が起きています。

  • the experience of pain, and a biological process called nociception.

    痛みの経験、および侵害受容と呼ばれる生物学的プロセス。

  • Nociception is part of the nervous system's protective response

    侵害受容は神経系の保護反応の一部である

  • to harmful or potentially harmful stimuli.

    有害または潜在的に有害な刺激に

  • Sensors in specialized nerve endings

    特殊な神経終末のセンサー

  • detect mechanical, thermal, and chemical threats.

    機械的、熱的、化学的な脅威を検出します。

  • If enough sensors are activated,

    十分なセンサーが作動していれば

  • electrical signals shoot up the nerve to the spine and on to the brain.

    電気信号は、脊髄への神経を撃ち上げ、脳へとつながる。

  • The brain weighs the importance of these signals

    脳はこれらの信号の重要性を量っている

  • and produces pain if it decides the body needs protection.

    そして、身体が保護を必要とすると判断した場合、痛みを発生させます。

  • Typically, pain helps the body avoid further injury or damage.

    一般的に、痛みは、体がそれ以上の損傷や損傷を避けるのに役立ちます。

  • But there are a whole set of factors besides nociception

    しかし、侵害受容以外にも様々な要因があります。

  • that can influence the experience of painand make pain less useful.

    痛みの経験に影響を与え、痛みの有用性を低くすることができます。

  • First, there are biological factors that amplify nociceptive signals to the brain.

    まず、侵害受容性信号を脳に増幅させる生物学的要因があります。

  • If nerve fibers are activated repeatedly,

    神経線維が繰り返し活性化すると

  • the brain may decide they need to be more sensitive

    脳はもっと敏感になる必要があると判断するかもしれない

  • to adequately protect the body from threats.

    脅威から身体を十分に守るために

  • More stress sensors can be added to nerve fibers

    神経線維にさらにストレスセンサーを追加することができる

  • until they become so sensitive that even light touches to the skin

    肌が敏感になるまで

  • spark intense electrical signals.

    強烈な電気信号をスパークさせる。

  • In other cases,

    他のケースでは

  • nerves adapt to send signals more efficiently, amplifying the message.

    神経は信号をより効率的に送信するために適応し、メッセージを増幅します。

  • These forms of amplification

    これらの増幅の形態

  • are most common in people experiencing chronic pain,

    は、慢性的な痛みを経験している人に最も多く見られます。

  • which is defined as pain lasting more than 3 months.

    これは、3ヶ月以上続く痛みと定義されています。

  • When the nervous system is nudged into an ongoing state of high alert,

    神経が緊張状態が継続しているときに

  • pain can outlast physical injury.

    痛みは身体的な損傷よりも長持ちします。

  • This creates a vicious cycle in which the longer pain persists,

    これにより、痛みが長引くほど痛みが持続するという悪循環が生まれます。

  • the more difficult it becomes to reverse.

    となってしまうと、逆に難しくなってしまいます。

  • Psychological factors clearly play a role in pain too,

    心理的な要因は明らかに痛みにも関係しています。

  • potentially by influencing nociception and by influencing the brain directly.

    侵害受容に影響を与える可能性があり、脳に直接影響を与えることで

  • A person's emotional state, memories,

    その人の感情、記憶。

  • beliefs about pain and expectations about treatment

    痛みに対する信念と治療に対する期待

  • can all influence how much pain they experience.

    痛みの程度に影響を与えます。

  • In one study,

    ある研究では

  • children who reported believing they had no control over pain

    痛みをコントロールできないと信じていると報告した子どもたち

  • actually experienced more intense pain

    痛い目に遭った

  • than those who believed they had some control.

    自分たちが何らかのコントロールを持っていると信じている人たちよりも

  • Features of the environment matter too:

    環境の特徴も重要です。

  • In one experiment,

    ある実験では

  • volunteers with a cold rod placed on the back of their hand

    冷やかしの手

  • reported feeling more pain when they were shown a red light than a blue one,

    青色の光よりも赤色の光を見せた時の方が痛みを感じるとの報告がありました。

  • even though the rod was the same temperature each time.

    竿が毎回同じ温度だったにもかかわらず。

  • Finally, social factors like the availability of family support

    最後に、家族のサポートの有無などの社会的要因

  • can affect perception of pain.

    は痛みの知覚に影響を与えます。

  • All of this means that a multi-pronged approach to pain treatment

    これはすべて、痛みの治療に多方面からアプローチすることを意味します。

  • that includes pain specialists, physical therapists, clinical psychologists, nurses

    痛みの専門家、理学療法士、臨床心理士、看護師を含む

  • and other healthcare professionals is often most effective.

    などの医療従事者が最も効果的であることが多い。

  • We're only beginning to uncover the mechanisms behind the experience of pain,

    痛みの体験の背後にあるメカニズムを解明し始めたばかりです。

  • but there are some promising areas of research.

    が、有望な研究分野があります。

  • Until recently,

    最近までは

  • we thought the glial cells surrounding neurons were just support structures,

    神経細胞を取り囲むグリア細胞は単なる支持構造物だと思っていました。

  • but now we know they have a huge role in influencing nociception.

    でも今では、侵害受容に影響を与える大きな役割を持っていることがわかっています。

  • Studies have shown that disabling certain brain circuits in the amygdala

    扁桃体の特定の脳回路を無効にすると

  • can eliminate pain in rats.

    ラットの痛みをなくすことができます。

  • And genetic testing in people with rare disorders

    希少障害者の遺伝子検査も

  • that prevent them from feeling pain

    痛みを感じさせない

  • have pinpointed several other possible targets for drugs

    他にもいくつかの薬剤の標的となり得るものがあります。

  • and perhaps eventually gene therapy.

    そして、おそらく最終的には遺伝子治療を行うことになるでしょう。

In 1995, the British Medical Journal

1995年にイギリスの医学雑誌

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 TED-Ed 受容 神経 損傷 増幅 要因

痛みの不思議な科学 - ジョシュア・W・ペイト

  • 699 45
    joy に公開 2019 年 06 月 23 日
動画の中の単語