Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • On the red tiles in my family's den

    翻訳: Chiyoko Tada 校正: Yasushi Aoki

  • I would dance and sing to the made-for-TV movie "Gypsy,"

    生まれ育った家の居間の 赤いタイルの上で

  • starring Bette Midler.

    私は歌い踊っていました

  • (Singing) "I had a dream.

    ベット・ミッドラー主演のテレビドラマ 『ジプシー』の曲に合わせて—

  • A wonderful dream, papa."

    ♪ 私には夢があった

  • I would sing it with the urgency and the burning desire of a nine-year-old

    素晴らしい夢が パパ ♪

  • who did, in fact, have a dream.

    9歳の女の子の抑えきれない熱い想いを 胸に抱きながら歌いました

  • My dream was to be an actress.

    その子には夢があったんです

  • And it's true that I never saw anyone who looked like me

    女優になるという夢が

  • in television or in films,

    自分みたいな容姿の人を

  • and sure, my family and friends and teachers all constantly warned me

    テレビや映画で見たことは なかったし

  • that people like me didn't make it in Hollywood.

    家族や 友人 先生からも 絶えず忠告されていましたけど

  • But I was an American.

    私のような容姿の人間は ハリウッドでは成功しないと

  • I had been taught to believe that anyone could achieve anything,

    でも私はアメリカ人です

  • regardless of the color of their skin,

    誰でも何でも成し遂げられると 教わってきました

  • the fact that my parents immigrated from Honduras,

    肌の色が何色だろうが

  • the fact that I had no money.

    両親がホンジュラスからの 移民だろうが

  • I didn't need my dream to be easy,

    貧乏だろうが

  • I just needed it to be possible.

    夢が簡単に叶うことを 求めてはいません

  • And when I was 15,

    可能でさえあれば十分でした

  • I got my first professional audition.

    15歳の時でしたが

  • It was a commercial for cable subscriptions

    プロとしての初の オーディションを受けました

  • or bail bonds, I don't really remember.

    コマーシャルです ケーブルテレビ契約の—

  • (Laughter)

    保釈金立替業だったかも 良く覚えていませんが—

  • What I do remember is that the casting director asked me,

    (笑)

  • "Could you do that again, but just this time, sound more Latina."

    覚えているのは 配役責任者に こう言われたことです

  • "Um, OK.

    「もう一度やってもらえる? ただ今度はもう少しラテン系っぽく」

  • So you want me to do it in Spanish?" I asked.

    「えーと じゃあ

  • "No, no, do it in English, just sound Latina."

    スペイン語でやればいいですか?」 と聞きました

  • "Well, I am a Latina, so isn't this what a Latina sounds like?"

    「そうじゃなくて 英語で— ただもっとラテン系っぽく」

  • There was a long and awkward silence,

    「私はラテン系なんですけど ラテン系っぽくないですか?」

  • and then finally,

    しばらく きまりの悪い沈黙があって

  • "OK, sweetie, never mind, thank you for coming in, bye!"

    それから

  • It took me most of the car ride home to realize that by "sound more Latina"

    「じゃあ いいです 来てくれてありがとう ご苦労様」

  • she was asking me to speak in broken English.

    帰りの車に乗っている時間の ほとんど費やして ようやく気付いたのは

  • And I couldn't figure out why the fact

    「ラテン系っぽい」というのは カタコト英語で話すということだったんです

  • that I was an actual, real-life, authentic Latina

    良く理解できなかったのは

  • didn't really seem to matter.

    私が実際に正真正銘の ラテン系であることが

  • Anyway, I didn't get the job.

    全く関係ない様子 だったことです

  • I didn't get a lot of the jobs people were willing to see me for:

    結局この仕事は来ませんでした

  • the gang-banger's girlfriend,

    私に期待された役の多くで 私は採用されませんでした—

  • the sassy shoplifter,

    ストリートギャングの彼女

  • pregnant chola number two.

    生意気な万引き娘

  • (Laughter)

    ラテン系下層民の妊婦その2

  • These were the kinds of roles that existed for someone like me.

    (笑)

  • Someone they looked at and saw as too brown, too fat,

    私のような子のための 実際にあった役柄です

  • too poor, too unsophisticated.

    人の目からすると 肌が褐色すぎ 太りすぎで

  • These roles were stereotypes

    貧しすぎる 洗練されてない子

  • and couldn't have been further from my own reality

    ステレオタイプの役柄で

  • or from the roles I dreamt of playing.

    実際の私とは かけ離れていたし

  • I wanted to play people who were complex and multidimensional,

    私が演じたいと夢見ていた 役でもありませんでした

  • people who existed in the center of their own lives.

    私が演じたかったのは複雑で 多面的な性格を持ち合わせた

  • Not cardboard cutouts that stood in the background of someone else's.

    人生という舞台の 中心にいるような人

  • But when I dared to say that to my manager --

    誰かの背景に置かれた飾り みたいな存在ではありません

  • that's the person I pay to help me find opportunity --

    ところがマネージャーに 思い切ってそんな話をすると—

  • his response was,

    私がお金を払って 仕事を探してもらっていた人ですが—

  • "Someone has to tell that girl she has unrealistic expectations."

    その彼が言ったのが

  • And he wasn't wrong.

    「そんなの非現実的な期待だと 誰かこの娘に言ってくれ」でした

  • I mean, I fired him, but he wasn't wrong.

    彼は間違ってはいませんでした

  • (Laughter)

    クビにはしましたが 間違ってはなかったんです

  • (Applause)

    (笑)

  • Because whenever I did try to get a role that wasn't a poorly written stereotype,

    (拍手)

  • I would hear,

    お粗末なステレオタイプではない役に 挑戦すると

  • "We're not looking to cast this role diversely."

    返ってくる返事はいつも

  • Or, "We love her, but she's too specifically ethnic."

    「この役は多様性を基準に キャスティングしていない」とか

  • Or, "Unfortunately, we already have one Latino in this movie."

    「この子は最高だけど ちょっとエスニックすぎる」とか

  • I kept receiving the same message again and again and again.

    「あいにくラテン系の子なら もう既に1人いるから」とか

  • That my identity was an obstacle I had to overcome.

    同じメッセージが 繰り返し戻ってきました

  • And so I thought,

    私らしくあることは 克服すべき障害なのだと

  • "Come at me, obstacle.

    そこで私はこう思いました

  • I'm an American. My name is America.

    「障害さん かかってきなさい

  • I trained my whole life for this, I'll just follow the playbook,

    私はアメリカ人で 名前だって「アメリカ」よ

  • I'll work harder."

    このためにずっと 鍛えてきたんだから

  • And so I did, I worked my hardest

    方針を貫いて もっと努力するだけ」と

  • to overcome all the things that people said were wrong with me.

    それで努力しました 可能な限りのことをし

  • I stayed out of the sun so that my skin wouldn't get too brown,

    欠点だと指摘された部分を 克服しようとしました

  • I straightened my curls into submission.

    肌がこれ以上濃くならないように 日差しを避けました

  • I constantly tried to lose weight,

    カールのかかった髪の毛を 真っ直ぐに伸ばしました

  • I bought fancier and more expensive clothes.

    常に減量していました

  • All so that when people looked at me,

    おしゃれで高価な服も 買いました

  • they wouldn't see a too fat, too brown, too poor Latina.

    それもすべて 私を見た人が

  • They would see what I was capable of.

    太り過ぎで 褐色過ぎの 貧しすぎるラテン系と思わないようにです

  • And maybe they would give me a chance.

    私に何ができるか 見てもらえれば

  • And in an ironic twist of fate,

    きっとチャンスを もらえるはずだと

  • when I finally did get a role that would make all my dreams come true,

    ところが皮肉な 運命のいたずらによって

  • it was a role that required me to be exactly who I was.

    私の夢がかなって 手に入れた役は

  • Ana in "Real Women Have Curves"

    まさしく私自身であることが 必要とされる役柄でした

  • was a brown, poor, fat Latina.

    『Real Women Have Curves』の アナは

  • I had never seen anyone like her, anyone like me,

    肌が褐色の 貧しい 太った ラテン系女性の役でした

  • existing in the center of her own life story.

    そんな容姿の人— 私のような人間が

  • I traveled throughout the US

    人生の物語の主人公であるのを 見たことがありませんでした

  • and to multiple countries with this film

    この映画を引っ提げて アメリカ中を回り

  • where people, regardless of their age, ethnicity, body type,

    たくさんの国を訪問しました

  • saw themselves in Ana.

    年齢や民族や体型に関わりなく

  • A 17-year-old chubby Mexican American girl

    誰もがアナに 自分を重ねていました

  • struggling against cultural norms to fulfill her unlikely dream.

    17歳の太り気味の メキシコ系アメリカ人の女の子が

  • In spite of what I had been told my whole life,

    実現しそうにない夢を叶えようと 文化的模範と格闘する話です

  • I saw firsthand that people actually did want to see stories about people like me.

    それまで私がずっと 言われ続けてきたのとは違い

  • And that my unrealistic expectations

    私のような人の物語をみんな 見たがっているのを直に目撃しました

  • to see myself authentically represented in the culture

    非現実的な期待と言われた

  • were other people's expectations, too.

    私の本来の姿が 社会の中で描かれることが

  • "Real Women Have Curves"

    みんなの期待でもあることを 悟りました

  • was a critical, cultural and financial success.

    映画『Real Women Have Curves』は

  • "Great," I thought, "We did it!

    評価の面でも 文化の面でも 収益の面でも 大成功を収めました

  • We proved our stories have value.

    「やった!」と思いました

  • Things are going to change now."

    「私たちの物語にも価値が あることを認めてもらえた

  • But I watched as very little happened.

    これで状況が きっと変わるはず」

  • There was no watershed.

    ところがそれから状況は一向に 変わろうとしませんでした

  • No one in the industry was rushing to tell more stories

    流れが変わる分岐点は 訪れませんでした

  • about the audience that was hungry and willing to pay to see them.

    聴衆が求め 喜んでお金を払う話を

  • Four years later, when I got to play Ugly Betty,

    映画業界の誰も もっと作ろうとはしませんでした

  • I saw the same phenomenon play out.

    それから4年後に 『アグリーベティ』の役を得た時も

  • "Ugly Betty" premiered in the US to 16 million viewers

    同じ現象が再び展開するのを 目撃しました

  • and was nominated for 11 Emmys in its first year.

    『アグリーベティ』の初回は 全米の1600万人に視聴され

  • (Applause)

    最初の年にエミー賞に11部門で ノミネートされました

  • But in spite of "Ugly Betty's" success,

    (拍手)

  • there would not be another television show

    『アグリーベティ』の 成功にもかかわらず

  • led by a Latina actress

    その後8年間

  • on American television for eight years.

    アメリカのテレビドラマで

  • It's been 12 years

    ラテン系女優が主演した ものはありません

  • since I became the first and only Latina

    私がラテン系女優として唯一

  • to ever win an Emmy in a lead category.

    主演部門でエミー賞を獲得してから

  • That is not a point of pride.

    12年経ちます

  • That is a point of deep frustration.

    これは誇りにしている ことではなく

  • Not because awards prove our worth,

    強い苛立ちを 感じることです

  • but because who we see thriving in the world

    賞で私たちの価値が 証明されるからではなく

  • teaches us how to see ourselves,

    世界で活躍する人の姿が

  • how to think about our own value,

    自分自身をどう見るか

  • how to dream about our futures.

    自分の価値をどう考えるか

  • And anytime I begin to doubt that,

    どんな将来を夢見るかに 影響するからです

  • I remember that there was a little girl, living in the Swat Valley of Pakistan.

    私がそのことに疑問を抱く度に 思い出すのが

  • And somehow, she got her hands on some DVDs

    パキスタンのスワート渓谷に住む ある女の子のことです

  • of an American television show

    その子は どうにかして手に入れたDVDで

  • in which she saw her own dream of becoming a writer reflected.

    アメリカのテレビドラマを見て

  • In her autobiography, Malala wrote,

    ライターになる夢を 膨らませました

  • "I had become interested in journalism

    (ノーベル平和賞受賞者) マララは 自叙伝の中でこう記しています

  • after seeing how my own words could make a difference

    「私がジャーナリズムに 興味を持つようになったのは

  • and also from watching the "Ugly Betty" DVDs

    自分の言葉で変化をもたらすことが 可能だと悟ったから

  • about life at an American magazine."

    それと『アグリーベティ』の DVDを見て

  • (Applause)

    アメリカの雑誌社で働くことに 憧れたから」

  • For 17 years of my career,

    (拍手)

  • I have witnessed the power our voices have

    17年のキャリアを通して 目のあたりにしたのは

  • when they can access presence in the culture.

    文化社会における存在感を 得たときの

  • I've seen it.

    私たちの声が持つ力です

  • I've lived it, we've all seen it.

    私は見たし 自ら体験しました

  • In entertainment, in politics,

    誰もが見ています

  • in business, in social change.

    エンターテインメントにおいても 政治においても

  • We cannot deny it -- presence creates possibility.

    ビジネスにおいても 社会改革においても

  • But for the last 17 years,

    否定することはできません— 存在感は可能性を生み出します

  • I've also heard the same excuses

    ところが この17年間

  • for why some of us can access presence in the culture

    社会の中で存在感を発揮できる人

  • and some of us can't.

    できない人がいることについて

  • Our stories don't have an audience,

    同じ言い訳を いつも耳にしました

  • our experiences won't resonate in the mainstream,

    私たちのストーリーを 聞きたい人がいない

  • our voices are too big a financial risk.

    私たちの体験は 社会の主流の人々に 共感されない

  • Just a few years ago, my agent called

    私たちの声を伝えるのは 金銭的リスクが大きすぎる

  • to explain to me why I wasn't getting a role in a movie.

    ほんの数年前のことですが エージェントから連絡があり

  • He said, "They loved you

    ある映画の役を逃した 理由を聞きました

  • and they really, really do want to cast diversely,

    「みんな君を 本当に気に入っていたし

  • but the movie isn't financeable until they cast the white role first."

    本当に多様性のあるキャストに したいと思っていたけど

  • He delivered the message with a broken heart

    白人の役をまず決めないことには 映画の資金が調達できないんだ」

  • and with a tone that communicated, "I understand how messed up this is."

    彼の声から残念な 気持ちが伝わったし

  • But nonetheless, just like hundreds of times before,

    「酷い話だ」という思いも わかりました

  • I felt the tears roll down my face.

    それでも これまで何百回と 体験してきたように

  • And the pang of rejection rise up in me

    涙が頬を伝うのを感じました

  • and then the voice of shame scolding me,

    拒絶される心の痛みが湧き上がり

  • "You are a grown woman, stop crying over a job."

    それから自分を叱る 恥の気持ちの声を聞きました

  • I went through this process for years of accepting the failure as my own

    「大人の女でしょ たかが仕事のために泣かないで」と

  • and then feeling deep shame that I couldn't overcome the obstacles.

    このプロセスは長年経験してきました 失敗を自分の問題として受け止め

  • But this time, I heard a new voice.

    障害を克服できなかった 自分を恥じる—

  • A voice that said, "I'm tired.

    ところが今回は 違う声が聞こえてきました

  • I've had enough."

    「疲れたわ」と

  • A voice that understood

    「もうたくさん」

  • my tears and my pain were not about losing a job.

    私の涙や痛みが 仕事を 逃したせいではないことを

  • They were about what was actually being said about me.

    その声は知っていました

  • What had been said about me my whole life

    それは私が実際に 言われたことのため

  • by executives and producers

    生涯ずっと言われ続けてきた ことのためでした

  • and directors and writers and agents and managers

    重役やプロデューサーや

  • and teachers and friends and family.

    ディレクターやライターや エージェントやマネージャーや

  • That I was a person of less value.

    先生や友達や家族に言われた

  • I thought sunscreen and straightening irons

    私が価値の劣る 人間だということ

  • would bring about change in this deeply entrenched value system.

    日焼け止めや ストレートヘアアイロンで

  • But what I realized in that moment

    この根深い価値観を 変えられると思っていました

  • was that I was never actually asking the system to change.

    でも その瞬間に気づいたのは

  • I was asking it to let me in, and those aren't the same thing.

    社会のあり方を変えてほしいと 私がお願いしたことはなく

  • I couldn't change what a system believed about me,

    そこに私も入れて欲しいと言っただけ この二つは同じではありません

  • while I believed what the system believed about me.

    社会が描く自分の姿に 私自身が同意している限り

  • And I did.

    社会の描く私の姿を 変えさせることはできません

  • I, like everyone around me,

    でも私は同意していたんです

  • believed that it wasn't possible for me to exist in my dream as I was.

    私は 周りにいる人同様に

  • And I went about trying to make myself invisible.

    今の自分の姿では自分の夢を 生きるのは不可能だと思っていました

  • What this revealed to me was that it is possible

    そして私らしさを隠そうと 努めていたんです

  • to be the person who genuinely wants to see change

    この自覚が明らかにしたのは

  • while also being the person whose actions keep things the way they are.

    純粋に変化を希望していながら

  • And what it's led me to believe is that change isn't going to come

    自分の行動が現状維持に 与しうるということです

  • by identifying the good guys and the bad guys.

    これがきっかけで 思うようになったのは

  • That conversation lets us all off the hook.

    人を善人と悪人に分けても 変化は訪れないということ

  • Because most of us are neither one of those.

    そんな議論では みんな無関係になってしまいます

  • Change will come

    ほとんどの人は どちらでもないから

  • when each of us has the courage

    私たち一人一人が

  • to question our own fundamental values and beliefs.

    自分の基本的な価値観や信念を 問い正す勇気を持ち

  • And then see to it that our actions lead to our best intentions.

    自分の行動を 善意に沿ったものにするなら

  • I am just one of millions of people

    変化は訪れます

  • who have been told that in order to fulfill my dreams,

    幾百万という人々が 私同様に

  • in order to contribute my talents to the world

    自分の夢を実現するには

  • I have to resist the truth of who I am.

    世の中で自分の才能を 発揮するには

  • I for one, am ready to stop resisting

    自分の本来の姿を否定しなければ ならないと言われてきました

  • and to start existing as my full and authentic self.

    私自身は 自分の姿を 否定するのはもうやめて

  • If I could go back and say anything

    等身大で本来の自分の姿で 生き始めようと思います

  • to that nine-year-old, dancing in the den, dreaming her dreams,

    もし過去に戻って

  • I would say,

    居間で踊りながら夢見る 9歳の自分に声をかけられるなら

  • my identity is not my obstacle.

    私はこう言います

  • My identity is my superpower.

    自分らしいことは 障害ではない

  • Because the truth is,

    自分らしいことは 私のスーパーパワーなのだと

  • I am what the world looks like.

    なぜなら

  • You are what the world looks like.

    私の姿が世の中の姿だから

  • Collectively, we are what the world actually looks like.

    あなたの姿が世界の姿で

  • And in order for our systems to reflect that,

    私たち皆一緒になった姿が 真の世界の姿だから

  • they don't have to create a new reality.

    社会のあり方に それを反映させるのに

  • They just have to stop resisting the one we already live in.

    新しい現実を創り出す 必要はありません

  • Thank you.

    今私たちが生きている現実を否定するのを やめさえすればいいんです

  • (Applause)

    ありがとうございました

On the red tiles in my family's den

翻訳: Chiyoko Tada 校正: Yasushi Aoki

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 TED ラテン 社会 映画 主演 アメリカ

TED】アメリカ・フェレーラ。私のアイデンティティは超大国--障害ではない (私のアイデンティティは超大国--障害ではない|アメリカ・フェレーラ) (【TED】America Ferrera: My identity is a superpower -- not an obstacle (My identity is a superpower -- not an obstacle | America Ferrera))

  • 53 6
    林宜悉 に公開 2021 年 01 月 14 日
動画の中の単語